映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

土竜の唄

2014年03月14日 | 邦画(14年)
 『土竜の唄 潜入捜査官Reiji』を渋谷シネクイントで見ました。

(1)本作は、脚本・宮藤官九郎+監督・三池崇史で漫画を映画化したものながら(注1)、映画評論家の評価はあまり高くなく、それなら自分で確かめてみようと映画館に行ってきました。

 確かに、本作は、『十三人の刺客』や『藁の楯』などの三池崇史監督らしく、酷くぶっ飛んだ作品となっています。ですが、クドカンらしくアチコチに笑いの要素が散りばめられてもいて、なかなか面白い映画に仕立てあげられているのではと思いました。
 なにしろ、『脳男』で一皮むけた感じのする生田斗真が、さらにその上をいく演技を披露し、『地獄でなぜ悪い』でヤクザを演じて観客を唸らせた堤真一がここでもヤクザになりきり、さらに『凶悪』の山田孝之などの豪華俳優陣がそれぞれ頑張っているのですから、面白くない訳がありません(注2)。



(2)とりわけ、映画の「序」に相当する部分が面白いと思いました。
 まず、谷袋警察署の酒見署長(吹越満)が、署員の菊川玲二生田斗真)に向かって、「善良な市民で市会議員の先生に銃を向けたから、クビ」と決めつけます。
 これに対し、玲二は「あいつはブタ野郎だ、お断りします」と反撃。
 すると、署長は「おめでとう、合格だ!俺はこういう男を探していた。今からお前を潜入捜査官に命じる」と言うのです。
 目を白黒させる玲二に対し、署長はさらに、「表向きはお前を懲戒免職にする。超極秘任務は、数寄矢会に潜入し会長の轟周宝岩城滉一)を挙げることだ」と言い、「具体的なことは一美教官が教える」と付け加えます。

 そこで、玲二は一美教官(遠藤憲一)のところに行くのですが、あれこれあった後、映画の冒頭場面(予告編でも)にあるような格好にさせられて、洗車機に突っ込まされます。
 洗車が終わって出てきた玲二が、一美教官に向かって「殺せ!忘れないぞ、そのツラ」と叫ぶと、教官は「合格だ、これまで全員泣きを入れた。だがお前には根性がある」と言い、彼をその格好のママ数寄矢会の黒檜組の前に置き去りにしてしまいます。

 玲二は組の事務所に連れて行かれ、組長から「組に入りたかったらここにいる潜入捜査官を撃ち殺せ」と強要されます。
 ですが玲二は、ぎりぎりのところで形勢を逆転し、組長の口の中に銃を突っ込んで「動くと撃つぞ」と叫びます。
 すると、酒見署長や一美教官が登場し「合格だ」と言い、組長を「厚労省の麻薬取締部の福澄課長(皆川猿時)だ」と紹介します。

 要すれば、玲二は潜入捜査官になるための試験を3度受け、その全てに合格したわけです(注3)。

 これを原作漫画で見ると、ここまで映画は原作漫画の第1巻をほぼ忠実になぞっていることがわかります。
 確かに、原作も面白さに溢れています。
 とはいえ、スピード感が漲る映像の中で、原作の登場人物を吹越満とか遠藤憲一などの芸達者な俳優が生田斗真を盛り立てながら巧みに演技するのを見ると、映画は映画なりの良さがあるなと感心してしまいます。

 おまけに、本作の場合、玲二の合格を祝うかのように「土竜の唄」なる歌(作詞が宮藤官九郎)を、酒見署長、一美教官と福澄課長が歌うので、一層楽しくなります!



 でも、本作に登場する女優の見せ場が余り多くないのは残念な気がしますし〔玲二の同僚警官の若木純奈仲里依紗)が、『地獄でなぜ悪い』のミツコ(二階堂ふみ)くらいに活躍してくれたらというのは望み過ぎでしょうか〕、また玲二の潜入目的である轟会長逮捕という目的が達成されていないのは、続編絡みのためなのでしょうか?

(3)渡まち子氏は、「ヤクザに潜入した警察官の奮闘を描くバイオレンス・コメディ「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」。テンション高すぎ!バカやりすぎ!」として50点をつけています。
 前田有一氏は、「「あまちゃん」大ヒットで絶好調の脚本家・宮藤官九郎が三池崇史監督とタッグを組んで送る新作アクションコメディということで期待半分、不安半分だったが、結果的には後者の予感が当たった形だ」、「ヤンキー枠の消費物映画だからといって、省エネがバレバレなつくりは個人的にはいただけない。映画というならば、どんな小さなものでもどこかしら少なくとも一点には妥協なしの本気を見たいものである」として20点しかつけていません。
 稲垣都々世氏は、「徹底したバカらしさで虚構を強調し、観客を映画の世界に引きずり込む。この衝撃に耐えると後は慣れ、こわばっていた顔がほころんで笑えるようになる(だろう)」と述べています。



(注1)高橋のぼる作(小学館)。ネットには、期間限定ながら無料で読めるサイトが設けられています。

(注2)この他、関東の数寄矢会と対立抗争する関西の蜂乃巣会に所属する猫沢に、ナイナイの岡村隆史が、またそのヒットマン・黒河上地雄輔が扮していますが、それぞれ持ち味をよく出していると思います。

(注3)映画では、いよいよここから、玲二が、ヤクザに潜入すべく、数寄矢会の阿湖義組の営む闇カジノに乗り込んでいきます。



★★★★☆☆



象のロケット:土竜の唄
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネブラスカ | トップ | MUD−マッド− »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブログの映画記事 (iina)
2014-03-15 10:52:40
クマネズミさん宅でいつも思うのは、作品の背景から物語りについてまで詳細に綴られています。一方のiinaは、まったく逆で物語りのさわりを何気にふれるだけです。

ことしは見放題パスで見るため、ブログにも映画アップが増えましたが、見ない方にはどんな物語の筋かさえ分からぬため消化不足でイライラ感を思います。

かくのごとく、こんかいも土竜の唄については、面白かったとコメントを残すだけです。

Unknown (クマネズミ)
2014-03-17 17:55:48
「iina」さん、TB&コメントをありがとうございます。
クマネズミのように、ある程度映画の内容がわかるように書くやり方でなくとも(それでも、本作の場合、玲二の潜入後の話には触れませんでした)、ブログの内容はどんなものでも構わないのではないでしょうか?当該映画をまだ見ていない人は、映画ガイドのサイトを覗けばいいわけですし、むしろ映画を見た人が、鑑賞後に「iina」さんのサイトで「物語りのさわりを何気にふれる」のを読んで共感を覚える、といったことの方があるべき姿なのかもしれません。

Unknown (ふじき78)
2014-04-12 10:16:31
> 本作に登場する女優の見せ場が余り多くないのは残念な気がします

賛成。風俗嬢のカズミ、賭場の拳銃持たされる女性、仲里依紗とその同僚、みたいに綺麗どころはチョコチョコ出てるのに本筋に絡んで来ないですよね。

全体、役者さんは楽しそうで面白いんだけど、緩急とかが適当で映画としてはバッチコーイって感じに盛り上がんなかったみたいな感じです。チョコチョコ、ピンポイントで面白いんですけど、やっぱ長いし。
Unknown (クマネズミ)
2014-04-12 21:43:41
「ふじき78」さん、コメントをありがとうございます。
おっしゃるとおり、「全体、役者さんは楽しそうで面白い」ものの、如何せん、序の部分でエネルギーを出しきってしまったの感がありますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。高橋のぼる原作、三池崇史監督、宮藤官九郎脚本。生田斗真、仲里依紗、山田孝之、上地雄輔、岡村隆史、堤真一、吹越満、遠藤憲一、皆川猿時、大杉漣、岩城滉一。交番 ...
土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI/生田斗真 (カノンな日々)
高橋のぼるさんの人気コミックを脚本・宮藤官九郎さん、監督・三池崇史さんのコンビで生田斗真さんの主演で映画化したアクション・コメディ・ムービーです。劇場予告編の印象では ...
土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI/生田斗真 (カノンな日々)
高橋のぼるさんの人気コミックを脚本・宮藤官九郎さん、監督・三池崇史さんのコンビで生田斗真さんの主演で映画化したアクション・コメディ・ムービーです。劇場予告編の印象では ...
土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
高橋のぼるの人気コミックを、三池崇史監督、宮藤官九郎脚本のタッグで実写映画化したアクションコメディー。交番勤務の巡査が暴力団組織を壊滅させるべく潜入捜査を命じられ、さまざまなピンチを乗り越え任務を果たそうとする姿を描く。主演は、三池組初となる生田斗真。...
『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」□監督 三池崇史□脚本 宮藤官九郎□キャスト 生田斗真、堤 真一、仲 里依紗、山田孝之、岡村隆史、上地雄輔、       的場浩司、吹越 満、遠藤憲一、皆川猿時、大杉 漣、岩城滉一■鑑賞日 2月1...
『土竜の唄 -潜入捜査官 REIJI-』 2014年2月2日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『土竜の唄 -潜入捜査官 REIJI-』 を試写会で鑑賞しました。 今日はツィンテールの日らしいです。(映画とは無関係でした) 三池監督作品は、今回外れの番ですね。 次回に期待です 【ストーリー】  正義感は強いものの警察署きっての問題児の巡査・菊川玲二(...
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
土竜の唄 オリジナルサウンドトラック [CD]ヤクザに潜入した警察官の奮闘を描くバイオレンス・コメディ「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」。テンション高すぎ!バカやりすぎ!正義感は強い ...
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (花ごよみ)
監督は三池崇史 脚本、宮藤官九郎 主演は生田斗真。 高橋のぼる作のコミック 「土竜(モグラ)の唄」を映画化。 警察学校では最低の成績の巡査・菊川玲二。 潜入捜査官「モグラ」になるようミッションを受け、 幹部逮捕のため暴力団内部に潜り込みます。 生田斗真が潜...
「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」(2014 東宝=フジテレビ) (事務職員へのこの1冊)
日本映画をほとんど観ないという読者に、面白い作品を選ぶコツを教えてあげた。 ・尾
『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』 (こねたみっくす)
三池作品ならではの気だるさ、クドカン作品ならではの豪華な薄っぺらさ、まとめてバッチ来〜い! これぞ三池崇史監督作品。これぞ脚本家・宮藤官九郎作品。豪華なキャストを揃え ...
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (だらだら無気力ブログ!)
クスクス笑えて面白かったけど、一週間もしないうちに内容忘れてしまいそう。
【 土竜の唄 潜入捜査官 REIJI 】2番はなっいっよ〜! (映画@見取り八段)
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI     監督: 三池崇史    出演: 生田斗真、仲里依紗、山田孝之、堤真一、遠藤憲一、岡村隆史、上地雄輔、吹越満、皆川猿時、大杉漣、岩城滉一 公開: 2014年2月15日 2014年2月19日。劇場観賞 原作は高橋のぼる氏の同名コミック。未...
劇場鑑賞「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」 (日々“是”精進! ver.F)
根性決めれば、怖くない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402190001/ 【送料無料】映画「土竜の唄」オリジナルサウンドトラック/遠藤浩二[CD]【返品種別A】価格:2,625円(税込、送料込) 【送料無料】キング ...
映画『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』観たよ (よくばりアンテナ)
本日2本目の映画です。 娘と観てきました。 原作コミックは未読。 面白かったわ〜〜(*´∀`*) 予告編をごらんになった方は、 おわかりかと思いますが、 三池崇史監督と宮藤官九郎脚本でハチャメチャにやってくれてます。 ここまでやるの!!!っていうぐら...
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (ダイターンクラッシュ!!)
2014年3月1日(土) 18:20〜 109シネマズ川崎4 料金:1000円(ファーストデイ) パンフレット:未確認 生田一皮むける 『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』公式サイト すかしたイメージのある生田だが、アホな役を熱演。好感度の高い演技だ。 実は、コメディは初め...
「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」 根性決め〜れば〜 (はらやんの映画徒然草)
冒頭からインパクトあるシーンでスタートしましたね(予告でも映っていたシーン)。
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (映画好きパパの鑑賞日記)
 潜入映画シリーズ3本目。三池崇史×宮藤官九郎という油のコッテリした料理は、序盤はおいしくいただけたけど、後半はちょっともてあまし気味に。クライマックス直前で、もう少し編集をうまくやっていれば面白かったのに。  作品情報 2014年日本映画 監督:三池...
土竜の唄 潜入捜査官REIJI (迷宮映画館)
堤真一 オートメイル化!
「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」:メジャー作のオブラート (大江戸時夫の東京温度)
映画『土竜(もぐら)の唄 潜入捜査官REIJI』は、宮藤官九郎×三池崇史というこ
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (はるみのひとり言)
試写会で観ました。交番勤務の巡査 菊川玲二が、合成麻薬MDMAの密売ルートを探るため犯罪組織に潜入する「モグラ」となり、ターゲットである暴力団組織・数寄矢会に潜入、任務を果たせるかみたいなお話です。もういきなり裸でボンネットに度胆を抜かれました。よく斗真君....
『土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI』('14初鑑賞19・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 2月15日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 16:10の回を鑑賞。
土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI  (Break Time)
今朝は、朝から晴れ間も出て・・・
『土竜の唄』をUCT4で観て、出落ち映画だけどそこそこ楽しい。でもそこそこ。ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★あ、ワンちゃんも可愛い】   原作非通読。チラ見程度に読んでる感じ。 数々の登場人物がすんごいヤクザ風コスプレでブイブイ言わす映画。 一番ノリがい ...
「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」 (ここなつ映画レビュー)
「潜入捜査官」繋がりという事で(笑)。小雨の難波で新幹線までの時間を持て余し、TOHOシネマズなんば2で鑑賞。昔「敷島シネマ」だったらしいね。オリエンタルホテルの間近。なんばグランド花月といい、大阪に来たらここのエリアから抜け出せない私。作品は楽しいけどお...
土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI (銀幕大帝α)
2014年 日本 130分 アクション/コメディ/任侠・ヤクザ 劇場公開(2014/02/15) 監督: 三池崇史 『藁の楯 わらのたて』 原作: 高橋のぼる『土竜の唄』 脚本: 宮藤官九郎 主題歌: 関ジャニ∞『キング オブ 男!』 出演: 生田斗真:菊川玲二 仲里依紗:若...