映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

銀の匙

2014年03月25日 | 邦画(14年)
 『銀の匙 Silver Spoon』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)漫画が原作の映画ながら(注1)、このところ矢継ぎ早に映画が公開されている吉田恵輔監督の作品とのことで、映画館に行ってきました。

 本作の舞台は、北海道にある大蝦夷農業高校・酪農科学科の1年生のクラス。
 新学期になって、新入生たちが廊下を歩き階段を登り、そして次々に教室に入っていきます。
 担任の中島先生(中村獅童)は、「君たちは全員寮生活を送ることになる。特に酪農科学科は農場での実習が多いので、休みはない」などと話します。
 次いで生徒の自己紹介が始まりますが、主人公の八軒中島健人)は、父親(吹越満)から、「中学受験をした意味がない。なぜ、こんな高校へ行くのか?農作物や家畜に触れることに意味があるのか?あんなに勉強しても成績を上げられずにいたら、今度は逃げるのか?お前には何も期待しない」と言われたことを思い出します。
 周りの生徒が、「実家の酪農を継ぐつもり」とか「ニワトリ農家をやる」などと明確な将来目標や夢を話す中で、八軒は「新札幌中から来ました。よろしくお願いします。将来の目標は特にありません」と言うだけ。
 終わってトイレで隣に来たクラスメートから、「お前、なんで進学校から来たの?将来の目標がないというのはどういうこと?」と尋ねられても、八軒が「そんなものは特にない。ここは全寮制で、家を出れるから来たんだ」と答えたために、その生徒に「お前、酪農なめてるのか!」と怒鳴られてしまいます。
 さあ、こんな八軒ですが(注2)、これから新しい環境に上手く馴染めていけるのでしょうか、………?

 本作は、農業高校の生徒たちの青春を描きつつ、都会に住む者が普段目にしない様々の酪農作業(注3)を、北海道の大自然(注4)の中で実に興味深く描き出していて、その点ではなかなか貴重な作品だとは思うものの、ストーリーの方は、キャッチコピーにある「最強に理不尽な青春」が描かれているわけのものでもなく、またこれまでの吉田恵輔作品的な感じもせず(注5)、定石通りの青春ドラマ(注6)を見せられた感じでした(注7)。

(2)本作では“ばんえい競馬”が何度も取り上げられているために(注8)、以前DVDで見た『雪に願うこと』(2006年)を思い出しました。



 特に、同作に騎手の牧恵役で出演していた吹石一恵が、本作でも高校の教師役として出演しているところ、本作のヒロインのアキ広瀬アリス)が成人したら、あるいは牧恵のようになるのかもしれないと密かに想像してしまいました。



 さらには、本作の主人公の八軒が「逃げずに父親と向き合ってみる」とアキに決意を示すところは、同作の主人公・伊勢谷友介)が「俺、東京へ帰るよ」と兄・威夫佐藤浩市)に言うところとダブります(注9)。

 そんなあれこれから、本作と『雪に願うこと』とは、ばんえい競馬を巡って大人バージョンと青春バージョンの関係にあるようにも思えてしまいました(もちろん、本作ではばんえい競馬ばかりが描かれているわけではないのですが)。

(3)渡まち子氏は、「アイドル映画の枠組みではあるが、個性的なキャラクターと案外真面目なテーマで、ユニークな青春映画に仕上がっている」として65点をつけています。
 また、相木悟氏は、「叱咤され、励まされ、温かく包みこまれる。苦境に立ち向かう背中を押してくれる良作であった」と述べています。



(注1)原作は『銀の匙 Silver Spoon』(荒川弘著、小学館)。

(注2)さらに例えば、体育の授業のマラソンで高校の敷地を一周することになりますが、敷地面積が広大で1周が20kmと聞いて、早くも八軒は「こんな学校辞めたい」とつぶやいたりします。

(注3)豚舎における子豚の世話、豚の屠殺、搾乳、牛の出産などなど。
 特に、豚の屠殺のプロセスは、これまで見たことがありません。

(注4)本作は、帯広の帯広競馬場や帯広畜産大学などでロケが行われています。

(注5)本作では、吉田恵輔監督のこれまでの作品に見られた型破りの登場人物(『ばしゃ馬さんとビッグマウス』以降ウエイトが低下していましたが)がすっかり影を潜めてしまっている感じがしました。
 ここら辺りのことは、このエントリの「注2」やこのエントリの(2)をご覧ください。

(注6)本作の公式サイトに掲載の「Introduction」では、本作について、「個性豊かな登場人物で描かれる、仲間との友情、恋の行方、夢と現実の間での葛藤、そして命と真摯に向き合う姿」と述べられています。ですが、これらの事柄は、青春ドラマの定石と言える事柄ではないでしょうか?
 それよりなにより、「エゾノー祭」で、主人公ら馬術部の面々が「ばんば場」を作りレースの開催まで漕ぎ着けるというのは、例えば『リンダ・リンダ・リンダ』(2005年)の学園祭で主人公らがバンド演奏をする話と比べても、やっていること自体は大層違っているものの、若者たちが目標に向かって頑張っている様はそれほど違わないのかな、と思いました。

(注7)主演の中島健人、ヒロインのアキを演じる広瀬アリスの他に、黒木華南九条あやめに扮します)、哀川翔(アキの叔父)、竹内力(アキの父)、石橋蓮司(アキの祖父)、中村獅童吹越満吹石一恵(中島先生の同僚教師)などの俳優が脇を固めています。

(注8)例えば、休日に、アキと八軒と駒場(市川知宏)は連れ立って帯広競馬場に遊びに行きますし、高校の文化祭(「エゾノー祭」)では、学校の中にばんば場を作ってレースが行なわれ、ラストにもばんえい競馬場でのレースが映し出されます。
 また、アキと南九条あやめとのライバル関係もばんえい競馬を巡ってのものですし、アキは叔父さん(哀川翔)から騎乗の仕方を教えてもらったりします。

(注9)『雪に願うこと』において、弟・学は、東京で貿易商社を興すも失敗し、兄・威夫のもとに逃げ帰っていたのですが、牧恵が「ウンリュウ」に騎乗してばんえいレースに出場する日に、そのレースの結果を見ずに東京に戻ります。「東京でどうしていいかわかんないけど、とにかく頭を下げ、須藤(共同経営者)に謝ろうと思っている。兄さんが迷わないで生きているのを見ると羨ましい」と言って。



★★★☆☆☆



象のロケット:銀の匙
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それでも夜は明ける | トップ | アナと雪の女王 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-03-26 22:56:18
> キャッチコピーにある「最強に理不尽な青春」が描かれているわけのものでもなく

アイドルなのに、アイドルオーラが全く出ない状態での主演映画・・・という意味で理不尽な青春奈のではないでしょうか?
Unknown (クマネズミ)
2014-03-27 05:04:30
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
確かに、インタビューで吉田恵輔監督も、「アイドル映画にしようという意識があまりなかったんです。すでにいろいろやられているので、アイドルじゃない中島健人、「役者としても良いんだぜ」というところを引っ張り出したいなと思っていました」などと述べていますから、「アイドルなのに、アイドルオーラが全く出ない状態での主演映画」といえるのでしょう!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
銀の匙 Silver Spoon (佐藤秀の徒然幻視録)
乳牛のような広瀬アリスの胸元 公式サイト。荒川弘原作、吉田恵輔監督。中島健人、広瀬アリス、市川知宏、黒木華、上島竜兵、吹石一恵、西田尚美、吹越満、哀川翔、竹内力、石橋 ...
銀の匙 Silver Spoon (だらだら無気力ブログ!)
富士先生の再現度がスゲェ!
『銀の匙 Silver Spoon』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「銀の匙 Silver Spoon」□監督 吉田恵輔 □脚本 吉田恵輔、高田亮 □原作 荒川弘 □キャスト 中島健人、広瀬アリス、市川知宏、黒木 華、上島竜兵、吹石一恵、        西田尚美、吹越 満、哀川 翔、竹内 力、石橋蓮司、中村獅...
LIFE! ★★★★ (パピとママ映画のblog)
凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン・スティラー監督・主演で描くヒューマンドラマ。夢を諦め、写真雑誌の写真管理部で働く地味な中年男性が、ひょんなことからニューヨークをたち世界中を巡る旅を繰り広げる様子をファンタジッ...
銀の匙 Silver Spoon/中島健人 (カノンな日々)
原作はマンガ大賞2012で大賞を受賞した荒川弘さんによる人気コミック。そちらは未読ですがTVアニメ版はしっかり観ていてハマっておりました。北海道の農業高校を舞台に農業の現実に ...
『銀の匙』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  原作は読んでいませんが 動物好きの私、これを観ないわけはありません 受験に失敗し、家から離れられるから、という理由だけで 八軒勇吾は酪農科のある全寮制の大蝦夷農業高校に入学する。 サラリーマンの息子で進学校から来たということでなんとなく疎....
ショートレビュー「銀の匙 Silver Spoon・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
逃げた先に、希望はあるか。 ひょんな事から、北海道の農業高校に入学した都会育ちの主人公が、全く新しい環境に戸惑い葛藤しながらも、力強く成長してゆく姿を描く青春ストーリー。 原作コミックは未読だが、作者は「鋼の錬金術師」で知られる荒川弘。 ずいぶん違っ...
荒川弘原作、吉田恵輔監督『銀の匙 Silver Spoon』中島健人、広瀬アリス、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
週刊少年サンデーで連載中の荒川弘原作コミックを『さんかく』『ばしゃ馬さんとビッグマウス』『麦子さんと』などの吉田恵輔監督が実写映画化した『銀の匙 Silver Spoon』主演はSexy Zoneの中
『銀の匙 Silver Spoon』 (こねたみっくす)
生きるための逃げはありでしょ! さすが吉田圭輔監督。TVアニメ化もされた大ヒットコミックを実写映画化するうえに、ジャニーズアイドルを主役に据えているにも関わらず、安易な青 ...
銀の匙 Silver Spoon (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】農業高校に入学した素人のドタバタ学生生活
「銀の匙 Silver Spoon」 (NAOのピアノレッスン日記)
~最強に 理不尽な青春!!~2013年   日本映画    (2014.03.07公開)配給:東宝          上映時間:111分監督:吉田恵輔原作:荒川弘  『銀の匙 Silver Spoon』(小学館『週刊少年サンデー』連載)脚本:吉田恵輔美術:三ツ松けいこ音楽:羽毛....
銀の匙 Silver Spoon (はるみのひとり言)
試写会で観ました。受験戦争に挫折し、逃げるように北海道の農業高校に入学した八軒くんが、酪農実習や同級生と関わりながら命の大切さを学んでいくお話です。いきなり農業高校に飛び込んだ八軒くんと一緒に酪農の実習の世界を垣間見れるんですが、楽しく描かれてる中に酪...
『銀の匙 Silver Spoon』 (2014) (相木悟の映画評)
爽快なる、酪農青春グラフィティ! 叱咤され、励まされ、温かく包みこまれる。苦境に立ち向かう背中を押してくれる良作であった。 本作は、単行本が1000万部をこえる大ヒットを記録し、テレビアニメ化もされた荒川弘の同名漫画の映画化。ファンタジー・アクション....
銀の匙 Silver Spoon (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 銀の匙 Silver Spoon オリジナル・サウンドトラック [CD]酪農をテーマにした異色青春映画「銀の匙 Silver Spoon」。一見アイドル映画だが、実は見所が多い佳作。進学校で挫折した八軒勇 ...
『銀の匙/Silver Spoon』 2014年2月23日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『銀の匙/Silver Spoon』 を試写会で鑑賞しました。 この映画はお勧めだね 【ストーリー】  受験失敗をきっかけに、北海道の大蝦夷農業高校へ入学した八軒勇吾(中島健人)は、同級生のアキ(広瀬アリス)や駒場(市川知宏)のように明確な将来の展望を抱けない自分...
銀の匙 (Break Time)
3月も、一週間が過ぎます・・・
劇場鑑賞「銀の匙 Silver Spoon」 (日々“是”精進! ver.F)
酪農を通じて、人生を考える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403070001/ 【送料無料】CD/オリジナル・サウンドトラック/映画「銀の匙 Silver Spoon」オリジナル・サウン...価格:2,205円(税5%込、送料込) ...
映画「銀の匙 Silver Spoon」公開!(※ネタバレ注意。) (月の瓶詰~ブログ版~)
何はともあれ… 八軒くん、エゾノー祭に出られてよかった。 ということで。 3月7日に公開された映画、「銀の匙 Silver Spoon」の感想を少々。 (妙なところから書き始めてすみませぬ ^^;) 私はハガレンから流れてきた原作ファン(コミックス派)で、アニメも見て...
『銀の匙』をUCT7で観て、如才なし吉田恵輔ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★壊していなさが見事】    原作マンガは単行本を読んでて、アニメは未鑑賞。 原作マンガから、正しくエッセンスを抽出して組み立てたお手本みたいな映画 ...
『銀の匙 Silver Spoon』 (時間の無駄と言わないで)
農業漫画の実写化。 原作は読んでます。 まったく合わなかったなぁ。 原作のエピソードを詰め込みすぎなのに、ダラダラ感も半端なく。 エピソードの数は多いけどどれも薄味だか ...
「銀の匙 Silver Spoon」挫折して道を外れた先にみた決まった道を歩む現実と生きる生徒と出会った事で知った自由に選べる何にでもなれ... (オールマイティにコメンテート)
「銀の匙 Silver Spoon」は進学校で挫折した少年が逃げるようにして全寮制の農業高校に入学してそこで夢もないまま過ごしていたが、次第にやりたい事を見つけて行くストーリーである。 ...
『銀の匙 Silver Spoon』 映画ならではのもの (映画のブログ)
 行方不明者がまだいるのに、犬の心配してる場合じゃない。  3.11のあと、そういう声があった。  たしかに行方不明者の捜索は重要だ。そこに異存はないけれど、だからといって犬や猫を保護するのがおかしいわけではない。  人間は助けるべきだが、犬や猫は後回しで...
銀の匙 Silver Spoon (映画好きパパの鑑賞日記)
 北海道の農業高校を舞台にした爽やかな青春映画。吉田恵輔監督は東宝デビューですが、動物のと殺シーンも含めて、単に青春映画に終わらせず、普段、都会の人が意識しない農業や食べ物も意味というのはきっちり描き出しました。本当にこの人の作品には外れがないですね。...
映画『銀の匙 Silver spoon』★育てたブタに自分が育てられるような (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163124/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビュー(ネタバレ表示です) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id346639/rid26/p1/s0/c1/ &nbs...
[映画『銀の匙 Silver Spoon』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かったっス。  昨夜の私経営のお店は、前半が暇で、予習代わりに、彼女から借りていたマンガ版『銀の匙』を読みふけってた。  後半から店は混んで、マンガを読んでいる暇がなくなったんだけど、3巻まで読んでいたので、雰囲気は分かり、映画にもすぐに溶け込め...
銀の匙 Silver Spoon (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
銀の匙 Silver Spoon '13:日本 ◆監督:吉田恵輔「さんかく」「麦子さんと」 ◆主演:中島健人、広瀬アリス、市川知宏、黒木華、上島竜兵、吹石一恵、西田尚美、吹越満、哀川翔、竹内力、石橋蓮司、中村獅童 ◆STORY◆受験失敗をきっかけに、北海道の大蝦夷農業高...
銀の匙 Silver Spoon (2014日本) (エンタメ ウェブロッジ SunHero)
映画1本見るためだけに小田原へ行くのは、いくらなんでもコスト・パフォーマンスが悪すぎると思い、近隣探訪を兼ねて、TOHOシネマズ小田原でもう1本見た。それが、「週刊少年サンデー」に連載され、TVアニメ化もされた荒川弘原作の「銀の匙 Silver Spoon」だ。今ならコロ...
銀の匙 Silver Spoon (いやいやえん)
【概略】 受験に失敗した八軒勇吾は、寮があるという理由で農業高校に入学。実習や部活に悪戦苦闘の日々を送る。 青春 酪農を扱う青春映画、農業高校の生活の中で成長していく人間模様を描く。 原作もアニメもみたことがありません。 「農業ってつらいよ。で...
映画 『銀の匙 Silver Spoon』 (こみち)
  JUGEMテーマ:邦画    御影アキ役の広瀬アリスは、現在と違い髪が短いので   最初は、誰だかわかりませんでした。   農家の娘の感じが出ていて、役に合っていますね。     &nbsp...