映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

バーレスク

2011年01月16日 | 洋画(11年)
 友人の強い薦めもあり、『バーレスク』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。

(1)吉祥寺のバウスシアターの一番小さな劇場(座席数50)で上映されたためもあって、ほぼ満席の状況でした。クマネズミが見た前の回は、出入り口の扉の前で数えてみましたら、約50人の観客の中で男性は8名ほどで、女性の割合が圧倒的でした。それで上映直前に周りを見回したところ、男性の数はやや増えていたものの、相変わらず女性客ばかりです。『プラシャス』などと違って、それほど女性向きとは思えない映画の内容ですから、不思議な現象だなと思っているところです。
 というのも、確かに、主役のアリが次第に自己を実現していく様子が描かれており、それを支えるのも女支配人テスですし、主人公が活躍する舞台に登場するのはすべて女性ダンサーといったところから、女性映画と言えるのかもしれません。
 ですが、この映画が取り上げているバーレスクは、ストリップと誤解されるくらいセクシーなダンスショーであり、むしろ男性が面白がるものなのではないでしょうか?

 そんなことはともかく、主役アリを演じるクリスティーナ・アギレラの素晴らしい歌と踊りに圧倒されました。田舎から突然大都会に出てきた小娘という設定にもかかわらず、バーレスク・ラウンジの支配人テスの前で、その場で言われたバーンスタインの曲を見事に踊ってしまうなんて考えられないところであり(注1)、またマイクが使えなくなって即興で歌い出す歌(“Tough Lover”)の素晴らしさも、まさにファンタジックなのですが、そんなことは全く気にもなりません。
 なにしろ、全世界で3,000万枚ものCDを売り上げているアギレラが8曲も歌っているのですから!



 ストーリー自体は実に単純でありきたりながら、このアギレラと、支配人テスを演じるシェール、それに舞台監督ショーンのスタンリー・トゥッチによって、稀に見る素晴らしい音楽映画に仕上がっています(注2)。

 シェールは、1946年生まれの64歳ながら(アギレラは昨年末で30歳)、超ハイレグ姿でバーレスクラウンジのオープニングショーで歌って踊り、また経営がおもわしくなくなってこのラウンジを譲らざるを得なくなった段階で、実に底力のある歌を披露します。
 こんな姿を見ると、昨年末の29日にNTVで放映された番組『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』で、「プロが選ぶプロの振付家」として紹介された名倉加代子氏が連想されるところです。というのも、彼女は1940年生まれの70歳ながら、まだ現役のダンサーでもありかつ振付師でもあるのです!



 また、スタンリー・トゥッチは、『ジュリー&ジュリア』でメリル・ストリープ演ずるジュリア・チャイルドの夫(外交官)を演じていましたが、表で活躍する女性たちを裏から支える役柄にうってつけといえそうです(こんな印象を与えるのは、『プラダを着た悪魔』〔2007年〕で、主人公の女編集長ミランダ〔メリル・ストリープ〕の右腕のファッション・ディレクターを見事に演じていることからくるのかもしれません)。





(注1)このサイトの記事によれば、クラシックのレナード・バーンスタインではなく、映画音楽の巨匠エルマー・バーンスタインとのこと。

(注2)台詞は歌われませんから、純然たるミュージカルとはいえないかもしれませんが、やはりミュージカルの一つでしょう。歌が物語の展開と別建てになっていればミュージカルといえないでしょうが、この映画の場合、アギレラが映画のために作曲した曲が3つも入っていることもあり、音楽は物語の展開の沿ったものだと考えられます。


(2)この作品は、アイオワの田舎からロサンジェルスという都会へ少女が出てきて成功するという物語ですから、先に見たウディ・アレン監督の 『人生万歳!』と似た面を持っています。
 むろん、『人生万歳!』はミュージカルではありませんし、そこに登場するメロディは、ちょっと単純すぎる感じながら、それでもメロディは、イケメンの青年俳優をゲットしますし、メロディの母親は芸術写真家として華々しく活躍するようになるのです!

 他方アリは、これだけ歌唱力があり、これだけ踊れもし、かつバーレスクラウンジの空中権を売却することまで思いつく経営の才があるのですから、その内にテスの後を襲ってここの経営者になって、テス以上に大活躍することでしょう(なにしろ、テスの下では、またぞろ大借金地獄に陥ることは、火を見るより明らかでしょうから!)。

 なお、空中権は、日本では「建物の容積率のうち、未利用容積率分を移転する権利」とされるようですが、米国あたりではもっと広く認められているようです(詳しくは、このサイトの記事を参照してください)。
 現に、バーレスクラウンジの前に建てられたマンション所有者がテスから買い取った空中権は、そのマンションの容積率を拡大するためのものではなく、単に当該マンションの眺望を妨げるものを排除するためのものなのですから。

(3)渡まち子氏は、「めきめき頭角を現してスターになっていくサクセス・ストーリーのプロセスはとんとん拍子だし、それにからむラブロマンスやクラブ買収の危機なども、あくまでも軽いテイスト。それでも、全米一のトップシンガーになったりはせず、クラブのスターになって脚光を浴びるという程度に抑える“慎ましさ”が好ましい」、「何より物語が安直な分、シェールとクリスティーナ・アギレラという新旧のグラミー賞受賞歌手が魅せる、圧倒的な歌とダンスが活きた」として50点を付けています。
 ただ、直前に見た『きみがくれた未来』が65点だったことと比べて、この50点は低すぎる評価のように思えます。



★★★★☆



象のロケット:バーレスク
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (72)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きみがくれた未来 | トップ | ドガ展 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ほし★ママ)
2011-01-16 10:13:57
私も名倉加代子さんのレポートを見ていたので
テス(シェール)に重ねてみました。
ホンモノであることは、若さにもつながるのですね。
空中権のお話は、漠然とはわかったものの
こうして説明していただけて有難いです。
トラバを送らせて下さい。
日本ではとうてい作れない映画 (ソニー貝)
2011-01-31 23:11:59
  音楽が主体の映画と聞いていたので、クリスティーナ・アギレラのPVでもかまわないと思って見に行ったのですが、音楽的ショー的になかなか楽しいものでした。ほぼ同様な内容の映画に、「ナイン」とか、ダイアナ・ロスが取り上げられた「Dreamgirls」がありますが、内容の楽しさと歌の素晴らしさで、それらよりも高く評価します。ストーリーはハッピーエンドに終わりますから、その辺は予定調和で、ある意味、ご都合主義ともいえましょうが、内容的になかなかスムーズな展開ですから、これも決して悪くありません。悪人がほとんど出ない映画も、それなりに気持ちがよいものです。また、アメリカのナイトライフの豪華さを思い知らされ、とても日本では真似ができないものと感じました。

  たまたま、この映画が日本で封切りされ、かつ観賞した2010.12/18はアギレラの30歳の誕生日であったとのことで、たいへん魅力的に演じています。彼女の名前は前から知っていても、曲はまったく知らずにいたので、新鮮な驚きでした。
  この映画ではシェールが大きな役割を果たしますが、シェールが1946年生まれで御歳64歳とのことで、また吃驚。映画中で、3つほど彼女が唱いますが、実に素晴らしい歌唱で、最後の曲がもっとも印象的でした。彼女が、「ソニー&シェール」でデビューした時から、「悲しきジプシー」などいくつかの大ヒット曲はかなり知っていても、最近の曲は知らなかった事情にあります。実のところ、オールディズ愛好者としては、ストーリーとは関係がなくとも(ストーリーを多少壊してでも)、彼女の持ち歌を1つくらい聴きたいところでした。
  ちなみに、別れたご亭主のソニー・ボノは、その後、共和党の連邦議会上院議員をやり、著作権の延長法の成立に尽力した後に、スキー場で事故死したとのことです。そして、シェールのほうは、いま世界で最もお金持ちの歌手とのことです。
歌・歌、ダンス・ダンス! (クマネズミ)
2011-02-01 05:39:02
ソニー貝さん、コメントをありがとうございます。
アギレラやシェールのことを知らなくとも、その歌唱力に圧倒され、映画を楽しく見ることが出来ました。
また二人に関する興味深い情報を提供していただき、誠にありがとうございます。
あんた全然わかってないわねえ~ (LADY GAMA)
2012-07-22 20:10:32
女性とオカマが喜ぶ映画だから客が女性中心で当たり前でしょう?
あなたみたいな人って「ヘルタースケルター」も男性向けって書くんでしょうね。
わかるとは? (クマネズミ)
2012-07-22 21:45:42
LADY GAMAさん、わざわざコメントをありがとうございます。
ですが、
「女性とオカマが喜ぶ映画」=「客が女性中心」でしょうから、LADY GAMAさんの言明は、ある意味で同義反復ではないでしょうか?
問題は、どういう点から「女性とオカマが喜ぶ映画」なのかということではないでしょうか?
その点については、拙エントリで、主役のアリを「支えるのも女支配人テスですし、主人公が活躍する舞台に登場するのはすべて女性ダンサーといったところから、女性映画と言える」と書いているところですが?
なお、「「ヘルタースケルター」も男性向け」との点ですが、LADY GAMAさんに言われずとも、つとに、斉藤環氏が、「断言しよう。蜷川実花の新作『ヘルタースケルター』は「女の、女による、女のための映画」だ」と述べていることを知っているのですが(『ユリイカ』7月号P.90)?
Unknown (LADY GAMA)
2014-10-13 21:32:45
2年越しでごめんなさい。
検索結果で再発見したものだから。

支配人が女である必要も、ダンサーが全員女である必要もないのよ。
男と野心にギラギラした女が出ているミュージカルは女かオカマしか喜ばないのよ。
あんたが観に行ったのが不思議なくらいよ。
「ヘルタースケルター」も似たようなもので、斉藤ゴニョゴニョがクソ雑誌でどや書きしないでも、見るからに女とオカマが喜ぶ映画なの。
あんたは映画と本とブラジルが好きアピールしてインテリぶってる割に見聞が浅いんじゃないの?
正直見てて滑稽な記事よ。
Unknown (クマネズミ)
2014-10-14 06:52:13
「LADY GAGA」さん、2年越しのコメントをありがとうございます。
おっしゃるように、「女とオカマ」のことがわからないクマネズミの「見聞が浅い」ことは言を俟ちませんし、きっと「滑稽な記事」なのでしょう。でも、それがクマネズミなのですから、それでいくほかに仕方がないと思っているのですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

72 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
バーレスク (ハクナマタタ)
わたしは心を奪われた そのシーンは これが初めてのレッスンよ アリとテスのふれあい 田舎から歌手になることを夢見て出てきた身寄りのないアリ(クリスティーン・アギレラ) 職探しをしながらあるときたどり着いたクラブ・バーレスク そこで繰り広げら...
バーレスク (LOVE Cinemas 調布)
ショービズ界でスターになることを夢見るオクラホマ出身のヒロインが、クラブ「バーレスク」で働き始め、やがてその夢を叶えていくと言うミュージカル・ドラマ。主演は大人気のアーティスト、クリスティーナ・アギレラ。共演に『月の輝く夜に』のシェール、クリステン・ベ...
『バーレスク』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
年末から、この作品の高評価がアチコチから届き サクセスストーリーが大好きな私は、ずっと楽しみに。 お正月に娘が帰省したら
『バーレスク』('10初鑑賞160・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:25の回を鑑賞。
バーレスク (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 クリスティーナ・アギレラの歌唱力を本作で初めて知った。
バーレスク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この声で、夢への扉を開けてみせる。』  コチラの「バーレスク」は、人気シンガーのクリスティーナ・アギレラが映画初出演を果たした12/18公開のミュージカル・サクセス・ロマ ...
バーレスク  監督/スティーヴン・アンティン (西京極 紫の館)
【出演】  クリスティーナ・アギレラ  シェール  クリステン・ベル 【ストーリー】 歌手になる夢を追いかけているアリは、ロサンゼルスにあるバーレスク・クラブで働き始める。そこは、セクシーなダンサーが毎夜ゴージャスなショーを繰り広げる、大人のためのエンター...
バーレスク (あーうぃ だにぇっと)
11月29日(月)@新宿明治安田生命ホール。 この日の試写は他に “GANTZ” の完成披露が当った。 舞台挨拶があると開演は遅れるし終わるのは遅くなるし私にとってはマイナスでしかなかったりする。(笑) で、すんなりとパスして期待の一作 “Burlesq...
『バーレスク』。。。 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、スティーブ・アンティン監督、クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリスティン・ベル、スタンリー・トゥッチ出演。
バーレスク (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「観たッ!!! 観たッ!!! 観たわよ~~~~ッ!!!!」
バーレスク (佐藤秀の徒然幻視録)
「最高の眺望」を守れ! 公式サイト。原題:Burlesque。スティーブン・アンティン監督、クリスティーナ・アギレラ、シェール、エリック・デーン、スタンリー・トゥッチ。クリスティー ...
バーレスク (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
スターを夢見るヒロイン役のアギレラのアカペラがすばらしくて、その後の多くの楽曲にも感動した。踊りとの一体感に、ショービジネスの本場の迫力を感じた。ヒロインが歌の得意なことを隠していたのには、踊りが売りの店だと思いこんでいたと思う。それにしても、強引な自...
バーレスク (Art-Millー2)
バーレスク オフィシャルサイト 噂のミュージカルを観てきた。 こういう映画は文句なしにたまらんくらい好きだ。 クリスティーナ・アギレラとシェールの圧倒的迫力にとろりんこである。 ちなみに、《バーレスク》とは バーレスク(英語および仏語: Burlesque)...
「バーレスク」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 ちなみに、「バーレスク」の意味はコチラを参照。   スターになる夢を叶えるため、故郷を飛び出した田舎娘が、その才能を開花し、スターダムへと駆け上がって行く、基本何十年...
2010年12月14日 『バーレスク』 よみうりホール (気ままな映画生活)
本日は、『バーレスク』 を試写会で鑑賞です。 別の日の試写会があたっていたのですが、その日は違うのを観たため、 バーレスクは観れないかと思っていましたが、何とか鑑賞できました 観て大正解です 歌もさることながら、ストーリーも良かったです しいて言えば、音...
バーレスク (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  田舎町から歌手になりたくて大都会のロスにやって来たアリ。彼女はクラブ・バーレスクでウェイトレスを続けていたが、ある日舞台にあがるチャンスをつかむ。そしてひょんなことから、抜群の歌唱力を披露して一躍スターダムにのし上がる。  いわゆるよくある...
バーレスク/シェール、クリスティーナ・アギレラ (カノンな日々)
失礼ながら主演のグラミー賞歌手・クリスティーナ・アギレラのことは全く存じませんでしたが、それゆえなのか劇場予告編で唄いだした主人公に周囲が一瞬にして魅了されたように私 ...
映画 「バーレスク」 (ようこそMr.G)
映画 「バーレスク」
*バーレスク* (Cartouche)
    成功を夢見てロサンゼルスにやって来たアリ。タスという女性が経営している“バーレスク・ラウンジ”で行なわれているダンスショーに魅せられ、バーテンのジャックの家に居候しながら、ウェイトレスとして働き始める。やがてバーレスクのダンサ...
「バーレスク」:パフォーマンスは一流だけど・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『バーレスク』、まあショウビズ界のスター誕生ものの定番的ストーリーで、田舎で
映画:バーレスク Burlesque 「ウルトラ美魔女」がたった1曲で、アギレラを圧倒(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
クリスティーン・アギレラと、シェールという新・旧?歌姫対決が話題のこの映画。 シェールは、映画主演でいきなりアカデミー賞主演女優賞を取った「月の輝く夜に」(1987)の段階で、既に行き遅れのおばさん役。 それから20年以上が経過していて、若いアギレラとどう対...
『バーレスク』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「バーレスク」□監督・脚本 スティーヴン・アンティン□キャスト クリスティーナ・アギレラ、シェール、スタンリー・トゥッチ、カム・ジガンディ、クリスティン・ベル、エリック・デイン、ピーター・ギャラガー■鑑賞日 12月1...
「バーレスク」 ポジティブ・シンキング (はらやんの映画徒然草)
洋楽に疎い僕は本作の二枚看板であるクリスティーナ・アギレラもシェールもよく知らな
『バーレスク』 (つれづれなるままに)
HTB試写会 『バーレスク』に行ってきました。 全然、ストーリーを知らずに見に行
バーレスク Burlesque (映画!That' s Entertainment)
●「バーレスク Burlesque」 2010 アメリカ Sony Pictures Entertainment,De Line Picutes,120min. 監督・脚本:スティーヴン・アンティン 出演:シェール、クリスティーナ・アギレラ、エリック・デイン、スタンリー・トゥッチ他 <評価:★★★★★★★☆☆☆>...
バーレスク(2010)☆★BURLESQUE (銅版画制作の日々)
 この声で、夢への扉を開けてみせる。 MOVX京都にて鑑賞。20日はMOVX京都デイーということで、1000円で鑑賞出来るので観に行ってきました。 そういえば、「NINE」以来ですね。あまりミュージカル作品は縁がない、っていうかつまり疎いのかな。でも評判良さそうな...
バーレスク (小部屋日記)
Burlesque(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本:スティーブ・アンティン 出演: シェール/クリスティーナ・アギレラ/エリック・デイン/カム・ジガンデイ/ジュリアン・ハフ/アラン・カミング/ピーター・ギャラガー/クリステン・ベル/スタンリー・トゥッチ ...
バーレスク (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Burlesque歌姫クリスティーナ・アギレラの映画初主演作は、歌手を夢見るヒロインのシンプルなサクセス・ストーリー。物語は他愛ないが、圧倒的な歌とダンスのパフォーマンスが楽しめ ...
バーレスク/Burlesque (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ゴージャス&パワフル&キュートでセクシー アギレラだからこそ実現した、サクセス・シンデレラスト―リ― オープニングからスピード感溢れ、カメラワークも楽しい♪ 映画出演は7年ぶりだという主演の歌姫、クリスティー...
映画「バーレスク」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『バーレスク(デジタル上映)』(公式)を、昨日(1/7)鑑賞。劇場公開を1ヵ月過ぎ、それもレイトショーにも関わらず、観客は20名ほどで意外と多い印象。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点。 ざっくりストーリー 『バー...
「バーレスク」 (古今東西座)
もしかしたらこの『バーレスク』は映画としては大したものではないのかもしれない。ありがちなストーリー、プロモーションビデオのような演出と感心すべきものではない。だがクリスティーナ・アギレラの歌がそんなものをうっちゃってしまったのだから凄い。華奢な体からは...
《 バーレスク 》 (映画 - K'z films -)
「この声で、夢への扉を開けてみせる。」 [Official](C) 2010 Sony Pictures Entertainment lnc. スティーヴン・アンティン監督作品。なんと監督としては2作目となる本作。観る者を退屈させない、心躍る"ショー"がそこにはしっかりと描かれていました。そして、歌手のク...
バーレスク/Burlesque (いい加減社長の映画日記)
これは、予告編での迫力満点の声に魅かれて、楽しみにしていた作品。 公開の土曜日の朝一で、「バーレスク」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、いつもよりは多い感じ。 「バーレスク」は、小さめのスクリーンで、3~4割。 【ストーリー】 成功を夢見てロサンゼルスにや...
「バーレスク」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Burlesque )ミュージカル役者としてのクリスティーナ・アギレラの存在感に圧倒される一編だ。言うまでもなく彼女はアメリカの音楽シーンを代表する歌手であり、おそらくこの年代の白人女性シンガーとしてはトップレベルの実力を持っているだろう。今まで「ザ・...
バーレスク (eclipse的な独り言)
またもや息抜きをしてきました。妻がバドミントンの試合。こういうチャンス(?)を逃すな!と風呂に入って映画を観てきました。ああ、付き合わされた友人よ、すまん。(12月26日鑑賞)
バーレスク (Blossom)
バーレスク BURLESQUE 監督 スティーヴン・アンティン 出演 シェール クリスティーナ・アギレラ     エリック・デイン カム・ジガンデイ     ジュリアン・ハフ アラン・カミング     ピーター・ギャラガー クリステン・ベル     スタン...
バーレスク■まちづくりのヒントとしての見方 (映画と出会う・世界が変わる)
実を言うとクリスティーナ・アギレラにはいい印象を持っていなかった。と言うのは「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」で登場した彼女は完全に負けていた。それで...
バーレスク (迷宮映画館)
今年の映画は、今年のうちにぃ!!
バーレスク (Akira's VOICE)
歌は5つ星! ドラマは・・・  
バーレスク すっげ~♪鳥肌たったやんっ! (労組書記長社労士のブログ)
【=57 -16-】 おそらく今年最後の劇場鑑賞の映画、しかし最後を飾るにふさわしい素晴らしい映画だった~! バーレスク、映画館とかでも予告編があまり流されていなかったようで、予備知識があまり無く、ただなんとなく「「いいぞ」という噂をジワーッと感じていた。  ....
バーレスク (風に吹かれて)
バーレスクのショーへようこそ 公式サイト http://www.burlesque.jp歌手を夢見て、アイオワからロサンゼルスへ出てきたアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、偶然入った“バーレスク・ラウ
バーレスク (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「バーレスク」監督:スティーヴ・アンティン出演:シェール(『ふたりにクギづけ』『月の輝く夜に』)クリスティーナ・アギレラエリック・デイン(『バレンタインデー』『マーリ ...
バーレスク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
全世界トータル・セールス3000万枚、グラミー賞4部門受賞歴を誇り、デビュー以来10年以上に渡り世界中を魅了し続けるクリスティーナ・アギレラと、オスカー&グラミーW受賞で映画界 ...
バーレスク (キノ2)
★ネタバレ注意★  華やかでゴージャスな歌と踊りの饗宴!  サプライズはないですが、こじんまりとした、楽しい映画です。音楽のシーンは全てステージ上のパフォーマンスに限られているので、所謂ミュージカルではないかもしれませんが、全体に占める音楽シーンの...
ショーガール!~『バーレスク』 (真紅のthinkingdays)
 BURLESQUE  アイオワの田舎娘アリ(クリスティーナ・アギレラ)は、ショウビズの世界を夢 見てLAの街にやってくる。彼女が魅せられたのは、伝説の歌姫テス(シェール) が経営するクラブ「バー...
[映画『バーレスク』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これまた、新春早々、燃える映画でした^^  アメリカの片田舎からLAに出てきた少女アリ(クリスチーナ・アギレラ)が、絢爛豪華なれど傾きつつあるクラブ<バーレスク>で、経営者兼ダンサーのテス(シェール)に才能を認められ、トップを目指しつつ、多くの仲間や...
「バーレスク」新旧ディーバ、アツい競演!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[バーレスク] ブログ村キーワード  “世界の歌姫”クリスティーナ・アギレラ、映画初主演作「バーレスク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。洋楽を殆んど聞かない吾輩でも、その名前ぐらいは知ってますよ!名前ぐらいは…(^^;。  アイオワの片...
★バーレスク(2010)★ (CinemaCollection)
BURLESQUEこの声で、夢への扉を開けてみせる。上映時間120分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2010/12/18ジャンルドラマ/ミュージカル/...
バーレスク (幕張コーポ前)
ルです。1月1日は映画の日でしたので、ぶらり自転車でシネプレックス幕張へ。正月から映画を観る人って多いんですね。「バーレスク」はほぼ満席でした。正月1日からショウビズモンスターことシェールはどうかと思いましたが、「バーレスク」のシェールはよかった。Show以...
バーレスク (tom's garden)
キャスト:シェール、クリスティーナ・アギレラ、エリック・デイン、カム・ジガンデイ、ジュリアン・ハフ、アラン・カミング、ピーター・ギャラガー、クリステン・ベル、スタンリー・トゥッチ 監督・脚本:スティーブ・アンティン 水曜とはいえ夜なのに、劇場はわり...
バーレスク (Diarydiary! )
《バーレスク》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - BURLESQUE アイ
バーレスク (りらの感想日記♪)
【バーレスク】 ★★★★ 映画(78)ストーリー かつては栄華を誇った大人のためのショー・クラブ“バーレスク”も、いまや客足が衰え経営難に陥
★「バーレスク」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
2011年1本目の劇場鑑賞は、久しぶりにラゾーナ川崎の109シネマズ川崎で。
バーレスク【試写会】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:バーレスク 制作:2010年・アメリカ 監督:スティーヴン・アンティン 出演:シェール、クリスティーナ・アギレラ、エリック・デイン、カム・ジガンデイ、ジュリアン・ハフ、アラン・カミング、ピーター・ギャラガー、クリステン・ベル、スタンリー...
バーレスク (心のままに映画の風景)
アイオワの田舎から歌手を夢見てロサンジェルスへやってきたアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、偶然目にした“バーレスク”の華麗なショーに心奪われる。 どうにかウェイトレスとして雇ってもらったアリは...
「バーレスク」 (Con Gas, Sin Hielo)
隠し切れぬオーラの功罪。 ミュージカルといえば、通常の会話さえも歌にしてしまう非日常の印象が強いが、本作はやや違う。 舞台の上以外では、BGMとしてNEON TREEなど最近のポピュラーな楽曲がかかったりするくらい。 それだけ舞台の華であり物語の核となるC.アギレ....
バーレスク (ダイターンクラッシュ!!)
2010年12月25日(土) 20:55~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『バーレスク』公式サイト ありがちな他愛ないサクセス・ストーリーなのだが、ショーのシーンが優れているので、それだけで相当満足度の高い作品である。 ...
バーレスク (pure\'s movie review)
2010年 アメリカ作品 120分 ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント配給原題:BURLESQUESTAFF監督:脚本:スティーヴン・アンティンCASTクリスティーナ・アギレラ シェール エリック・デイン カム・ジガンデイ スタンリー・トゥッチ 「シカゴ」「NINE」好き、「...
バーレスク☆独り言 (黒猫のうたた寝)
2011年に持ち越しちゃった映画、その3になるのは『バーレスク』これ、たぶん好きな映画じゃないかなって思ってましたが予想は大当たり。田舎町からロスへやってきたアリは、就職活動中、ふと目にしたクラブ、バーレスクで圧倒的なステージを観て魅了されここのステージに...
バーレスク (そーれりぽーと)
クリスティーナ・アギレラ初主演を支えるのはシェール! いろんな意味で事件のような映画『バーレスク』を観てきました。 ★★★★★ ちょっとネタバレです ガガたんにお株を奪われたアギちゃんが半端ない歌唱力を前面にかつての彼女のスタイルで復権を狙った映画になっ...
バーレスク (とりあえず、コメントです)
クリスティーナ・アギレラとシェールが主演するエンターテイメント・ムービーです。 予告編で聞いたクリスティーナ・アギレラの歌声に惹かれたのですけど、 なかなか時間が合わなくて遅くなってしまいました。 ステージの華やかさにうっとりしながら、あっという間に時間...
バーレスク (うろうろ日記)
試写会で見ました。田舎の女の子が、都会へ単身出てきてナイトクラブで成功する。とい
「バーレスク」 (みんなシネマいいのに!)
 スターを夢見て田舎から出てきたヒロインが、ショークラブでウェイトレスとして雇っ
■映画『バーレスク』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
クリスティーナ・アギレラとシェールの歌声とパフォーマンスに圧倒される映画『バーレスク』。 絢爛豪華なステージに華やかな衣装、セクシー美女たちのダンスに見事な歌声。 色と欲の渦巻くショウビズ界を舞台に、田舎娘が自らの才覚と実力を武器に、名声を勝ち取って...
【衣装デザイン】マイケル・カプラン『バーレスク』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。クリスティーナ・アギレラが映画デビュー作に選んだのは眩いばかりのショービジネスの世界『バーレスク』。競演は久々にスクリーンに登場して歌声も披露するシェール。スタンリー・ト
バーレスク (シネマDVD・映画情報館)
バーレスク スタッフ 監督: スティーヴ・アンティン キャスト クリスティーナ・アギレラ シェール クリスティン・ベル スタンリー・トゥッチ 劇場公開日:2010-12-18
映画『バーレスク』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-83.バーレスク■原題:Burlesque■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:118分■字幕:栗原とみ子■鑑賞日:12月24日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円ス...
「バーレスク」 (或る日の出来事)
歌とダンス。ショーアップされたステージ・パフォーマンスを満喫。
バーレスク (いやいやえん)
全編ミュージカルかと思っていたら、そうではないんですね。サクセスドラマにショー部分があるという感じです。 クリスティーナ・アギレラやシェールの歌唱力、ダンス、衣装などに注目!セクシーな女性たちのショーに魅了されること間違いなし。これは映画館向けの作品...
「バーレスク」(BURLESQUE) (シネマ・ワンダーランド)
「月の輝く夜に」のシェールと、映画初出演の人気シンガー、クリスティーナ・アギレラを主演にしたミュージカル・ドラマ「バーレスク」(2010年、米、120分、スティーヴン・アンティン脚本・監督作品、SONY映画配給)。この映画は、スターを夢見るヒロインと、シ...
バーレスク (こんな映画見ました~)
『バーレスク』---BURLESQUE---2010年(アメリカ)監督:スティーヴン・アンティン出演:シェール 、クリスティーナ・アギレラ、エリック・デイン 、スタンリー・トゥッチ スターを夢見るヒロインとショー・クラブの再生を目指す人々が織りなす人間模様を華麗な....
スティーブン・アンティン監督 「バーレスク」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
TSUTAYAの店頭で「あの話題作のBlu-ray&DVDが早くも廉価版で」とあったので、どんなもんか、つい買ってしまいました(:^◇^A オフィシャルサイト⇒http://bd-dvd.sonypictures.jp/burlesque/ 【あらすじ】 バーレスク・ラウンジ、それはセクシーなダンサーたちが...