映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ジュリエットからの手紙

2011年06月04日 | 洋画(11年)
 『ジュリエットからの手紙』を渋谷のル・シネマで見ました。

(1)この作品は、ストーリー自体よくあるお話ながら、ヴェローナにある「ジュリエットの家」を話の起点にするなど、なかなか着眼が面白いなと思いました。

 ニューヨークでジャーナリストを目指す主人公ソフィアマンダ・セイフライド)は、婚約者のヴィクターガエル・ガルシア・ベルナル)と一緒にイタリアのヴェローナにやってきますが、そこでひょんなことから、イギリス人のクレアヴァネッサ・レッドグレイヴ)が50年前にジュリエット宛てに書いた手紙を発見してしまいます。



 そこで、ソフィはクレアに、ジュリエットからとして手紙を書いて送ったところ、すぐにクレアがイタリアにやってきて、50年前の手紙が触れていた恋人ロレンツォ(フランコ・ネロ)を探す旅に出ることになります。



 さあ、クレアは昔の恋人に会うことができるでしょうか、クレアと一緒にやってきた孫のチャーリー(クリストファー・イーガン)とソフィとの関係は、そして婚約者ヴィクターをソフィはどうするのでしょうか、
……。




 ただし、問題がないわけではないでしょう。
 例えば、
・関係する人たちは、それぞれ皆誰かを失っている(あるいは失うことになる)のですが、それが逆に幸いして幸福な結末に至るというのは〔ソフィに捨てられる婚約者だって、レストランを軌道に乗せることに没頭できるでしょうし〕、余りに出来過ぎではないでしょうか?
・煉瓦の壁の間に置かれたクレアが書いた手紙は、隙間から入ってくる湿気などで、50年もの長い間のうちに劣化しなかったのでしょうか?
・その手紙に対してソフィが返事の手紙を書くのですが、それが英国に住むクレアのもとに届けられる、それもごく短期間の内にという展開は、いくら英国の郵便システムが立派に機能しているからといっても、目を剥いてしまいます。

 とはいえ、こうしたファンタジックな作品にくだくだしくいちゃもんを付けても始まりません。マアそういうお話もあるのかな、くらいに受け止めておくべきなのでしょう。

 なお、この映画には、少し前に見た『トスカーナの贋作』の舞台となったトスカーナ地方の風景がふんだんにが登場し、特にソフィとチャーリーが訪れるシエナは、10年ほど前にクマネズミも行ったことがある都市なので、その光景は非常に興味をひかれました(ただし、本作品に登場するヴェローナは行きませんでした。ただ、遠景からすると、シエナのすぐそばのフィレンツェに感じがよく似ています)。



 他方で、もう一つのイタリアを舞台とする映画『四つのいのち』が取り上げている南イタリアのカラブリア州の田舎とはまるで違う雰囲気だなと、今更ながら思いました(日本では、今やどこへ行っても外観上はほとんど同一ですが、イタリアの場合には、古都でありながらも現代的な感じがするところと、前世紀のままの生活を続けているところとが併存しているようです)。

 本作品の主演のアマンダ・セイフライドは、メリル・ストリープが大活躍するミュージカル映画『マンマ・ミーア!』に出演していましたが、この3年ほどの間に一段と魅力が増してきたように思われます。

(2)原題が「Letters to Juliet」であり、邦題とは違ったものを指していることはすぐに分かりますから、今更そんなことをどうのこうの言ってみても始まらないでしょう。
 ここではむしろ「ジュリエット」の方に若干こだわってみたいと思います。
 というのも、「ジュリエット」といって連想されるのは、確かに一般にはシェイクスピアの戯曲に登場する女性でしょうが、クマネズミには、マルキド・サドの『ジュリエット物語又は悪徳の栄え』のジュリエットも思い浮かびました(注)。
 そうなると、映画が“ジュリエットの「手紙」”ならば、この本を翻訳している渋澤龍彦の『サド侯爵の手紙』(ちくま文庫)ではないのか、そうであれば例えば次のような手紙があるな、と連想が働きます。
 これは、前年に何度目かの逮捕の憂き目にあったサドが、獄中から家政婦(愛人?)のマリー=ドロテ・ド・ルーセ宛てに書いたものの一部です(1779年3月21日)。
 「すでに元日もすぎてしまいましたが、貴女は一向に私に会いにきてくださらないのですね。私は毎日、むなしく貴女を待っておりました。すっかり色男の身づくろいをしてね」。「貴女はきっと、私の準備していたささやかな祝宴によって、耳も目も心も堪能させることができたにちがいありません。それがすっかり当てはずれになってしまったのです。私の苦心も骨折り損でした!」
 「次の機会には今度のように、気を持たせておいて最後に背負い投げを食わせるようなことはしないでいただきたい」。云々

 まるで、クレアに見捨てられたロレンツォが書いたものだとしてもおかしくない内容ではありませんか!


(注)この本は、一般には、渋澤龍彦の翻訳が知られていますが、それは全体の 3分の1 の抄訳であり、完訳本は未知谷から佐藤晴夫訳 (横尾忠則・装幀)で出版されています。


(3)渡まち子氏は、「メールでもなく電話でもなく、手紙という古風な伝達手段での初恋探しは、なんともロマンチック。観光案内のようなストーリーと恋愛至上主義のベタな展開は、クレアにもソフィーにも御都合主義なのだが、それでもスクリーンの中で、ヴェローナやシエナといった美しい都市を巡るうちに、愛の奇跡を信じてみたくなるから不思議である」として55点をつけています。
 他方、福本次郎氏は、「物思いにふけ、抱き合い、愛の素晴らしさを語り合う、そんなバルコニーに象徴される「ロミオとジュリエット」の設定をうまく生かした脚本がとてもウイットに富んでいて、幸せな気分になれる作品だった」として70点もの高得点をつけています。





★★★☆☆




象のロケット:ジュリエットからの手紙
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大木家のたのしい旅行 | トップ | 八日目の蝉 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2011-06-04 10:31:57
水曜に『アジャストメント』『マイ・バック・ページ』『ジュリエットの手紙』を
同一シネコンでハシゴしました(怠け者で移動が嫌い)。

“ジュリエットの家”にも“ロミオの家”にも行ってるから
“見たい”とは思っていたし映画は特に良くも悪くもないけど
まあ楽しく見ました。よくあるラストの結婚式での勘違いなんて
話としては嫌いですがバルコニーを再現させるために必要で…
入りは7割程度でしたが9割以上が女性で近くにいた女性は感動の余り(?)
激しく泣いていました…

しかし例によって、別に“おかしい”と文句を付けたくはないが3点引っかかりました。
1つはネットで同姓同名の人を何十名だったか探しますが、少なくとも映画では
相応の年齢の男性ばかり。仮に電話帳だったとして恐らく該当年齢は2割もないはず。

次に順序の記憶違いかもしれないので確認したいのですが、確かクレアは
“住所も分かっている”ということで最初の家を訪ねたはず。
つまり人違いの後でネットで調べたなら分かるが逆なら上の行為は…
それはともかく、にもかかわらず何人目かの時に、この道(家?)に
見覚えがあると言うのは???

最後に
“ジュリエット(へ)からの”手紙については少し前TVで秘書たちの活動を
紹介する番組があり知識として知っていました(何と日本語でも返事をくれる)。
そのような習慣がいつごろから知らないが、少なくとも僕が行った頃は壁に手紙
やメモなんて1枚もなかった。
というより各国から送られてきた手紙に返事を出すことは可能だが、映画のように
壁に貼り付けられたメモ書きなら、例えば絵馬のように住所氏名なんて
書く人は人は少なく、せいぜい花子、Japan 程度だと思われるので
集めてもゴミにしかならない。
クレアの場合は、なぜか(?)ちゃんとした封筒の“手紙”として
置いたから住所氏名も分かるので納得は出来るが。
もちろんクレアが引っ越したり死んでいて届かないかもしれないが
それは別の話。
もう1つ疑問 (milou)
2011-06-04 10:47:29
書き忘れたが確か台詞では当時のクレアは15歳??
ロミオとジュリエットなら分かるが不可解な話。
しかもそれは50年前で1957年(現在は2002年?)。
15なら65歳でやっぱり不可解。
問題点は色々ありますが (クマネズミ)
2011-06-06 20:20:20
Unknownさん、milouさん、詳細なコメントをありがとうございます。

マア、こういう映画はラストが盛り上がりさえすれば、後の細かな点は大雑把でも何でも構わないという精神で作られているのでしょうから、“おかしい”と感じる点はたくさんあることでしょう。
大体が、婚前旅行でやってきながら、ヴィクターがいくらレストラン開業に頭が一杯だとしても、婚約相手のソフィーをこんなに長く放り出したままというのは、とても考えられないことでしょう!
でも、綺麗なトスカーナ地方の風景をバックに、アマンダ・セイフライドの魅力を味わえばそれで良しとすべきではと思いました。

なお、milouさんんが「(当時)15なら(今や)65歳でやっぱり不可解」とおっしゃるのは、「65歳」で再婚するのが不可解ということなのでしょうか、それとも現在74歳のヴァネッサが10歳近くも若い役に扮するのが扮するのが不可解ということなのでしょうか(役と同じ年齢の2002年に、この映画が製作されたわけではないでしょうから)?
後者です (milou)
2011-06-06 21:02:43
そもそものクレアの初恋(?)のいきさつを見過ごしていて
途中で、15歳のときヴェローナに何しに来たんだろ、
そんな若いとき見初めた男を求めるかな、とか思い
さらに50年後なら65なのに、演技なのか歩き方とかも
どう見ても70代(老人)なので僕の勘違いかもと
さらに2002年の話だとしたら、その必然性は。
つまり25歳と75歳でも問題ないのにな…と

もちろん楽しく見たことに変わりはありません。
今は昔 (milou)
2011-06-07 16:28:23
また映画から離れるが気になったので調べてみると肝心の本家のHP
http://www.julietclub.com/index_en.asp

にはIt has been active for many years,
としか書いてないが、ジュリエット・クラブの結成は1972年で
郵送されてきた“手紙”に返事を書き出したらしいが、
30年代に荒れ果てた墓に残された手紙に返事を書いたのが最初らしい。
http://fukuen-shitai.com/blog/julietclub-1182.html

色々な画像を見たが、やはり壁は落書きと付箋だらけで封書は皆無に等しい。
それにしても下の写真を見ると“夢”も壊れる汚さ…

http://blogs.yahoo.co.jp/bluerose9k/56658804.html

“昔はよかった”と言いたくはないが、やはり昔はよかった。
そもそも入場料も取らなかったし少しの落書きはあったかもしれないが
感慨に耽れる程度には空いていた。僕が行ったときは10人以下。

そういえばジュリエットの家でドイツに留学中の日本人カップルに出会い
日本の話を聞きたいからとヴェネツィアまでドライブに誘われ同行した。
落書き (クマネズミ)
2011-06-08 05:24:13
milouさん、本家のHPを紹介していただきありがとうございました。
それによると、『LETTERS TO JULIET: Celebrating Shakespeare´s Greatest Heroine, the Magical City of Verona, and the Power of Love』という本がアメリカで出版されているとのこと。映画の原題がそこからきていることを始めて知りました。
また、「ジュリエットの家」の落書きについての情報をありがとうございます。
観光名所の雰囲気がかなり壊れているようなのは、実に残念な気がします。
ただ、下記のサイトの写真を見ると、バルコニーが見える中庭へ入るためのアーチの壁に落書きがされているようですね。
http://invia.jugem.jp/?eid=45
なお、ジュリエットの家については、沢山の写真がウエッブにアップされていますが、どれも同じ角度からの観光写真ばかりで、どこに手紙が貼られているのかよく分からない感じです。
名前はいろいろ紛らわしい (フェデリコ天塩)
2011-06-17 01:09:28
 今年はこの映画を皮切りにアマンダ・セイフライド主演の作品が短期間のうちに上映されるので、「アマンダ祭り」という人も見えます。お祭り好きの私としても、それに加わり楽しく騒ぎたいものです(その後、続けてあと2本も観ました)。
  この映画では、アマンダが好演し、脇役にはヴァネッサ・レッドグレーブ、ガエル・ガルシア・ベルナル、フランコ・ネロといった豪華に配されて、なかなか立派なものであり、楽しく観て来ました。私にとっては、洒落た楽しいラブ・コメディで、前作の「マンマ・ミーア」より評価が高く、ブラック・スワンとの対極で、こういうのもまた良しというところでした。
  風光明媚なイタリアの自然や人情が描かれ、悪い人々が出てこないというのも、楽しい原因です。イタリア北東部の都市ヴェローナがジュリエットに縁りの土地として人気があることも、知りました。私にとって、楽しくなる要因の一つが音楽がうまく調和していてよかったという点もあります。とくに、そのなかに使われた曲の中に、「月光のノクターン」(原題は「Guarda che luna」)があり、懐かしく聴いたということもありました。今からちょうど50年前の1961年に日本のポップス音楽で中ヒットしたものです(邦題・原語題でyoutubeに上がっている)。当時の音楽が古いというイメージがないのは不思議な感じがあり、あの頃から既に50年も経ったのかと、私にはこれまた不思議な感覚があります。
  ほかにも、いろいろトリヴィアの泉的なものがあり、本作ではバネッサが50年ぶりに昔の恋人を捜し出し、その男・フランコ・ネロと再婚しますが、実生活で両者は、映画共演を契機に恋愛関係になり一子を四十数年前にもうけて、2006年になっては再婚したといいますから、不思議な取り合わせです。
イタリアの名前についてはよく知りませんが、「ロレンツォ」という名が非常に多くてもファミリー・ネームまで入れたら、探すのにはそれほど困難ではないように思われますが、どんなものなのでしょうか。最後は、チャーリーの元の婚約者と従姉妹の名前が同じだという落ちまでつけて、めでたくハッピーエンドになりました。
発音も (クマネズミ)
2011-06-18 06:13:16
「フェデリコ天塩」さん、貴重な情報が満載のコメントをありがとうございます。
なお、タイトルに「名前はいろいろ紛らわしい 」とあるところ、一番紛らわしいのは、「アマンダ・セイフライド」なのかもしれません。
Wikipediaによれば、 Seyfriedの「正しい発音はサイフリッド(Sigh-Frid)である」とされていて、項目も「アマンダ・サイフリッド」となっていますが、『ジュリエットからの手紙』や『クロエ』の公式サイトや劇場用パンフレットでは、一貫して「アマンダ・セイフライド」とされています。
もともと、外国人名などの発音を日本語で正しく表記することは、「ギョエテ」の昔から大層難しかったわけですから、何にしても、それが誰を指しているのかきちんと分かりさえすれば、それで充分ではありますが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
★ 『ジュリエットからの手紙』 (映画の感想文日記)
2010年。アメリカ。"LETTERS TO JULIET".   ゲイリー・ウィニック監督。  『ロミオとジュリエット』の舞台となったイタリアのヴェローナには、ジュリエットの生家という観光名所があり、そこには世界中から恋の悩...
ジュリエットからの手紙 (LOVE Cinemas 調布)
イタリアはヴェローナにある「ロミオとジュリエット」のジュリエットの生家では、「ジュリエットの秘書」と呼ばれる女性たちの元に世界中から恋愛相談の手紙が届く。そんな中の1通から始まる50年前の恋人を探す旅の様子を描いた物語だ。主演は『マンマ・ミーア!』のア...
ジュリエットからの手紙 (あーうぃ だにぇっと)
4月23日(土)@東商ホール。
ジュリエットからの手紙~半世紀後版恋愛専科 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:LETTERS TO JULIET。ゲーリー・ウィニック監督、アマンダ・セイフライド、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル、フラ ...
ジュリエットからの手紙/アマンダ・セイフライド (カノンな日々)
この映画きっかけで知ったのですが、イタリアのヴェローナには実際に「ジュリエットの家」があるんでね。正確にはジュリエットのモデルとなったカプレーティ家の娘の家なんだそう ...
ジュリエットからの手紙 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Letters to Juliet: Celebrating Shakespeare's Greatest Heroine, The...: Celebrating Shakespeare's Greatest Heroine, the Magical City of Verona, and the Power of Love映画でも文学でも、人はなぜかイタリアに行くと恋愛の虜にな ...
「ジュリエットからの手紙」優しさいっぱいの恋物語。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ロミオとジュリエット] ブログ村キーワード  不朽の名作「ロミオとジュリエット」から生まれた本作、「ジュリエットからの手紙」(ショウゲート)。初夏を迎えるこれからの季節にピッタリな、爽やかな感動ラブ・ストーリーですよ。  ニューヨーカー誌の調査員・ソ...
ジュリエットからの手紙/レターズ・トゥ・ジュリエット (Yuhiの読書日記+α)
ロミオとジュリエットの物語を下敷きにした、ちょっと変わった恋愛もの。 監督はゲイリー・ウィニック、キャストはアマンダ・セイフライド、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ガエル・ガルシア・バーナル、フランコ・ネロ、クリス・イーガン他。 <あらすじ> ソフィアは悲劇...
ジュリエットからの手紙 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(13) この時期、ナタリー・ポートマンに次ぐ公開作品の多いアマンダ・セイフライド。
ジュリエットからの手紙 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年5月20日(金) 20:40~ ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:0円(Club-Cポイント使用) パンフレット:700円(買っていない) 『ジュリエットからの手紙』公式サイト 良質なラブストーリーだ。ラブコメディでもあり、ロード・ムービーであり、サクセス・...
もしも、あの時・・・~『ジュリエットからの手紙』 (真紅のthinkingdays)
 LETTERS TO JULIET  NYでリサーチャーをしながら記者を夢見るソフィ(アマンダ・セイフライド)。 婚約者ヴィクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)との婚前旅行に「ロミオとジュ リエット」...
「ジュリエットからの手紙」 (或る日の出来事)
わがアマンダ・セイフライドちゃんの3作連続上映! みたいな楽しいことになってるうちの、まずは第1弾! (「ジュリエットからの手紙」5月14日公開、「クロエ」5月28日公開、「赤ずきん」6月10日公開。全部、前売券買ってます!)
『ジュリエットからの手紙』 (beatitude)
ニューヨーカー誌の調査員ソフィ(アマンダ・セイフライド)は、婚約者ヴィクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)とともに旅行でイタリアのヴェローナを訪れる。だが、料理人のヴィクターは、間もなく開店する自分のレストランのためにワインや食材の仕入れに夢中。ほった...
ジュリエットからの手紙 (シネマDVD・映画情報館)
ジュリエットからの手紙 監督:ゲーリー・ウィニック 出演:アマンダ・セイフライド/ヴァネッサ・レッドグレイヴ/ガエル・ガルシア・ベルナル/フランコ・ネロ 内容:ロンドンに暮らすクレアのもとに手紙が届いた。それは50年前にクレアがジュリエットへ送った恋の悩...
ジュリエットからの手紙(2010)☆LETTERS TO JULIET (銅版画制作の日々)
                                       50年分の愛を抱えて、あなたに会いに来ました。 MOVX京都にて鑑賞。  皆さん、ご存じだと思いますが、、、、。 ゲイリー・ウィニック監督が2011年2月27日、脳腫瘍のため、49...
*ジュリエットからの手紙* (Cartouche)
          ***STORY***                    2010年  アメリカ ニューヨーカー誌の調査員ソフィ(アマンダ・セイフライド)は、婚約者ヴィクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)とともに旅行でイタリアのヴェローナを訪...
ジュリエットからの手紙 (Memoirs_of_dai)
アマンダのキーワードは“手紙”と“ソフィー” 【Story】 『ロミオとジュリエット』の舞台となったイタリア・ベローナを訪れたソフィー(アマンダ・セイフライド)は、ジュリエットへの恋愛アドバイスを...
『ジュリエットからの手紙』・・・二通の手紙と邦題のセンス (SOARのパストラーレ♪)
特に凝った展開もなく、予想通りに落ち着くロードムービースタイルのロマコメ。では物足りなかったかというとそんなことはない。50年前のある手紙がきっかけで始まるふたつの恋物語が実に爽やか。
ジュリエットからの手紙 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ジュリエットからの手紙」監督:ゲイリー・ウィニック(『シャーロットのおくりもの』)出演:アマンダ・セイフライド(『ジェニファーズ・ボディ』『マンマ・ミーア!』)ヴァネ ...
映画『ジュリエットからの手紙』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
上映時間が、ピッタリだったので『ブラック・スワン』(レビュー)と 『ジュリエットからの手紙』(公式サイト)をハシゴで観ま
ジュリエットからの手紙☆独り言 (黒猫のうたた寝)
50年の時を経て、ジュリエットから届いた手紙。それをきっかけに、クレアはかつて結ばれなかった恋人を探す旅に出る・・・そういえば、クレア・デーンズがジュリエット演じたよねなんて思ったりして(笑)イタリアのヴェローナにはジュリエットの生家があってそこを訪れた女...
ジュリエットからの手紙 (犬・ときどき映画)
ジュリエットからの手紙(LETTERS TO JULIETO) 3か月ぶりの劇場での映画鑑賞、なぜこんなに間が? 1月にスカパーのチューナーをHDDに変え、TVを50型にし、サラウンドシステムのTVラックも買い、毎日毎日、スカパーで映画を録画し、夜な夜な、そして休みの日に見ていた...
「ジュリエットからの手紙」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Letters to Juliet」 2010 USA ソフィに「マンマ・ミーア/2008」のアマンダ・セイフライト。 チャーリーに「エラゴン 遺書を継ぐ者/2006」のクリストファー・イーガン。 クレアに「上海の伯爵夫人/2005」「いつか眠りにつく前に/2007」「つぐない/2007」のヴ...
ジュリエットからの手紙 (近未来二番館)
ジュリエットからの手紙 - goo 映画 5月27日映画館で鑑賞。 前回の映画が「ブラック・スワン」で、傑作でありながら重かったので、なんだかそれの中和剤的な映画を見たくなってしまいました。だから...
映画『ジュリエットからの手紙』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-35.ジュリエットからの手紙■原題:Letters To Juliet■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:105分■鑑賞日:5月15日、ル・シネマ(渋谷)■料金:1,800円□監督:ゲイリー・ウィニック□脚本:ホセ・リヴェラ、ティム・サリヴァン□編集:ビル・...
ジュリエットからの手紙 (こんな映画見ました~)
『ジュリエットからの手紙』---LETTERS TO JULIET---2010年(アメリカ)監督:ゲイリー・ウィニック 出演:アマンダ・セイフライド 、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル、フランコ・ネロ 、ヴァネッサ・レッドグレーヴ 『ロミオとジュリ....
ジュリエットからの手紙 (とりあえず、コメントです)
『マンマ・ミーア』のアマンダ・セイフライド主演のキュートなラブストーリーです。 予告編を観て、彼女の輝くような笑顔と“50年前の手紙”というキーワードに どんなラブストーリーが展開されるのだろうかと楽しみにしていました。 明るいイタリアの風景の中で繰り広げ...
「ジュリエットからの手紙」 愛は決して遅すぎることはない (はらやんの映画徒然草)
このところ出演作が相次ぐアマンダ・セイフライド主演のラブストーリーです。 「赤ず
映画『ジュリエットからの手紙/LETTERS TO JULIET』 (オタマ・レベルアップ)
映画『ジュリエットからの手紙/LETTERS TO JULIET』を見たよぉ~ オフィシャル・サイト http://www.juliet-movie.jp/ メディア 映画 上映時間 105分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ショウゲート) 初公開年月 2011/05/14 ジャンル ドラマ/ロマンス 解...
ジュリエットからの手紙 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ヴェローナにあるジュリエットの生家に届く世界中からの手紙をきっかけに、かつての恋人に再会しようとする女性とその孫、彼女の手紙を読んだ若い女性の旅を描く。出演は「マンマ ...
『英国王のスピーチ』『ジュリエットからの手紙』をギンレイホールで観て、絶賛記憶風化中ふじき☆☆☆,☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『英国王のスピーチ』 五つ星評価で【☆☆☆ちょっと肩すかし。まあでも面白い】 『栄子くんが「おうおうおうおうおう」とスピーチ』 ああ、そんな話の方が観たかったかもし ...
ジュリエットからの手紙 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ジュリエットからの手紙'10:米◆原題:LETTERS TO JULIET◆監督:ゲイリー・ウィニック 「シャーロットのおくりもの」◆出演:アマンダ・サイフリッド、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ガエル ...
ジュリエットからの手紙 (いやいやえん)
50年前に書いたジュリエットへの恋の悩みを綴った手紙の返事が返ってきたら?設定が素敵ですよね。若かりし時に実らなかった恋。その恋人を探すというストーリー展開は一本道ながらも、爽やかな気持ちになれる作品でした。 長い時を経て届いた手紙に後押しされて、ク...
ジュリエットからの手紙 (A Day In The Life)
新作DVDリリース。早速借りてきました。 解説 「ロミオとジュリエット」で名高いイタリア・ベローナで行われている、 世界中から届く恋愛相談の手紙に「ジュリエットの秘書」と呼ばれる女 性たちが返信する「ジュリエットレター」を題材にした恋愛ドラマ。 1通...
ジュリエットからの手紙 (銀幕大帝α)
LETTERS TO JULIET/10年/米/105分/ロマンス・ドラマ/劇場公開 監督:ゲイリー・ウィニック 出演:アマンダ・セイフライド、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル、フランコ・ネロ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ <ストーリー> 婚約者のヴィク...