映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ソウル・キッチン

2011年02月13日 | 洋画(11年)
 『ソウル・キッチン』を渋谷のシネマライズで見てきました。

(1)事前の情報を全く持たずにいたものですから、最初は韓国の首都にあるレストランの話なのかなと思ったりしていたのですが(『カフェ・ソウル』の連想から)、実際には映画は、ドイツのハンブルグにあるレストランを巡る実に楽しいお話でした。

 レストランといっても、だだっ広い倉庫を改造しただけのものながら、庶民的な料理を低価格で出すことから、常連客はついているようです。
 レストランの若きオーナー兼シェフのジノスが主人公ですが、様々の災難が一度にその上に降りかかってきます。
 たとえば、
イ)恋人ナディーンが、突然上海に特派員として派遣されることになります。
 ナディーンとのコミュニケ―ションはスカイプを使って行っているものの、ジノスはイライラが募ってきて、自分も上海に行きたくなってしまいます。
ロ)高級レストランのシェフだったシェインを雇い入れたところ、庶民的な料理を求めていた常連客にそっぽを向かれてしまいます。
ハ)重い食器洗浄機を動かそうとしてジノスは椎間板ヘルニアを引き起こしてしまい、暫く身動きが取れなくなってしまいます。

 こうした数々の災難は、レストランで披露されるバンド演奏につられてやってくるお客が増えてくることから、次第に解決の方向に向かっていきます。でも単純には物事は運ばずに、何度も危機が訪れて、そして……。

 さて、映画で興味深いのは、
イ)ドイツ映画であってドイツ語がメインながら、監督ファティ・アキン氏はドイツ在住のトルコ系移民であり、またギリシア系移民である主人公のジノス(演じるアダム・ボウスドウコスも両親がギリシア系移民)をはじめとして、映画の中では様々の人種が入り乱れます。



 ジノスの恋人ナディーンは、中国から帰国する際に中国人を連れてきますし、シェフのシェインを演じる俳優はトルコ南部の出身、ジノスの椎間板ヘルニアを診る理学療法士アンナを演じる女優はハンガリー生まれなのです。
 そして、アンナがジノスを連れていく整体師も、「骨折りケマル」といわれるトルコ人で、その待合室にはドイツ語新聞は置いておらず、トルコ式チャイが患者に振る舞われます!とはいえ、大きな病院で高額の手術を受けなければ一生半身不随だとされたジノスの椎間板バンヘルニアが、映画ではこの代替医療で完治してしまいます。

ロ)たまたま映画を見た日の前の回では、トークショーが行われ、出演した音楽評論家のピーター・バカラン氏の姿を映画館の入口のところで見かけましたが、映画のゴージャスなところは様々の音楽をふんだんに聴くことができる点でしょう。
 なにしろ、バンドマンのルッツが「ソウル・キッチン」の従業員であり、時間があると店でリハーサルをしていますし、またジノスの兄イリアスは、DJセットを盗んできて、レストランでレコードをかけまくるのですから!



 ただ、音楽のこと(さらには、映画に登場する料理のこと)は、劇場用パンフレットの解説に任せることといたしましょう。
 なお、映画『ノーウェアボーイ』のラストが、ジョンの「ハンブルグに行く」という言葉でしたから、この映画でも何かビートルズ関連のことがあるのかなと思いましたが、そうは問屋が卸しませんでした。

ハ)公的な事柄が随分と映画の中に入り込んできます。
・市の税務当局がレストランまで出向いてきて、滞納分を徴収しようとします。
・旧友ノイマンが、レストランの敷地を取得しようと、市の衛生当局を突き動かしてレストランの厨房を検査させたため、ジノスは短期間のうちにリフォームせざるを得なくなります。
・刑務所の内部が2度ほど映し出されます。
 1度目は、兄イリアスが仮出所が認められ、刑務所内の通路を通って外に出るところ。
 2度目は、イリアスが再度捕まって刑務所内を移動している姿とか、面会室でルチア(ジノスのレストランで働いている画家志望の女)と会っているところ。

ニ)レストランが置かれている具体的な場所が、大体のところ地図上に特定できるのです。
 というのも、旧友のノイマンにレストランの場所を聞かれて、ジノスは「ヴィルヘルムスブルクのインダストリー通り」と答えるのですが、それを手がかりにGoogle Mapのストリート・ビューを使うと、実際にもインダストリー通りの中間点あたりに、映画に登場するレストランによく似た建物が線路の脇に設けられていることが分かります!
 映画のロケ地を地図で探せるなんて、映画を2度以上も楽しめることになります。

 さらに、ジノスはハンブルグの街中にあるマンションから、市の南方にあるレストランに通っていますが、使う電車がs-Bahnであり、Wilhelmsburg駅で降り、そこからバスを使ってレストランに出向いているようです。
 映画では、s-Bahnの電車がたびたび画面に登場します。中でも印象的なのが、運河を跨ぐ鉄橋を通過するシーンでしょう。



 とにもかくにも、この映画は、そのストーリーと言い、出演する俳優と言い、また、音楽、料理等々、滅多矢鱈と興味深い要素が詰まっていて、稀にみる面白さを持った作品と言えます。

(2)上で書いたように、この映画の監督ファティ・アキン氏はドイツ在住のトルコ系移民ですが、最近TVニュース(NHK「海外ネットワーク」2月5日)で、ドイツのケルン市において、約 1,200 人の信者を収容できる大規模なモスクが建設されていることに対して、ドイツ人住民から反対運動が巻き起こっているとの報道がなれていました。
 ケルン市は、いまや10人に1人がトルコ系住民であり、市当局も、トルコ人移民はドイツ社会の一部だとして当該モスクの建設を許可したとのこと。
 ですが、ドイツ人住民からすれば、固まって暮らすトルコ系住民たちは、ドイツ社会の中に溶け込もうとしない異質分子と見えるようで、一昔前のユダヤ人差別につながるような感情を持っているようです。
 ただ、ユダヤ人とは、自分たちでまとまって暮らしているところとか宗教が一般のドイツ人とは別という点などで類似しているものの、言葉がトルコ語であり、食事の内容も異なるし、特に女性の地位が低いことはお話にならないようです。

(3)映画評論家・土屋好生氏は、「確かにこれは港町の片隅に花咲く特殊な移民の物語ではない。が、この国に足場を固めた移民2世による、新しいドイツの顔がここにはある。トルコ系の監督とギリシャ系の主演俳優、そして助演のドイツ人俳優。来るべきドイツ映画の新しい波を予感させる布陣であり、同時に、そこに「移民国家ドイツ」の明日の姿を見るような感覚に襲われるのである」と述べています。



★★★☆☆


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンストッパブル | トップ | ちょんまげぷりん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ソウル・キッチン」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ファティ・アキンの新作。コメディ映画。面白く見たのだけれど、すごい好みってわけじゃないかも・・・3つ★半
ソウル・キッチン / SOUL KITCHEN (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アン・リー絶賛! 「この映画に嫉妬せずにはいられない!」と言わしめたドイツ映画 「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」のファティ・アキン監督が、様々な民族が集うハンブルクの大衆食堂を舞台に、個性豊かな面々が...
『Soul Kitchen』 (キマグレなヒトリゴト)
ちょっとクセがあるけど、是非一度は足を運びたい。 そんなソウル・キッチンはドイツのハンブルグに。 Soul Kitchen 大げさなアクションで笑いを誘うわけでもなく、 ささやかに、でもくすくす笑ってしまう上質の映画だったと思います。 さりげなーいところでツボに入っ...
『Soul Kitchen』 (キマグレなヒトリゴト)
ちょっとクセがあるけど、是非一度は足を運びたい。 そんなソウル・キッチンはドイツのハンブルグに。 Soul Kitchen 大げさなアクションで笑いを誘うわけでもなく、 ささやかに、でもくすくす笑ってしまう上質の映画だったと思います。 さりげなーいところでツボに入っ...
ソウル・キッチン (Memoirs_of_dai)
絶対ほしいあの粉 【Story】 レストラン「ソウル・キッチン」を経営するジノス(アダム・ボウスドウコス)。恋人とは遠距離恋愛になり、腰を痛め、仮出所してきた兄のイリアス(モーリッツ・ブライブ...
ドイツ映画祭2009...「SOUL KITCHEN」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Soul Kitchen」 2009 ドイツ 監督、脚本に「太陽に恋して/2000」「愛より強く/2004」「そして、私たちは愛に帰る/2007」のファティ・アキン。 ジノス・カザンツァキスにアダム・ボウスドウコス(アキンと共同脚本)。 イリアス・カザンツァキスに「太陽に恋して...
ソウル・キッチン (ひでの徒然『映画』日記)
Comment: レストランを経営する男を取り巻くソウルフル・コメディ。 ファティ・アキン監督の作品です。 ドイツ、ハンブルグ。ボロボロの赤レンガ倉庫でレストラン「ソウル・キッチン」を経営する男...
『ソウル・キッチン』 SOUL KITCHEN (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY )
「ドイツ映画祭2009」にて、ヴェネチア国際映画祭でも審査員特別賞受賞した我らがファティ・アキンの最新作を鑑賞。話題性のないヨーロッパ映画の配給事情が芳しくない日本ではありますが、こうやって映画祭のおかげで、ドイツ本国での一般公開よりも一足早い頃にお目にか...
『ソウル・キッチン』 ()
ここのところ体調を崩していたこともあって、更新が数日滞ってました。 GyaO!のオンライン試写会が当たって、1/22公開の『ソウル・キッチン』を観ました。 劇中で流れる音楽も魅力的な、楽しめる作品だなーと思います。 ******************** 『愛より強く』『そ...
*ソウル・キッチン* (Cartouche)
           ***STORY***              2009年 ドイツ=フランス=イタリア       ジノス(アダム・ボウスドウコス)は、レストラン“ソウル・キッチン”の若きオーナー。庶民的な店で、常連客はい...
ソウル・キッチン (シネマDVD・映画情報館)
ソウル・キッチン ハンブルグで大衆食堂を経営するジノスは、恋人が仕事で上海に行き、離れ離れになる事に耐えられない。そこで、高級料理店をクビになった頑固な天才シェフを雇い、上海に行こうとする。ところが、仮出所した兄イリアスを雇うハメになり、税務署から.......
魂の多国籍料理(おいしくて笑える)~『ソウル・キッチン』 (真紅のthinkingdays)
 SOUL KITCHEN  ドイツ・ハンブルグ。ギリシャ系移民のジノス(アダム・ボウスドウコス)は 「ソウル・キッチン」という名のレストランを経営している。仮出所してきた服 役中の兄イリアス(モ...
ソウル・キッチン (心のままに映画の風景)
ドイツ、ハンブルク。 庶民派レストラン“ソウル・キッチン”を経営するギリシャ系移民のジノス(アダム・ボウスドウコス)は、不運続きの日々を過ごしていた。 そんなある日、シェフのシェインを雇うことに...
ソウル・キッチン (Art-Millー2)
『愛より強く』『そして、私たちは愛に帰る』などのファティ・アキン監督による人生賛歌。まさに《ソウルなムービー》である。キッチンのタイトルなんで、料理らしき物語もあるのかと思ったが、料理もんではない、とにかく《濃厚でソウルな物語》の連続である。 ...
ソウル・キッチン(2009)◎●○SOUL KITCHEN (銅版画制作の日々)
 心(ソウル)も満たすレストラン こんなレストランなら、行ってみたい!! 遅ればせながら、観て参りました。とても良いとの評判だったので、楽しみしていた作品です。その噂通り、本当に楽しくてパワーに溢れていました。 「そして、私たちは愛に帰る」のファティ・...
『ソウル・キッチン』 (2009) / ドイツ・フランス・イタリア (Nice One!!)
原題: SOUL KITCHEN 監督: ファティ・アキン 出演: アダム・ボウスドウコス 、モーリッツ・ブライブトロイ 、ビロル・ユーネル 、モニカ・ブライブトロイ 、ウド・キアー 鑑賞劇場 : シネマ ベティ 公式サイトはこちら。 なーんだかこの映画、シネ....
『わたしを離さないで』『ソウル・キッチン』を観て、ウトウトニコニコふじき☆☆,☆☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『わたしを離さないで』 五つ星評価で【☆☆確かな世界観がある。だが、その上のドラマが乏しい】 話の核になる秘密は予告から類推できた。 基本、この設定はよくできている ...
ソウル・キッチン (だらだら無気力ブログ!)
劇中で使用されている音楽がイイ!