映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

WOOD JOB!(ウッジョブ)

2014年05月21日 | 邦画(14年)
 『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)本作(注1)は、『舟を編む』の原作者・三浦しをん氏が書いた小説(注2)に基づいた作品ということで映画館に行ってきました。

 映画の冒頭では、大学の入試に落ちた主人公の平野勇気染谷将太)が、ガールフレンドに「絶対同じ大学に受かるから待っててね」と言ったにもかかわらず、彼女から「距離を置こう」と言われたりして落ち込んだ時に、「緑の研修生」のポスター(そこにはすごい美人が写っています)を見て、次のシーンになると、勇気は、もう列車を乗り継いで無人駅(注3)に降り立ちます。
 出迎えの人は誰もいないし、携帯も圏外で、さらに戻ろうとしても次の列車まで6時間も間があるし、ということで困っていたところに、三重県林業組合の車が到着し、降りてきた組合専務(近藤芳正)が勇気を研修所に連れて行きます。
 研修のスケジュールは、1カ月の講義で資格を取り、その後に11カ月、地元の林業会社で実習(OJT)を受けるというもの。
 一度は脱走しようとした講義に続いて、勇気は神去村の中村林業で実習を受けることになりますが、そこには親方(光石研)とその妻(西田尚美)、従業員のヨキ伊藤英明)とその妻(優香)がいます。
 さらには、最初に勇気がポスターで見た美人の直紀(親方の妻の妹:長澤まさみ)も同じ村に住んでいるのです。



 さあ、勇気とこれらの人たち、さらには神去村の人たちとの関係はどうなるのでしょうか、………?

 本作は、都会者が田舎に居着くというご当地映画によく見られるストーリーであり(注4)、さらには、祭をクライマックスに持ってくるのもご当地物の定番ながら(注5)、田舎で暮らす者が実に生命力溢れる姿で描かれており、かつまた描かれる祭りもなかなかの迫力であり、全体としてまずまずの仕上がりではないかと思いました。ただ、もう少し女性の登場人物が活躍してもいいのでは、という気がしたところです。

 主演の染谷将太は、これまでに見られない性格の役柄をうまくこなし一層の活躍が期待されますし、その他の俳優陣も随分と頑張っています(注6)。



(2)本作でヨキらが手にするチェーンソーを見ると、まずホラー映画を思い付きますが(注7)、むろん、まじめに林業を描く本作にはそんな場面はありえず、登場人物は皆規則に従って慎重にチェーンソーを取り扱いながら木を切り倒したり枝をはらったりします。

 まじめに林業を描いている映画といえば、最近では『キツツキと雨』となるでしょう。
 なにしろ、山奥の村(注8)に住む木こりの克彦(役所広司)が主人公として登場し、そんなに長い時間ではありませんが、山における作業の現場が描き出されています。
 ただ、同作は、本作とは逆方向のベクトルを持つ作品といえるかもしれません。
 というのも、本作では、都会暮らしの主人公・勇気が田舎の森で働くことになるのですが、同作では、田舎に住む木こりの克彦が、都会の田辺幸一(小栗旬)の制作するゾンビ映画に出演するというストーリーなのですから。ごく簡略に図式化すれば、「本作:都会→田舎(林業)、同作:田舎(林業)→都会」ということにでもなるでしょうか。

 もう少し踏み込んでみると、本作は、あるいはイタリア映画『四つのいのち』と通じるところがあるように思います。
 同作では、本作が神去村を舞台とするように、南イタリアの田舎にある小さな村が舞台となっています。そして、樹齢100年の樅の大木が切り倒され、大勢の村人によって村に運ばれてお祭りに使われますが、そのお祭り(注9)は、諏訪大社の「御柱祭」を経由しながら(注10)、本作のクライマックスをなす祭(「大山祗さんの祭り」)にも通じるものを感じます。
 本作で描かれる祭りは、国内的にはいうまでもなく、また世界にも広がる通路なのかもしれません。



(3)渡まち子氏は、「林業という切り口は新しいが、映画の作りとしては極めてオーソドックスなこの映画、実に魅力的でにくめないのだ」として65点をつけています。
 前田有一氏は、「伊藤英明と、その妻役・優香の濃密すぎるキスシーンや、夜の営みなど下ネタギャグがいくつか飛び出てくる点だけ気を付ける必要があるが、子供たちにも見てほしい楽しい感動作」として70点をつけています。
 相木悟氏は、「生活に密接に関わっていながら預かり知らない林業の世界を、青春映画として勉強できる良作であった」と述べています。



(注1)監督・脚本は、『スウィングガールズ』や『ロボジー』などの矢口史靖
 出来ないと思われていたことを何とかやり遂げてしまうという点で、これらの作品と本作とは通じるところがあるのではと思いました(大雑把にいえば、『スウィングガールズ』では高校の吹奏楽部がジャズ演奏をすること、『ロボジー』では動くロボットを1週間で製作すること)。

(注2)原作は、三浦しをん著『神去なあなあ日常』(徳間文庫)。
 ちなみに、著書(そして本作も)のタイトルに、「ゆっくりのんびりいこう」という意味の神去村の方言「なあなあ」が使われているところ、「神去村」自体が架空のものですから、これも著者が作った言葉のようです(この記事で、三浦しをん氏は「この言葉は私が勝手に作ったものなんですよ。ゆっくり行こうとか、落ち着けとか、くよくよするなっていう感じですね。のんびり行こうっていうことです」と話しています。ただ、同じ記事において、矢口監督は「実は三重弁の翻訳は専門家に依頼したものではなく、地元美杉の皆さんにお願いをしました。実際に台本を録音してもらって、俳優の皆さんはそれを聞いてセリフを覚えていただいたんですよ」と話していますから、全体としては実際の三重弁なのでしょう)。
 NHK連続TV小説『あまちゃん』の「じぇじぇじぇ」と同じように、「なあなあ」が流行語になるのでしょうか(なお、NHK連続TV小説『花子とアン』では、甲州弁「こぴっと(しろし)」(“しっかりしなさいよ”“がんばれよ”の意味)を流行語にしたいようで、何回も登場人物が使っています!)?

(注3)映画では「上三津鉄道」の駅とされていますが、ロケ地の三重県旧美杉村(現在は津市美杉町)に走るのは名松(めいしょう)線。
 ただ、本作の公式サイト掲載の「Production Notes」によれば、同線が台風で不通になっていたために、実際には岐阜県の明知鉄道を使ったとのこと。 ちなみに、この鉄道は、本文の(2)で触れています『キツツキと雨』でも使われています。

(注4)典型的なご当地映画といえる『恋谷橋』では、東京に出てデザイン関係の会社に勤めていた朋子(上原多香子)が、母親(松田美由紀)の跡を継いで、鳥取県の三朝温泉にある老舗旅館の若女将となって頑張っていこうとしますし、また『津軽百年食堂』も、東京に出ていた陽一(オリラジ藤森)が、弘前にある大森食堂の跡を継ぐというお話です。
 まあ、本作は、その地に縁もゆかりもない都会育ちの主人公・勇気が田舎に居着くようになるという点で、親の跡を継ぐというこれらの作品とは違っているとはいえるでしょうが。

(注5)上記「注4」で触れた『恋谷橋』では「山陰KAMIあかりアートフェスティバル」、また『津軽百年食堂』では弘前さくらまつり。

(注6)最近では、染谷将太は『永遠の0』で見ましたし、長澤まさみは『モテキ』、伊藤英明は『アンダルシア』〔『悪の教典』のDVDでも←このエントリの(3)をご覧ください〕、光石研は『共喰い』、優香は『悪夢ちゃん』、近藤芳正は『許されざる者』で、それぞれ見ています。

(注7)このところクマネズミが見たものとしては、例えば『処刑山 デッド・スノウ』があります。
 なお、ホラー映画ではありませんが、『エッセンシャル・キリング』には、主人公が木こりなどを次々とチェーンソーで殺す場面がありました。

(注8)本作のロケ地が三重県旧美杉村であるのに対して、同作は岐阜県東濃地方と長野県南木曽町がロケ地。

(注9)『四つのいのち』の公式サイトに掲載されているミケランジェロ・フラマンティーノ監督のインタビュー記事によれば、映画で描かれている祭りは「ピタの祭り」と呼ばれるもので、「ランゴバルド人がこの地にいた頃から毎年、アレッサンドリア・デル・カレット村で開かれている伝統行事」とのこと。
 さらに、同監督の別のインタビュー記事によれば、同作が舞台としているカラブリア地方にはピタゴラスがいたと言われているようです。さらにまた、この記事を読んだりすると、「ピタの祭り」の“ピタ”とは“ピタゴラス”を指しているのではとも思えてきます。

(注10)このサイトの記事によれば、矢口史靖監督は、「今作でもクライマックスの祭りは諏訪大社の御柱祭を参考にした」と話しています。
 ただ、友人からの情報によれば、三重県の旧美杉村下ノ川には「仲山神社ごんぼ祭り」という男女根崇拝に拠る子孫繁栄・五穀豊穣を願う祭りがあるとのことで、友人は、映画で描かれているものはこれをモデルにしているのではないかと話しています。
 確かに、御柱祭では大木が急坂から落とされるだけであり(「下社の木落し」)、その部分は映画と類似するものの、祭事の最後は映画で描かれるようにはなりません。
 おそらく映画の祭事は、この仲山神社の「ごんぼ(牛蒡)祭り」と諏訪大社の「御柱祭」とを合わせて矢口監督が創り上げたものなのでしょう。




★★★☆☆☆



象のロケット:WOOD JOB!(ウッジョブ)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (57)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とらわれて夏 | トップ | ブルージャスミン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-06-28 10:16:39
> 本作でヨキらが手にするチェーンソーを見ると

そう言えば、犬神家の三種の神器は「斧(ヨキ)、琴、菊」だった。斧と電鋸を大雑把に同じものとするなら、ヨキがヨキを使ってるという訳だ。

伊藤英明のヨキはレザーフェイスと1対1で戦わせたら負けんと思う
Unknown (クマネズミ)
2014-06-29 05:51:29
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
作によれば、伊藤英明が扮するヨキは「与喜」ですが、祖母の繁ばあちゃんが「ヨキちゅう名前は、わてがつけたんや。『斧』ちゅう意味や」と言いますから、おっしゃるように斧=電鋸とすれば、「ヨキがヨキを使ってる」ことになります!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

57 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜 (Break Time)
今朝は、若干 冷え込みました・・・
WOOD JOB!(ウッジョブ)〜 神去なあなあ日常〜 (花ごよみ)
監督は矢口史靖。 原作は三浦しをんの小説「神去なあなあ日常」。 林業を描いた 青春エンターテイメント大作。 大学受験に失敗、 高校を卒業した平野勇気。 彼は林業研修プログラムの パンフレットの表紙の美女につられて、 神去村というケータイの電波も入らない 山奥...
WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜 (あーうぃ だにぇっと)
WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜@東宝試写室
WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜  監督/矢口 史靖 (西京極 紫の館)
【出演】  染谷 将太  伊藤 英明  長澤 まさみ  優香 【ストーリー】 大学受験に失敗し高校卒業後の進路も決まっていない勇気は、軽い気持ちで1年間の林業研修プログラムに参加することに。向かった先は、携帯電話が圏外になるほどの山奥のド田舎。粗野な先輩ヨキの....
『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』 くじけない秘訣がある (映画のブログ)
 「田舎を舐めるな。」  『おおかみこどもの雨と雪』を観た地方出身の友人は息巻いていた。  『おおかみこどもの雨と雪』は、都会に住む若い女性が幼い子供を連れて山奥に移り住む話だ。とても面白い映画だし、彼女には都会で暮らしにくい事情があるのだけれど、それ...
『WOOD JOB ! (ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』矢口史靖監督、染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『WOOD JOB ! 〜神去なあなあ日常〜』矢口史靖監督三浦しをん原作出演 : 染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香柄本明、西田尚美、マキタスポーツ、光石研、他物語・大学受験に失敗し高校卒業後の進路
映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』観たよ (よくばりアンテナ)
予想以上に面白かった(*´∀`*) さっすが矢口史靖監督! 笑いあり涙ありの林業のお仕事映画であって、青春映画でもあるんだよね。 原作の感想はコチラ。 原作の続編も読んだよ。 設定とかキャスティングのイメージとかちょこっと違うけど、 もはやそんな...
WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜/染谷将太 (カノンな日々)
矢口史靖監督が作家・三浦しをんさんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」を染谷将太さんを主演に映画化した林業を舞台とする青春ドラマです。都会育ちのダメダメな若者が過酷 ...
「WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜」 遠く未来の人の笑顔のために (はらやんの映画徒然草)
前回の作品ではロボットという最新のテクノロジーを題材にしましたが、矢口監督の最新
WOOD JOB! (ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。三浦しをん原作、矢口史靖監督。染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香、西田尚美、マキタスポーツ、有福正志、近藤芳正、光石研、柄本明。三重県中西部にある架空の ...
映画 WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    平野勇気(役:染谷将太)が林業の厳しさと田舎暮らしを   表現しているシーンは、素敵でした。山で木を切るシーンを見て、林業をやってみようと思った人もいるのではないでしょうか。 &...
映画 WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    平野勇気(役:染谷将太)が林業の厳しさと田舎暮らしを   表現しているシーンは、素敵でした。山で木を切るシーンを見て、林業をやってみようと思った人もいるのではないでしょうか。 &...
WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★☆【4,5点】(11) ありがちな物語も特殊な業種と主人公のキャラによって
WOOD JOB!(ウッジョブ) 〜神去なあなあ日常〜・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
GOOOOD JOB!!! 「WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜」は、ひょんな事から林業のインターンとなった都会っ子が、未知なる山の一年を通して成長してゆく姿を描く、言わば一次産業青春映画だ。 しかし軽いコメディと侮るなかれ。 恋と自分の居場所を巡る葛藤は、林業とい...
『WOOD JOB! ウッジョブ! -神去なあなあ日常-』 2014年3月28日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『WOOD JOB! ウッジョブ! -神去なあなあ日常-』 を試写会で鑑賞しました。 Good JOB! な映画であった。 矢口監督の映画は『ロボジー』しか観ていませんが、 『ロボジー』は面白かった!  ちなみに今回、脚本は書いていますがオリジナルではありません。 【ストー...
『WOOD JOB! 神去なあなあ日常』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」□監督・脚本 矢口史靖□原作 三浦しをん□キャスト 染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香、西田尚美、       光石 研、柄本 明、近藤芳正 ■鑑賞日 5月10日(土)■劇場 TOH...
『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』 (こねたみっくす)
林業は自分が死んでから評価される仕事…でもないんだな! 何時間でも見ていたい映画に久しぶりに出会いました。別に特別な感動がある訳でもなければ、思い掛けない展開がある訳 ...
WOOD JOB!(ウッジョブ!) (Spice -映画・本・美術の日記-)
「WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常」 TOHOシネマズ六本木(試写会)大学受験に失敗し、彼女にもフラれて高校を卒業した平野勇気(染谷将太)は、林業研修プログラ
「WOOD JOB!ウッジョブ! 神去なあなあ日常」:押しが足りない・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『WOOD JOB!ウッジョブ! 神去なあなあ日常』を試写会で観ました。矢口
No1167-1『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』〜テンポのよい語り口と笑いに包まれ青春パワー全開!〜 (パラパラ映画手帖)
三重県と奈良県の境にあるという“神去村”(かむさりむら)に行きたい!!とこの映画を観終わって、すごく思った。…が、架空の村なのだそうな。でも、ロケ地になった場所はちゃんとあって、三重県津市美杉村(現在は美杉町)。原作の三浦し....
WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
WOOD JOB!~神去なあなあ日常~オリジナル・サウンドトラック [CD]都会育ちの青年が林業を通して成長していく青春コメディ「WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常」。矢口監督は相変わら ...
【 WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜 】100年先の未来を作る (映画@見取り八段)
WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜     監督: 矢口史靖    キャスト: 染谷将太、伊藤英明、長澤まさみ、優香、西田尚美、光石研、マキタスポーツ、有福正志、近藤芳正、柄本明 公開: 2014年5月10日 2014年4月9日。劇場観賞(試写会) 試写会観て...
映画「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」@東宝試写室 (新・辛口映画館)
 映画レビューサイトCOCOさんのユーザーを招いた独占試写会だ。客入りは9割位である。
『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』 (beatitude)
チャランポランな性格で毎日お気楽に過ごしていた勇気(染谷将太)は大学受験に失敗。彼女にもフラれ、進路も決まらないという散々な状態で高校の卒業式を迎える。そんな時、ふと目にしたパンフレットの表紙で微笑む美女に釣られ、街から逃げ出すように1年間の林業研修プ....
『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』 (2014) (相木悟の映画評)
清々しい後味が心地よい、林業エンターテインメント! 生活に密接に関わっていながら預かり知らない林業の世界を、青春映画として勉強できる良作であった。 本作は、男子シンクロや田舎女子高生のジャズバンド、航空業界の裏側とユニークな鉱脈を掘り起こし、軽妙にさ....
『WOOD JOB! 神去なあなあ日常』 (時間の無駄と言わないで)
伊藤英明The Movieって感じだった。 臭い立つワイルドさ。 熱い漢。 格好良かった。 伊藤英明で成り立ってると言っても過言ではないです、はい。 荷台に飛び乗るシーンとか何気に凄 ...
映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』★染谷将太さんのしなやかな強さでグッジョブ☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/162679/ ↑ あらすじ・配役はこちらを参照ください。     個性派俳優: 染谷将太 さん主演なので、楽しみにしていました☆   大学受験...
「WOOD JOB!(ウッジョブ) 〜神去なあなあ日常〜」究極の森林体験! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[WOOD JOB!(ウッジョブ)?・神去なあなあ日常?・] ブログ村キーワード  矢口史靖 監督待望の最新作。「WOOD JOB!(ウッジョブ) 〜神去なあなあ日常〜」(東宝)。今回描かれているテーマは、ズバリ“林業”。まあ、こんな風に書いちゃうと随分硬そうな映画かな?と思われる...
試写会「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」 (日々“是”精進! ver.F)
林業を通じて、得たもの… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201404240001/ 【送料無料】CD/オリジナル・サウンドトラック/『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』...価格:2,700円(税込、送料込) 【送料...
WOOD JOB!神去なあなあ日常 TOHOシネマズ木曽川にて (愛知女子気侭日記)
エンドロールで三浦しをん「神去なあなあ日常」が原作と知りまして、本を読んみました!! 原作は主人公が日記形式に綴っているパターンです だから映画とは趣はちょっと違い、素朴な感じかな 映画は原作以上におもしろさ倍増してますので大成功ではないかと思いま...
「Wood Job!神去なあなあ日常」、都会から林業を目指した青年の悲喜こもごも! (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 直木賞作家・三浦しをんさんの小説「神去なあなあ日常」を「ウォーターボーイズ」「スイングガールズ」の矢口監督が演出。 三重県美杉地方をモデルにした、林業を体験する高校出の青年の修業物語。 大学受験に失敗、恋人とも別れた青年が、ふと目に...
映画『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
地元に大型スーパーが出来て シネコンが入ったのがきっかけで よく映画を観に行くようになりました。 その時、最初に掛ったの
WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜 (本と映画、ときどき日常)
監督 矢口史靖 出演 染谷将太     伊藤英明     長澤まさみ 大学受験に落ちた主人公。 可愛い女の子が表紙の冊子を見て、軽い気持ちで林業の一年研修に参加。 しかしそこは超ド田舎。 しかも過酷な現場が待ち受けていた。 三浦しをん原作です。 涙出ち...
WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜 (Akira's VOICE)
物足りなさを残しつつも面白さは確実に刻まれる。  
WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】大学受験に失敗したヘタレが林業に逃げちゃ
「WOOD JOB!神去なあなあ日常」☆さわやかな木の香り (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ああ楽しかった〜♪と会場のあちこちで声がもれる。 抱腹絶倒まではいかないけれど、最初から最後まで暖かい笑いに包まれて、見た後は清々しい気分に。 話の展開も予測できるし想像通りの結末だけど、それでも見てよかったと思える映画って、実は貴重な存在なのかもしれ...
『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』 (ラムの大通り)
----これ、『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』で人気の 矢口史靖監督の映画だね。 「うん。 ぼくは彼の作品では 『アドレナリンドライブ』がいちばん好き。 他はそれほどでもないかな。 笑いの果ての感動という、 定型パターンがどうも苦手で…」 ----でも...
WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常★★★★ (パピとママ映画のblog)
『ウォーターボーイズ』など数々のヒット作を送り出してきた矢口史靖監督が、人気作家・三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」を映画化した青春ドラマ。あるきっかけで山奥の村で林業に従事することになった都会育ちの若者が、先輩の厳しい指導や危険と隣り合...
WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜 (そーれりぽーと)
様々な業界に焦点を当て、完璧なリサーチで確実に面白い映画を撮ってくれる矢口史靖監督作、『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』を観てきました。 ★★★★★ おもしれー! 大学受験に失敗し、興味も無いのに軽い気持ちで林業の研修に参加した青年が、大...
WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜 (だらだら無気力ブログ!)
思ってたより面白かった。
WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜 (悠雅的生活)
緑の研修生。まむし酒。もやい結び。  試写会にて 
映画「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」 (FREE TIME)
映画「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」を鑑賞しました。
『WOOD JOB ! (ウッジョブ) 神去なあなあ日常』 (2014) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本: 矢口史靖 原作: 三浦しをん 出演: 染谷将太 、長澤まさみ 、伊藤英明 、優香 、西田尚美 、マキタスポーツ 、有福正志 、近藤芳正 、光石研 、柄本明 試写会場:東宝本社試写室 公式サイトはこちら。 (2014年5月10日公開) IMG_4538 p...
「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」都会から離れ山奥で林業を学んだ先に知った山を守る男たちの代々受け継がれた真剣な男意気 (オールマイティにコメンテート)
「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」は都会暮らしをしていたチャラ男の青年がパンフレットに掲載されていた美人に惹かれて1年間の林業研修に参加し、そこで林業の魅力に惹かれてい ...
心のふんどし 巻いてこう (僕らのドラマ)
【WOOD JOB(ウッジョブ)! 神去なあなあ日常】/ 愛羅武勇
WOOD JOB! 神去なあなあ日常 (勝手に映画評)
『スウィングガールズ』、『ハッピーフライト』、『ロボジー』などの、矢口史靖監督の最新作。 いやぁ、矢口監督、この手の作品うまいですね。上記のこれまでの作品も上手かったですが、この作品も良い!って言うか、これは私が経年変化して涙もろくなったのか、あるいは...
WOOD JOB! 神去なあなあ日常 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。大阪でいくつかある中の試写会で、一番最初の上映だそうです。しかも監督だけの舞台挨拶だったのが、サプライズで主演の染谷くんも来てくれて・・・ラッキー監督さん面白い方だな〜。お気楽な都会っ子男子の勇気くんが、たまたま目にしたパンフレットの...
WOOD JOB! 神去なあなあ日常 (迷宮映画館)
ぜひ、見てくださいませ。
映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常』 (健康への長い道)
 『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』の矢口史靖監督の最新作。  三浦しをんさんの『神去なあなあ日常』の映画化です。原作が好きなだけに、観るつもりは無かったのですが・・・。新聞広告の三浦さんとジブリの鈴木プロデューサーの対談を読んで、ひょっと...
「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」 (ここなつ映画レビュー)
「なあなあ」とは…。三重県にある神去村の人々の口癖で、「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」というニュアンスを持つ言葉。大学受験に失敗し、彼女にも振られ、自暴自棄になった主人公、平野勇気(染谷将太)が、案内パンフレットの表紙の美人(長澤まさみ)に惹かれた、...
山は生きている〜『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』 (真紅のthinkingdays)
 大学受験に失敗し、彼女にも振られた勇気(染谷将太)は、軽く不純な動機で 林業研修に向かう。電車を乗り継ぎ、辿り着いたそこは、携帯の電波も届かない、 緑深い森の村。  三浦しおんの原作を読んだ後、「アニメ映画で観たい」 と感想を書いたが、ま さかの...
WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜 (とりあえず、コメントです)
三浦しをん著の「神去なあなあ日常」を矢口史靖監督が映画化した青春ドラマです。 原作を前に読んでいてとても面白かったので、公開を楽しみにしていました。 スクリーンで観る物語の世界は、こんなに山を愛せたらいいなあと思うような気持ちに させてくれるような作品に...
WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜 '14:日本 ◆監督:矢口史靖「ロボジー」「スウィングガールズ」 ◆主演:染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香、西田尚美、マキタスポーツ、有福正志、近藤芳正、光石研、柄本明 ◆STORY◆大学受験に失敗し高校卒業後の...
『ウッジョブ!』をトーホーシネマズ日本橋9でかなり前に見たけどまあ普通やねふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★普通に面白いと思うけど、ネット評価が高すぎてハードルを上げてしまった】   と言うのが作品に対する全貌で、決して悪い訳ではないのだけど、ノリノリに ...
映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-45.WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常■配給:東宝■製作年、国:2014年、日本■上映時間:116分■料金:1,100円■観賞日:6月1日、TOHOシネマズ日劇(有楽町) □監督・脚本:矢口史靖◆伊藤英明◆長澤まさみ◆染谷将太◆優香◆西田尚美◆柄...
WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常 (のほほん便り)
これまでオリジナル脚本で映画を手がけてきた矢口監督にとっては、初の原作小説の映画化作品、だそうですね。原作が、三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」と知らなかったので、クレジットを観て「…なるほど」だったのでした。丁寧なツクリと、ユーモラスさ...
映画「WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常」レビュー(長澤まさみ、画像はイメージです。) (翼のインサイト競馬予想)
映画「WOOD JOB!−神去なあなあ日常」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 「WOOD JOB!(ウ ...