映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ツーリスト

2011年03月13日 | 洋画(11年)
 『ツーリスト』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。

(1)今を時めく『ソルト』のアンジェリーナ・ジョリーが、これまた人気では引けをとらない『パブリック・エネミーズ』のジョニー・デップと共演する映画で、あまつさえ舞台がヴェニスとくれば、もうそれだけであとはストーリーなどどうでもかまわないという感じになるところ、監督があの『善き人のためのソナタ』(2006年)を制作したドナースマルクだと聞いたものですから、プラスαが何かあるに違いないと期待したのがやや勇み足でした。
 だって、『善き人のためのソナタ』は、東ドイツの過酷な体制下、真実の姿を西側に伝えようとする知識人たちが遭遇する悲劇を描いたもので、最後になって少しだけ光明が見られるものの、全編に渡って暗鬱なトーンが横溢している映画ですから、そういう映画を制作した監督ならば、いくらアンジーが出演するアクション映画だとしても、何か従来の映画とは違った味付けがなされているのでは、と思うのが人情でしょう。

 ですがこの映画では、……と、ここで本作品の問題点を挙げてみても始まりません。すでに、あちこちのブログなどで様々に指摘されていることでもありますから。
 それに、元々、ドナースマルク監督だったらこうであるはずだ、などという先入観を持つ方が間違いのもとです。というのも、『善き人のためのソナタ』は彼の長編第1作であり、第2作目がこの『ツーリスト』であって、彼の才能とか考え方などについて我々は何も知らないも同然なのですから。

 もっと寛容な目で、この第2作目に当たってみる必要があると思います。
 そこで劇場用パンフレットを開いてみますと、そのIntroductionからすれば、この映画の狙いは、「美しい男優・女優が、夢のような設定の中で、はらはらドキドキのストーリーを展開し観客をうっとりさせる」ことにあるようです。
 そうか、歌舞伎の「顔見世大興行」なんだ、そうであるなら、「はらはらドキドキのストーリーを展開し」の部分を見なかったことにすれば(逆に、そんなものがある方がおかしいかも)、今回の作品は十分にその狙いを達成していると言えるでしょう!
 アンジェリーナ・ジョリーが、素晴らしいファッションでパリの街中を歩く姿、ジョニー・デップが、いつもとは違った素の感じを出しているところ、そして何よりもかによりもヴェニスの景観です(言ってみれば、大阪・道頓堀川の歌舞伎役者による「船乗り込み」でしょうか!)。





 クマネズミは、イタリアを旅行した時に時間がなくてヴェニスに回れなかったせいで期待感がかえって大きくなっているのかもしれないことながら、この映画は、ぜひ行ってみたくなるような光景をいくつも映し出しています。
 ヴェニスといえば、昨年見た映画『ドン・ジョバンニ』でも、その冒頭に、ヴェニスの運河を舟に乗って進むダ・ポンテらの前に、突如として大きな石像を積んだ船が現れるシーンがあり(注1)、夜の場面でかなり不気味な感じがしましたが、本作品は、逆に、まさに明るい南欧の太陽の下のヴェニスといった趣です(たとえば、列車が入り込むサンタ・ルチア駅は海の上に浮かんでいるようですし、フランクが通りかかるサン・マルコ広場も言うことなしですね)。



 こんな感じに浸ってしまうと、カナル・グランデで繰り広げられる追っかけゴッコの緩さも(注2)、これがラテン気質なんだと許してしまいます(ギャングの手下が橋の上から、すぐ下を通過するアンジーらに何発撃とうが、命中する気遣いなどあろうはずもありません。逆に、ギャングの親玉が、不甲斐ない部下を怒りに任せて殺してしまうのは、チョイトやりすぎなのではないでしょうか)。

 とにもかくにも、イタリアを舞台にする映画なのですから、つまらないことなど詮索せずに、おおらかな気分で楽しんで見るに如くはありません!


(注1)1995年にコッポラが制作した映画『ドン・ファン』では、あろうことかジョニー・デップが主役のドンファンを演じているのです(といっても、その映画にヴェニスは出てこなかったと思いますが)!

(注2)下記の前田有一氏も、「ヴェネチアの狭苦しい水路をのろのろと追いかけあうボートチェイスなどは、スピード感はゼロながら、緊張感あふれる見事な演出で、目まぐるしい最近の多カットアクションについていけない人たちにも親切である」と指摘しているところです!


(2)本作品は、イタリアが舞台になっているところから、つい最近見た『トスカーナの贋作』のことが頭に浮かんでしまいます。
 なにしろ、本作は、パリで暮らすエリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)が、指示された列車でヴェニスに入るところから物語が始まるところ、『トスカーナの贋作』でも、その場面はありませんが、英国人作家・ジェームズが英国から列車でトスカーナの小都市へやってきて講演をするところが発端となっています。
 また、本作品は、米国人の数学教師のフランク(ジョニー・デップ)と英国人エリーズが、同じ列車に乗り合わせて同席するところでストーリーが本格的に展開し始めますが、『トスカーナの贋作』でも、ジェームズの講演会に出席したフランス人(ジュリエッタ・ビノシェ)が、ジェームズを車で連れ出すところから話が込み入ってきます。
 それになにより、本作品も『トスカーナの贋作』も、言ってしまえば“ニセモノ”を巡る話なのではないでしょうか?
 とはいえ、本作品は銃撃シーンが何度も映し出されるアクション物なのに対して、『トスカーナの贋作』は、いわゆる文芸物といえるでしょうから、観客に与える印象はまるで違いますが!

(3)渡まち子氏は、「アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップというハリウッドを代表する美男美女の豪華共演というのが、本作最大にして唯一のウリ。黄金期のハリウッド映画のようにスターだけを強調した、とても21世紀とは思えない“トラッド”な作りだ。アンジーとジョニデの2人が出ているというのに、この平凡な出来ばえは、イエローカードを出したくなる」、「舞台は、数々の名画の舞台になった、世界一ロマンティックな水の都で、そこに美男美女が収まっている図はまるで絵葉書のように美しい。抜群のロケーションの旅情サスペンスと割り切れば楽しめる」として50点をつけています。
 他方で、前田有一氏は、「湯けむりサスペンスを見る時のような無防備体制でみているといい具合に騙される、終盤の展開にも満足できよう。思えば役者の演技やせりふなど、伏線は十分仕掛けられていた。なかなかフェアなミステリである」、「上映時間も短いし腹八分目の内容。美しい景色に美しいスターたち。こうした映画の良さがわかるのは、やはりオトナの観客といえるだろう」として75点もの高得点を与えています。
 とはいえ、「ヒッチコック風の古き良きサスペンスドラマ」であり、「往年のハリウッドムービーの楽しさを味わえる」とまで言えるかどうかは、はなはだ疑問ですが!




★★★☆☆




象のロケット:ツーリスト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (64)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トスカーナの贋作 | トップ | 東日本大震災について »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゆるーい映画 (KGR)
2011-03-13 08:20:49
いつもどうも。
毎々評論家の方々は苦労されているな、と思います。

屋根のおっかけっこ、水路のボートチェイス、パーティ会場での動きなど、まるでTVの昼メロを見るがごときじれったさと言うか緩さで、
2人が出ていることが「本作最大にして唯一のウリ」は全くその通りです。

でも台詞の妙と言うか掛け合いはそれなりに面白く、楽しめました。
時にはカー・チェイスでなくとも可 (かいつむり)
2011-03-16 16:12:02
  イタリアに行ったことのない人々にベニスなどの景観を見せ、多少リッチなツーリスト気分にさせる映画という点からは、かなり高い評価がつけられてもよいものと思われます。だから、私のような娯楽主義者にとって、興味を引っ張られながら良いテンポで展開することもあって、楽しく見ることが出来ました。

ただ、もう一ひねり欲しいと思う人には、配役が豪華なだけに、いろいろ物足らないとも感じるようです。悪人たちから巨額の金を持ち逃げして、それに対する課税ゆえに課税当局から追われるというのも、ちょっと理解ができません。変顔手術でまったく別の人間に生まれ変わるというのも、金だけで解決が出来るのでしょうか。貴重品を容れた金庫がなぜベニスにあるのだろうか?等々、謎もいろいろあります。
でも、物語がどのようにご都合主義的に動いていっても良いのです。なんせ、当事者ではなく、ゆきずりのツーリストなのですから。ということで、あー楽しかったという感じが残れば、それはそれで良いと思われるのです。イタリアへ向かう列車をおさめた自然風景も、綺麗なものでした。
ところで、ベニスは何時までも水没しないのでしょうか。
顔見世大興行 (クマネズミ)
2011-03-19 08:20:39
「かいつむり」さん、貴重なコメントをありがとうございます。
水没危機が叫ばれているベニスどころか、東北太平洋岸が大津波で水に使って大被害を被ってしまい、同時に福島原発で事故が起き、さらには計画停電と、様々な出来事が立て続けに起こり、何か映画どころの話ではない気がして、返事をするのが遅くなってしまいました。
でも、いつまでも縮こまっていたら、ただでさえ元気のない日本が一層落ち込んでしまうかも知れません。ここは、世の自粛ムードを振り払うためにも、元気を出して映画に取り組むことと致しましょう。
そこで、「ツーリスト」ですが、2大スターの共演にしては内容が乏しすぎるという意見が横行しているところ、まさに「かいつむり」さんがおっしゃるように、「多少リッチなツーリスト気分にさせる映画という点からは、かなり高い評価がつけられてもよい」と思いますし、「物語がどのようにご都合主義的に動いていっても良い」ものと考えます。
なににせよ「顔見世大興行」の「船乗り込み」なのですから!
観光映画なら (milou)
2011-05-28 13:41:45
僕は自分でやらないのはもちろん、人のブログ
も滅多に見ないし、このようにコメントをTB
することもないのですが『阪急電車…』で関わ
った成り行きで、クマネズミさんのほかの映画
評も斜め読みしました。もちろん僕が見た映画
も沢山あるし同意する部分もしない部分もある
が、結局特に好きでも嫌いでもないこの映画に
書きます。

ただ、もし自分がブログをやるとしたら、見た
すべての映画を取り上げるか、気に入ったもの
だけ取り上げるべきか、その逆か迷います。
嫌な映画の欠点ばかりを書いても嫌味だし。

例によって前置きが長くなりましたが
(本当はまだまだある)、本論に入って、
まずこの映画は普通に楽しく見たと同時に
『ナイト&デイ』と較べ俳優の特徴の違いが
面白かった(どちらがいいかではない)。

もう1つ感じたのは『アンノウン』もそうだが
もしヒッチコックでもラングでも誰でもいいが
30~60年代に作られていれば、もっと
面白いだろうなということです。

“顔見世の船乗り込み”で御都合主義には目を
つぶるとしても、どうしても文句ばかりを言い
たくなります。
ちなみに歌舞伎は大好きで(役者を見せるとい
うのはもちろん)物語と演出の馬鹿馬鹿しさ
こそが醍醐味です。

話を戻して、この物語で一番気になったのは
エリーズは(恐らくは優秀な)元諜報員、
つまり敵(味方?)の手口も能力も周知のはず。
だからパリのカフェで監視されているのは
当然のこと指令書を燃やしても解読される
ことも予測できるはず、ということは
深読みすればリヨン駅から何時の列車で
ヴェニスに行くことを味方に知らせた。
その目的は極論すればフランクではなく
マフィアを捕まえさせるため。

次に引っかかったのが結局フランクの意図が
まったく不明。何のために自分に似た
体型の男を選ばせたのか。
(もちろん、そういう映画なのだが)
最後までエリーズにすら正体を隠す必要も
まったくないし、以後の行動も不可解。

最後にエリーズはヴェニスのアジト(?)に
行くのは初めてだったのか。
(普通なら恋人だし知ってると思うが)
初めてだからこそ、先の例同様わざと
行く先を味方に聞かせ追わせる。

初めてとして隠し金庫の場所を当てたのは
諜報員としての経験と勘で偶然当てたこと
になる。

まあ、楽しく見たんだから、どうでも
いいんですけどね…

そうそうルーファス・シーウェルは好き
なので最初は台詞もなく消え“あれっ?”
と思ったたが、あんな重要な役だったか
と満足。

ちなみに大昔ですがヴェニスは3回行って
非常に好きな街だが、見た映画で“僕なりの”
観光映画の一番はイオセリアーニの
『月曜日に乾杯』です。多分あんな汚い
ヴェニスを見せるのは初めて。
タバコを吸いに行くというのもいい。
ヴェニスに行きたい! (クマネズミ)
2011-05-29 08:50:35
milouさん、わざわざコメントをありがとうございます。
mlouさんは、「自分でやらないのはもちろん、人のブログも滅多に見ないし、このようにコメントをTBすることもない」などとおっしゃっていますが、前回の『阪急電車』についてのコメントといい、この『ツーリスト』といい、どうしてどうして、そんじょそこらのブロガーには及びもつかない知識や情報等をお持ちのようで、付け焼き刃でいい加減なことを書いているクマネズミとしては、今後ともイロイロご教示いただければ大変ありがたいと思っているところです。
特に、今回のコメントによれば、ヴェニスへ3度も行かれているとのこと!
行ったことのないクマネズミには、至極羨ましい限りで、この映画にはそのヴェニスが出てくるというだけで○と思ってしまったのですが、ヴェニスにお詳しいmilouさんも「普通に楽しく見た」とのことで慶賀の至りです。
なお、ルーファス・シーウェルがお好きとのことですが、『アメイジング・グレイス』をご覧になりましたか(クマネズミはこの映画は評価しませんが)?
また早速、イオセリアーニの『月曜日に乾杯』を探してみることといたしましょう。
ツーリスト (milou)
2011-05-29 10:35:46
『アメイジング・グレイス』も見たけど
特に何の印象もない。ただ名曲成立の裏話とかいう惹句があったはずなのに…、ぐらい。
ルーファスですら良かったような気はするが特に覚えていない。僕は量だけは大量に見るけど(自分のための)感想とかもかかず見たことすら忘れて同じ映画を2回見たことも何度か。

話は変わるが3月に大阪アジアン映画祭があり9本を見ました。すべてそれなりに面白く
満足できましたが、気に入った3本が偶然すべて“ツーリスト”の映画です。
圧倒的に面白かったのはタイ映画『アンニョン!君の名は』(バンコク→ソウル)で
次が『雨夜』(ラトヴィア→香港)、『マジック&ロス』(日本・韓国→香港)。
『アンニョン』は万人向けの見事な娯楽作ですが後の2本はアート系(?)なので
評価はさまざまでしょうが、たまたま桃井かおり主演の『雨夜』は東京で来月上映されるので
興味と時間があれば見てください。
6月05日 (日) 17:00、6月08日 (水) 19:00、国立近代美術館フィルムセンター


どうでもいい指摘 (milou)
2011-05-29 12:31:03
自分でも書いてしまったが、言うまでもなく
南座の顔見世は年末、舟乗込みは大阪の夏の風物詩で7月興行です。
当然、顔見世も本来の意義とはまったく違い
“顔見世”ですらありませんが。
アメイジング・グレイス (クマネズミ)
2011-05-31 05:57:43
milouさん、度重なるコメントをありがとうございます。
こんなに沢山文章をお書きになるのであれば、知識・情報量も豊富で、なおかつ映画に対する見方も実に鋭く面白いのですから、いっそのことご自分のブログを開設されればと思うこと頻りです。

でも、イロイロのお考えがあることでしょうからそれはさておき、さきのコメントで『アメイジング・グレイス』を持ち出しましたのは、この映画についても、見た人が皆感動してしまっているようなので(さすが議会制民主主義の国のことだけはある、などと)、milouさんなら、あるいは違った見解をお持ちなのかなと思ったからですが、「特に何の印象もない」のでは仕方ありません(なお、同作品では、ルーファスは、フランスに出向いてフランス革命の様子をつぶさに見て、人権擁護の必要性を一層確信する人物を演じているのですが、それは随分と単純化されたストーリーだなと思ったところです―4月17日の記事をご覧頂ければ幸いです)。

それにしても、milouさんは、随分と幅広く映画を見ておられるのですね。「3月に大阪アジアン映画祭があり9本」もご覧になったとのこと。
その内の『雨夜』が東京でも上映されるとの情報をありがとうございます(ただ、時間的余裕が酷く乏しいので、行くのは難しいとは思っているところです)。

また、「南座の顔見世は年末、舟乗込みは大阪の夏の風物詩で7月興行」というのは、関西方面で生活したことがなく、たまにTVのニュースで知るくらいの者にとっては、頗る貴重な情報です。ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

64 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ツーリスト」 (日々“是”精進!)
「ツーリスト」を鑑賞してきましたアンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの豪華競演が実現したロマンティック・ミステリー。2005年のフランス映画「アントニー・ジマー」...
ツーリスト (あーうぃ だにぇっと)
英題: THE TOURIST 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年3月5日 (日劇3 ほか)
映画「ツーリスト」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/3/8、109シネマズ木場。 初期のチラシ↓には3/11公開となっていたが、1週ほど早まって3/5公開となった。 ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリー、ポール・ベタニー、ディモシー・ダルトン。 ** 冒頭はフランス。 ホテルから出ていつも...
「ツーリスト」豪華キャストに豪華ロケ (ノルウェー暮らし・イン・London)
我が家の大人気商品は、日本でも手に入りにくい「桃屋の辛そうで辛くない 少し辛いラー油」 パパンの大好きな「和田ラヂヲ」さんのツイッターでは、このシリーズが大人気らしく、「吸いそうで吸わない でもちょとだけ吸うダイソンの掃除機」とか登場して、意味も無くお...
★ 『ツーリスト』 (映画の感想文日記)
2010年。アメリカ/フランス。"THE TOURIST".   フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督・脚本。  『善き人のためのソナタ』の監督がアメリカとフランスの大資本のも...
ツーリスト/ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリー (カノンな日々)
ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーという超二大スターの共演という話題の影に隠れてしまいつい最近まで知りませんでしたけど監督は『善き人のためのソナタ』でアカデミ ...
「ツーリスト」 (首都クロム)
 洗練されて洒落た色合いの作品でした。ジョニーとアンジーが表情や仕草の機微で語るので、生のお芝居を目の当たりにしているかの如き濃厚さ。ふたりの奏でる化学反応の絶え間ない重唱がいい。装いや街並みのシンプルでスタイリッシュな美しさに酔い痴れました。だからこ...
ツーリスト (本と映画、ときどき日常)
監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演 ジョニー・デップ     アンジェリーナ・ジョリー 二大スターの競演! やっぱり華やかですね♪ 旅行者の主人公が謎の女に誘われ、妖艶で危険な陰謀に巻き込まれていくお話。 ベニスの街が綺麗。 そし...
ツーリスト (Akira's VOICE)
この映画自体が詐欺みたいなもん。   
ツーリスト (LOVE Cinemas 調布)
ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーというハリウッドを代表するトップスターの初共演作品だ。イタリアはベニスを訪れたアメリカ人旅行者が、謎の美女とであいとんでもない事件に巻き込まれてゆく姿を描いている。監督は、『善き人のためのソナタ』のフロリアン・...
ツーリスト (だめ男のだめ日記)
「ツーリスト」監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク出演*アンジェリーナ・ジョリー(エリーズ・クリフトン・ワード)*ジョニー・デップ(フランク・トゥーペロ)*ポー...
ツーリスト (そーれりぽーと)
アンジー×ジョニー・デップでもアンジー×ブラピでもあんま変わらん気がしながら『ツーリスト』を観てきました。 ★★ ひたすらアンジーが綺麗で豪華で、ジョニデの存在も霞むかっこ良さ、やっぱこういう役には似合う。 でもそれよりもアンチエイジングっぷりに目を奪わ...
ツーリスト (心のままに映画の風景)
傷心を癒やすため、イタリアを訪れたアメリカ人のフランク(ジョニー・デップ)は、ベニスに向かう車中で上流階級の美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声を掛けられる。 魅力あふれるエリーズに誘...
映画「ツーリスト」@チネチッタ (masalaの辛口映画館)
 平日の昼間、客入りは407席のチネ11に2割弱くらい。   ★アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップ共演★■先行告知Ver■[映画ポスター]ツーリスト(THETOURIST)[ADV-DS]...
ツーリスト (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アンジーの貴婦人ぶり、ジョニデのアメリカ人旅行者、ロシアンマフィア演じた男優の対比がすばらしいので充分に楽しい映画だった。芸達者が揃うと、こんなにおもしろい映画になる。
『ツーリスト』普通の人と普通でない人? (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラスト、台詞に触れています。ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーの初共演が実現『ツーリスト』 監督は『善き人のためのソナタ』のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。共演はポール
『ツーリスト』。。。 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ+フランス合作映画、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督、アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、 ポール・ベタニー、ティモシー・ダルトン、ルーファス・シーウェル出演。  
ツーリスト / The Tourist (勝手に映画評)
国際列車の中で声を、見知らぬ美女に声を掛けられたことから、平凡な男が陰謀に巻き込まれていく・・・。有りがちなストーリーではあります。ネタバレ有りです。 アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップが夢の共演・・・と言う事が売りですが、それって、そんなに囃...
『ツーリスト』 (こねたみっくす)
映画が始まって10分でオチが読めました。 あの予告編とアレクサンダー・ペインという謎の男の存在とくれば、もうこのオチしかないでしょ。 というか、浅野あつ子版『犬神家の人々 ...
ツーリスト (voy's room)
  傷心を癒すためイタリアを訪れたアメリカ人旅行者フランク(ジョニー・デップ)は、ヴェネチアに向かう車中で見知らぬ上流階級の美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声をかけられる。妖艶な彼女に誘われるがままにアバンチュールに酔いしれるフランク...
「ツーリスト」 (てんびんthe LIFE)
「ツーリスト」ユナイテッドシネマ豊洲で観賞 2011-028 ジョニー・デップ×アンジェリーナ・ジョリー世紀の共演。 確かに。 だけど…、見終わって、ジョニーどうでもいいじゃない? 最近のジョニーと言えば強烈な個性のコスプレものですが、これは単純に一...
豪華なのに安っぽい。『ツーリスト』 (水曜日のシネマ日記)
指名手配犯の恋人と指名手配犯に間違えられた男の逃亡劇を描いた作品です。
ツーリスト (うろうろ日記)
映画館で見ました。コレ、試写会がなかったので、自腹です。あったとしても、この組み
*ツーリスト* (Cartouche)
  傷心を癒すためイタリアを訪れたアメリカ人旅行者フランク(ジョニー・デップ)は、ベネチアに向かう車中で見知らぬ上流階級の美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声をかけられる。妖艶な彼女に誘われるまま、アバンチュールに酔いしれるフランク。...
ツーリスト (とりあえず、コメントです)
アンジェリーナ・ジョリー&ジョニー・デップ主演で話題のサスペンスです。 やっぱりこの二人の競演は見逃せない!とチャレンジしてみました。 この二人の割に軽くて、上品なエンターテイメントな作品でした(^^)
ツーリスト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(14) ラスト10分の見せ方がグダグダだったのが痛い!
ツーリスト (映画鑑賞★日記・・・)
【THE TOURIST】 2011/03/05公開 アメリカ/フランス 103分監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、ポール・ベタニー、テ ...
[映画『ツーリスト』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆金がないのだが、今までは、溜まっていたポイントなどで頑張って観ていた、のだが、そろそろポイントも無くなってきた^^;  ・・・それはさておき、アンジェリーナ・ジョリー&ジョニー・デップの二大スター競演の『ツーリスト』を観て来ました^^  昨日公開の作...
旅行者と、謎の女~『ツーリスト』 (真紅のthinkingdays)
 THE TOURIST  謎の女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、恋人アレキサンダー・ピアー ス(AP)からの手紙をパリで受け取る。「リヨン駅からヴェネチア行きの列車に 乗って、自分と似た...
ツーリスト (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Tourist良くも悪くも古典的なラブ・サスペンス。このメンツで、これでいいのか?!との不満がくすぶる困った作品だ。傷心を癒やすためにヨーロッパを旅行しているアメリカ人フランク ...
ツーリスト (悠雅的生活)
ヴェネツィア。謎の女。煙草の煙。
『ツーリスト』・・・夢の共演に期待し過ぎは禁物 (SOARのパストラーレ♪)
パリ警察から監視される謎の美女エリーズ。彼女に利用されるアメリカ人旅行客の数学教師フランク。スコットランドヤードとギャング一味に追われる男アレクサンダー・ピアース。互いが騙し騙される中で3人の正体がじわじわと明かされていき、最後にはドンデン返しも待って...
映画『ツーリスト』  (よくばりアンテナ)
観てきましたよ~~~(^_^) 大好きなジョニー・デップですが、イロモノ的な役以外の普通の男の役を観るのは 久しぶりです。 ま、どっちかっていうとイロモノの方が好きですが(^_^;) ちょっと前の...
ツーリスト 春だから眠いのかな~?(=_ヾ) ネムネムゥ (労組書記長社労士のブログ)
【=15 -3-】 ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーという2大スターの共演で話題だし、昨日は封切り後最初のレディースディだしで、TOHOシネマズは梅田は女性でほぼ満員(年齢層は幅広い)。 この2人の映画になると決まるまで、二転三転したらしいが、ジャパンプ....
ツーリスト (風に吹かれて)
わ~~い アレッシオ・ボーニ~~ [E:heart02]公式サイト http://www.sonypictures.jp/movies/thetouristフランス映画「アントニー・ジマー」のハリウッ
「ツーリスト」みた。 (たいむのひとりごと)
ジョニー・デップ×アンジェリーナ・ジョリー、夢の共演!パリそしてヴェネチアを舞台に、アンジーの妖艶な美しさとセクシー時々ファニーなジョニーを堪能[E:happy02]上流階級のマダムというよりは大女優
ツーリスト(2010)☆★THE TOURIST (銅版画制作の日々)
 華麗な旅人には、危険な謎がある。 MOVX京都にて鑑賞。結局のところ、フランクは誰なの? ジョニー&アンジー、世紀の共演!公開前から何かと話題でした。それでか?平日なのに、大勢のお客さんでした。座席も目ぼしいところはすべてダメ。この2人の共演でこんなあり...
映画「ツーリスト」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ツーリスト」観に行ってきました。 ハリウッドのトップスターである、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーが初共演するということで話題を集めた、2005年公開のフランス映画「アントニー・ジマー」のリメイク作品です。 この作品序盤の舞台はフランス...
【ツーリスト】 (日々のつぶやき)
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、ポール・ベタニー  華麗な旅人には、危険な謎がある。 「アレキサンダー・ピアースを捕まえる為に恋人のエリーズを日々見張っている警察。彼女が動き出
「ツーリスト」 (大吉!)
<水曜日> (11年3月9日・ユナイテッドシネマ・字幕版・12時30分~・113分) アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップ共演の映画、というのでやっぱり観てしまいますねえ! ギャングの金を持ち逃げした指名手配犯・アレクサンダーの恋人エリーズ(ア...
シネトーク55『ツーリスト』●古き良きラブ・サスペンスのつもりが裏目に出たヌルい凡作 (ブルーレイ&シネマ一直線)
東日本大震災により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。 被災されました方々に心よりお見舞い申し上げると共に 被災地の一日も早い復旧復興をお祈りします。 てるおとたくお 三度のメシぐらい映画大好きな てるお と たくおの ぶっちゃけシ
ツーリスト (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「ソルト」のアンジェリーナ・ジョリーと「アリス・イン・ワンダーランド」のジョニー・デップ共演で贈るサスペンス。ベネチアを訪れた1人の旅行者が、知らぬうちに巨大な陰謀に巻 ...
『ツーリスト』 (ラムの大通り)
(原題:The Tourist) これってジョニー・デップと アンジェリーナ・ジョリーの初共演の映画。 それだけでも、ヒット間違いなしって感じだよね。 「うん。ただ、それよりも驚くのが、 エンターテイメント以外の何ものでもないって感じのこの映画が、 『善き人のため....
ツーリスト (Diarydiary! )
《ツーリスト》 2010年 アメリカ/フランス映画 - 原題 - THE TOU
2011-12『ツーリスト』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2011-12『ツーリスト』(更新:2011/03/09) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) MOVIX橋本で鑑賞です。 ジョニー・デップとアンジョリーナ・ジョリーの共演によるロマンチック・ミステリー。 最...
ツーリスト The Tourist (映画!That' s Entertainment)
●「ツーリスト The Tourist」 2010 アメリカ GK Films,Columbia Pictures,Spyglass Entertainment,103min. 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演: アンジェリーナ・ジョリー、 ジョニー・デップ、ポール・ベタニー、 ティモシー・ダルト...
ツーリスト (だらだら無気力ブログ)
アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの豪華競演が実現した ロマンティック・ミステリー。 05年のフランス映画「アントニー・ジマー」をリメイク。 イタリアで妖艶な美女と出逢ったアメリカ人旅行者が、謎めいた彼女に翻弄 されるがまま恐ろしい陰謀へと巻き込...
No.247 ツーリスト (気ままな映画生活)
【ストーリー】 アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップが初共演を果たしたミステリードラマ。「善き人のためのソナタ」のドイツ人監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナー ...
■映画『ツーリスト』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップという、今世界で最も人気があると言っても過言ではない二人の俳優が共演した大人のミステリー『ツーリスト』。 イタリアのヴェネチアを舞台に、謎の美貌の女性エリーズと彼女の連れとなった旅行者フランクの逃亡劇が始まり...
映画:「ツーリスト」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年3月18日(金)。 映画:「ツーリスト」。 「善き人のためのソナタ」で、2006年度:アカデミー賞外国語映画賞を受賞したドイツ人、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク氏の監督作品。 【監  督】 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナー...
ツーリスト / THE TOURIST (我想一個人映画美的女人blog)
  アンジー×ジョニー共演、2005年のフランス映画「アントニー・ジマー」のリメイクとなるミステリー。 4年前に公開したアカデミー賞外国語映画賞受賞のドイツ映画、「善き人のためのソナタ」 のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 監....
「ツーリスト」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 ジョニー・デップ×アンジェリーナ・ジョリーの二大ハリウッドスター競演で話題となった本作は、ある平凡な男が、旅行先で出逢った謎の美女により、思いもよらない事態に巻き込ま...
『ツーリスト』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ツーリスト 』 (2010)  監  督 :フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクキャスト :アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、ポール・ベタニー、ティモシー・ダルトン、スティーヴ...
映画 ■■ツーリスト■■ (Playing the Piano is ME.)
なかなか見られない、かなり豪華なキャスティング。 更にベネツィアが舞台! これは見どころ満載に違いない!と思って見に行きました。
『ツーリスト』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ツーリスト」□監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク □脚本 ジュリアン・フェロウズ □キャスト ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリー、ポール・ベタニー■鑑賞日 3月21日(月)■劇場 チネチッ...
ツーリスト (ケントのたそがれ劇場)
★★★  アンジーとジョニデという超人気ものが初共演した、ちょっとコミカルなサスべンスアクション作品である。アンジーは相変わらず惚々するほど美しく、男達を虜にするセクシーな肢体も健在だった。またジョニデのほうは、真面目だがちょいととぼけた数学教師といっ...
「ツーリスト」と「ナイト&デイ」 (映画の話でコーヒーブレイク)
映画を見に出かけて見る前に地震に遭遇。以来映画から遠のいておりました。 通路の狭い暗闇の中で、先日のような地震にあったら・・・と思うと怖いというのが正直な気持ちです。 何となく気持ちが落ち着かず、計画停電にも翻弄され、被災地域の報道を見ると、映画なんか見...
◆映画・ツーリスト (映画大好き☆)
13日の水曜日・・・ ツーリスト 観てきました。 アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの夢の共演だもん 大きなスクリーンで楽しまなきゃっっっ ヴェネチアで繰り ...
「ツーリスト」贅沢共演! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ツーリスト] ブログ村キーワード  アンジー姐さん&ジョニデ、夢の競演!「ツーリスト」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。言われてみるとこの2人、確かに初共演ですな。いやあ~、何か観る前からワクワクしちゃいましたわ!  スコットランドヤード...
映画『ツーリスト』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-22.ツーリスト■原題:The Tourist■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:103分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:3月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円 スタッフ・キャスト(役名)□監督・脚色:フロリアン・ヘンケル・フ...
ツーリスト (銀幕大帝α)
THE TOURIST/10年/米・仏/103分/ロマンティック・ミステリー・サスペンス/劇場公開 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、ポール・ベタニー、ティモシー・ダルトン <ストーリー> 傷心を癒...
『アジャストメント』『ツーリスト』を新橋文化で観て、どっちも寝不足解消ふじき☆☆,☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『アジャストメント』 五つ星評価で【☆☆運命調整局側はかっこいいと思う】 いい感じに寝ちゃったから、確かこんな話だったかなあ。 デーモン一族一のデビルマン、マット ...
【映画】ツーリスト…の記事と年初の過ごし方。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今年に入ってやっと三回目の更新に挑むピロEKです まずは近況報告から 前回の記事では何故か書き忘れてた2012年1月3日(火曜日)の事を追記。 この日は、帰省していた息子が関東に戻る日。一番の帰省ラッシュであろう昨年の12月29日(木曜日)にこちらに自由席で戻っ...
ツーリスト (RISING STEEL)
ツーリスト / THE TOURIST 2010年 アメリカ映画  コロンビア製作 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 製作:グラハム・キング 脚本:クリストファー・マッカリー  プロダクショ...