映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

新しい人生のはじめかた

2010年03月10日 | 洋画(10年)
 『新しい人生のはじめかた』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。

 予告編で、ダスティン・ホフマンの主演映画だとわかり、久し振りだから見てみようということになりました。

(1)ダスティン・ホフマンは、『卒業』とか『クレーマー、クレーマー』、『トッツィー』などで演技力のある素晴らしい俳優だなと思っていましたが、その後はあまりパッとせず(というか、私の方であまり追跡しませんでした)、3年ほど前の『パフューム』で見かける程度だったところ、今回の主演です。
 この映画では、すでに72歳すぎながら、まったく老いを感じさせず、実に若々しい演技を披露しているので、驚いてしまいました。ただ、翌日のデートに心が躍って、ホテルの階段を歩いて昇るうちに、持病の不整脈が現れて救急病院に運ばれるというシーンがありますが、さすがにそんなことをしてはやり過ぎだよな、という思いに観客はなってしまいますが。
 相手役のエマ・トンプソンは、婚期を逸した40代の女性の役で、新しい事態に飛び込むのが怖い、恋愛は小説の中で味わえば十分だ、といった気分を持った女性をトテモ巧みに演じています(実年齢より5歳~10歳若い役柄です)。

 この映画のストーリーは、アメリカからイギリスにやってきた初老の男性と、ロンドンに住む女性とが紆余曲折を経て一緒になるというもので、見終わった後とても癒された感じになります。

 ただ、映画のように幸福な結末に至るには、現実には様々な障害があって、実際にはかなり困難なことでしょう。
 たとえば、次のような環境が必要なのかもしれません。
・親とか子供がいても、ある程度自由に行動できること。
・それぞれ所得を得る職業に就いていること。
・自分に対してよりも相手に対してより大きな気遣いができること。

 これらのうち、気持ちの持ちようといった部分は努力によってある程度カバーできるにしても、親とか子供の存在は、簡単に解決できない問題でしょう。
 この映画では、ダスティン・ホフマンの方は、離婚相手に引き取られた娘(その結婚式に出席するためにイギリスにやってきました)がいるだけで問題はマッタクなく、またエマ・トンプソンの方には年取った母親がいるものの、隣家の男性となんとかうまく付き合っていけそうだということになり、結局二人ともかなり身軽なものですから、ラブストーリーはうまく進展しました(ただ、ダスティン・ホフマンは、アメリカでの仕事をなげうってロンドンに住み着こうとしますから、一体今後どのようにして所得を得ていくのか、という問題は残りますが)。

 ですが実際には、自分が年をとってくると、介護しなければならない親に直面したり、いつまでも親の脛を齧り続ける子供がいたりして、とても恋愛どころの話ではないのではないでしょうか?しかし逆に、だからこそ、こうしたハッピーエンドで終わる映画を見て心が癒されるのかもしれませんが。

(2)アメリカ人が結局はイギリスに住み着くようになる物語ですから、ヘンリー・ジェイムズの小説でも取り上げればいいところ、ここでは目先を変えて、あまり映画とは関係なく、唐突過ぎるきらいはあるものの、「統計のウソ」に少し触れてみましょう。

 というのも、ヒロインが就いている職業が、空港の統計局員で、飛行機の乗客に対するアンケート調査をしているからですが(ヒロインが、調査をしようとダスティン・ホフマンに接触したのが、この物語のそもそもの出発点なのです!)。

 さて、最近、「極東ブログ」において、「地球温暖化防止には気象観測所を増やしたらどうかという間違った提言について」というタイトルの記事が掲載されました(2月24日)。
 その記事では、「科学と政策研究所(SPPI)」から1月23日に公開された報告書に掲載されているグラフが示されます。
 このグラフについて、ブログ作成者は、「地球温暖化が加速する1990年代以降、気温の観測所の数が激減している」さまが読み取れ、「グラフを一見する限りでは、観測所数の低減が地球の温暖化をもたらしているようにも見え」、であれば、「このデータからは、観測所の数を1990年代以前にまで増やすことで、温暖化防止が実現できるのではないかという期待がもてそうだ」と述べます。
 ですが、すぐに、「そんなわけないです。すいません。悪い冗談でした」と手の内を明かしてしまいます。
 要すれば、ブログ作成者は、「BがAに続いて起こるなら、AはBの原因であるとする誤謬」(注)を使って冗談話をしてみたわけでしょう。
 ただし、「グラフ自体には冗談は含まれて」おらず、「地球温暖化の統計の背後に、観測所の低減という事実は存在する」ようです。

 統計というのは、それだけでは真実の姿を現すものではなく、極端に言えば、読み取り方次第、使い方次第で如何様にでもなります。この映画のヒロインは、こうした統計の原データを作成する仕事に就いているわけで、あるいは実際の生活に間接的にしか触れていない、という感じを持っているのかも知れません。恋愛も小説を読むことで済ませているようなところがあり、全体として、真実の人生体験からはなるべく距離を置いたところにいたいと思っているのかも知れません。そうしたところに、ダスティン・ホフマンが現れたというわけです。


(注)ダレル・ハフ著『統計でウソをつく法』(ブルーバックス B-120)P.142。

(3)映画について評論家の感想は次のようです。
 渡まち子氏は、ヒロインのケイトにつき、「恋や夢を諦めてしまうのは、その方が楽だからだと言う彼女は、本当はチャレンジが怖いだけ。ちょっとモッサリとしたエマ・トンプソンがそんな中年女性の屈折を繊細に演じていて上手」く、「決して華やかな作品ではないが人生の豊かさを感じさせる小品。ロケ地であるロンドンの街のプチ探訪気分を味わえるのも楽しい」として60点をつけ、
 福本次郎氏も、「もう若くないふたりの、とりあえず不幸ではないけれど、このまま近づいてくる老いへの漠然とした不安がリアルに再現されて」おり、「人と人の出会いはタイミングと好奇心、日々のルーティーンから少し寄り道してみようという気にさせる映画だった」として50点をつけています。

 二人の評論家は、どちらも全く問題点は挙げずに辛めの点数をつけているところ、まずまずの出来栄えだということなのでしょう。


★★★☆☆



象のロケット:新しい人生のはじめかた
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すべて彼女のために | トップ | 食堂かたつむり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「新しい人生のはじめかた」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソン。不器用な熟年男女のゆるやかな交流を描いたラブストーリー。たまにはこんなのも良いかな~…二人とも大人としてチャーミング。会話や距離感が“恋のかけひき”とはちょっと違った人と人の交流と...
新しい人生のはじめかた (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:LAST CHANCE HARVEY。ジョエル・ホプキンス監督、ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン、アイリーン・アトキンス、キャシー・ベイカー、リアン・バラバン、ジェームズ・ブローリン、リチャード・シフ、ロナー・ギャラガー。ダスティン・ホフマン+結...
『新しい人生のはじめかた』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「新しい人生のはじめかた」□監督・脚本 ジョエル・ホプキンス □キャスト ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン、アイリーン・アトキンス、キャシー・ベイカー、       リアン・バラバン、ジェームズ・ブローリン、リ...
「新しい人生のはじめかた」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2009年 英:パラマウント・ヴィンテージ監督:ジョエル・ホプキンス原題:LAST CHANCE HARVEY NYで暮らす62歳のCM作曲家・ハーヴェイ(ダスティン・ホフマン)は、離婚後疎遠だった娘
ヤマアラシのジレンマ。『新しい人生のはじめかた』 (水曜日のシネマ日記)
仕事も家族も失いかけている中年男性と人生を諦めている中年女性の物語です。
『新しい人生のはじめかた』 (ラムの大通り)
(原題:Last Chance Harvey) ----これって、どこかで聞いたタイトルだニャあ。 今年の春あたりに公開していなかったっけ? 「フォーン、もしかしてそれ『最高の人生の見つけ方』と勘違いしていない? それを言うなら、タイトルが似ているのはむしろ『最後の恋のはじ...
新しい人生のはじめかた (LOVE Cinemas 調布)
アカデミー賞主演男優賞・主演女優賞を始め、数々の受賞歴をもつ名優ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンが贈る大人のラブストーリーだ。監督・脚本は本作がデビュー2作目となるジョエル・ホプキンス。『理想の彼氏』のティム・ペレルがプロデューサーで参加している...
「新しい人生のはじめかた」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Last Chance Harvey」 2008 USA ハーヴェイ・シャインに「卒業/1967」「クレイマー、クレイマー/1979」「レインマン/1988」「主人公は僕だった/2006」のダスティン・ホフマン。 ケイト・ウォーカーに「ハワーズ・エンド/1992」「ナニー・マクフィーの魔法のス...
新しい人生のはじめかた (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
大人の恋は、分別があるだけに最初の一歩に勇気が必要。中年男女の諦観や疲労といった心情を名優2人がしっとりと演じている。NY在住のCM作曲家ハーヴェイは娘の結婚式に出席するためロンドンにやってくる。離婚後疎遠だった娘や別れた妻と上手くいかず、仕事のことも...
『新しい人生のはじめかた』(2008)/イギリス (NiceOne!!)
原題:LASTCHANCEHARVEY監督:ジョエル・ホプキンス出演:ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン、アイリーン・アトキンス、キャシー・ベイカー、リアン・バラバン、ジェームズ・ブローリン、リチャード・シフ、ブロナー・ギャラガー観賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ...
■映画『新しい人生のはじめかた』 (Viva La Vida!)
ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンという熟年カップルの恋を描いた映画『新しい人生のはじめかた』。 新しい人生を始めるには、空港で昼間っからワイン飲んでる熟年女性をナンパすればいいよ…って話じゃないのです。 履きなれたハイヒール靴を脱いで、今までと...
「新しい人生のはじめかた」 (みんなシネマいいのに!)
 隣りに住むポーランド人は殺人鬼かもしれない。 だけどいい年こいて独身の娘は携帯
「新しい人生のはじめかた」 (てんびんthe LIFE)
「新しい人生のはじめかた」TOHOシネマズシャンテで観賞 中年の軟派(?婚活?)が中心テーマ。 名優ダスティン・ホフマンも中年というより老の域に入っている感じ。 相手役はエマ・トンプソン。 この名優二人のかわいいかわいい出会いのお話。 エマ・トンプソンの...
新しい人生のはじめかた (Diarydiary! )
《新しい人生のはじめかた》 2008年 イギリス映画 -原題 - LAST CH
新しい人生のはじめかた■「卒業」を思い出... (映画と出会う・世界が変わる)
ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンという現代最高の演技派の顔合わせという魅力的な作品である。ダスティン・ホフマンと言えば、「卒業」が連想され、その山場は結婚式からラ...
「新しい人生のはじめかた」はダスティン・... (映画と出会う・世界が変わる)
「新しい人生のはじめかた」のダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンのカップルでは明らかにエマ・トンプソンが背が高い。だからラストでエマ・トンプソン演じるケイトはあんな振...
新しい人生のはじめかた (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
離婚後孤独な一人暮らしを送る男と、婚期を逃した40代の女性。人生の折り返し地点を過ぎた二人が、図らずもロンドンの街で一夜を共に過ごすことになる大人の恋の物語。 物語:NY在住のCM作曲家ハーヴェイは、一人娘スーザンの結婚式に出席するためロンドンへ向かう...
『マイ・ブラザー』『新しい人生のはじめかた』をギンレイホールで観て、鬼気迫ってたり、普通だったりな男ふじき☆☆☆,☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
■『マイ・ブラザー』 五つ星評価で【☆☆☆映画全体としては普通】 「もう、スパイダーマンとは呼ばせない!」 そう言ったかどうかはともかくとして(いや、言ってないって)、 トビー・マグワイヤの鬼気迫る演技が凄い。 演出の為、本気で一ヶ月拷問されたんじ...