映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ラ・ラ・ランド

2017年03月12日 | 洋画(17年)
 『ラ・ラ・ランド』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)米国アカデミー賞の様々な部門でノミネートされている作品ということで、映画館に行きました(実際には、大本命視されていた作品賞からは外れてしまいましたが)。

 本作(注1)の冒頭では、ロサンゼルスのハイウェイの光景。ものすごい渋滞で、たくさんの車が停まっています。
 としたところ、車を運転していた人たちが次々と車から飛び出して、歌「Another Day of Sun」(注2)を歌い、踊りまくります。
 そしてタイトルが流れて、「冬」の字幕。

 車の中のミアエマ・ストーン)は、オーディションのためにセリフを覚えていて、前の車が動いたのに気が付かず、停車したままです。
 その後ろの車の中にいたセバスチャンライアン・ゴズリング)は、クラクションを鳴らして注意を喚起しますが、ミアの車が一向に動かないので、その車の脇に出て追い越します。
 その際2人は、チラッとながら顔を見合わせます。

 場面は変わって、映画スタジオ内のコーヒショップ。
 バリスタのミアが働いています。
 そこへ、オーディションが行われるとの知らせが携帯に入ります。
 ミアは「大変」と言って、上司に断りを入れ店を出ていこうとしますが、コーヒーを手にした男にぶつかって、服にコーヒーがかかってしまいます。

 ミアは、オーディションでは、電話がかかってきて「おめでとう!私も嬉しいわ」といったセリフを言うのですが、ほんのチョットやっただけで、審査員に「もう結構よ」と言われてしまいます。



 服が汚れてしまった挙句、オーディションもうまくいかないミアは、自分の部屋に戻ってベッドに倒れ込みます。
 ですが、同じアパートで同じ志を持ちながら一緒に暮らしている女3人に強く誘われ、ミアも仲間に加わって、パーティーに出向きます。ここらあたりでは、ミアを含めた4人が歌「Someone In The Crowd 」(注3)を歌い、そして踊ります。



 パーティーの帰り道でジャズバーにふらりと入り込んだミアは、ピアノを演奏するセバスチャンに遭遇しますが(注4)、さあこの後物語はどのように展開するのでしょうか、………?



 本作の舞台は、ロスアンジェルス。女優になる夢を持ってオーディションを次々と受ける女と、自分の店を持って好きなだけ演奏する夢を持っているジャズ・ピアニストの男が、ふとしたことから愛し合うようになって、それぞれの夢を追いかけるというお話。なんだか、最近見た『ブルーに生まれついて』と同じような設定ながら、そこはミュージカル・エンターテインメントの本作。スクリーンでは、次から次へと歌や踊りが披露され、楽しい気分になること請け合いです。

(2)本作はミュージカル作品ですから、上記(1)で触れた2曲の他にも、様々の楽しい曲が流れます。アカデミー賞の主題歌賞を獲得した「City of Stars」(注5)も、なかなか印象的な歌と言えます。



 そうした音楽を云々するには、クマネズミは、あまりにも貧弱な知識しか持ち合わせていないので専門家に任せることとし、ここでは、本作のストーリーに目を向けることにいたしましょう。

 本作のストーリーは、最近見た『ブルーに生まれついて』に随分と似ているように思いました(注6)。
 同作では、ジャズ・トランペットを演奏するチェット・ベイカーイーサン・ホーク)が主人公で、その恋人のジェーンカルメン・イジョゴ)とのラブストーリーが描かれています(注7)。
 確かに、同作で描かれているチェット・ベイカーは、本作のジャズ・ピアニストのセバスチャンとは違って、ジャズ・トランペット奏者であり、すでに一定の人気を得てもいます。
ですが、ドラッグをやり、なおかつそれが原因で前歯を折られて演奏ができなくなった窮地からなんとか這い上がろうとして色々努力をしています。そんなところは、自分の演奏したいジャズが弾ける場所を確保しようと努めているセバスチャンと似ているように思います。
 また、ジェーンは、本作のミア同様、女優の地位を確保しようと様々のオーディションに挑戦しています。
 そんな2人ですが、チェットが再起をかけてオクラホマからニューヨークに行こうとし、ジェーンに一緒に来るよう頼みますが、ジェーンの方は、自分にも重要なオーディションがあるからと言って拒みます(注8)。
 こんなところは、本作で、セバスチャンとミアが、互いに愛していると言いながらもそれぞれの道を歩むことにするのと軌を一にしているようです(注9)。

 とはいえ、違っている点も色々あるようです。
 例えば、本作のセバスチャンが夢として描いているのは、自分の好むスタイルのジャズ(注10)が演奏できる場所を確保することでしょう。
 それは、自己の表現として創造的にトランペットを演奏するチェットとは、姿勢が違っているように思えます。
 セバスチャンの思うところを達成するには、何も他人に聴かせずとも、趣味として、自分独りで好きなようにピアノを演奏しても、ある意味十分なのではないでしょうか?だからこそ、セバスチャンは、自分の好む音楽とは異なる楽曲を演奏するキースジョン・レジェンド)のバンドに入って、演奏もしてしまうのでは、と思えます。

 それはさておき、ミアとセバスチャンの2人は、はっきりと別れたわけではなく、互いに相手を愛している状態ながら(注11)、生活の場だけが離れてしまったわけで(注12)、にもかかわらず、ミアは、パリで撮影した映画が当たって人気女優になると、セバスチャンには何も連絡せずに、別の男と結婚してしまうのです。
 セバスチャンが、事業に失敗して行方不明にでもなったというのであればともかく、一応自分の店を持って、自分の好きなジャズ・ピアノの演奏もしているのですから、ミアの方でそうする意志があれば、すぐに連絡が取れたのではないでしょうか(注13)?
 でも、そうしなかったわけですから、別れる際にミアの言った「ずっと愛している」との言葉、そして本作のラブストーリーそのものは、酷く底が浅い、ということになるかもしれません。

 とはいえ、ミュージカルのストーリーにイチャモンを付けるなど、野暮の極みでしょう。
 それに、遠距離恋愛が成就することは、一般的にはなかなか難しいでしょうから(注14)、なにもミアとセバスチャンの2人に求めることもありますまい。
 加えて、ミアとセバスチャンは、遠くからですが、別れ際に目が合うと微笑みを交わし合うのですし(注15)。
 そうだとしたら、本作の終わり方は、むしろ大層オシャレなものといえるかもしれません。

 そんな埒もないことをアレコレ考えながら、クマネズミは、本作の歌と踊りの楽しさに身を委ねることができました。

(3)渡まち子氏は、「主演のエマ・ストーンとライアン・ゴズリングの見事な演技と、歌と踊りにも魅了される。懐かしいのに新しい、新たなミュージカル映画の傑作の誕生だ」として95点を付けています。
 前田有一氏は、「ミュージカルならなんでも大好き、な人でもなければ、おそらく冒頭の高速道路ダンスと、ラストのそれ以外は少々退屈な時間を過ごすことになるだろう」として55点を付けています。
 渡辺祥子氏は、「これはかなりの映画オタクに違いないチャゼル監督のミュージカル映画への愛着と、豊富な知識が懐かしさを呼ぶ斬新なミュージカル映画。そして最後の15分間で観る者に語る。どんなに現実は厳しくてもミュージカルの描く世界には夢がある、と。だからミュージカル映画は素晴らしい。愛さずにはいられないのだ」として★4つ(「見逃せない」)を付けています。
 藤原帰一氏は、「テレビをつければトランプ大統領が顔を出すというこの時代、人間らしい気持ちを保とうとすれば現実から目を背けるほかには方法がないじゃありませんか。「ラ・ラ・ランド」は、まさにトランプ時代を生きるために欠くことのできない、貴重な現実逃避。さあ、あなたも逃げてください」と述べています。
 立川志らく氏は、「薄っぺらな内容ではあるがこの2人があまりに魅力的だからこれだけでもラブストーリーとして成立している。そこにMGMミュージカルのオマージュが入り、ダンスは神業ではないが2人が往年のスターに見える演出だから文句なしの傑作と相成ったわけである。必見!」と述べています。
〔補注〕


(注1)監督・脚本は、『セッション』のディミアン・チャゼル
 原題は「LA LA LAND」。
この記事によれば、「この映画のタイトルはロサンゼルスと「現実から遊離した精神状態」を意味する」とのこと。あるいは、この記事

 なお、出演者の内、最近では、ライアン・ゴズリングは『マネー・ショート 華麗なる大逆転』、エマ・ストーンは『教授のおかしな妄想殺人』、J.K.シモンズは『ザ・コンサルタント』で、それぞれ見ました。

(注2)歌詞とその日本語訳は、例えばこちら。歌が聴けるのはこちら

(注3)歌詞とその日本語訳は、例えばこちら。歌が聴けるのはこちら
 なお、女3人のうちケイトリンに扮しているのは、ソノヤ・ミズノ

(注4)ミアは、その店から流れてくるピアノの音色に誘われて中に入ります。ただ、ピアノを演奏しているセバスチャンは、指示されたとおりに演奏しないとして、その店の支配人・ビルJ.K.シモンズ)によって解雇されてしまいます。

(注5)歌詞とその日本語訳は、例えばこちら。歌が聴けるのはこちら

(注6)なお、ミアがアルバイトをする映画スタジオ内のコーヒーショップの前にある建物の窓は、映画『カサブランカ』で実際に使われた窓であることを、ミアがセバスチャンに説明しますが、クマネズミは、これもごく最近見た『マリアンヌ』を思い出しました(その映画の前半の舞台がカサブランカなのです)。

(注7)『ブルーに生まれついて』についての拙エントリの(2)でも申し上げましたが、主人公のチェット・ベイカーは実在の人物だとしても、同作に登場するジェーンは実在の女性ではなく、同作全体はむしろフィクションの劇映画と見た方が良いのではと、クマネズミは考えています。

(注8)『ブルーに生まれついて』では、実際にはジェーンは、チェットが演奏するニューヨークの会場に現れます。ですが、チェットが歌う歌を聴いて、ジェーンはチェットの気持ちを理解し、チェットからもらったネックレスをその場にいた友人に渡し、会場から立ち去ってしまいます(同作についての拙エントリの「注9」を御覧ください)。

(注9)本作のラストの方で、ミアは、パリで撮影が行われる映画のオーディションで好感触をつかみ、セバスチャンも「きっと(オーディションに)受かる。勘でわかる」と言います。そうなると、2人は別れ別れになってしまいますが、セバスチャンは「受かったら没頭しろ。俺も自分の道を進む」「後は様子を見よう」と言います。そして、ミアが「ずっと愛している」と、セバスチャンも「僕も愛している」と言うのですが、………。

(注10)セバスチャンは、モダン・ジャズの初期の頃のビ・バップを特に好んでいるようです。
 例えば、家でピアノを練習しているシーンがありますが、その際は、セロニアス・モンクの「荒城の月」(「Japanese Folk Song (Kojo No Tsuki)」:音はこちらで)の音楽を聴きながら、それを真似しようとしています。

(注11)セバスチャンが、キースのバンドに入って演奏しているのを見たミアが、「あの音楽が好きなの?」「自分の音楽を弾くために店を持つのじゃなかったの?」と詰って喧嘩になったり、自分の一人芝居が不評だったことに落胆してミアが実家に引っ込んでしまったりと、2人の仲は決して順調ではありませんでしたが。

(注12)と言っても、ミアは、映画撮影のためパリに行くとはいえ、1年も2年もかけて撮影するわけではなく、せいぜい2、3ヵ月でしょう。パリで撮影した映画が当たったと言うのですから、ミアは、すぐにハリウッドに戻ってきて、次の作品の撮影に入ったのではないでしょうか?
〔追記:この点については、下記コメント欄の「KGR」さんからのコメントをご覧ください〕

(注13)セバスチャンにしても、ロスに残っていて、ミアが人気女優になったことがわかったはずです。彼の方から、どうして連絡を取らなかったのでしょうか?
 あるいは、セバスチャンは、ミアの足を引っ張ることはしないように連絡を控えたのかもしれません。
 とはいえ、ミアはセバスチャンに連絡しても良いのではないでしょうか?

(注14)と言っても、上記「注12」で申し上げたように、「遠距離恋愛」とするのは大仰すぎますが。

(注15)実際には、自分の店でセバスチャンが「City of Star」を演奏し出すと、本作は突然ファンタジーの世界となります。セバスチャンは、ミアと一緒にパリに行き、そこでジャズ・ピアノを弾くだけでなく、ミアと結婚して子供まででき、幸せな生活を送るのです。
 これは、あるいは、「City of Star」の演奏中にセバスチャンが抱いた妄想なのかもしれません。
 そうではなくて、もしかしたら、ありえたかもしれない未来を、もう一つの宇宙として監督が描き出したのかもしれません。

〔補注〕ジャズ評論家の菊地成孔氏は、この記事この記事で、本作について、「『ラ・ラ・ランド』程度で喜んでいる人々は、余程の恋愛飢餓で、ミュージカルについて無知で、音楽について無知で、ジャズについては更に無知という4カードが揃っている筈、というかデイミアン・チャゼルの世界観がフィットする人々である。とするのが最も適切だろう」などと貶しまくっています。



★★★☆☆☆



象のロケット:ラ・ラ・ランド

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海は燃えている イタリア最... | トップ | エイミー、エイミー、エイミー »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クマネズミさんブログ (iina)
2017-03-21 11:06:35
クマネズミさん宅は、いつもリンクがたくさん貼りつくし、注釈が15もつくくらい力作なのですが、コメントに訪れる方は
少なかったりすると もったいない気もおこるというものです。

日本では、季節を春夏秋冬と使いますが、「冬」から起草というか起歌したものの、高速ハイウェイは空が抜けるほど
青くて、すがすがして滑り出しました。

いずれにせよ、 ケッコウなミュージカル でした。

Unknown (クマネズミ)
2017-03-21 18:44:50
「iina」さん、TB&コメントをありがとうございます。
ロサンゼルスは、元々緯度が低いために冬でも暖かく、その上寒流のせいで、夏でも涼しいのだそうです。そんなところでは、日本とは季節感が異なるのかもしれませんね!
これからもよろしくお願いいたします。
パリでの期間 (KGR)
2017-03-25 01:03:07
まだ、自ブログに感想を上げていない段階ですが、オーディションの際にプロデューサーらしき男性が「リハ4カ月、撮影4カ月」と言ってました。
(撮影は6カ月だったかも)
撮影が終わってから公開まで1年程度かかることは珍しくないので、ミアが評価されるまでは2年程度かかったものと思われます。
Unknown (クマネズミ)
2017-03-25 06:56:44
「KGR」さん、とても貴重な情報をわざわざコメントでご教示いただき、誠にありがとうございます。
クマネズミは聞き逃してしまいました。
そうだとしたら、ミアはしばらくは雌伏していたことになります。
ただ、だからといって、人気の出たミアにセバスチャンが連絡を取らなかったり、逆に、ミアがセバスチャンを探さないで結婚のことを連絡しなかったというのは、理解できない感じもするのですが。
率直な、シニアからの感想… (スミレ)
2017-03-30 13:51:10
大変ご無沙汰です。色々ありまして、PC環境も不自由不都合になり(引っ越し含め)、ようやく再訪可能になった昨今です、失礼&不義理状態お詫びします。
で、本作品、
総合的には、自分には、どうしてそこまで大評判⁉と不思議に思う(^^;結果でした。
 もし主演がエマ・ストーンでなければ観なかったと思います(2012年の「ヘルプ」で彼女に大注目だったご縁)。 概してシニア層には物足りなかったのではないですかね?  過去の、栄えあるミュージカルを沢山観てきてた者には、、踊りも音楽も。 なので、そのへんあまり知らない若い人々には、素晴らし!く映ったのではないかと拝します。
 男優さんはステキでしたし 彼弾く あのジャズ系ピアノ曲はよかったでした♪

クマさん 問題になさってるストーリー上の点ですが、
私もやはり疑問でした! それ同じく俎上にできて また嬉しいです。
 どうして連絡しない?でいられる??何にも?
したのにそうなった?? そんな浅い仲だったっけ??
たしかに最後のあの展開(もしも… とキラリ愛‽)が免罪符なのかもしれませんが、正直 私には ですが「、腑に落ちない、こじつけ的偽善ハッピーエンド、そういうこともあるんだよねーこの世界…」で 終わられちゃった観否めませんです。
 上映時間の問題もあろうし、仰るように、観る聴くを楽しむ!が大メインの作品に そこまで望むが あまりよくないのですかねぇ?
そのショック・ギャップ示し、単純なサクセスストーリーではないよ、かもしれませんが、 でも ひっかっかっちゃうと 納得できないもの残り=終わりよければ の逆、みたくなる。

まぁ 一抹のビター入れてみた、カラフルで ほほえましいミュージカル映画でしたね。

またよろしくお願い申し上げます。
Unknown (ふじき78)
2017-04-16 00:37:37
ミアとセバスチャンがお互い連絡を取りあわなかったのは、セバスチャン側から取ろうとするのは何だかヒモっぽいし、ミアは忙しかったのでしょう。また、ミアから連絡を取る事によりゴシップ記事の餌食になったり、上手く行ってる時だけにちょっとの油断ですぐ過去のような立場に戻ってしまうみたいな懸念があったのではないでしょうか?(それは論理的な帰結ではないのですが違和感はない判断だと思います)
Unknown (クマネズミ)
2017-04-16 21:01:49
「スミレ」さん、わざわざコメントをありがとうございます。
クマネズミの散漫でいい加減な注意力のために、「スミレ」さんからいただきましたコメントを、2週間以上も見逃してしまいました。
それも、「ようやく再訪可能になった」とのご連絡のメールを見逃してしまうなんてどうかしていると、反省しきりです。
誠に申し訳ありませんでした。深くお詫びいたします。

さて、『ラ・ラ・ランド』ですが、クマネズミも「スミレ」さんのように、「どうしてそこまで大評判⁉と不思議に思う(^^;結果」ながら、世の中の大絶賛の盛り上がりの中で、とてもネガティブなことを言えない感じになってしまいました。
それで、評点は「★4つ」としながら、内容面で、チェット・ベイカーを描いた『ブルーに生まれついて』の方がいいのではないかとか、「別れる際にミアの言った「ずっと愛している」との言葉、そして本作のラブストーリーそのものは、酷く底が浅い」などと書き記すことで、お茶を濁してしまいました。
本来的には、本文の(3)で触れた前田有一氏とか、補注で取り上げた菊地成孔氏、さらには、『週刊現代』(3月25日・4月1日号)のコラムで、「古臭い青春劇。もっと突き破らんかい!」と貶しまくっている監督の井筒和幸氏などのように、もっと厳し目の議論をすればよかったかなと、今では思っています。
例えば、「スミレ」さんがおっしゃるように、「腑に落ちない、こじつけ的偽善ハッピーエンド、そういうこともあるんだよねーこの世界…」くらいのことは、書いても良かったかなと思っているところです。
尤も、クマネズミの貧弱な能力では、そんな仕付けないことをすれば、目も当てられないエントリになってしまったことでしょうが!

今回に懲りずに、何度も訪ねていただきたいと思います。
これからも、どうかよろしくお願いいたします。
Unknown (クマネズミ)
2017-04-16 21:02:32
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、ミアとセバスチャンそれぞれに、事情とか「懸念」があったのでしょうし、それで二人とも連絡をしなかったのは、「違和感はない判断」とは思います。
ただ、本作の大半を使って描き出されたお互いの愛でしょうし、さらにこのラブストーリーを盛り上げるためにも、そうしたいわば常識的ともいいうる「判断」を突き抜ける“愛の力”を本作にあっては見せてほしかったな、と思った次第です。
畏れ入ります! (スミレ)
2017-04-18 12:06:10
クマネズミさま
ご丁寧なる返信コメントいただき、ありがとうございました!
よかった〜😅 これまた正直、ああ 今頃ララ・ランドのなんて?着外 だったか、ご迷惑 ご不快だったか、と小さくなってました(笑で済んで安堵)。
そうですか、井筒監督!
私より先に観た二歳ほど歳上友人などは、私のようにエマ ストーンに義理も皆無だし?、もっとバッサリでした…

また改めて こちら談義(他の映画、他の方々のご感想むろん) 楽しみにして参ります!!
追伸
クマ先生の、某フランス映画レビュー、非常に待望してます🎵 今週末から ご覧かな、、 はい この呟きは無視して大丈夫です(^^;;
Unknown (クマネズミ)
2017-04-18 21:13:18
「スミレ」さん、再度のコメントをありがとうございます。
「某フランス映画」ですが、今年はここまでで洋画の割合が高くなりすぎてしまい、そろそろ邦画に目を向けようかなと思っているところで、「スミレ」さんが想定していらっしゃる作品をクマネズミが見逃してしまうことも考えられますので、その際はお許し下さい。それに元々、クマネズミの映画レビューなど縁台談義程度のもの、ちらっと覗き見るだけにしておいていただければ幸いです。
こんにちは (ここなつ)
2017-04-20 19:15:59
こんにちは。
私もこの作品で「ブルーに生まれついて」を思い出しました。
ただ、セバスチャンにはチェット・ベイカーのような、音楽に対する狂気のようなものは無かったですよね。
本作をラブストーリーとしては底が浅いとおっしゃっていますが、私は比較的女性にありがちな、若さ故の潔癖と、現実主義が生み出した物語だと感じました。
ダンスはとても良かったです!
Unknown (クマネズミ)
2017-04-21 18:42:41
「ここなつ」さん、コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、「セバスチャンにはチェット・ベイカーのような、音楽に対する狂気のようなものは無かった」と思います。言い換えれば、セバスチャンの演奏は趣味の延長線上にあるようなものであって、チェット・ベーカーのように人生をかけてのめり込むという姿勢が見られませんでした。
さらに、「比較的女性にありがちな、若さ故の潔癖と、現実主義」がミアに見られるというのは、そのとおりかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ラ・ラ・ランド」 (日々“是”精進! ver.F)
夢を追いかける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702240000/ ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック) [ (オリジナル・サウンドトラック) ]
ラ・ラ・ランド (映画好きパパの鑑賞日記)
 面白かった!! アカデミー賞受賞など大変評価が高いのもわかります。ストーリー、歌、ファッションすべてが2時間、映画の夢と魔法の国につれていってくれて、見終わった後、......
ラ・ラ・ランド (あーうぃ だにぇっと)
ラ・ラ・ランド@よみうりホール
「ラ・ラ・ランド」 LA LA LAND (2016 GAGA) (事務職員へのこの1冊)
渋滞の高速。一台一台のカーステレオが、いかにもそのドライバーが好きそうな音楽を流している。ひとりの女性が我慢できずにドアを開け、路上で踊り始める。呼応して、まわりの......
『ラ・ラ・ランド』 2017年1月31日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ラ・ラ・ランド』 を試写会で鑑賞しました。 アカデミー賞の本命と評判であるが如何に! 【ストーリー】  何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミ......
【映画】ラ・ラ・ランド (アリスのさすらい映画館)
 ラ・ラ・ランド(2016) アメリカ 原題:La La Land 監督/脚本:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング/エマ・ストーン/キャリー・ヘルナンデス/ジェシカ・ローゼ...
「ラ・ラ・ランド」(1回目) (或る日の出来事)
うれしくて、楽しくて、1曲めから、ほとんど泣きながら観ていた。
映画「ラ・ラ・ランド(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ラ・ラ・ランド(字幕版』(公式)を 2/24 の公開初日に、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリ......
ラ・ラ・ランド (信州諏訪発気まぐれ親父のブログ)
何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに 入る。そこでピアニストのセバスチャン(......
ラ・ラ・ランド (シネマと虎とグルメたち)
先日(3/1)久しぶりに梅田の映画館へ出かけた。 例によって定期健診のついでである。 時間的にも都合がよかったし、ミュージカル映画ファンでもある僕は「ラ・ラ・ランド」を見た......
ラ・ラ・ランド (Akira's VOICE)
夢を追いかける姿は美しい。 歩いた道はけっして無駄ではない!  
ラ・ラ・ランド (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック [CD]夢追い人が集まる街ロサンゼルス。女優の卵のミアは映画スタジオのカフェで働きながらオーディションを受けているが落とされてば......
「ラ・ラ・ランド」これは傑作!素晴らしい! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ラ・ラ・ランド] ブログ村キーワード 本年度アカデミー賞で、13部門・14ノミネート。本命中の大本命!「ラ・ラ・ランド」(GAGA)。“ミュージカル映画”って言うと、拒否反応を示さ......
『ラ・ラ・ランド』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラ・ラ・ランド」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、      ......
ラ・ラ・ランド (花ごよみ)
監督はデイミアン・チャゼル。 ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン 主演のミュージカル映画。 女優志望のミア(エマ・ストーン)と ジャズピアニスト、セバスチャン(ライア......
『ラ・ラ・ランド(La La Land)』デイミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリング、エマ・...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『ラ・ラ・ランド』La La Land監督 : デイミアン・チャゼル出演 : ライアン・ゴズリングエマ・ストーンJ・K・シモンズジョン・レジェンド、他 ※Memo1●映画
『ラ・ラ・ランド』 ひとときの夢のような…… (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『セッション』のデイミアン・チャゼル監督の最新作。  第89回アカデミー賞には史上最多タイの14部門でのノミネートという前評判の高い作品。  原題の「La La Land」は、「L......
ラ・ラ・ランド (2016) LA LA LAND 129分 (極私的映画論+α)
 王道のミュージカル映画でした
ラ・ラ・ランド ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。『ブルーバレンタイ......
ラ・ラ・ランド (こんな映画見ました~)
『ラ・ラ・ランド』---LA LA LAND---2016年(アメリカ)監督: デイミアン・チャゼル出演: ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド 、ローズマリー・デウィット、ソ......
「ラ・ラ・ランド」:ラ・ラ・ラヴリー、チャ・チャ・チャーミング! (大江戸時夫の東京温度)
映画『ラ・ラ・ランド』をようやく観ました。上がり切ったハードルでしたが、一応クリ
ラ・ラ・ランド / La La Land (勝手に映画評)
ネタバレ注意。 まず思ったのは、アメリカのエンターテイメント業界の奥深さ。冒頭、渋滞したハイウェイで、沢山の人が歌って踊るんですが、歌って踊れる俳優・女優を、あれだけ......
ラ・ラ・ランド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) ライアン・ゴズリングだけに 『ラ・ラ・ラースとその彼女』という
映画『ラ・ラ・ランド』観てきた〜 (よくばりアンテナ)
行ってきました〜〜(人‘▽‘☆) ルン♪ 明日はいよいよアカデミー賞授賞式ですね〜〜 この最多タイのノミネートで話題でしたし、ワクワクしてたんですよ。 期待を裏切らない......
【cinema】『ラ・ラ・ランド』 (・*・ etoile ・*・)
2017.2.24 『ラ・ラ・ランド』鑑賞@TOHOシネマズ日本橋 すごく見たくて試写会応募しまくったけどハズレ ライアン・ゴズリング登壇のジャパン・プレミアのチケット争奪にも玉砕💦 か......
「ラ・ラ・ランド」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・アメリカ/サミット・エンタティンメント、他 配給:ギャガ、ポニーキャニオン 原題:La La Land 監督:デイミアン・チャゼル脚本:デイミアン・チャゼル音楽:ジャスティン・......
『ラ・ラ・ランド』('17初鑑賞16・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10+) 2月25日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 12:10の回を鑑賞。 字幕版。
ラ・ラ・ランド (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LA LA LAND】 2017/02/24公開 アメリカ 128分 監督:デイミアン・チャゼル出演:ライアン・ゴズリング 、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズ......
『ラ・ラ・ランド』 (こねたみっくす)
嗚呼、これが映画だ。これこそが「映画」だ。 ロマンティック、テクニカラー、ミュージカル、アメリカンドリーム、ジャズが口々に語る。これが「映画」だと。こんな恋が羨ましい ......
ラ・ラ・ランド (タケヤと愉快な仲間達)
監督:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズ、フィン・ウィット......
ラ・ラ・ランド (♪HAVE A NICE DAY♪)
泣いちゃった・・・ 私は大好き!この作品 まずは一番最初の高速道路でのミュージカルシーンが楽しくて 拍手したい気分 ミュージカルだから オペラ座の怪人やレ・ミゼラブル、......
ラ・ラ・ランド (もののはじめblog)
キ・キ・キリン(樹木希林)ではなく「ラ・ラ・ランド」。 このタイトルには「現実離れした世界、おとぎの国」という意味合いが込められているという。 今年度アカデミー賞で6部......
映画:ラ・ラ・ランド La La Land アカデミー賞史上最多の14部門のノミネートの今作の感...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今年のアカデミー賞史上最多の14部門 ノミネート。 月曜午前中に、その結果が発表される。 その怒涛のノミネーションは以下。 ・作品賞 ・主演男優賞・主演女優賞 ・監......
ラ・ラ・ランド・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そこは、夢を見られる街。 二年前、鮮烈な音楽バトル映画「セッション」で、センセーションを巻き起こしたデミアン・チャゼル監督の最新作は、前作とはガラリとムードを変えた......
ラララ ♪ 「ラ・ラ・ランド」  (居心地)
強く願えば願いは叶うものなのか? 絶対に見たいと思っていた「ラ・ラ・ランド」の チケットが当たったのだ そしてとうとう会って来た「ラ・ラ・ランド」の住人達に。 カフェ......
[映画『ラ・ラ・ランド』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・アカデミー賞候補と言うことで、かなり、厳しい目を向けて鑑賞したのだが、それでも面白かった。 いい作品だ。 二人の男女の出会いと成功と、ほろ苦い大人の結末の物語......
ラ・ラ・ランド (そーれりぽーと)
待望の『ラ・ラ・ランド』を観てきました。 ★★★★★ この映画をミュージカル映画と一括りでジャンル付けするのは間違い。 映像の作りや衣装、セットを60年代70年代に寄せて、往......
映画「ラ・ラ・ランド」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2017/3/22、ユナイテッドシネマ豊洲。 4番スクリーン、D列を選択。 E列でもいいかなと思ったが埋まっていた。 * ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、JKシモンズ ......
ラ・ラ・ランド  (心のままに映画の風景)
夢を追う人々が集う街、ロサンゼルス。 映画スタジオのカフェで働きながら女優を目指すミア(エマ・ストーン)は、オーディションに落ちてばかりで意気消沈の日々。 ある日、ピ......
ラ・ラ・ランド/LA LA LAND (我想一個人映画美的女人blog)
歌で始まる映画にハズレなし 歌、恋、夢、ダンス❣️これ往年のハリウッド名画のラブロマンス&ミュージカルをカラフルに現代アレンジした感じロマンチックでほろ苦。 これは......
『バーフバリ 伝説誕生』を新宿ピカデリー9で、オマケに『ラ、ラ、ランド』をトーホ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲バーフばりばり。 ◆『バーフバリ 伝説誕生』 五つ星評価で【★★★★荒い荒い荒井注】 どっかーん ばっこーん ぐわんじゃー みたいな映画。 インド節炸裂が愉快愉快。 ......