映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ハッシュパピー

2013年05月06日 | 洋画(13年)
 『ハッシュパピー バスタブ島の少女』を渋谷のシネマライズで見ました。

(1)カンヌ国際映画祭やアカデミー賞などで高く評価されたということで映画館に行ってみました。

 本作は、水没の危機に瀕した島で暮らす父娘の物語です。
 主役は、6歳の女の子のハッシュパピー。ママは、彼女が生まれるとすぐ立ち去ってしまい、そらからは酒飲みで体調を崩しているパパと一緒にバスタブ島で暮らしています。



 水没の危険があるということで、島にいた住民の大半は移住してしまいましたが、今でもわずかの住民が暮らしていて、時々学校の先生もボートでやってきます(注1)。
 そんな暮らしが、ある夜、ものすごい嵐がやってきて破壊されてしまいます。
 この父娘は一体どうなってしまうでしょうか、……?

 本作では、次第に水没しつつある島という厳しい現実が描かれますが、かなりファンタジックな映像が沢山出てきて(なにしろ、ラスコーの洞窟の壁画に描かれ現在は絶滅しているオーロックスという牛が登場するのですから!)、全体が現代のお伽噺になっているように思われます。ハッシュパピーの父親はどうやって所得を得ているのだろうかなどといった下世話なことを言い出さないで、彼女の奮闘振りを楽しめばいいのかなと思います。




 主役のハッシュパピーを演じたクヮヴェンジャネ・ウォレスは、史上最年少で主演女優賞にノミネートされただけあって、可愛さを売り物にするでもなく、また大人顔負けの演技を披露するわけではないものの(日本の売れっ子の子役によく見られるそうした嫌みが全くありません)、際だった存在感を醸しだしていて、さすが大した少女です。

(2)見る前に余り情報を持っていなかったものですから、物語の舞台は、地球温暖化現象によって水没しかかっているどこか太平洋の島々の一つかなと思っていたところ(注2)、島の遠景に大きな石油コンビナートが映し出されたり、登場人物が皆英語を話したりしていることから、アメリカ南部海岸らしいと朧気に分かってきます。
 ただ、南極や北極の氷壁が溶けて海に落ち込む映像が何回か挿入されたりしますから、島はやはり地球温暖化によって水没しかかっているように見えます。
 でも、アメリカ南部の海岸は、むしろ地球温暖化とは直接関係のない石油の採掘の進展などといった要因によって地盤が沈下している面もあるのではないでしょうか(注3)?

 よくわからなかったのは、どこら辺りに堤防が設けられているのかという点です。
 最初は、劇場用パンフレットの表紙に描かれている地図に記載されている点線が堤防の位置なのかなと思いました。
 ですが、そうだとしたら、地図に描かれているバスタブ島はその堤防の外側に位置しますから、嵐によって島が水没してしまうことはないのではないかという気がします(嵐によって引き起こされた高潮によって水没するかもしれませんが、それは一時的のはずで、暫くしたら水は自然に引くのではないでしょうか)。

 それに、ハッシュパピーの父親などが、決死の覚悟で堤防を爆破したら、どんどん水が引いてしまいました。ということは、堤防は、島よりもっと海の中に設けられているはずです。
 なんのために?島を水没から守るために?
 でも、襲ってきたのが猛烈な嵐だとしても(注4)、それによって水没してしまうような堤防なら、設けても意味がないのではないでしょうか?
 なんだかクマネズミには、ここらあたりに干拓地を作ろうとする事業によって(さらに石油コンビナートを拡大するためでしょうか)、島民が追い立てを食らっているようにしか思えませんでした。

 まあ、仮にそうだとしても、現代文明の進展によって、ハッシュパピーら島民による従来からの生活が破壊されるという構図は何も変わりませんが(注5)。
 とはいえ、本作はそんなエコロジー的な面よりも、むしろ、一人の小さな少女が父親の死を乗り越えて世界に立ち向かっていく成長譚と見てはどうかなと思いました(注6)。

(3)渡まち子氏は、「荒々しいカメラワークと繊細な音楽の対比も絶妙。絶望的な世界に屹立する小さなヒロインの雄雄しいシルエットと、心優しい野獣がおこした奇跡の神話は、生命力そのもの。心揺さぶる傑作だ」として90点もの高得点を付けています。
 また、前田有一氏は、「みる人を相当選ぶとは思うが、共感できる人は即お気に入りになるタイプの映画。もしあなたがその一人だと思うならば、ある程度作品世界を予習したうえで、思い切って見に行ってみてはどうか」として60点を付けています。



(注1)初めのうちは、ハッシュパピーらがなんだか森の中で原始生活を営んでいるような感じにもなりますが、例えば、父親が病院のリストバンドを付けたまま戻ってきたところからすれば、近くに現代の病院は設けられているようです。
 また、父親は、ハッシュパピーを連れて水路に入って、魚の捕り方を教えたりしますが、その際に使用するボート(何かの大きな箱を代用したもの)には、ちゃんとエンジンが付けられています(どうやって燃料を得ているのでしょう?)。

(注2)よく取り上げられるのはツバルですが、その地盤沈下の原因は、地球温暖化だけではなさそうです(例えば、このサイトの記事を参照)。

(注3)例えば、このサイトの記事によれば、「ニューオーリンズ市内の約80%のエリアは、海抜ゼロメートル地域であった。しかも、メキシコ湾での石油の採掘などが影響し、70年代から一貫して地盤が沈下しており、水害の危険性は非常に高かった」とのこと(P.3)。
 また、このサイトの記事によれば、「ルイジアナ南部の湿地消失量の約10%は,メキシコ湾沿海部における石油やガス探査や採掘用の人口運河ネットワークの開削に起因すると推定されている」とのこと(P.28)。

(注4)2005年にルイジアナ州ニューオーリンズ市を襲ったハリケーン・カトリーナのようなものすごい嵐だったのでしょうか(死者が1500人以上)。

(注5)堤防を爆破したことによって水が引いた島で暮らしていたハッシュパピーらは、強制的に立ち退かされて収容所に連れて行かれ、それどころか父親は、医師の診察で緊急の手術が必要だと、ベッドに寝かしつけられてチューブを取り付けられます。しかし、彼らはそんな収容所を脱出して元の島に戻ってしまうのです。
 こんなところは、本作の反現代文明的な立場によっているのでしょうが、それにしても、死んでしまった父親を、インドのガンジス川でよくみかけるような火葬にわざわざ付すこともないのではないでしょうか(父親の遺骸を積んだボートは、堤防で堰き止められた水路の中をどこに行き着くというのでしょうか)?

(注6)それも、決して一本調子ではなく、逃げ去ってしまったママを追い求める場面が何度も出てきます。最後には、ハッシュパピーは、仲間たちと一緒に、女たちがたくさんいるナマズ料理を出す店に行き着きます。ママらしそうな女が、彼女にワニ料理を出してくれますが、「あたしとパパの面倒を見てくれない」と頼むと、「あなたのパパを知らないから」と断られるものの、ハッシュパピーは思い切り抱いてもらいます(「ママに抱っこされた数を覚えている」などと言いながら)。
 それで吹っ切れたのでしょう、その店から戻る途中、巨大なオーロックスに追いかけられますが、ハッシュパピーはそれに立ち向かい、「あんたたちはヒマね、あたしは家族を守らなくちゃ」と言ってのけます。すると、オーロックスの方も立ち去ってしまいます(オーロックスは、ハッシュパピーの前に立ち塞がる厳しい現実を象徴しているのでしょう)。



★★★☆☆



象のロケット:ハッシュパピー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セデック・バレ | トップ | カルテット!人生のオペラハウス »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
二つのいのち (milou)
2013-05-10 20:16:30
水没云々の話も知らずに見たが、一番印象的だったのは、やはり女の子の表情でした(とはいえ個人的には『ポネット』でも5歳の女の子がヴェネツィアの主演女優賞をもらったが、幼児に主演賞なんて絶対やるべきではないと思う)。

僕も最初は“どこか太平洋の島”だと思ったので台詞が黒人のアメリカ英語で非常に違和感を感じたが見ていくうちに、どうやらアメリカらしい、そしてナマズ料理と“Girls Girls Girls”でニューオーリンズあたりとはっきり分かった。まあほとんどすべてが現実とは思えないが映画を見ていて色々な映画を連想した。

まずはトップシーンとラスト(途中にもあるが)の心臓の音から『四つのいのち』、女の子のナレーションを縦糸とするすべての嘘っぽさから『ライフ・オブ・パイ』、
海上のボート(?)を燃やすシーンから『ある海辺の詩人 小さなヴェニスで』、炎と子供たちの姿から『駆ける少年』などなど。

映画を見ながら他のことばかり考えるのは、その映画が面白くなかったからと言えなくもないが、実はクラシックのコンサートを見る(聞く?)ときのような心地よさから違う世界に飛んでいくのです。ただいつも映画は4列目より前で見るので手持ちカメラの移動はうっとうしかった。

ところでラストシーンは住民たちが黒旗をかかげカメラに向かい行進するところだが暴動でも起こすのかな?
Unknown (クマネズミ)
2013-05-10 21:51:47
「milou」さん、コメントをありがとうございます。
そうですか、いつも映画をそんな前でご覧になるのですか!首や肩が凝らないのでしょうか?
でも、あるいは映画に集中できるのかもしれませんが。

さて、「心臓の音から『四つのいのち』」を連想されたとは、さすがmilouさんですね!クマネズミは思いもよりませんでした。
ただ、本作の頗る幻想的な話は、『ライフ・オブ・パイ』における大人の壮大な嘘の話とはなんだか違っているような気もします。
Juicy and Delicious (milou)
2013-05-11 08:54:46
何と原作は1幕の舞台劇なんですね。原作者が脚本に参加(というか監督と旧友らしい)しているので大筋は変わっていないと思われるが、どんな舞台だったか興味がある。

しかし戯曲の設定では“父と息子”だが作者の父親の病気が戯曲創作のきっかけだと言っている。それにしてもJuicy and Delicious から Beasts とは息子から娘への変更ぐらい大きい?
Unknown (クマネズミ)
2013-05-11 22:40:12
「milou」さん、誠に貴重な情報をありがとうございます。
本作の原作が戯曲とは思いもよりませんでした。
おっしゃるように、いったい「どんな舞台だった」のでしょう(ちょっとネットを見てみたら、“aurochs”ではないにせよ“ancient beasts”は劇に登場するようですが)!
Unknown (ほし★ママ。)
2013-06-11 22:20:06
牛だったんですね~しかも古代の生きもの。
ラストまで、生き残った野性の猪だと
思い込んでいたんです。
 
父親の火葬は、「死ぬとわかったら船に乗せて燃やしてくれ」
と言う言葉を実行したのかと…
 
クヮヴェンジャネちゃんは、本当に自然な演技で良かったですね。
Unknown (クマネズミ)
2013-06-12 05:51:18
「ほし★ママ。」さん、TB&コメントをありがとうございます。
オーロックスは、あの巨大さが秀逸でした。
また、おっしゃるように、父親の遺言なのですが、あのよう
な堤防に囲まれたところでボートに乗せて流してもどうなの
かなと思ってしまいました(そのうちに火が燃え広がって沈
んでしまうのかもしれませんが)。
さらに、クヮヴェンジャネちゃんは、大人を小型にしたような感じがせず「自然な演技で良かった」と思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (あーうぃ だにぇっと)
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~@スペースFS汐留
映画:ハッシュパピー バスタブ島の少女 Beasts of the Southern Wild  尽きない生命力を体感せよ!  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
どんな時代なのか(現代? 未来?) どこなのか(アメリカなのはわかるけど、いったいここはどこ?) そんなことさえ全くわからないまま、6才の少女から語られる今。 何はともかく、恐ろしく強力に「生命力」に溢れる。 凄いパワー! これに圧倒されているうちに、す....
『ハッシュパピー -バスタブ島の少女-』 2013年3月27日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ハッシュパピー -バスタブ島の少女-』 を鑑賞しました。 主演のクヮヴェンジャネ・ウォレスちゃんとゲストで芦田愛菜ちゃんでした。 9歳と8歳とのことでしたが、クヮヴェンジャネ・ウォレスちゃんと並ぶと大きさが全然違ってましたw ちょいとおませな子供というのは...
ハッシュパピー バスタブ島の少女/BEASTS OF THE SOUTHERN WILD (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 劇場で予告篇何度も観ちゃってて、それでも惹かれなかったんだけど アカデミー賞作品賞など、主要4部門でのノミネートというわけで 一応観なくちゃってことで、時間も合ったのでみてきました~ 若干29歳...
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (とりあえず、コメントです)
2012年度のアカデミー賞を賑わした少女クヮヴェンジャネ・ウォレス主演のファンタジックなドラマです。 あの世界の全てを睨みつけるような表情に惹かれてチャレンジしてみました。 予想以上に過酷な運命の中で真っ直ぐに前を向く彼女の姿に、大きな何かを貰った気持ちにな...
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~/クヮヴェンジャネ・ウォレス (カノンな日々)
第85回アカデミー賞では史上最年少で主演女優賞候補となったクヮヴェンジャネ・ウォレスが話題を集めたこの作品。世界のはずれの小さな島で暮らす少女の目線を通して映し出す社会 ...
ハッシュパピー~バスタブ島の少女~ (佐藤秀の徒然幻視録)
地球温暖化のティッピングポイント 公式サイト。Beasts of the Southern Wild ルーシー・アリバー原作、ベン・ザイトリン監督、クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー。本作で史 ...
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (心のままに映画の風景)
6歳の少女ハッシュパピー(クヮヴェンジャネ・ウォレス)は、長々と伸びる堤防によって、まるで世界から切り離されているかのような“バスタブ”と呼ばれるコミュニティーで、父親のウィンク(ドワイト・ヘン...
『ハッシュパピー~バスタブ島の少女~』 (こねたみっくす)
親は子に「強く生きろ」と願い、子は親に「長く生きて」と願う。 わずか200万ドルで製作したインディ作品がオスカー候補になっただけでなく、主演のクヮヴェンジャネ・ウォレスが ...
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 雰囲気は『ジェヴォ-ダンの獣』&『ヴィレッジ』?
「ハッシュパピー バスタブ島の少女」 たくましく生きろ! (はらやんの映画徒然草)
無名の監督、そして6歳の少女の主演であるにもかかわらず、アカデミー賞にノミネート
ハッシュパピー バスタブ島の少女 (映画と本の『たんぽぽ館』)
“ヒト”が太古から生活してきたそのままに             * * * * * * * * * 無名新人監督によるインディペンデント作品ですが、一躍脚光を浴び、 当時6歳のクワベンジャネ・ウォレスが 史上最年少アカデミー主演女優賞にノミネートされ...
映画・ハッシュパピー バスタブ島の少女 (読書と映画とガーデニング)
原題 BEASTS OF THE SOUTHERN WILD 2012年 アメリカ 地球温暖化により水没の危機に瀕している「バスタブ島」 手つかずの自然に囲まれた島で父親と二人で暮らす6歳のハッシュパピー(クヮヴェンジャネ・ウォレス) 彼女は「この自然界は繊細な仕組みを持ちなが...
『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』これが生きる力だ! (Healing )
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~   Beasts of the Southern Wild ★★★★★ 絵本の世界のようなファンタジーと 厳しい現実との はざまにある “いのち”の本質と生命力 ゆとり教育の導入のとき、 「生きる力」を育むとか、なんたら、かんたらという文脈がありまし...
他にない力強さ! (笑う社会人の生活)
7日のことですが、映画「ハッシュパピー バスタブ島の少女」を鑑賞しました。 6歳の少女ハッシュパピーは、“バスタブ”と呼ばれるコミュニティーで父親のウィンクと暮らしていた 閉鎖的な場所であったものの穏やかな日々を送っていたが、ある晩嵐が全てを奪い去って...
映画『ハッシュパピー~バスタブ島の少女~』(13外-3) (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
地元のユナイテッドシネマで、月に何本か 特別上映の映画が掛ります。 封切りを見逃したけど、観たかった映画たち この企画は
ハッシュパピー バスタブ島の少女 ★★.5 (パピとママ映画のblog)
昨年のサンダンス映画祭で上映されて以来、新人ベン・ザイトリン監督によるこの低予算の映画は、数多くの賞賛を受けていた。サンダンスではグランプリと撮影賞を受賞。カンヌ国際映画祭にも招かれ、カメラドール、国際批評家連盟賞など四冠に輝き、もしかしてアカデミー賞...
映画『ハッシュパピー、バスタブ島の少女』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-37.ハッシュパピー、バスタブ島の少女■原題:Beasts Of The Southern Wild■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:93分■観賞日:5月1日、シネマライズ(渋谷)■料金:1,000円□監督・脚本:ベン・ザイトリン□脚本:ルーシー・アリバー◆クゥヴェ...
ハッシュパピー バスタブ島の少女 (いやいやえん)
海に浮かんだ小さな島通称バスタブに、父と暮らす少女ハッシュパピー。 しかしある晩襲ったハリケーンにより、島は海水にのみこまれてしまう…。 てっきり南太平洋かどこかの島だろうと思っていたのですが、舞台はアメリカの南部らしいですね。なんだかそれだけでも...
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BEASTS OF THE SOUTHERN WILD】 2013/04/20公開 アメリカ 分監督:ベン・ザイトリン出演:クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー ウィンク あたしは強くなる [Story]長々と伸びる堤防によって、まるで世界から切り離されているかのような小さなコミュニティ...
www.coloripersoneeluoghidellosport.it (www.liquidhandling.ca www.coloripersoneeluoghidellosport.it)
あんど慶周のマンガ「究極!! 変態仮面」を実写化した映画「 変態仮面」が4月より全国公開される。この作品の主題歌に の新曲「」が決定した。 <a href="http://www.liquidhandling.ca" target="_blank">www.liquidhandling.ca</a> 映画の原作「究極!! 変態仮面」...
vans スニーカー (progettosci massschneider-hannover)
伊勢崎店、 高崎店、 藤岡店 <a href="http://www.progettosci.it" target="_blank">progettosci</a> 、 富岡店、喜久屋書店 太田店 書楽、ブックエキスプレス ディラ大宮店、ブックスタマ 所沢店、みやかわ書店 中宗岡店、 <a href="http://www.massschneider-hannov...
longchamp sale (Longchamp Bag Sale Longchamp Bags Outlet)
海外の人の間でも賛否のわかれる新競技場のデザイン。今後どういった動きを見せるのでしょうか。 ’ 2020 <a href="http://en.longchampmart.com/" target="_blank">longchamp sale</a> タグ: 東京オリンピック 意見を読む 5 この記事を筆者 <a href=...