映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

恋とニュースのつくり方

2011年04月06日 | 洋画(11年)
 『恋とニュースのつくり方』を新宿ピカデリーで見てきました。

(1)もう見なくともいいかなと思っていたハリソン・フォードが、『小さな命が呼ぶとき』で頑固一徹な研究者の役をうまくこなしていたので、こちらではどうかなという興味もあって、映画館に出向いてみました。
 むろん本作品の主役は、TVプロデューサー・ベッキーのレイチェル・マクアダムスですが、前作以上にハリソン・フォードは、報道キャスターのマイク役として存在感を見せつけています。
 なにしろ、ベッキーが担当することになった早朝情報番組「デイブレイク」のテコ入れ策の目玉として出演することになったマイクの頑なな姿勢が、その番組の視聴率をさらに一層落とし、逆にラストではマイクのくだけた姿が、「デイブレイク」をそれこそブレイクさせてしまうのですから!
 ハリソン・フォードが、頑固一徹ぶりをみせつけるのも、また最後には柔軟な姿勢になるのも、前作と同じといえば同じなのですが、前作は研究者という枠の中の話ですから、本作のような面白さは望むべくもありませんでした。
 まあ、考古学者インディ・ジョーズも頑固者と言えるかもしれませんが、ハリソン・フォードも70歳近くなると、演技せずとも自然にそんな雰囲気になり、その彼が、ラストに至って、「デイブレイク」の中で“フリッタータ”を自分で作りながら、「自分はこれを20年来作っているよ」などと喋ったりすると、随分の可笑しみと説得力を発揮してしまうのです(注)。



 対するパートナーのキャスター・コリーンには、ダイアン・キートンが扮しています。コリーンは、最初は、新しく担当になったベッキーを認めようとしませんでしたし、もう一方のパートナーのマイクとそりが合うはずもありません。でも、ベッキーの方針に次第に従うようになってくると、ハリソン・フォードより4歳若いに過ぎないものの、ダイアン・キートンは、持ち前の明るさが前面に出てきて、ついにはヒキガエルとキスをすることまでやってのけてしまいます。



 この2人が司会を務める番組「デイブレイク」を担当するプロデューサーが主人公のベッキーというわけです。



 このまま番組視聴率が下がり続ければ、あと3ヶ月で番組は打ち切ると部長に言われ、ベッキーは一念発起します。そして思いついたのが、日本のTV番組で見られるような企画です。
 一方で、お天気キャスターをジェットコースターに乗せたり、スカイダイビングをさせたりして、その恐怖に歪む顔をド・アップで画面に映し出します。他方で、先にも触れたように、コリーンに、変わった動物の相手をさせたりするアイデアを実現させたりします。
 ただ、こうした企画物は日本のTVでもとっくの昔から取り入れられていて、いまさらの感がしないでもありません(最近では、珍獣ハンター・イモトでしょうか!)。
 それに、同じことを何回もするとすぐに視聴者に飽きられてしまいますから、視聴率アップといっても一時的なものに過ぎないと言えるのではないでしょうか?

 それはともかく、そうしたアイデアなどによって視聴率も上昇し、マイクとコリーンの仲もよい方向に向かい出し、お定まりのハッピー・エンドです。
 元気の良さが売り物のレイチェル・マクアダムス(『シャーロック・ホームズ』でもホームズを翻弄する役をうまくこなしていました)に対するに、渋いハリソン・フォードを持ってきて、その中間あたりにダイアン・キートンを置くといった構図でしょうが、まずまずうまくいっているのでは、と思いました。

 なお、ダイアン・キートンについては、『恋愛適齢期』(2003年)はマズマズと思いましたが、『恋とスフレと娘とわたし』(2007年)は、モウこういう映画でハシャグのは止めた方が良いのではという感じがしていたところ、今回のように、一歩下がったところで存在感を滲み出すやり方もあるのだな、と見直したところです。


(注)NTVを退社してフリーとなって、今週からテレビ東京の朝の情報番組に登場した羽鳥慎一氏(39歳)は、本作品におけるハリソン・フォードとは正反対の感じがするキャスターと思われます。


(2)本作品ではプロデューサーが中心的に取り上げられています。プロデューサーを扱った映画といえば、最近では『トラブル・イン・ハリウッド』でしょうが、これは映画プロデューサーに関するものであり、TVプロデューサーを扱っている作品としたら、むしろ『恋愛戯曲』になるかもしれません。
 としても、『恋愛戯曲』は、様々な工夫を凝らした戯曲を映画化した作品ですから、本作品との関連性を追求しても成果は期待できそうにありません。
 となると、ダイアン・キートンが演じた女性キャスターの関連ということで、ジェーン・フォンダが地方テレビ局の女性キャスターを演じた 『チャイナ・シンドローム』(1979年)が、時節がら、思い浮かぶところです。
 というのも、ジャック・レモン扮する技師が、原子炉に重大欠陥があることを世論に訴えようとして、発電所内に立て籠もるという話なのですから!結局、この技師は殺されてしまいますが、このことを徹底的に調べた女性キャスター(ジェーン・フォンダ)が、真相をニュースで発表することになります。
 ちなみに、この作品は、池田信夫氏のブログ記事の中でも取り上げられています。

(3)渡まち子氏は、「類型的ではあるが、あくまでも自分が手掛ける番組を愛する仕事人間としての彼女(主人公ベッキー)をカラリと描いた結末は、ヘタに説教めいたところがない分、すがすがしい。もっともトントン拍子に物事が運ぶところは、シビアなTV業界のおとぎ話に過ぎないが。しかしハリソン・フォードはずいぶん老けた。苦虫を噛み潰したような、気難しい役がお似合いなのだが、大スターの彼はカメオ出演程度におさえて、恋人アダムとのパートをふくらませるなり、ベッキーが悩みを相談できる友人を登場させるなどすれば、より親近感を持てるドラマになっただろう」として55点をつけています。




★★★☆☆





象のロケット:恋とニュースのつくり方
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴダール・ソシアリスム | トップ | ザ・ファイター »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2011-04-06 18:20:47
TB ありがとうございます

ありがちな仕事に恋に頑張る 作品でしたが
ベテラン2人がいい味でした

特に ハリソン・フォードの最後の料理シーンは
サイコーでした
相互リンクの依頼です... (naotomo)
2011-04-07 22:40:57
クマネズミさん、はじめまして。

映画と、CGと、金持ち父さんと...というサイトを運営しているnaotomoというものです。
このたび、相互リンクを依頼したくて、こちらのコメント欄に書かせていただきました。
映画が好きで、熱心に更新しているサイトを探していて、クマネズミさんのブログを見つけました。

こちらのブログへのテキストリンクは、すでに設置してあります。
http://naotomo-eck.com/eiga2011/index.html
右下のリンク6をクリックすると、タブが開くようになっています。
こちらのブログへのテキストリンクは、映画に関するすべてのページに設置してあるので、少しは役立つかと思います。

相互リンクしていただけのであれば、以下に私のサイトの情報を記しておくので、良ければ使ってください。
タイトル : 映画と、CGと、金持ち父さんと...
URL : http://naotomo-eck.com/

相互リンクしていただけると、めちゃめちゃ嬉しいので、ぜひともよろしくお願いします。
それから、恋とニュースのつくり方は私も見ました。
私的には、人やチームをまとめる難しさを体験してきたので、主人公の抱えていたさまざまな問題に共感できて、けっこう良い映画でした。
これからも、映画についての深い内容を更新しつづけていってください。

ではでは...
TB有難うございました (シムウナ)
2011-04-10 18:23:00
「プラダを着た悪魔」が好きだったので
劇場に足を運びました。
時折、主人公の性格に一瞬引いてしまう
部分もありましたけど、最後は自分らしさ、
大切な仲間など予定調和かもしれませんが
笑いも涙もあり良質な映画でした。
この映画を気にいらない人も出てくると
思いますけど…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

53 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
恋とニュースのつくり方 (あーうぃ だにぇっと)
2月17日(木)@なかのZERO大ホール。 開場時間の18時半を10分ほど過ぎてから会場到着。 行列の最後尾は建物ヨコをめぐり南側の公園まで伸びていた。 その後到着から入場まで10分もかかった。 いくらなんでも入場に時間をかけ過ぎだ。 予定より開場時間を早...
映画:恋とニュースのつくり方 Morning Glory 予想外にツボに入りまくり。あっと驚きにウェルメィドな1作 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
「ニュース番組の女性プロデューサーの成り上がり物語」と知り、行くのをパスしようとさえ思ったくらい.... ところが! 笑いすぎて涙が出るくらいの状態に陥り、大変満足して帰途についた。 全く予想外。 なにがそんなに素敵か。 まずは、ベテラン俳優×2。 メインキ...
恋とニュースのつくり方 (voy's room)
  失業中のTVプロデューサー、ベッキー(レイチェル・マクアダムス)。憧れのニューヨークでモーニングショーのプロデューサーに採用されるが、それは局に見放された超低視聴率番組"デイブレイク"!ベッキーは伝説的な報道キャスター、マイク(ハリ...
★ 『恋とニュースのつくり方』 (映画の感想文日記)
2010年。アメリカ。"MORNING GLORY".   ロジャー・ミッシェル監督。  アメリカ版の菅野美穂っぽい(年齢も同じ)、レイチェル・マクアダムス出演の映画が最近増えてきたが、 ...
『恋とニュースのつくり方』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:MORNINGGLORY監督:ロジャー・ミッシェル出演:レイチェル・マクアダムス、ハリソン・フォード 、ダイアン・キートン 、パトリック・ウィルソン、ジェフ・ゴールドブラム公式サ...
恋とニュースのつくり方 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Morning Glory: A NovelアメリカのTV業界は日本のそれと比べて数倍も厳しい世界のようだが、これはそんな華やかな世界での活躍を夢見る多くの女性へ向けたポジティブな応援映画だ。ほと ...
恋とニュースのつくり方 (シネマ日記)
予告編を見たらレイチェルマクアダムスがすごく可愛いし、ストーリーも面白そうだったので見に行きました。でもさ、邦題は「恋とニュースのつくり方」ってなってるけど「恋」あんまり関係ないよね。確かにヒロインベッキー(レイチェルマクアダムス)と同僚のアダムパトリ...
恋とニュースのつくり方 (映画鑑賞★日記・・・)
【MORNING GLORY】 2011/02/25公開 アメリカ 107分監督:ロジャー・ミッシェル出演:レイチェル・マクアダムス、ハリソン・フォード、ダイアン・キートン、パトリック・ウィルソン、ジェフ ...
『恋とニュースのつくり方』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「恋とニュースのつくり方」□監督 ロジャー・ミッシェル □脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ □キャスト レイチェル・マクアダムス、ハリソン・フォード、ダイアン・キートン、パトリック・ウィルソン、ジェフ・ゴール...
恋とニュースのつくり方 (佐藤秀の徒然幻視録)
レイチェル・マクアダムスのお尻もfluffy 公式サイト。原題:MORNING GLORY。ロジャー・ミッシェル監督、レイチェル・マクアダムス、ハリソン・フォード、ダイアン・キートン、パトリック ...
恋とニュースのつくり方/レイチェル・マクアダムス (カノンな日々)
『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッシェル監督(以前も何かの記事で書いたけどこの監督の代表作はいつまでコレなんでしょ?(笑))と『プラダを着た悪魔』の脚本家アライン・ ...
需要と供給。『恋とニュースのつくり方』 (水曜日のシネマ日記)
テレビ局をリストラされた若手女性プロデューサーが再起をかけて低視聴率番組の改革に挑む物語です。
恋とニュースのつくり方 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「恋とニュースのつくり方」監督:ロジャー・ミッシェル(『ノッティングヒルの恋人』)出演: レイチェル・マクアダムス(『きみがぼくを見つけた日』『消されたヘッドライン』) ...
映画 「恋とニュースのつくり方」 (ようこそMr.G)
映画 「恋とニュースのつくり方」
恋とニュースのつくり方 (心のままに映画の風景)
失業中のベッキー(レイチェル・マクアダムス)は、ニューヨークのローカルTV局に採用され、朝の情報番組を任される。 超低視聴率番組を建て直すため、大御所の報道キャスター、マイク(ハリソン・フォー...
仕事、仕事、ちょっと恋も (笑う学生の生活)
1日のことですが、映画「恋とニュースのつくり方」を鑑賞しました。 朝の情報番組のプロデューサーになったベッキー 大物キャスターを起用し 視聴率UPを目指すのだが・・・ いわいる 女性が仕事に恋に 頑張る サクセスストーリー テンポよく進み なかなか面白い 特に....
朝に咲く花〜『恋とニュースのつくり方』 (真紅のthinkingdays)
 MORNING GLORY  ニューヨークの小さなテレビ局に採用されたTVプロデューサーのベッキー (レイチェル・マクアダムス)は、低視聴率に喘ぐ朝の情報番組「デイブレイク」 のキャスターに、伝説の...
『恋とニュースのつくり方』('11初鑑賞30・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 2月26日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 16:00の回を鑑賞。
「恋とニュースのつくり方」みた。 (たいむのひとりごと)
ハリソン・フォード目当てもあって、公開前から観ようとチェックしていた。・・にも関わらずなかなか時間が取れないでいたところに、震災が重なってしまい、もう間に合わないかと思っていたが、なんとか終了する前に
『恋とニュースのつくり方』・・・そしてフワフワのフリッタータのつくり方 (SOARのパストラーレ♪)
テレビ局のプロデューサーを演じるレイチェル・マクアダムスがとにかくキラキラと輝いている。『きみに読む物語』や『きみがぼくを見つけた日』、あるいは『シャーロック・ホームズ』での彼女も魅力的だったが、本作のベッキーのような明るくはじけた役どころこそ、彼女が...
恋とニュースのつくり方 (シネマDVD・映画情報館)
恋とニュースのつくり方 ローカル・ニュース番組を首になったプロデューサーのベッキー・フラーがやっとありついた仕事は、低視聴率の朝番組。伝説的なニュースキャスター、マイク・ポマロイを連れて来ることによって、番組を甦らそうとするが、マイクは、朝の番組の目玉...
恋とニュースのつくり方♪(2010)MORNING GLORY (銅版画制作の日々)
 あら原題はMORNING GLORY? まったく違うんですね。先週の土曜日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。今回はポイントを利用してです。 主演はレイチェル・マクアダムス。彼女は「きみに読む物語」でブレイクしたらしいのですが、残念ながら未見。今回、脇を固める人たちは大...
恋とニュースのつくり方 (うろうろ日記)
試写会で観ました。地方テレビ局のプロデューサーだった主人公がリストラされて、転職
恋とニュースのつくり方 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(14) レイチェル・マクアダムスの魅力全開となった記念すべき作品と勝手に断言。
恋とニュースのつくり方 / MORNING GLORY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今更ハリソン・フォードにダイアン・キートン? なんて言ってご免なさい、 「ノッティングヒルの恋人」のロジャー・ミッシェル監督×「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナ脚本作 そこに...
恋とニュースのつくり方(試写会) MORNINGGLORLY (まてぃの徒然映画+雑記)
ポップで軽快な感じのアメリカン・サクセス・ストーリー。ニュージャージーのテレビ局をクビになったベッキー(レイチェル・マクアダムス)は、ニューヨークで全国ネットの朝ワイド...
『恋とニュースのつくり方』 (ラムの大通り)
(英題:Morning Glory) 「これは、映画に対して 特別難しいことを求めない人だったら、 だれもがほっこりと、幸せな気分になる映画。 この冬のおススメ第一弾だね」 ----えっ。そうニャの? テレビ局を舞台にしたサクセス・ストーリーでしょ。 夢を見る分にはいいかも...
恋とニュースのつくり方 (そーれりぽーと)
主演のレイチェル・マクアダムスよりも、脇を固めるダイアン・キートンとハリソン・フォードのやり取りが面白そうで『恋とニュースのつくり方』を観てきました。 ★★★★ 『プラダを着た悪魔』の主人公とは違い、主人公の女性の仕事対する情熱が半端無いところが新鮮。 ...
恋とニュースのつくり方☆独り言 (黒猫のうたた寝)
『ワーキングガール』ではデキル男でヒロインの恋人になったハリソン・フォードですが、今回はヒロインの憧れの報道キャスター(でも、とってもイヤなおじさんなんだ(笑)『恋とニュースのつくり方』は、働く女性にエールを送ってくれてるような作品です。ということで、お...
「恋とニュースのつくり方」 (古今東西座)
日テレのズームイン終わるんだってね。徳光さんの頃から何となく観続けてるけど、他に変えない理由は単に習慣になってるからだけ。〇〇コーナーだと〇時〇分頃って感覚的に分かるようになっている。終わっちゃうなら仕方ないけど、これからは他の番組に慣れればいいのだ。...
[映画『恋とニュースのつくり方』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ゴメン、明日も早いので、短信です^^;  眠くてたまらない、風呂は朝に入ろう・・・。  なんか、この作品の主人公のように忙しい・・・。    ◇  面白かった。  ちゅうか、中盤まではボチボチにしか楽しめなかった。  何よりも、最近のラブコメの傾向...
恋とニュースのつくり方 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年3月6日(日) 18:40〜 丸の内ピカデリー2 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売券を購入) パンフレット:600円(買っていない) 『恋とニュースのつくり方』公式サイト 掃いて捨てるほどある女子サクセスストーリー。 掃いて捨てるほどあるが、嫌い...
「恋とニュースのつくり方」 仕事が好きだっていいじゃない? (はらやんの映画徒然草)
最近の若い女性は、早く専業主婦になりたいっていう人が多いそうです。 景気もいまい
「恋とニュースのつくり方」 (てんびんthe LIFE)
「恋とニュースのつくり方」新宿ピカデリーで観賞 2011−026 新宿ピカデリーのポイント観賞が6のまま見られるのは2月中なので慌ててポイント観賞。 みたい作品も色々あるのですが、時間の関係でこの作品。 ダイアン・キートンとハリソン・フォードという超...
恋とニュースのつくり方 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「シャーロック・ホームズ」のレイチェル・マクアダムス、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」のハリソン・フォード、「恋愛適齢期」のダイアン・キートン共演の ...
恋とニュースのつくり方 (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
「私にはムリ」って、思ってない? 職業:TVプロデューサー 起床:シンデレラタイム1:30AM 目標:視聴率と恋愛力UP 低視聴率番組のプロデュ...
恋とニュースのつくり方 (風に吹かれて)
わたし頑張ります!p(*^-^*)q by ベッキー公式サイト http://www.koi-news.jp製作: J.J.エイブラムス監督: ロジャー・ミッチェル 「ノッティングヒルの恋人」 「パッ
恋とニュースの作り方 (迷宮映画館)
予定調和の定番ですが、安心して見れる王道もんで。
恋とニュースのつくり方 (とりあえず、コメントです)
テレビ業界を舞台に頑張る女の子を主人公にニュース番組作りの裏側を描いた作品です。 予告編を観て、レイチェル・マクアダムスの輝くような笑顔とハリソン・フォードの苦虫を潰したような渋い顔と そして、ダイアン・キートンの溌溂としたキャスターぶりが楽しそうだなあ...
No.246 恋とニュースのつくり方 (気ままな映画生活)
【ストーリー】 レイチェル・マクアダムス、ハリソン・フォード、ダイアン・キートン共演のラブコメディ。失業中のTVプロデューサー、べッキー(マクアダムス)がやっと見つけた仕 ...
「恋とニュースのつくり方」 (Con Gas, Sin Hielo)
砂糖、砂糖、繊・・・やっぱり砂糖。 「恋」は添え物程度。「ニュース」も正しくはない。ワイドショーだから。 またミスリードと取られかねない邦題。そして意外性に乏しい成功への物語。 常に刺激を求める時代において、80年代が舞台といってもおかしくない(Youtube...
*恋とニュースのつくり方* (Cartouche)
  ベッキー(レイチェル・マクアダムス)はテレビ局をクビになり、失業中の身。落ち込んでいた彼女に突然、チャンスが訪れる。ニューヨークのテレビ局で朝の情報番組のプロデューサーに採用されたのだ。だが、彼女の担当は、超低視聴率のお荷物番組“デイブレ...
映画『恋とニュースのつくり方』を観て (kintyre's Diary〜Goo Version)
11-21.恋とニュースのつくり方■原題:Morning Glory■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:107分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:3月13日、渋谷シネパレス■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督:ロジャー・ミッシェル□脚本:アライン・ブ...
恋とニュースの作り方 (naguCo.com)
ハリソン&ダイアンの大御所カップルが初競演ってことで かな〜り楽しみにしていた本作 どーも好きになれないレイチェル・マクアダムス・・・ 観てる間中、他に誰かいなかったのか? とキャスティングを考えてたワタシ 集中しなさい! いやでも演技派だからね 安心して観....
■映画『恋とニュースのつくり方』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
女の子がキャリアアップを目指して仕事を一生懸命こなしつつ、恋にも頑張る話というとアン・ハサウェイ&メリル・ストリープの『プラダを着た悪魔』などが思い浮かびます。 『プラダを着た悪魔』は、私も大好きな作品ですが、やはり女性には人気がありますね。 この映...
映画:恋とニュースのつくり方 Morning Glory(2度目)  出来の良さを再実感の理由 その(1) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
飛行機の中で 2度目の鑑賞、「恋とニュースのつくり方」 Morning Glory 。 初回時は全く期待していなかったので、予想外にツボに入りまくり、感想は「あっと驚きにウェルメィド」 今回は他の日本未公開映画を観まくる関係で(笑)、お気に入りの以下の部分から。 上司...
映画:恋とニュースのつくり方 Morning Glory (2度目)  面白さを再実感 その理由(2) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
さて、面白い理由その2。 この映画は、NY州観光局の全面的な協力を得ていて、ラストにもそのロゴが出てくる。 このため、切り取るNYの景色がいちいち「魅力的」(例:写真) <また、ロケ先のNY。
 <ワン・ショットごとに、最高のNYを切り取っていて、....
恋とニュースのつくり方  Morning Glory (映画の話でコーヒーブレイク)
「****の○○○かた」って日本語タイトルの映画多いですねぇ〜。 「新しい人生のはじめ方」「わすれた恋のはじめかた」「最後の恋のはじめ方」 「素敵な人生のはじめ方」「戦争のはじめかた」「最高の人生の見つけ方」などなど。 配給会社は何故この「HOW TO」パター...
恋とニュースのつくり方 (こんな映画見ました〜)
『恋とニュースのつくり方』---MORNING GLORY---2010年(アメリカ)監督:ロジャー・ミッシェル出演:レイチェル・マクアダムス 、ハリソン・フォード、ダイン・キートン 、パトリック・ウィルソン 失業中のTVプロデューサー、ベッキー(レイチェル・マクアダ...
恋とニュースのつくり方 (食はすべての源なり。)
恋とニュースの作り方 ★★★☆☆(★3つ) TVプロデューサーのベッキーが突然解雇宣告を受け、やっと決まった再就職先は、視聴率最低の朝のワイドショー番組だった! 典型的な、アメリカンガールズコメディ! がむしゃらに突っ走ったからって、結果が出るわけじゃ...
【映画】恋とニュースのつくり方…ハリソンって「スゲェ」とか言うだけで如何ほど持ってくんだろう? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日から夜勤のピロEKです。 12月ですね 毎年思っている事ですが一年というのは早いです …ここ半月ぐらいずっと忙しくてですねぇ(※忙しさは現在進行中)、終末も疲れと布団の中の快適さから寝てる事がほとんどで、二週ほどまともに外出もしていなかったりします ブロ...
恋とニュースの作り方 (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「あけおめ〜〜〜ッ!!!ことよろ〜〜〜〜ッ!!!」 「・・・
恋とニュースのつくり方 (いやいやえん)
低視聴率番組を立て直し〜の、恋に奮闘し〜のと、二束草鞋で頑張る女の子のサクセスストーリー。 そんなバカなってのは置いておいて、こういうの見ると元気になるのは確か。ただラブコメではないのでラブ部分はうっ