映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

桐島、部活やめるってよ

2012年09月12日 | 邦画(12年)
 遅ればせながら『桐島、部活やめるってよ』を新宿バルト9で見ました。

(1)物語の舞台は現代の高校(山がすぐそばにある地方の高校でしょう)、登場するのはほとんどが高校2年生ながら、まずまずの作品に仕上がっています。
 とりわけ、
イ)映画のタイトルにもなっている桐島は、女子の人気が高く〔飛びきり美人の梨紗山本美月)が、部活が終わるまで体育館の外のベンチで待っているくらいです〕、成績優秀、合わせて運動能力も抜群(バレー部のキャプテン)でありながらも、「部活をやめる」との噂が学校中を駆け巡ります。
ですが、本作には御本人の登場は最後までありません。

ロ)そんな彼を皆が酷く頼りにしているため、その噂は様々な波紋を生徒たちに引き起こします。
 例えば、梨紗は、これだけ誠意を尽くしているのにもかかわらず、自分に重大なことを何も知らせてこない桐島に腹を立ててしまいます。
 バレー部は対外試合に臨んだもののの、桐島を欠いているため負けてしまいます。副キャプテンは、桐島に代わって出場した風助が問題だとばかりに、部活で彼一人だけを特訓し続けます(注1)。

ハ)そんな生徒たちの様子が、映画で複眼的に描き出されます。
映画の最初の方では、同じ「金曜日」の出来事(「桐島が部活をやめたらしい」との情報が飛び交う)が4回も違った視点から描かれて、同じ事件も違った人物からすると違ったように見えることが観客にわかるようになっています(これは、推理物で、同じ事件について違った証言がなされる場合にも使われる方法でしょう)。

ニ)高校の映画部では、指導担当の先生から制作のストップをかけられているにもかかわらず、生徒だけでゾンビ映画を撮ろうとします(注2)。



 そして、本作では、キャプテンの涼也神木隆之介)の頭の中で出来上がっているゾンビ映画の断片が映し出されるところ、バレー部の副キャプテンの内臓がえぐり取られるなどのシーンがあったりして、なかなか興味深いものがあります(『スーパーエイト』で子供たちが制作したゾンビ映画とか、『東京公園』で挿入されるゾンビ映画などが思い起こされます)。

ホ)亜矢大後寿々花)がキャプテンを務める吹奏楽部が、ワーグナーの曲(注3)を大層うまく演奏しています。




ヘ)そんな中にも愛情のもつれのようなことも描かれます。
 映画部のキャプテン涼也は、同級のかすみ(バドミントン部:橋本愛)に思いを寄せているものの(注4)、彼女は同級の竜汰と付き合っています。
 吹奏楽部のキャプテン亜矢は、同級の宏樹(野球部→帰宅部:東出昌大)に密かに好意を寄せているのですが、彼は沙奈が好きなのです(宏樹の関心を引こうとして亜矢がサックスを吹くシーンがありますが、なんとなく『スイングガールズ』の上野樹里を思い出させます)。

 本作に出演する俳優は若く、『スープ』に出演していた橋本愛を除いて初めて見る顔ぶれですが(注5)、暫くしたら皆活躍し出すのではないでしょうか。




(2)この映画の中心人物は、映画のタイトルにもなっている「桐島」ですが、最初にも申し上げたように、彼は本作には一切登場しないのです。
 そんなところから、クマネズミは、これは、上で触れた『東京公園』のエントリで取り上げましたロラン・バルトの『表徴の帝国』に通じるところがあるのでは、と思いました。

 くどくなって恐縮ですが、もう一度引用しておきましょう。
 「わたしの語ろうとしている都市(東京)は、次のような貴重な逆説、≪いかにもこの都市は中心をもっている。だが、その中心は空虚である≫という逆説を示してくれる。禁域であって、しかも同時にどうでもいい場所、……、その中心そのものは、なんらかの力を放射するためにそこにあるのではなく、都市の一切の動きに空虚な中心点を与えて、動きの循環に永久の迂回を強制するために、そこにあるのである。このようにして、空虚な主体にそって、〔非現実的で〕創造的な世界が迂回してはまた方向を変えながら、循環しつつ広がっているのである」。

 その際には、三浦春馬扮する主人公の光司が、バルトの言う「空虚な中心」なのかもしれないと申しあげましたが、本作の「桐島」の方がもっとその言葉に相応しいのかもしれません。

(3)渡まち子氏は、「アメリカ映画では当たり前の、学校内の格差を明言したことが起爆剤となり、物語は、屋上で繰り広げられるクライマックスのカタルシスとなって昇華される。神木隆之介、橋本愛、大後寿々花など、日本映画の将来を担う若手俳優たちがリアルな高校生に扮し、部活、友情、恋愛だけでなく、秘密や嫌悪、劣等感、孤独や不安まで見事に演じきった」として80点もの高得点をつけています。




(注1)劇場用パンフレットに、風助について「2年生。リベロ。同じリベロでありキャプテンでもある桐島を慕い尊敬していた」とあるところ、Wikipediaによれば「リベロはチームキャプテン・ゲームキャプテンともに務めることはできない」とされており、一般と違って高校生の場合は認められるとも考えられますが、「桐島」が格好良くてスポーツ万能だとしたら、そもそも「リベロ」だとは考えられないのですが?

(注2)涼也は父親譲りの8ミリカメラを所持して映画を製作しようとしていますが、こんなところは、『キツツキと雨』の中で、小栗旬扮する映画監督の幸一が、役所公司扮する克彦に「どうして映画なんかやろうとしたの?」と聞かれて、「おやじがビデオカメラを買って、俺が遊びで使いだした、まあそんなとこ」と答える場面を思い出しました(涼也は、宏樹に「将来は映画監督?」と尋ねられて、「無理」と答えますが、『キツツキと雨』の幸一のようになるのも考えられないわけでもないでしょう!)。

(注3)歌劇「ローエングリン」より「エルザの大聖堂への入場」。

(注4)涼也は、中学時代にかすみと同級だったものの、高校に入ってからは疎遠にしていたところ、塚本晋也監督の『鉄男』を見た映画館でかすみと偶然に出会い、話をするようになります。
 なお、『鉄男』については、このエントリの(3)で触れています。

(注5)『スープ』には大後寿々花も出演していたようですが、印象に残りませんでした。




★★★☆☆




象のロケット:桐島、部活やめるってよ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甲州三題 | トップ | テイク・ディス・ワルツ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ほし★ママ。)
2013-03-19 20:39:58
遅れ馳せながらとおしゃっているクマネズミさんの
さらに半年遅れの鑑賞になりましたが
本当に観れて良かったと思う作品でした。
 
これからの活躍が楽しみとは言え
今はまだ売出し中の若手のみの出演
ほとんど学校内だけの撮影で
こんな面白い映画がつくれるって、すごいと思いました。
Unknown (クマネズミ)
2013-03-20 07:16:54
「ほし★ママ。」さん、TB&コメントをありがとうございます。
橋本愛は『さよならドビュッシー』で主演をしていますが、
他の若手もこれからどんどん活躍してほしいものだと思い
ます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
文化部 × 運動部 × 帰宅部 〜『桐島、部活やめるってよ』 (真紅のthinkingdays)
 バレー部キャプテンにして学校の中心人物「桐島」が部活を辞める−−。金曜日 の放課後、そのニュースが校内を駆け巡る。桐島の親友・宏樹(東出昌大)や恋人 の梨紗(山本美月)はもちろん、彼らとは最...
『桐島、部活やめるってよ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「桐島、部活やめるってよ」□監督 吉田大八 □脚本 喜安浩平、吉田大八□原作 朝井リョウ □キャスト 神木隆之介、橋本 愛、大後寿々花、前野朋哉、岩井秀人、東出昌大、山本美月、       松岡茉優、清水くるみ、落合モトキ、...
『桐島、部活やめるってよ』 陽はまた昇る (映画のブログ)
 サミュエル・ベケットが『ゴドーを待ちながら』を発表したのは1952年のことだ。この著名な戯曲は、それから半世紀以上たった今でも世界のどこかで上演され続けている。  『ゴドーを待ちながら』が表題にゴ...
吉田大八監督『桐島、部活やめるってよ』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。朝井リョウ・原作、吉田大八監督『桐島、部活やめるってよ』出演は、神木隆之介、橋本愛、大後寿々花、東出 昌大、他物語・バレー部のキャプテンで成績も優秀な桐島。ガールフレンドは校内
『桐島、部活やめるってよ』 (2012) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 吉田大八 出演: 神木隆之介 、橋本愛 、大後寿々花 試写会場: 新宿バルト9 公式サイトはこちら。 (2012年8月11日公開) 今年の夏、同世代の中高生の注目を恐らく一心に集めているであろう本作。 場内も女子高生がめちゃくちゃ多い。 cocoさん....
サックスを吹いて泣け (僕らのドラマ)
映画【桐島、部活やめるってよ】/主役は校舎
『桐島、部活やめるってよ』 2012年8月12日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『桐島、部活やめるってよ』 を鑑賞してきました。 試写会は満席で入れず、鑑賞券を後日送ってくれたので 無事に家族で見てきました。 でも、子供らがうるさい事・・・周りの人スイマセンでした 【ストーリー】  とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也(神...
映画『桐島、部活やめるってよ』観てきた・・・・ (よくばりアンテナ)
原作者・朝井リョウさんが大学在学中に小説すばる新人賞を受賞したってことで この本は読んでみたいって思ってたんですよ。 文庫になったら。 でも、春頃、文庫を見つけたんですけど、もう映画化の話...
映画「桐島、部活やめるってよ」 (またり、すばるくん。)
神木隆之介くん主演の映画「桐島、部活やめるってよ」 を見てきました。
映画『桐島、部活やめるってよ』★叫びながら8〓を回す前田に震えた! (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
        映画レビューです(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id342041/rid125/p1/s0/c1/       作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158438/ ↑ あら...
桐島、部活やめるってよ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 学園もので、タイトルの桐島君に関係
「桐島、部活やめるってよ」:神木くんに感情移入 (大江戸時夫の東京温度)
映画『桐島、部活やめるってよ』は、新聞広告で『アベンジャーズ』に対抗して、「ハリ
『桐嶋、部活やめるってよ』 (beatitude)
いつもと変わらぬ金曜日の放課後、バレー部のキャプテンで成績優秀、誰もがスターとして一目置いていた桐島が突然部活を辞めたというニュースが学校内を駆け巡る。桐島の恋人でさえ彼と連絡が取れないまま、桐島と密接に関わっていた生徒たちはもちろんありとあらゆる生徒...
桐島、部活やめるってよ (そーれりぽーと)
人の本音をパンチMAXで描かせたら右に出る者は居ない吉田大八監督最新作、『桐島、部活やめるってよ』を観てきました。 ★★★★ 今度は高校生のリアルな感情を描く。 人気者の桐島が急に部活を辞め、姿を見せなくなった事を切欠に、軸を失った学生達の日常にヒビが入り...
桐島、部活やめるってよ (だらだら無気力ブログ!)
大後寿々花が可愛くなってたなぁ。
桐島、部活やめるってよ(2012-108) (単館系)
桐島、部活やめるってよ 新宿バルト9 最初に。 もう遅いかもしれませんがこれから見にこうと思っていて 原作も読んでいないならなんの情報も仕入れずに観に行く ことをおすすめします。 とある田舎...
『桐島、部活やめるってよ』 (ラムの大通り)
----これ、観たとき スゴく興奮していなかった? 確か、トリュフォーやアルトマンまで 引き合いに出して…。 「そうだね。 その思いは今も変わらない。 最初、この『桐島』の話を聞かされたとき、 舞台が学園ということ、 同じ時間が繰り返されるという噂から 押井守『う...
桐島、部活やめるってよ・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
桐島とは、何者だったのか? 成績優秀、スポーツ万能、誰もが憧れ一目置く学園のヒーローで、バレー部キャプテンの桐島が、ある日突然姿を消す。 そして齎された、「桐島、部活やめるってよ」という何気な...
「桐島、部活やめるってよ」 (Con Gas, Sin Hielo)
青春のいじわる。 大きな事件が起こるわけじゃない。校内暴力が潜んでいるわけでもない。言ってみれば平和で健全な学校である。 しかし、そんな学校にも確実に存在する大きく高い壁。言い換えれば生徒間格差とでも言おうか。 脚光を浴びる者と陽の当たらない陰で暮ら....
桐島、部活やめるってよ。 (迷宮映画館)
25年、見続けてきたもの。
「桐島、部活やめるってよ」 それでも俺たちはこの世界で生きていかなければならないのだから (はらやんの映画徒然草)
高校生くらいになると、幼い時のように無邪気に夢を見ることはできなくなってきます。
それぞれの波紋 〜 映画編 (笑う社会人の生活)
映画「桐島、部活やめるってよ」を鑑賞しました。 バレー部 キャプテン 桐島が部活をやめたことによる それぞれの波紋、様子が描かれる うーん! なんともリアルな・・・ 高校、学校というなの社会 高校の中が彼ら彼女らの全てであり世界 その中にあるヒエラルキー ...
桐島、部活やめるってよ (とりあえず、コメントです)
朝井リョウ著の同名小説を神木隆之介主演で映画化した青春群像劇です。 原作は未読でしたけど、どのようにリアルな高校生の心情を描いているのだろうと気になっていました。 いつもの日常が少しだけ変化した時に見えてくる不安な心が、ひしひしと伝わってくるような物語で...
映画「桐島、部活やめるってよ」 (FREE TIME)
映画「桐島、部活やめるってよ」を鑑賞しました。
映画を観た〜桐島、部活やめるってよ〜ネタバレあり?? (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
桐島、部活やめるってよを観た (マシンblog)
「腑抜けども…」の吉田大八監督作品。 神木くんが出て、橋本愛ちゃんがでてるとあれば、とりあえず観とく感じでしょ? 作品はというと、 オムニバスというか、同じ時間をいろんな人の視点で描く作品(パルプフィクションとか)。 宏樹役の東出くん、良...
「桐島、部活やめるってよ」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
部活を中心に高校生たちの生態を描いた群像映画。監督は「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の吉田大八。 高校生の話っていうとすぐいじめの問題とか出てくるのかと思うけど、そういうあからさまな設定じゃないのがよかった。 高校生たちのモヤモヤ感が映画になってる。...
桐島、部活やめるってよを観た (マシンblog)
「腑抜けども…」の吉田大八監督作品。 神木くんが出て、橋本愛ちゃんがでてるとあれば、とりあえず観とく感じでしょ? 作品はというと、 オムニバスというか、同じ時間をいろんな人の視点で描く作品(パルプフィクションとか)。 宏樹役の東出くん、良...
桐島、部活やめるってよ (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
桐島、部活やめるってよ '12:日本 ◆監督:吉田大八「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」「パーマネント野ばら」 ◆出演:神木隆之介、大後寿々花、橋本愛、東出昌大、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ、浅香航大、前野朋哉、高橋周平、鈴木伸之、榎本功、...
【桐島、部活やめるってよ】それでも俺たちはこの世界で生きていかなければならない (映画@見取り八段)
桐島、部活やめるってよ     監督: 吉田大八    出演: 神木隆之介、橋本愛、大後寿々花、東出昌大、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ、浅香航大、前野朋哉、高橋周平、鈴木伸之、榎本功、藤井武美、岩井秀人、奥村知史、太賀 公開: 2012年8月11日 ...
桐島、部活やめるってよ (銀幕大帝α)
全員、他人事じゃない。 −感想− もうね、作品に対して難癖付け様が無くて完敗っすわ。 だけど1つだけ声を大にして言える事がある。 それは ファインダー越しに前田が妄想するゾンビの世界が神々しくて泣けた って事だ。 まさか青春群像劇内で描かれたゾンビに感動...
映画『桐島、部活やめるってよ』(13日-8) (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
封切り時は、お盆の一番忙しい時で観に行けず 名画座に掛ると聞いて楽しみにしていたら 風邪をひいてしまって、もう、この映画
桐島、部活やめるってよ (Akira's VOICE)
103分間の生徒体験。  
桐島、部活やめるってよ (映画の話でコーヒーブレイク)
昨年話題になった、高校を舞台にした青春群像劇です。 日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀編集賞の3部門を受賞と知り、 興味がわいて見てみました。   ************************         桐 島 、 部 活 ....
「桐島、部活やめるってよ」噂に違わぬ面白さ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
昨年はなぜか全く興味が沸かずに公開中見逃してしまった「桐島、部活やめるってよ」 こんなに評判が良く、年間ベストの中に選ぶ人が大勢いるなんて!!と、年末に大きくヘコんでいた私。 現在春休み4月5日まで限定で、渋谷シネパレスで再上映されているyo このチャンス...
桐島、部活やめるってよ (いやいやえん)
タイトルの桐島君自体はきちんと出てこない作品です。 学校内における上、下の階層なんかはリアルだったなあ。友達関係の中でもあるゴタゴタとかさ。不自由な閉鎖空間の中で生きてきた学生だった人なら、なんとなくわかるはず。 構内風景や会話も現実味がある。映画...
「桐島、部活やめるってよ」 (或る日の出来事)
うん、まあ…普通。