映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

セッション

2015年05月19日 | 洋画(15年)
 『セッション』をTOHOシネマズ新宿で見ました。

(1)アカデミー賞作品賞などにノミネートされ、結果としては、助演男優賞(J・K・シモンズ)、脚色賞、編集賞を獲得した作品ということで、映画館に出向きました。

 本作(注1)の冒頭では、主人公のアンドリュー・ニーマン(19歳:マイルズ・テラー)が、ピアノなどが置かれている練習室で独りでドラムを叩いています。ドラムを叩くのが速くなるに従って、カメラもニーマンに接近していきます。



 突然、鬼教師として知られるフレッチャーJ・K・シモンズ)が部屋に入ってきます。黒のTシャツから黒の靴まで黒尽くめ。
 ニーマンは、「失礼」と言って、ドラムを叩くのを止めます。
 フレッチャーは、「かまわんよ。そのままで」と言いながら、コート掛にかかっているコートをとります。
 それからニーマンに向かって、「名前は?」、「何をしている?」、「私を知ってるか?」と矢継ぎ早に質問を浴びせ、ニーマンは、自分の名前と、まだ1年目ながらフレッチャーのことは知っている、と答えると、さらにフレッチャーは、「私が何をしているのかわかる?」、「知っての通り、私はプレイヤーを探している」、「わかっているなら、どうして演奏を止めるんだ?」と問い詰めます。
 そこでニーマンは、再びドラムを叩き始めますが、フレッチャーが、「もう一度叩けと言ったか?」と言うので叩くのを止めると、フレッチャーは「私は、どうして演奏を止めたのかと訊いたのだ。君の答え方は、猿も同然の応答だ」と突き放します。
 ニーマンがしどろもどろになると、フレッチャーは「基本をやってご覧」と求め、ニーマンがそれに応じてドラムを叩き始めると、さらに「倍のテンポで」と求め、ニーマンが一生懸命叩いていると、フレッチャーは部屋を出て行ってしまいます。

 これがニーマンとフレッチャーの最初の出会いですが、さあこれから一体どのように二人の関係は展開するのでしょうか………?

 本作は、若きドラマーと名門音楽大学の鬼教師との息詰まる師弟関係を描いた作品。すでにアチコチで言われていることながら、ラストの9分19秒の映像は圧倒的であり、またそこに至る盛り上げ方も素晴らしいものがあります。ただ、これもよく言われていることですが、本来自由なお楽しみであるはずの音楽(特に、ジャズは即興演奏が要でしょう)にもかかわらず、あれほどの統制を加える音楽授業というのはどんなものかな、という疑問は残りますが。

(2)本作については、よく知られているように、ジャズ・ミュージシャンである菊地成孔氏と映画評論家の町山智浩氏との間で論争が持ち上がっています(注2)。
 しかしながら、この論争、当初のやりとり(注3)だけでおしまいとはならず、実際には現在も進行中のような感じです。
 なにしろ、町山氏が、菊地氏の最初の記事について9項目に要約したところ、菊地氏のエントリ(4月19日)で、「(要約の項目として)「この映画は最初に一発キツいのを入れるだけのワンパン映画である」を入れて下さると有り難い」、「あれは単なる趣向を超えた、あの文章の核心に迫る重要な事(なので)」と言われてしまい、早速次の記事(4月22日)で町山氏が、「(菊地氏は)「『セッション』は強烈なパンチだけで、ラヴ(愛)がない」と言っている。そこが本当のポイントだったのだ」と応答すると(注4)、それに応じたエントリ(4月28日)において、「その通りですよ」などと肯定しながらも、まだ延長戦があるようにその後の記事で書いてもいるのです(注5)。

 ですから、このサイトの記事などのように、全体を鳥瞰して第三者的なところから評価を下すということは、まだとてもできそうにありません(注6)。
 そこで、この論争には深入りせずに、一介の「ジャズ素人」として、本作についての簡単な感想を申し上げれば、
・可能な限り速く正確に演奏できることが立派な音楽家になるための必須条件だとは、とても思えないところです。それで良ければ、人間ではなくマシンに演奏させれば条件にかなうわけですから。

・フレッチャー教授は、人間業を超えたところまでニーマンを引き上げようとしていますが、その前にニーマンは人間として壊れてしまうのではないでしょうか(注7)?そんな壊れてしまった人間が演奏する音楽に、人は感動しないものと思います。

・それに、シェイファー音楽院でフレッチャー教授が教えているジャズは、なんだか昔ながらのオーケストラによるもので(注8)、古色蒼然としているのではないでしょうか(注9)?



・そんなこんなを考え合わせると、本作は、ジャズをめぐるリアルなお話というよりも、途方もないファンタジーと捉えた方がいいのではと思えてきます(注10)。その上での鬼教師と生徒の間でのスポ根物語ではないでしょうか?

・ただそう捉えても、ラストの場面では、フレッチャーがニーマンを葬り去ろうとまでするのですからちょっとおかしい感じはします(注11)。ですが、フレッチャーとしては、そんな状況をもニーマンに超えさせたかったのだと観客に思わせるほど、ラストの盛り上がりは素晴らしいものがあります。

・ラストシーンでの演奏が機械的に過ぎ、ジャズとしてどうしようもないシロモノだとしても(注12)、なんであっても、とにかくニーマンは、目標と思われるものを達成したように描かれているのですから、スポ根ファンタジーとしたら、それだけで十分なような気がします(注13)。

(3)渡まち子氏は、「地味な脇役だったJ・K・シモンズはオスカー受賞も納得の怪演、ほとんどドラム演奏経験がないマイルズ・テイラーの熱演も見事。何より1985年生まれの若き監督デイミアン・チャゼルの剛腕に驚かされた秀作だ」として75点をつけています。
 前田有一氏は、「85年生まれのデイミアン・チャゼル監督はまだ30歳だが、とんでもない傑作を叩き出したものだ。ドラマーを目指していた自らの体験をもとに、鬼教師とそれにくらいつく若者の異様な人間関係を、見たこともない緊張感と不穏さでまとめあげた」として98点をつけています。
 渡辺祥子氏は、「これまで多くの師弟関係を描く映画が知らぬ顔で通り過ぎた“嫉妬”に目を向けた脚本が新鮮だ」として★4つ(「見逃せない」)をつけています。
 小梶勝男氏は、「この映画では、追いつめる者と追いつめられる者が途中から戦い始める。報復もあり、わなもある。それが、題名通りの異様な「セッション」となっていく。音楽映画というジャンルからは想像できないスリルとサスペンス、そして恐怖。予想を裏切る展開が、実に面白い」と述べています。



(注1)監督はデイミアン・チャゼル
 原題は「Whiplash」。
 なお、劇場用パンフレット掲載のエッセイ「すべては「緊張感の持続」のために」で宇野維正氏は、Whiplashには「むち打つこと」という意味があり、本作中で何度も演奏される楽曲名であり、さらにその作曲者のハンク・レヴィは「生徒にハードワークを強いることで知られ」る大学教師であって、なおかつ本作のストーリーラインが「“むちで打たれた”ように変な角度で曲がっていく」と述べています。
 また、本文の下記(2)で触れる菊地氏は、「(原題の)「WHIPLASH」は、SM映画やSM小説を英語で嗜む方には御存知「鞭の先端(しなって打ち付ける部分。因に握り手は<GRIP>)」という意味」だと述べています〔こちらのエントリ(4月8日)〕。

(注2)なお、このURLでは宇多丸氏の論評を聞くことができます。
 同氏は、その中で、特にニーマン(同氏は彼のことを「ちょいブサイクなポール・ニューマン」と呼んでいます)の父親(ポール・ライザー)が、映画館でニーマンに「別の道があるよ」「勝つことだけが人生じゃないよ」と言ったことに注目しています。すなわち、宇多丸氏は、父親はこちら側の健全な社会を代表していて、向こう側の狂気の世界に入り込んで「悪魔と契約」してしまった息子を、舞台のドアの隙間から諦めの表情で見ている、と述べているのです。

(注3)当初の、菊地成孔氏のブログ記事はこちら(4月8日)で、町山智浩氏のブログ記事はこちら(4月17日)。

(注4)菊地氏のこのエントリ(4月22日)でも、町山氏の「要約」について、「そいでもって出ました必殺技、「彼の言い分を要約するならば、こういう事です」とかいって、自分が都合悪い所は削除して(笑)勝手にまとめちゃう奴」などと述べていますが、このエントリに町山氏は触れていません。
 なお、菊地氏は、本作については、この他にこのエントリ(4月11日)でも若干ながら触れています。

(注5)菊地氏のブログのこのエントリ(5月5日)では、「「セッション」 に関しては、「完成稿」に、完璧に総てが書いてあり、我ながら何と素晴らしい映画評なのだろう。と感心する事しきり。なのですが、「読みずらい」「分りず らい」「文章が下手」という(笑)、ご指導ご鞭撻のお声が多く、書籍化する際、幼児用(6歳まで)に書き直した物を載せようと思っています。タイトルは 「西部劇の出来、不出来がわかってしまうインディアン」」と述べられています。
 さらに、菊地氏のブログの最新エントリ(5月13日)の冒頭でも、「いやあとにかく、「セッション」についてはですな、読み易い汎用を書きますんで、それで勘弁してつかあさい」と述べられていて、結局はその「汎用」の「書籍」が出されるまでは、菊地氏の言いたいことが素人にははっきりしないままというのが現状ではないかと思われます。
 (なお、そのエントリの中でも、「「セッション」は白人価値観――主人公2人が実際に白人だから。というだけでなく、大学教科だし、意味合いの問題です――で、即ちジャズの態だけどもロックみたいなモンなのよ。だからロックドラマーが褒めるわけ」という文章が挿入されていたりします!)

(注6)仮に当初のブログ記事のやり取りだけで終わっていても、菊地氏の文章が滅多矢鱈と長く、なおかつ文意の汲み取りにくいところが多いために、ジャズ素人には、二人の論争について評価を下すことなどとてもできなかい相談なのですが〔あるいは、クマネズミも、菊地氏のいう「<ネットによって長文を読む能力を失い、手っ取り早く罪状を言い渡し、一刻も早く血祭りが見たい陪審員>」(4月22日のエントリ)の一人なのかもしれません!〕。

(注7)現に、ニーマンは付き合っていた女性を突き放してしまいます。すなわち彼は、映画館の販売店でバイトをしているニコルメリッサ・ブノワ)と付き合っていたのですが、ある時ニコルに、「僕の将来のために、もっと時間が必要。会わない方がいい。このままだと喧嘩別れすることになる。そうなるよりも別れた方が」、「とにかく偉大なミュージシャンになりたい」と宣言するのです。当然のことながらニコルは、「立派な目標を追求するために会えない?何様のつもりよ!」と怒ってしまいます。
 (これで二人は別れてしまい、カーネギーホールでのジャズフェスティバルへの誘いの電話をニーマンがニコルにかけても、「ボーイフレンドと相談する」という返事しかもらえませんでした。ただ、別れた後一度ニコルからニーマンに電話が入っているのですから、ニコルもニーマンのことをそんなに嫌いになったわけでもなさそうに思いますが)

(注8)まるでクラシックのオーケストラの楽譜を読むように、「105小節から」などと生徒に向かって怒鳴ったりします。

(注9)菊地氏は、4月8日のエントリで、「ワタシの心中の叫びというか祈りというか「こんなのは、いまどき古くせえビッグバンドジャズを大学で白人が仕切ってる世界の話しであって、ジャズ界の総てじゃねえっす!!っていうか、この映画、ジャズの何がやりたいのか、ジャズ素人が適当にやってる映画ですジャズ知らずの観客の皆さんっ!!」というものでした」と述べているところ、クマネズミとしては「そうですか」としか言いようがありません。

(注10)極論すれば、菊地氏がこのエントリ(4月8日)で言うように、「これはマンガ」なのかもしれません(とはいえ、この「マンガ」については、このエントリ(4月11日)で議論されていて、「あまりにカリカチュアされた、昭和のスポ根マンガや、大映ドラマのような物」と洗練された表現も提示されています)。

(注11)カーネギーホールでのフェスティバルで、ニーマンは、当然「Whiplash」を演るとばかり思っていたところ、フレッチャーの曲紹介は「Upswingin’」。周りのメンバーを見ると、皆その楽譜を持っています。楽譜なしで演奏するものですから、ニーマンは仲間から「お前は無能だ」などと散々非難されてしまいます。

(注12)町山氏がこのエントリ(4月22日)で言うように、「アンドリューとプレイヤーたちの心はまったく結びつかない。演奏家たちの相互作用によるグルーヴも作られない。しかもそのソロも怒りをぶつけただけ。大事な聴衆は見えていない(映らない)」としても。

(注13)町山氏は、上記「注12」で触れたのと同じエントリで、「オイラは、クライマックスを、アンドリューとフレッチャー先生という音楽に傷ついた者同士が、音楽で殴り合った末に和解し、音楽で救われると捉えた.」と述べていますが、そう言う捉え方ができるかどうかとは関係なく。



★★★★☆☆



象のロケット:セッション

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 龍三と七人の子分たち | トップ | イタリアは呼んでいる »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2015-05-19 22:32:54
町山さんと菊池さんのやり取りは噂レベルで聞いてて菊池さん大人げないなと思ってました。「巨人の星」の飛雄馬が付けてる大リーグボール養成ギブスをスポーツトレーナーが見てカンカンに怒ってるみたいだ。物語をドラマチックに語るために、嘘を付いたり、何かに例えたりするのはよくある事で、それを引き合いに出されて正しくないと言われても、正しくない事よりドラマチックになる事を選んだのだ、としか言えない。

何故、それは違うという現実があるのに製作者側はクラシックではなく、ジャズを選んでしまったのか。それはジャズの方がかっこよく、よ盛り上がるからである。そういう好意が潜在的にあるというのに、何が何でも正しくないと気が済まないというのは心が狭いな。
Unknown (クマネズミ)
2015-05-20 05:21:37
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、本作の制作者は、「正しくない事よりドラマチックになる事を選んだ」ものと思います。クマネズミのような「ジャズ素人」は、それで感動してしまいますが、菊地氏のようなプロのジャズ・ミュージシャンは、「正しくない事」の方に邪魔されてしまって感動できなかったのでしょう。
ただ、菊地氏はあれだけ長々と文字を連ねていながらも、具体的にどんなところが「正しくない事」なのかについて至極曖昧な書きぶりのように思えます。これは、今菊地氏が準備している書籍の刊行を待つ必要があるのでしょうが、いやはや。
映画的効果 (iina)
2015-05-20 10:09:43
iinaも、クラシックよりもジャズの方が、ドラマ的に盛り上がり恰好よいからだと思います。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/799a7fe199e1e9620f10ab3b6cb56cc5

鬼教師の指導するテンポやリズムは、完璧さにこだわっているという伏線にすぎず、そのままラストのクライマックスに
突入するのでしょう。

授業態度が悪いとビンタを思い切り張られた中学時代を想い出します。高校時代では、スポーツ部を退部するには先輩たち
の手痛い挨拶が常識の時代でした。

ノンポリのiinaでも、冬季には早朝6時開始の寒稽古は裸足でした。13kmマラソンもさせられましたっけ。

そんな経験からいえば、本作はむしろ本気でとことん闘いあったところを突き抜けた先に、究極の境地がおとずれるところを
描いたのだと思いいたります。

Unknown (クマネズミ)
2015-05-20 18:41:37
「iina」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、本作は、「本気でとことん闘いあったところを突き抜けた先に、究極の境地がおとずれるところを描いた」作品ではないかと思われます。
ただ、描かれているのが「ジャズ」なのだろうか、「ジャズ」としても、そんなに「完璧さにこだわ」るべきものだろうか、など様々な疑問も沸き起こってくるのですが。
スポ根 (りお)
2015-05-21 22:40:22
>そんなこんなを考え合わせると、本作は、ジャズをめぐるリアルなお話というよりも、途方もないファンタジーと捉えた方がいいのではと思えてきます。その上での鬼教師と生徒の間でのスポ根物語ではないでしょうか?

その通りだと思います。
わたしもジャズど素人ですが、これはジャズ映画じゃなくてスポ根だと思いました。
ジャズ映画として見れば腹が立つのでしょうが、菊地氏は見方を間違ったとしか言いようがないなーと思ったのでした。
Unknown (クマネズミ)
2015-05-22 06:55:08
「りお」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるとおりではないかと思います。
ただ、菊地氏は、本作について「あまりにカリカチュアされた、昭和のスポ根マンガや、大映ドラマのような物」等と言っていて、本作が「スポ根物」であることは十分に自覚しているようであり、また、「「ジャズを分ってない奴らが悪い」等とは毛の先ほども思ってない」と言いながらも、「実際の音楽があんま良くない」と言ったりしていて、要するに菊地氏の真意がどこにあるのか捉えがたい感じもするところです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「セッション」 感想と採点 (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『セッション』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら76点にします。 ざっくりストーリー 世界的ジャズ・ドラマーを目指し、名門音楽学校に入学したニーマン(マイルズ・テラー)。伝説の...
「セッション」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Whiplash)わくわくするほど面白い。音楽をネタにした作品だが、ここに描かれるのは単なるエンタテインメントとしての音楽ではなく、登場人物達を追い詰める狂気じみたモチーフである。常軌を逸した難行苦行の果てにある精神錯乱一歩手前の愉悦を、これほどま....
セッション (♪HAVE A NICE DAY♪)
楽しみにしてました 凄かったわ~~~~~! 面白かった~~! 助演男優賞を獲ったJ・Kシモンズさん 大納得!しました主演でもいいんじゃないの? 鬼教師フレッチャー 黒のTシャツが似合ってる・・・ 腕の筋肉もこの役には必要だわ! 怖いもん~ジェスチャーも怖いし...
セッション/マイルズ・テラー (カノンな日々)
第30回サンダンス映画祭でグランブリを受賞し先の第87回アカデミー賞でも注目を集めた作品です。名門音楽学校に入学したドラマーと彼の指導にあたる伝説の鬼教師が繰り広げる狂気の ...
セッション (あーうぃ だにぇっと)
セッション@よみうりホール
セッション~No Two Words (佐藤秀の徒然幻視録)
バードマンとは俺のことかとパーカー言い 公式サイト。原題:Whiplash(痛めつける)。デイミアン・チャゼル監督。マイルズ・テラー、J・K・シモンズ(本年度米アカデミー賞助演男優賞)、 ...
『セッション』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「セッション」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ、        ポール・ライザー、オースティン・ストウェル■鑑賞日 4月19日(日)■劇場 TOHOシネマズ...
セッション (映画のメモ帳+α)
セッション(2014 アメリカ) 原題   WHIPLASH 監督   デイミアン・チャゼル 脚本   デイミアン・チャゼル 撮影   シャロン・メール 編集   トム・クロス 音楽   ジャスティン・ハーウィッツ 音楽監修 アンディ・ロス 出演   マイルズ・テ...
セッション (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
WHIPLASH [Blu-ray]一流のジャズ・ドラマーを目指す青年と鬼教師が繰り広げる狂気のレッスンを描く壮絶な人間ドラマ「セッション」。J・K・シモンズの超ド級のSぶりが見もの。名門音楽 ...
「セッション」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Whiplash)わくわくするほど面白い。音楽をネタにした作品だが、ここに描かれるのは単なるエンタテインメントとしての音楽ではなく、登場人物達を追い詰める狂気じみたモチーフである。常軌を逸した難行苦行の果てにある精神錯乱一歩手前の愉悦を、これほどま....
『セッション』をトーホーシネマズ六本木2で観て、もろもろ連想ふじき★★★★(ネタバレあり) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★なんつーか悔しいけど、面白さ自体は否定できない】 ネタバレです まず、あのラストは好きではない。 勿論、主人公が負け犬のままなんてのは言語道断だ ...
『セッション』 音楽+スポ根=すごい楽しい (サイの角のように 独りよがり映画論)
 音楽映画というのは楽しい。『セッション』はあまり馴染みのないジャズを扱った作品だけれども、やはり音楽の力には人の心を高揚させるものがあるようで、ジャズをまったく知 ...
『セッション』 男同士の戦いの到達点を体感せよ (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 第87回のアカデミー賞において助演男優賞(J・K・シモンズ)・編集賞・録音賞の3部門を受賞した作品。  監督・脚本は『グランドピアノ 狙われた黒鍵』の脚本を担当していたデイミアン・チャゼル。原題は「Whiplash」。これは劇中に使用されるジャズの曲名で、「むち...
セッション (映画好きパパの鑑賞日記)
 ジャズ畑の人からは評判が悪いですが、それほど音楽にこだわらない僕からすると、最後まで興奮しまくりの傑作でした。登場人物すべてが狂気か嫌なやつというのも、近年にない作品ですし、何より、才能のない人間は死にものぐるいで努力しなければならないという事実を突...
セッション (心のままに映画の風景)
ジャズドラマーを夢見て、全米屈指の名門であるシェイファー音楽院に入学したニーマン(マイルズ・テラー)は、鬼教師として名をはせるフレッチャー教授(J・K・シモンズ)の目に止まり、彼のバンドにスカウトされる。 自信と期待を胸に練習に参加したニーマンだったが...
『セッション』 2015年4月18日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『セッション』 を鑑賞しました。 本当は新しくオープンした新宿で見たかったが、混んでるし、 有楽町のみゆき座はパスして、仕方なく六本木ヒルズで... 【ストーリー】  名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイルズ...
セッション (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 物語の97分間は圧巻のラストのための伏線であった。
セッション  監督/デイミアン・チャゼル (西京極 紫の館)
【出演】  マイルズ・テラー  J・K・シモンズ 【ストーリー】 名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャーだった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引....
No1263-1『セッション』~スパルタ教師と生徒の一騎討ち~ (パラパラ映画手帖)
ひとは誰だって認められたい。音楽、美術、文学、バレエ…、物差しがひとつではない芸術の世界ほど、一流の人から評価されたいという思いは強いはず。 スパルタ教師と、彼に認められたいと願う生徒との一騎討ちだ。音楽の世界では一流でも、人間的には疑問な鬼...
ジャズは死なず~『セッション』 (真紅のthinkingdays)
 WHIPLASH  父子家庭に育ち、幼い頃からドラムに親しんでいたアンドリュー(マイルズ・ テラー)は、全米屈指の音楽大学、シェイファー音楽院に入学する。伝説の ジャズドラマーになる夢を抱いていた彼は、名物教授フレッチャー(J・K・シ モンズ...
「セッション」、しごき教師による評判の映画です。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆ ジャズ好きの方と書きたいところだが、ジャズマンには、不評のようです。 最後のジャズ演奏シーンは圧巻ですが、ようは、鬼教師によるしごきと、 しごきによって、上達していくドラマーの物語です。 この映画何がすごいのかというと、教師による...
セッション (映画に耽溺)
  アマゾン 最安値 音楽   書籍   楽天 最安値 音楽   書籍
セッション (シネマ日記)
アカデミー賞絡みの作品。こちらも予告編を見て面白そうだったので行きました。アカデミー賞絡みというよりもサンダンス映画祭でグランプリを獲ったっていうほうに期待して見に行きました。プロのドラマーを目指しニューヨークの名門音楽院に入学したアンドリューニーマン...
セッション (キノ2)
★ネタバレ注意★  観終わった瞬間、思わずホゥとため息が漏れました。  緊張感が凄まじかった。この映画は音楽映画と言うよりサスペンスだと思いました。  デイミアン・チャゼル監督のアメリカ映画です。  さきのアカデミー賞では、助演男優賞(J・K・シ...
No.491 セッション (気ままな映画生活)
2014年・第30回サンダンス映画祭のグランプリ&観客賞受賞を皮切りに世界各国の映画祭で注目を集め、第87回アカデミー賞では助演男優賞ほか計3部門を受賞したオリジナル作品。世界的 ...
「セッション」 (或る日の出来事)
ほぼ、嫌い。
『セッション』 (時間の無駄と言わないで)
J・K・シモンズはそりゃオスカー獲るわ。 もうサイコっぷりが堪らない。 罵声飛ばしたり、ピリピリと指導したりと目が離せない。 音楽学校の先生なのにハートマン軍曹みたいだも ...
セッション・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
魂を、叩きつける! ?恐ろしいまでの緊迫感が持続する、超クールな音楽映画。? 全米No.1の音楽大学を舞台に展開するのは、たった一人の天才を育てたい教師と、偉大な音楽家になりたいと願う生徒の、“指導”なんて緩い言葉は全く相応しくない、壮絶な“音バトル”だ。...
『セッション』 (こねたみっくす)
ドラム版『フルメタル・ジャケット』という評価に偽りなし! ただ映画を見ているだけなのに、まるで自分自身も時間制限なしにドラムを叩かされているような、この全身に襲い掛か ...
セッション (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【WHIPLASH】 2015/04/17公開 アメリカ 107分監督:デイミアン・チャゼル出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、ポール・ライザー、メリッサ・ブノワ、オースティン・ストウェル、ネイト・ラング <完璧>を求めるレッスン。二人のセッションは誰もみたことがないク...
セッション (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ みゆき座にて鑑賞セッション/WHIPLASH 2014年/アメリカ/107分 監督: デイミアン・チャゼル 出演: マイルズ・テラー/J・K・シモンズ/ポール・ライザー/メリッサ・ブノワ/オースティン・ストウェル 公式サイト 公開: 2015年04月17日 一流...
セッション / Whiplash (勝手に映画評)
名門音楽学校での狂気じみたレッスン、そして、その後の生徒と教師の確執を描く。 原題の『Whiplash』は、元々は曲名なんですね。なるほど。その曲が、アンドリューとフレッチャーの接点にもなるのですから、そうかと言う感じもします。邦題もそれで良かったのではないか...
映画感想『セッション』2015年公開 (見取り八段・実0段)
「師」というよりもただの自己中完璧主義横暴男と、どんなに罵倒されても上がりたくて上がりたくて仕方ない男のバトルを体感させられる100分間…疲れた。でも面白い。そして、オヤジ...
「セッション」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
28歳の監督さんが、実体験を織り込んで作ったそうで、すごい・・。4つ★
セッション 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
サンダンス映画祭やアカデミー賞などの映画祭で 話題になったドラマーが主役の映画『セッション』 が公開されましたので観に行ってきました。 向かったのは新宿歌舞伎町に4月にオープンしたばかり のシネコン「TOHOシネマズ新宿」、屋上には大きな ゴジラの頭部のオブジ...
『セッション』('15初鑑賞39・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月30日(木) シネ・リーブル神戸 スクリーン1にて 12:30の回を鑑賞。
セッション (映画と本の『たんぽぽ館』)
血みどろドラマー * * * * * * * * * * 名門音楽学校で世界的ドラマーを目指すアンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)。 伝説の教師と言われる、フレッチャー(J・K・シモンズ)の指導を受けることになります。 しかし、常に完璧を求めるフレ...
『セッション』 (ラムの大通り)
(原題:Whiplash) ----この映画って アカデミー賞作品賞にノミネートされていたんだよね。 観る前は、それほど乗り気じゃニャいみたいだったけど、 戻ってきたら大興奮してた。 「そうなんだ。 思っていたのとは、 まったく違っていて…。 タイトルが『セッション』で...
[映画『セッション』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・これは凄い映画でした。 私は、このような、『4分間のピアニスト』を彷彿とさせる、情熱や根性、才能や激情の作品が大好きなのです。  ・・・とあるジャズ評論家が、この映画に対し、そのエキセントリックさに「ジャズへの冒涜だ」と言い、 とある映画評論...
[映画『セッション』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・これは凄い映画でした。 私は、このような、『4分間のピアニスト』を彷彿とさせる、情熱や根性、才能や激情の作品が大好きなのです。  ・・・とあるジャズ評論家が、この映画に対し、そのエキセントリックさに「ジャズへの冒涜だ」と言い、 とある映画評論...
セッション (はるみのひとり言)
初日に観て来ました。もう何も言わない。とにかく観て! 新入生ドラマーと鬼教師の猛特訓。火花散るバトル緊迫感が半端ないです。 極限に達する瞬間を体感出来たって感じでした。興奮した。 終わった時、ブラボーって言いたい気分でした↑ランキング参加中  ...
セッション ★★★★ (パピとママ映画のblog)
サンダンス映画祭でのグランプリと観客賞受賞を筆頭に、さまざまな映画賞で旋風を巻き起こした音楽ドラマ。ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の姿を追い掛けていく。メガホンを取るのは、『グランドピアノ 狙わ...
セッション (とりあえず、コメントです)
J・K・シモンズがアカデミー賞助演男優賞を受賞した音楽映画です。 公開から時間が過ぎて、ようやく観て来ました。 評判通り最後まで目の離せない、緊張感溢れる作品でした。
セッション  whiplash (映画の話でコーヒーブレイク)
J・K・シモンズが本年度アカデミー助演男優賞受賞した本作。 やっと見ることができました。 期待に違わぬド迫力! 最後の最後まで息をつかせぬ展開に、のめり込みました。 本作が3部門(助演男優賞、録音賞、編集賞)しか受賞していないとは!? それどころか、主演男優賞...
劇場鑑賞「セッション」 (日々“是”精進! ver.F)
狂気と狂気のぶつかり合い… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506160000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック セッション [ (オリジナル...価格:2,592円(税込、送料込) <期...
「セッション」 (Con Gas, Sin Hielo)
私が直す。私が壊す。 世代が知れる話だが、スパルタといってまず思い出されるのが戸塚ヨットスクールである。昭和の時代は、運動部は水も飲まずに過酷な練習に取り組むのが当たり前であったが、犠牲者が出たヨットスクールの事件が行き過ぎた指導として捉えられるよう....
セッション (にきログ)
さて、またまた映画の感想です ドラマーの映画ということで楽しく見ました あらすじ 名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャー(J...
「セッション」 Whiplash (2013 GAGA) (事務職員へのこの1冊)
原題は「Whiplash」。ジャズの名曲のタイトルであると同時に「ムチ打ち」という、この映画の主題そのものをあらわしている。「アイアンマン2」でミッキー・ロークが演じたムチ男が、その名もウィップラッシュだったのでわかりやすい。 おそらくはジュリアードをモデル....
セッション (いやいやえん)
【概略】 名門音楽大学に入学したニーマンはフレッチャーのバンドにスカウトされる。ところが、そこで待ち受けていたのは常軌を逸した厳しいレッスンだった。 ドラマ J・K・シモンズが狂気の鬼教師を演じたことで話題に。 シェイファー音楽院という名門音大に入...
セッション (Whiplash) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デイミアン・チャゼル 主演 マイルズ・テラー 2014年 アメリカ映画 107分 ドラマ 採点★★★★ アホって文字を擬人化したようなウチの小6の長男。ただアホならではの吸収力の良さからか、所属しているブラスバンドでのスネアドラムの腕前は、大人混合の他チ...
セッション (銀幕大帝α)
WHIPLASH 2014年 アメリカ 107分 ドラマ/音楽/青春 劇場公開(2015/04/17) 監督: デイミアン・チャゼル 脚本: デイミアン・チャゼル 出演: マイルズ・テラー:アンドリュー・ニーマン J・K・シモンズ:テレンス・フレッチャー ポール・ライザー:ジム・...
映画『セッション』 Whiplash ネタバレでお節介な解説 (グドすぴBlog)
このブログの中では人気が高い、映画のお節介な解説シリーズ。 今回は『セッション』。 この映画はあえて様々な解釈や考察がなされるように作られています。 私もふと疑問に感じた事を調べようとネットで検索かけてみたところ・・・、出るわ出るわ、色々な論点で山ほ...