映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ノア 約束の舟

2014年07月28日 | 洋画(14年)
 『ノア 約束の舟』を吉祥寺オデヲンで見ました。

(1)予告編を見て興味を持ったので映画館に行ってみました。

 本作(注1)のはじめの方では、アダムからノアまでの系譜が辿られた後(注2)、成人したノアに対して父のレメクが「アダムの子孫のお前が仕事を引き継ぐのだ」と言って蛇の皮を手渡そうとしているところに、トバル・カインレイ・ウィンストン)率いるカインの末裔の集団が襲いかかります(注3)。
 ノアは岩陰に隠れて助かりますが、父のレメクは殺されてしまいます(蛇の皮はトバル・カインに奪われます)。

 場面は変わって、ノアラッセル・クロウ)は家族と暮らしています。
 天幕の家に妻のナーマジェニファー・コネリー)と三男のヤフェトレオ・キャロル)がいて、ノアは長男のセムダグラス・ブース)と次男のハムローガン・ラーマン)を外に連れ出して様々なことを教えます。
 そんな時に、ノアは、夢を見ます。
 先ずはエデンの園の様子。
 次いで、ノアが家の外に出てみると、地面が血でぬかるんでいて、雫が垂れると花が咲いたりしますが、突然、大洪水に襲われて水中に。ノアの周りじゅうは死体だらけ。
 驚いてノアは飛び起き星空を眺めます。
 妻が「神のお告げ?」と尋ねると、ノアは「そう思う」と答え、さらにナーマが「お救いくださるの?」と訊くと、ノアは「神は世を滅ぼす」と応じます。



 神のお告げの真意を聞き出すために、ノアの一家は、赤い山に住む祖父のメトシェラアンソニー・ホプキンス)に会いに出かけます。
 途中で、廃墟となった村のガレキの中に、女の子・イラエマ・ワトソン)が瀕死の重傷で倒れているのを見かけます(注4)。
 その時、その村を襲ったカインの末裔たちが戻ってきたので、ノアたちはイラも連れて逃げます。

 そこに番人(ウォッチャー)と呼ばれる堕天使が現れ(注5)、彼らをメトシェラに案内してくれます。
 さあ、ノアとメトシェラとはどんな話をするのでしょうか(注6)、いったい「ノアの箱舟」とはどんなものなのでしょうか(注7)、そして………?

 本作は、旧約聖書の創世記にあるノアの箱舟の話を実写化したもので、巨大な箱舟とか、それに乗り込む沢山のつがいの動物たち、さらには大洪水の光景といったものが大層うまく映像化されて、中々の迫力です。とはいえ、よりリアルな人間的な話にしようとノアの家族の構成を創世記とかなり異なるものにした点などは、逆にそれほど説得力を持たないようにも思いました(注8)。

(2)皆さんが指摘していることながら、念の為に述べておきます。
 旧約聖書の創世記では、ノアは500歳になって、3人の息子を生み(5章32節)、また神の啓示を受け(6章13節)、洪水が起きた時は600歳だったとされています(7章6節)。
 こうしたノアの年齢にどこだわる必要性は乏しいとはいえ(注9)、少なくともその家族構成については、創世記と本作とでは随分と違っています。
 すなわち、創世記においては、「ノアと、ノアの子セム、ハム、ヤフェトと、ノアの妻と、その子らの三人の妻とは共に箱舟にはいった」(7章13節)とされているのに対し(全部で8人になります)、本作では、ノア、ノアの妻ナーマ、セム、セムの妻イラ、ハム、ヤフェトの6人に過ぎません。
 さらに、創世記では、「神はノアとその子らとを祝福して彼らに言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ」(9章1節)と述べられているところ、本作では、ノアは「人類は終わるのだ。セムとイラはナームと私を埋葬し、ハムがセムとイラを、ヤフェトがハムを埋葬する。ヤフェトが最後の人間となる。そして、ヤフェトも塵となるだろう。こうしてパラダイスがやってくるが、そこには人間はいない」と言うのです(注10)。
 これでは、創世記が述べていることとは随分と違ってきてしまいます。
 本作のノアは、この世の穢れの原因はすべて人間にあり、彼らがいなくなりさえすれば、この世は元のパラダイスに戻るだろうという究極のエコロジー哲学を展開しているようです(注11)。
 これに対して、創世記では、8人のノアの一族からその後の人間たちが生まれ出たとされていて〔「この三人(セム、ハム、ヤフェト)はノアの子らで、全地の民は彼らから出て、広がったのである」9章18節〕、神はそれを祝福しているのです。

 もちろん、本作においても、実際には、ノアは自分の言ったことを実行せずに、結局は創世記と同じような事態がもたらされます(注12)。
 だとしたら、どうして創世記の設定をわざわざ変えてしまったのでしょうか?

 とはいえ、創世記のとおりに映画化したのでは、随分と盛り上がりに欠けた平板な作品になってしまったかもしれません。ハムの設定を変えることによって、この話が随分と人間的でドラマティックなものとなりましたが、それと同時に、創世記に描かれた神話という性格がかなり失われてしまったのでは、と思っています。

(3)渡まち子氏は、「聖書的解釈はさておき、一滴の水からみるみる花が芽生え、森ができ、川が大地を潤す奇跡の映像美と、大洪水のスペクタクルの迫力には間違いなく圧倒される」として65点をつけています。
 前田有一氏は、「「ノア 約束の舟」はどんな映画かというと、この監督らしい突き放したクールな視点による、ノアの大洪水伝説の新解釈、である。パニックやアクションなど娯楽要素もかなり強い。いや、厳密には新解釈というよりも、どこか非現実的な寓話にすぎないあの話を現実に持ってくると、じつはこんな風になるんですよと、そういうことをやっている」として70点をつけています。
 相木悟氏は、「額面通りの教義的な側面はあるものの、一大スペクタクル、アクション、ヒューマンドラマと見どころの詰まった娯楽作であった」と述べています。



(注1)原題は「NOAH」。監督は、『レスラー』や『ブラック・スワン』などのダーレン・アロノフスキー

(注2)アダムとイヴ→カインとアベルとセト→カインはアベルを殺し、その子孫が文明を築きますが、同時に悪をまき散らしました。また、セトの子孫がノア。

(注3)トバル・カインらは、レメクらがいる原野の地中からZoha(Zoharに関係するのでしょうか)を掘り出して、我らの土地だと叫びます。

(注4)ナームは、イラがもう子供が作れない体だとノアに告げます。

(注5)番人は、「我らを助けたのは、お前の祖父だけだ」、「お前の中に、アダムの面影を見る。アダムは、我々が助けようとした人間だ」、「我々は人間を助けようとしたために、神に罰せられた」などと語ります。

(注6)メトシェラは、「父のエノクから、人間がこのままの所業を続けるのなら、神はこの世を絶滅させる」「逃れるすべはない」「神は火によってこの世を破壊する」などとノアに語ります。
 それに対して、ノアは、「自分が見たのは水であり、火はすべてを壊滅してしまうが、水は浄化する。穢れたものとそうでないものとを分ける。神はすべてを破壊するものの、再生のきっかけは残してくれる」と言います。
 するとメトシェラは、「エデンの園で得たこの種が必要になろう」と言って、種をノアに手渡します。

(注7)創世記に「箱舟の長さは300キュビト、幅は50キュビト、高さは30キュビト」とあるのを踏まえて(6章15節)、本作では「長方形の箱」型にしたようです(劇場用パンフレット掲載の「Production Notes」にある監督談話より)。



(注8)最近では、ラッセル・クロウは『スリーデイズ』、レイ・ウィンストンは『ヒューゴの不思議な発明』、アンソニー・ホプキンスは『ヒッチコック』で、それぞれ見ています。

(注9)映画に映しだされるノアを500歳だとみなせばいいのですから。

(注)ノアがイラをセムの妻として受け入れたのも、イラが子供を産めない体だと思い込んでいたからでしょうし、ハムの相手のナエルをノアが見捨てたのも、子供を作ってほしくなかったからでしょう。
 でもそんなことなら、箱舟に乗るのはノアだけにすれば、ノアが理解した神のお告げはたちどころに達成できるでしょう(ノア自身も乗船しなければ、達成できるでしょうが。やはり、箱舟に乗り込んでいる動物を世話したりする者が必要なのかもしれません)。

(注11)本作において、ノアがセムとイラの間に出来た双子の女の子を殺してくれれば(あるいは、ノアの祖父メトシェラがイラの傷を治してしまわなければ)、イスラエルとハマスとの戦争も、ウクライナでの戦闘やシリア、イラクでの戦争もなかったのになと思ったことでした。でも、その場合には、こうした伝承自体が残らなかったでしょうが。

(注12)ハムは旅に出てしまい、ヤフェットは幼いままですが、子供を産めない傷を負ったとされたイラも、メトシェラが手を当てることによりその傷が癒えて双子の子供を産むのですから。
 それに、ノアにしたって子供が出来ないこともないかもしれません〔創世記によれば、メトシェラは「レメクを生んだ後、782年生きて、男子と女子を生んだ」(5章26節)のですから〕。



★★★☆☆☆



象のロケット:ノア 約束の舟
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マレフィセント | トップ | 幕末高校生 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ここなつ)
2015-01-06 13:07:43
こんにちは。
私は宗教的な解釈は全くできないのですが、ノアがイラとセムの子どもをあやめようとし、最後の最後でできなかったシーンには涙が出てきてしまいました。特に、イラ役のエマ・ワトソンの演技は秀逸だったと思います。
Unknown (クマネズミ)
2015-01-06 21:12:38
「ここなつ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、「ノアがイラとセムの子どもをあやめようとし、最後の最後でできなかったシーン」は感動的でした。ですが、その結果として、「この世の穢れの原因はすべて人間にあり、彼らがいなくなりさえすれば、この世は元のパラダイスに戻るだろう」というノアの哲学が破綻してしまい、本作の意義が薄れてしまうおそれも出てくるのでは、とも思えます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ノア 約束の舟」 (日々“是”精進! ver.F)
人類存亡の旅へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406130001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】映画『ノア 約束の舟』 [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2,808円(税込、送料込) 【楽天ブックス...
【 ノア 約束の舟 】逆らわないから選ばれただけ (映画@見取り八段)
ノア 約束の舟~ NOAH ~     監督: ダーレン・アロノフスキー    出演: ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース 公開: 2014年6月13日 2014年6月13...
映画『ノア 約束の舟』観た (よくばりアンテナ)
ぜ~んぜん聖書については知らないのですが、 知らなくても大丈夫です。 創世記について序盤におおまかな説明がちゃんと語られてます。 創世記からつながる夢を見たノアは 神からの予言だと信じて、 大洪水の前に家族と岩の巨人の協力を得て箱舟を造る。 嵐の...
ノア 約束の舟 / Noah (勝手に映画評)
旧約聖書・創世記に出てくる「ノアの方舟」伝説を映像化。 キリスト教に疎い日本人には、正直、創世記の物語はちんぷんかんぷん。まぁ、アダムとイブの話は、少しは聞いたことが有るとして、カインとアベルは、その名前位は聞いたことがあるかもしれないけど、何をしたの...
ノア 約束の舟 (IMAX)/ラッセル・クロウ (カノンな日々)
私が幼少の頃に初めて知った旧約聖書のお話が「ノアの方舟」でした。たぶん物語として絵本やアニメにしやすいから触れる機会があったのでしょう。予告編では初の映画化みたいなこ ...
ノア 約束の舟 (あーうぃ だにぇっと)
ノア 約束の舟@TOHOシネマズ日本橋
ノア 約束の舟 (2014) NOAH 138分 (極私的映画論+α)
 久々のハーマイオニー(笑)
「ノア 約束の舟」:ハムくんがしょーもない (大江戸時夫の東京温度)
映画『ノア 約束の舟』は、「ノアの方舟」を初めてキチンと映画化した作品なのだとか
ノア 約束の舟 (とりあえず、コメントです)
『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が“ノアの箱舟”をテーマに描いたスペクタクルな作品です。 “ノアの方舟”は知ってはいましたけど、あの物語がどんな映画になるのだろうと気になっていました。 予想以上にドーンと胸に迫るような重さと怖さにドキド...
映画『ノア 約束の舟』★神が選んだノアの選択 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158143/ ↑ あらすじ・配役はこちらを参照ください。     旧約聖書の創世記 にある 「大洪水とノアの方舟」を基にしています。 映画『天地創造』では、わ...
ノア 約束の舟 (映画と本の『たんぽぽ館』)
感動の持って行き所がない・・・ * * * * * * * * * * 「ノアの箱舟」については、キリスト教をよく知らない方でもおよそのところはご存知でしょう。 本作は旧約聖書に語られる、その、ノアの物語。 神の宣託で世界が大洪水に呑まれ、滅びること....
ノア 約束の舟 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ラッセル・クロウ主演で監督はダーレン・アロノフスキー が務めるノアの箱舟の物語を映画化した大作 「ノア 約束の舟」が公開、アイマックスシアター でやっていたので観に行ってきました。 ノア 約束の舟 原題:NOAH 製作:2014アメリカ 作品紹介 旧約聖書の創世記...
ノア 約束の舟・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
選ぶべきは信仰か、それとも愛か。 鬼才ダーレン・アロノフスキーによる、旧約聖書の創世記、“ノアの方舟”の映画化である。 予告編からは、聖書をモチーフにしたハリウッド風味のありがちなスペクタクル大作の様に見えるが、そうではない。 確かに方舟を巡る戦いは...
ノア 約束の舟 (そーれりぽーと)
ダーレン・アロノフスキー監督がこんなテーマの映画を撮るなんて、ただのディザスター・ムービーでも宗教映画でもなくなんか有るに違いない。 『ノア 約束の舟』を観てきました。 ★★★★ やっぱりダーレン・アロノフスキー監督作はこうでなくちゃ展開が待っています。 ...
ノア 約束の舟/NOAH (我想一個人映画美的女人blog)
「π」「レクイエム・フォー・ドリーム」「ファウンテン」「レスラー」「ブラック・スワン」の ダーレン・アロノフスキー監督最新作は誰もが知る「ノアの箱舟」をテーマにした大作。 ダーレン監督は本人曰く、クリスチャンではなく信心深くないユダヤ教徒...
ノア 約束の舟 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Noah [CD]旧約聖書の有名エピソードを新解釈を交えて描く「ノア 約束の舟」。狂気にかられる人間はアロノフスキーの十八番だ。ある日、ノアは大洪水がやってきて世界が滅亡する夢を見 ...
『ノア 約束の舟』 (2014) (相木悟の映画評)
人間ドラマとして甦る箱舟伝説! 額面通りの教義的な側面はあるものの、一大スペクタクル、アクション、ヒューマンドラマと見どころの詰まった娯楽作であった。 本作は、『レスラー』(08)、『ブラック・スワン』(10)とクセのある名作を連打する奇才ダーレン・....
「ノア 約束の舟」 (NAOのピアノレッスン日記)
~その舟に、すべての希望は託された~ 2014年  アメリカ映画   (2014.06.13公開)配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン   上映時間:2時間18分監督:ダーレン・アロンスキー脚本:ダーレン・アロンスキー/アリ・ハンデル衣装デザイン:マイケル....
『ノア 約束の舟』 (時間の無駄と言わないで)
なんかイマイチだったなぁ。 エマ・ワトソンは美人さんだったけど、映画自体には予告編以上の盛り上がりもなく。 ファンタジーだと思って観てるから、岩男が出ようが謎の野イチゴ ...
『ノア -約束の舟-』 2014年6月13日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ノア -約束の舟-』 を鑑賞しました。 4度目の正直でやっと日本橋のスクリーン6以外になりました。 今日はスクリーン8でTCX、DOLBYATMOSです。 でも、TCXのスクリーン目一杯じゃないので、ガッカリです。 せめて追加料金取るなら、スクリーンサイズ...
『ノア 約束の舟』 (・*・ etoile ・*・)
'14.06.14 『ノア 約束の舟』@TOHOシネマズ日劇 『トランセンデンス』試写会(感想はコチラ)の後、今日はTOHOの日で1,100円で映画見れるじゃないかと気づいた! 調べてみたらTOHOシネマズ日劇の『ノア 約束の舟』に間に合う!ってことで急遽見に行くことに! 終わって急い...
映画「ノア 約束の舟」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/6/18、109シネマズ木場。 シアター8、中央通路直前のC列を選択。 ちょっと前過ぎたかも。 **   ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、エマ・ワトソン、 アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン。 * 最初にノアについて整理しておく。 ...
ノア 約束の舟 (映画好きパパの鑑賞日記)
 よく知られたノアの箱舟伝説の映画化。ダーレン・アロノフスキー監督だけあって、人間の醜さを映し出しており、各国で上映禁止になるのも分かる気がします。一神教の恐ろしさは、日本人の感覚とは全然違いますね。  作品情報 2014年アメリカ映画 監督:ダーレン...
ノア 約束の舟 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
聖書に書かれているノアの物語をかなり脚色して、旧約聖書の他のエピソードで語られる要素も盛り込んで大胆な解釈にしたと思う。ノアは神に従う無垢な人ではなくて、善悪を併せ持つ弱い存在にしている。ノアも家族も人間的なのが日本人には共感できる。
「ノア 約束の舟」、旧約聖書「創世記」のノアの箱舟伝説を基に映画化  (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆   聖書の伝説に興味ある方 ☆☆☆☆ 予告編でも、かなり体感できる、ノアの洪水。 まあ、これがメインではあるが、後半は、神の啓示を守ろうとするノアと人の命を大切にしようという家族との確執が丁寧に描かれます。 ちょっと、日本人には理解...
[映画『ノア 約束の船』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆こりゃ、なかなか面白かったどすえ。  私、ダーレン・アロノフスキー監督は、『レスラー』『ブラック・スワン』と見てきて、かなりの激しい物語で圧倒されつつも、その二作があまりにも似通っているので、1激情テーマ型の作り手なのだと思い、「もうお腹いっぱいで結...
ノア 約束の舟 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【NOAH】 2014/06/13公開 アメリカ 138分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース その舟に、すべての希望は託された。 旧...
ノア 約束の舟 (ごみつ通信)
2014年/アメリカ (監)ダーレン・アロノフスキー(演)ラッセル・クロウ ジェ
ノア~約束の舟 (シネマ日記)
我らがハーマイオニーことエマワトソンが出ているので見に行こうと決めていました。ラッセルクロウとジェニファーコネリーも結構好きなので。お話はお馴染みの「ノアの方舟」なんですが、開けてビックリですよ、このお話。いいの?聖書に載ってるお話をこんなにしちゃって...
「ノア 約束の舟」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Noah」2014 USA ノアに「ニューヨーク 冬物語/2014」のラッセル・クロウ。 ナーマに「リトル・チルドレン/2006」「ブラッド・ダイヤモンド/2006」「帰らない日々/2007」「そんな彼なら捨てちゃえば?/2009」「ニューヨーク 冬物語/2014」のジェニファー・コ...
ノア 約束の舟(Noah) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督が、ラッセル・クロウを主演に「ノアの方舟伝説」を壮大なスケールで描くスペクタクル歴史ドラマ。ある夜に見た夢で、世界が大洪水に飲まれ滅びるということを知ったノアは、強い使命感に突き動かされ、家族ととも...
「ノア 約束の舟」 まさに狂信的な (はらやんの映画徒然草)
「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキーの新作が「ノアの方舟伝説」を題材に
ノア 約束の舟 (♪HAVE A NICE DAY♪)
どうでもいい事だけど・・・ 「ノア 約束の舟」と「HACHI 約束の犬」(一番泣いた作品) 同じ感じ(笑) 面白かった~~!最初から最後まで面白く観ました アダムとイブの事から始まり 宗教の事などは解りませんが、 一つの作品として観れば面白く!観れた! フ....
ノア 約束の舟 (miaのmovie★DIARY)
ポスター A4 パターンA ノア 約束の舟 光沢プリント()写真フォトスタンド APOLLO商品詳細を見る 【Noah】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 ある夜、ノアは眠りの中で、恐るべき光景を見る。 それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り...
ノア 約束の舟 (だらだら無気力ブログ!)
『ポンペイ』同様、映像は凄くて見応えあった。
映画 ノア 約束の舟 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    旧約聖書のノアの箱舟が原作である「映画 ノア 約束の舟」。   大筋のストーリーは、知っていましたが   細かい部分は映画を鑑賞して知りました。   &...
『ノア約束の舟』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
ノア約束の舟を観てきました。 旧約聖書の創世記に登場する大洪水にまつわるノアの方舟物語のことです。 けがれのないあらゆる動物が一つがいで乗り込んで洪水を逃れた話というくらいは知っていましたが、 ノアという方がいらしたのですね。 洪水になった理由を知らなか....
ノア 約束の舟~人類は滅亡せねばならぬ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Noah。ダーレン・アロノフスキー監督、ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、エマ・ワトソン、レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラ ...
ノア 約束の舟 (ケントのたそがれ劇場)
★★★ 製作:2014年 米国 上映時間:138分 監督:ダーレン・アロノフスキー  旧約聖書に記された「ノアの箱舟」の物語を実写化した超大作で、主役のノアにはラッセル・クロウが扮し熱演している。夢の中で神のお告げを聞き、やがて世界を飲み込むほどの大洪水が
ノア 約束の舟 (心のままに映画の風景)
堕落した人間たちを一掃するため、世界滅亡を意味するような夢を見たノア(ラッセル・クロウ)は、神の啓示と信じ、家族と共に汚れなき生き物たちを守るため箱舟の建設を開始する。 舟の完成が近づくと、どこからともなく生き物たちが次々と舟に乗り込んでくるが、か...
ノア 約束の舟 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年6月14日(土) 14:45~ 品川プリンスシネマ8 料金:1100円(夫婦50割引き) パンフレット:未確認 狂信者。 『ノア 約束の舟』公式サイト 流石は変態ダーレン・アロノフスキー。普通の宗教叙事詩ではない。一筋縄ではいかない。 舟に乗ってからの狂信者っ...
「ノア 約束の舟」☆スペクタクルなコスプレ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
日曜礼拝で聖書も正しく勉強している方のレクチャーつきで、いつもの月1川崎IMAXへ。 キリストの教えはきちんと1本筋が通されているようだけど、肉付けの部分がつっこみどころ満載で・・・・・
ノア 約束の舟 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
旧約聖書の創世記に記された「ノアの箱舟」の物語を実写化した大作。大洪水による世界滅亡を知らされた男ノアとその家族が、ある重大な使命を全うしようと巨大な箱舟の建造に乗り出していく。メガホンを取るのは、『ブラック・スワン』などの鬼才ダーレン・アロノフスキー...
「ノア 約束の舟」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・アメリカ/パラマウント=リージェンシー 配給:パラマウント 原題:Noah 監督:ダーレン・アロノフスキー脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル製作:スコット・フランクリン、ダーレ
■ノア 約束の舟 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第349回「壮大な物語のはずなのに、なんだろう・・・」 批判を恐れずに言ってしまえば私は無神論者である。信仰している宗教も無い。そんな私が小学生の頃、近所にキリスト教を信仰しているおばさんがいた。その人の勧めで短い期間だったが「聖書」について学んだこと....
ノア 約束の舟 (迷宮映画館)
アロノフスキーの行きたいところがよくわかんない。。
『ノア 約束の舟』('14初鑑賞47・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 6月14日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 15:10の回を鑑賞。
映画『ノア 約束の舟』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-49.ノア 約束の舟■原題:Noah■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:138分■料金:1,100円■鑑賞日:6月14日、TOHOシネマズ日劇(有楽町) □監督・脚本・製作:ダーレン・アロノフスキー□脚本:アリ・ハンデル◆ラッセル・クロウ◆エマ・ワト...
ノア 約束の舟 (いやいやえん)
【概略】 ある夜、ノアは眠りの中で、恐るべき光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神の宣告だった。大洪水が来ると知ったノアは、妻ナーマと3人の息子、そして養女イラと共に、罪のない動物たちを守る箱...
「ノア 約束の舟」 (ここなつ映画レビュー)
鬼才ダーレン・アロノフスキー監督作品。ダーレン・アロノフスキーは何処へ行こうとしているのだろう?一度何処か遠~い所へ行ってしまって、ありゃりゃと思っていたのが帰って来て。胸を撫で下ろしたのも束の間、今度は「巨匠」の方へ旅立って行く貴方。素晴らしい作品だ...