映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ブルーバレンタイン

2011年05月14日 | 洋画(11年)
 『ブルーバレンタイン』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。

(1)この映画は、タイトルからすると若い女性向きのたわいもないラブストーリーなのかなと敬遠していたところ、実は悪くない作品だと聞き及んで、見に行ってきた次第です。
 実際にも、話の中身自体はよくあるものと言えそうですが、大層入念に描き込まれていて、クマネズミにとっては拾い物でした。

 映画は、看護師の妻のシンディミシェル・ウィリアムズ)と、ペンキ塗り職人の夫のディーンライアン・ゴズリング)、それに娘のフランキーとからなる3人家族を巡るお話。
 よくありがちなことですが、夫の方は、ちゃらんぽらんに仕事をしていて、朝からビールを飲んでいる一方、妻の方は朝早くから夜遅くまで病院で働いています。
 そうしたところ、愛犬が、閉まっていなかった檻の外に出てしまって、車に轢かれて死んでしまうという事件が起きます。妻のシンディからすれば、夫のディーンが家にいるのだから、犬のこともよく見ていて欲しいと思う一方で、ディーンの方は、妻が檻の鍵に注意しなかったとなじる始末。
 これは些細な事件にすぎないように見えながらも、実のところこれまでも、二人の間にはかなりすきま風が吹いていて(ディーンは、この生活で良いと思っている一方で、シンディはモット飛躍したいし、夫にもモット働いてもらいたいと考えています)、むしろ二人の関係を象徴する出来事ともいえるでしょう。
 要すれば、結婚10年目くらいの倦怠期を迎えた夫婦なのです。両者とも目立った欠点はないものの、なんとなくしっくり来なくなっているわけです。
 そこで、ディーンは、事態を立て直すべく、強引に妻を誘って郊外のラブホテルに行きます。でも、事態は却って悪化してしまいます。

 そういった現在時点の話の展開の合間に、結婚当初のいきさつが回想シーンとして何度も挿入されます。
 若い時分からシンディは、頑張り屋で医師になるべく勉強していた一方、ディーンは、高校も満足に卒業せずに、そのころは引越業のアルバイトをしながら日銭を稼ぐ暮らし。元々二人は不釣り合いだったわけながら、シンディは、ディーンの中に自分にないものを見つけたのでしょう、一息に結婚に突っ走ってしまいます。
 ただ、日常生活の積み重ねである結婚生活に入ると、やはりそのアンバランスなところが目立ってきてしまい問題となってくるようです。
 ついに、ディーンは、酒に酔った勢いで、シンディが働く病院で騒ぎを引き起こし、結局は離婚に至ってしまいます。

 どこにでも転がっている他愛のない話の展開ながら、ディーンを演じるライアン・ゴズリングは、結婚してから大分経過した現時点を、髪の毛を剃ったり肥満気味の体型にしながら巧みに演じています。



 またシンディを演じるミシェル・ウィリアムズも、瑞々しい若さ溢れる学生時代と生活に疲れた現時点との差をうまく演じ分けていて、全体として見応えがある作品だなと思いました。




(2)丁度4月29日に、イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式の模様が中継された折りでもあり、また最近映画『婚前特急』を見たこともあって、映画でディーンとシンディが結婚に至る展開には興味を惹かれたところですが、他方で、『Somewhere』などからも離婚も随分と一般化しているのだな、と思わされます。
 特に、『Somewhere』では、子どもが重要な役割を演じています。
 また、『まほろ駅前多田便利軒』でも、瑛太は、子どもを死なせてしまった自責の念から逃れられなくて、離婚してしまっているのです。
 この映画においても、ディーンとシンディには娘がいて、ディーンはそのフランキーをことのほか愛しているようです。
 ただ、娘はディーンの実の子どもではなく、シンディが結婚前に付き合っていた彼氏との間の子どもであって、そのことはディーンも承知の上。逆に、だからこそ彼は、フランキーの面倒をよく見て、むしろフランキーとの時間を多く取りたいが故に、ちゃらんぽらんにしか仕事をしていないのです。
 であっても、シンディは、もう一緒にはいられないとして、ディーンに離婚を告げ、ディーンも二人の下を去ってしまいます。
 もしかしたら、『Somewhere』は、この後のディーンとフランキーの関係を描いたものとなっているのかもしれません。むろん、ディーンは、ジョニーのように有名スターではなく、フェラーリを乗り回すことなどあり得ないでしょう。
 ですが、映画のラストのままシンディと別れてしまったら、やはりフランキーに心のよりどころを求めることになるのではないか、と思わされました。

(3)渡まち子氏は、「夢中で愛し合った過去と、生活に押しつぶされそうな現在、そしてある決断の末に何かが始まる未来へ。一組の男女の気持ちの移ろいを、残酷で美しい時間そのものを主人公にして物語る作品だ」として65点を付けています。


★★★☆☆




象のロケット:ブルーバレンタイン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イヴ・サンローラン | トップ | 阪急電車 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2011-05-14 09:52:47
TB ありがとうございます。

主演2人の演技は素晴らしかったですね
年月が過ぎることで ズレが生じてくるリアルさ

また、歳を重ねてから見てみたいと思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ブルーバレンタイン』 (2010) / アメリカ (Nice One!!)
原題: BLUE VALENTINE 監督: デレク・シアンフランス 出演: ライアン・ゴズリング 、ミシェル・ウィリアムズ 、フェイス・ワディッカ 、マイク・ヴォーゲル 鑑賞劇場: TOHOシネマズシャンテ 公式サイトはこちら。 試写で観たコの感想を読んでて、かなり....
ブルーバレンタイン (佐藤秀の徒然幻視録)
夫婦漫才 公式サイト。原題:BLUE VALENTINE。デレク・シアンフランシス監督、 ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ、フェイス・ワディッカ 、マイク・ヴォーゲル。やたらオシ ...
ブルーバレンタイン /BLUE VALENTINE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click WARNINGラブラブ進行形カップルは決してデートで観ないように ライアン・ゴズリング&ミシェル・ウィリアムズ主演ってことしか前知識無く、まったくどういう話なのかも知らず鑑賞。 ライアンはいつも素晴らしい....
★★★★★ 『ブルーバレンタイン』 (映画の感想文日記)
2010年。アメリカ。"BLUE VALENTINE".   デレク・シアンフランス監督・脚本。  ブルーという形容詞は映画のタイトルにはよく使われているが、この映画でのブルーは、ポスターを見て一瞬連想した『マイ・ブルーベリー・ナ...
ブルーバレンタイン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Blue Valentine壊れかけた夫婦の、やるせない現在と幸福な過去の対比がリリカルで美しい。痛ましいストーリーなのに、不思議とみずみずしさが記憶に残る。努力して看護師の資格を取り ...
ブルーバレンタイン/ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ (カノンな日々)
全くノーマークで予告編も一度も目にしていなかったのですが、『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリングと『ブロークバック・マウンテン』のミシェル・ウィリアムズの二人が ...
ブルーバレンタイン (とりあえず、コメントです)
若い夫婦の壊れ行く絆を描いた哀しいラブストーリーです。 ライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズの共演で どんな演技を見せてくれるのか気になっていました。 深く愛し合っていた二人の心のすれ違いが丁寧に描かれている切ない作品でした。
ブルーバレンタイン (LOVE Cinemas 調布)
一組のカップルの出会い・結婚・別れの全てを描いたラブストーリーだ。一見幸せな生活を送る2人を描きつつ、出会いから結婚までの回想が挿入される。主演は『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリングと本年のアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされたのミシェル・...
出会い、結ばれ、別れる (笑う学生の生活)
25日のことですが、映画「ブルー・バレンタイン」を鑑賞しました。 あるカップルの出会いから結婚の日々 そして別れるまでの 1日を描いてます ストーリーとしては 本当にそれだけ じっくりと見せていきます 壊れかけた現在を見せながら 出会い 幸せな時を交互に見せて...
ブルーバレンタイン (Memoirs_of_dai)
永遠…の儚さ 【Story】 結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫妻。努力の末に資格を取って忙しく働く妻シンディに対し、夫デ...
ブルーバレンタイン (ここにあるもの)
男はいつまでもロマンチストで、女は日常に目を覚ます。 これほどデートムービーに向いていない映画もないんじゃないか? どちらに感情移入するかは、観る人の恋愛体質によるとこ ...
ブルーバレンタイン (映画尻エリカ)
『ブルーバレンタイン』 "BLUE VALENTINE” (2010・アメリカ) 1h52 監督・脚本 : デレク・シアンフランス  製作総指揮・出演 : ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ 出演 : フェイス・ワディッカ ディーンとシンディ。永遠の愛で結...
∴『ブルーバレンタイン』∵ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、デレク・シアンフランス監督&脚本、ジョーイ・カーティス、カミ・デラヴィーン脚本、ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ、フェイス・ウラディカ出演。
ブルーバレンタイン (心のままに映画の風景)
結婚7年目を迎え、娘のフランキーと3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫婦は、平穏な家庭生活をおくりながらもお互いに不満を募らせていた。 あるカッ...
ブルーバレンタイン (風に吹かれて)
すれ違ってしまったふたり公式サイト http://www.b-valentine.comディーン(ライアン・ゴスリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)の夫婦は、娘フランキーと3人暮らし。シンディ
ブルーバレンタイン (キノ2)
★ネタバレ注意★  ライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズが主演と製作も兼ねた作品。  一組のカップルの出会いから破局までを、ヒリヒリとリアルな描写で描くビターなラブストーリーです。  主演のふたりは、役作りのためにそれぞれ6?と7?増量した...
ブルーバレンタイン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 倦怠期の夫婦の行く末を、心に染みる映像美で描く。
『ブルーバレンタイン』は「本当にあった怖い話」だよ。 (かろうじてインターネット)
 今回は各所でやたら話題、町山智浩さんなど今年度ベストとまでおっしゃっている『ブルーバレンタイン』の感想です。  観に行った映画館はTOHOシネマズシャンテ。話題作ということでけっこう混んでい...
ブルーバレンタイン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
あるカップルの出会いから結婚、破局までを、過去と現在を交錯させながら描くラヴストーリー。監督・脚本はデビュー作『BROTHER TIED』が“視覚表現の天才”と評され話題を呼んだデレ ...
いつかは消えてしまう感情について~『ブルーバレンタイン』 (真紅のthinkingdays)
 BLUE VALENTINE  シンディ(ミシェル・ウィリアムズ)とディーン(ライアン・ゴズリング)の夫婦は、 幼い娘フランキーと3人暮らし。夫婦はそれぞれに娘を愛しながら、互いへの 不満を募らせ...
映画『ブルーバレンタイン』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-30.ブルー・バレンタイン■原題:Blue Valentine■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:112分■字幕:岸田恵子■鑑賞日:4月29日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:1,600円□監督・脚本:デレク・シアンフランス□脚本:ジョーイ・カーテ...
「キッズ・オールライト」&「ブルー・バレンタイン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
4月にTOHOシネマズシャンテで観た。意外なことにどちらも今だ上映している。 どちらも味わい深く、素敵な映画だった。 「The Kids Are All Right」2010 USA ニックに「愛する人/2009」のアネット・ベニング。 ジュールスに「シングルマン/2009」のジュリアン・...
「ブルーバレンタイン」、不滅の愛など無い? (カサキケイの映画大好き!)
■「ブルーバレンタイン」はミッシェル・ウィリアムスの為の映画? 彼女は良い役者さんだ。 自分の体を犠牲にしてまで、役柄の人物になりきろうとする。 結婚前の学生の役と、結婚し子供が小学校低学年の母親の役を 行きつ戻りつする役を演じる。 若々しい学生時代...
『ブルーバレンタイン』『キッズ・オールライト』をギンレイホールで観て、引き続き絶賛記憶風化中ふじき☆☆,☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『ブルーバレンタイン』 五つ星評価で【☆☆誰がこの映画を求めてるかがさっぱり分からない】 予告が割と、恋愛どっかんどっかんな感じで凄くうまく出来てて、これはこの予 ...
No.303 ブルーバレンタイン (気ままな映画生活)
仕事が芳しくないディーンと、長年の勉強の末に資格を取り、病院で忙しく働くシンディの夫婦は、娘のフランキーと3人暮らし。2人はお互いに相手に不満を抱えていたが、それを口に ...
『ブルーバレンタイン』 (こねたみっくす)
永遠の愛があることを信じたい。でも本当に永遠の愛なんてあるのでしょうか。 傷つけることでしか愛せなくなった夫と傷つけることを躊躇う愛し方をしてしまう妻の出会いから結婚 ...
ブルーバレンタイン (Akira's VOICE)
何なの,この後ろ向きな映画!
『ブルーバレンタイン』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
今ライアン・ゴズリング、と言えば話題は断然『ドライヴ』なんだろうけど。 実は『ドライヴ』、1月に機内で観たけど期待が大きすぎたせいか う~~ん、、て感じになっちゃって。 確かに彼かっこいいしカメラワークや音の使い方もcoolでドキドキさせてくれたんだけど...
ブルーバレンタイン (いやいやえん)
これは痛い。痛くて上手い作品だ。結婚している人は身につまされる部分もあるだろうし、独身の人は恋愛と結婚が嫌になるかもしれない。でもこれが現実。 若い頃の愛に溢れた2人と、結婚後の愛だけじゃ足りなくなった2人の姿を交互に映し出す手法が上手くいっていて...