映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

インビクタス

2010年03月06日 | 洋画(10年)
 『インビクタス/負けざる者たち』を渋谷のシネパレスで見ました。

 クリント・イーストウッド監督の作品については、これまでも随分とおつきあいをし、昨年だけでも『チェンジリング』と『グラン・トリノ』の2本を見ているので、この作品もぜひと思って映画館に出向きました。

(1)見る前にあまり情報を持っておらず、偶々耳にした話から、南アフリカのマンデラ大統領とサッカーの話なのかしらと漠然と思っていましたら〔ちょうど、南アでサッカーのワールドカップがもうすぐに開催されることもあるしと〕、ラグビーの話なのでアレっと思ってしまいました。

 そんなことはどうでもいいのですが、実際に見てみますと、これまでのイーストウッド監督の映画はどれももちろん大変真面目なものばかりのところ、この作品は、それらに輪をかけて真面目で純粋なので、その意味でもアレッと思ってしまいました。

 なにしろ、南アの大統領に選ばれたばかりのマンデラ氏は、黒人と白人との融和を一番に掲げ、そのためにはちょうど南アで開催されることになっていたラグビーのワールドカップを利用しない手はないと考え、それに向かって様々な手を打ちますが、あれほど人種対立が高じていた国がマンデラ氏の呼びかけに素直に応じて、結局は大目標を達成してしまうというストーリーなのですから!
 いったい、アパルトヘイトは、どこの国の問題だったのでしょうか?

 こういう映画を見て、評論家の前田有一氏は、「スポーツアクションであり、史実伝記であり、感動の人間ドラマでもある。さらにいえば、95年の南アフリカを舞台にしていながら、じつは現在のアメリカを強烈に比ゆした物語でもあったりする。こういう百面相の作品は、映画好きにはたまらない」などと仰々しくのたまいます。
 ただ、そんなことは彼にわざわざ言ってもらわなくとも、別に複雑な作り方をしている作品ではないので、映画を見れば誰でもすぐにわかります〔それに、「強烈に比ゆした物語」とはどういう意味の日本語なのでしょうか?〕。

 むしろ、あまりにも単純な視点からすべてをストレートに描き切ってしまっていて、評論家による論評など全く必要としない映画だと言えるのではないでしょうか?
 そういうところから、小梶勝男氏が、「今回も傑作を期待してしまった。それだけに失望は大きい」、「一つ一つは実にいい場面がある。なのに、全体として面白いと思えない」、「イーストウッドはあえて、映画よりもメッセージを優先したのではないか」と述べているのは、よくわかる気がします(彼の評点はもともと底上げ気味なので〔『グラン・トリノ』に対して97点!〕、この映画に対する73点というのはかなり低目といえるでしょう)。

 さらに、前田有一氏は、「本作品がストーリーの裏側でアメリカの今を描いていることを念頭に、この後のフランソワ〔南ア・ラグビーチームのキャプテン〕の行動や台詞に注目すると、イーストウッド監督がアメリカ人に向けたメッセージをたやすく感じ取ることができ、これまた興味深」く、「これぞザ・政治映画」だとして75点をつけています。
 ですが、「ザ・政治映画」なるものは、そんなに高く評価されるべきものでしょうか?「イーストウッド監督がアメリカ人に向けたメッセージをたやすく感じ取ることができ」たとしても、それが何だというのでしょうか?メッセージをそんなに「たやすく」理解できるのであれば、どうしてわざわざ映画にする必要があるのでしょうか?そんなわかりやすいことなら、どうして実際に実現できていないのでしょうか?

 南アの現状については、映画で描かれている南ア国民の気分の高揚は、やはり一時のもので、実際には人種対立は解消されておらず、特に治安は最悪の状態になっているとされていて、6月中旬に予定されているFIFAワールドカップが無事に開催されるか危ぶまれているとのことです。

 とはいえ、マンデラ大統領に扮するモーガン・フリーマンの品格のある演技は実に素晴らしく、またラグビーチームのキャプテンであるフランソワ役のマット・デイモンの瑞々しい演技も特筆されます。それに、ラスト30分のラグビーの試合は、実にうまく描き出されていて、映画を見ている者は興奮させられます。ただ、それも、実際の試合が素晴らしかったことによるのではないかと思ってしまうのですが。

(2)この映画では、映画と同じタイトルの詩が大きな役割を果たします(マンデラ大統領の長い獄中生活を支えた詩)。
 その詩は、イギリスの詩人のウィリアム・アーネスト・ヘンリーによるものだということで、少し調べてみました。

 彼は、1849年に、イギリス南西部のGloucesterに、6人兄妹の長男として生まれました(53歳で亡くなる)。
 12歳の時に骨結核に罹り、しばらくして左足の膝下を切断せざるを得ない羽目に陥りました。18歳の時に、ロンドンに出てジャーナリストとして活動しようとしましたが、右足も結核に冒されていたために、長期にわたって病院暮らしをせざるを得なくなります(こちらの足も切断しなければとの診断を受けましたが、別の外科医の努力でそれは免れました)。
 病から回復すると、ヘンリーは、40歳の時にScots Observer誌(エジンバラの雑誌で、のちにロンドンに移ってNational Observer)の編集者となり、さらにまたトマス・ハーディー、ジョージ・バーナード・ショー、H・G・ウエルズなどの初期作品の出版に携わったりしています。
 「Invictus」は、ヘンリーが26歳(1875年)の時に書いたもので、彼の詩の中で最も愛唱されています。結核感染のため足を切断したことから回復したことを書き表した詩とされているようです。
 なお、『宝島』に登場する海賊シルバー船長のイメージは、著者ステーブンソンの親友であるヘンリーに負っているとさています(また、ジェームス・マシュー・バリーの「ピーター・パン」に登場するヒロインの名前ウエンディは、ヘンリーの娘のあだ名によるともされているようです)。

(3)上で触れた以外の評論家にあっては次のようです。
 渡まち子氏は、小梶勝男氏と同様に、「近年、心をわしづかみにする傑作を連打している巨匠イーストウッドの作品としては、ソツのない作りではあるが平凡な出来。実話なので、大会で起こる奇跡の躍進劇にも驚きは薄い」と述べて、65点をつけています〔『グラン・トリノ』に対しては90点〕。
 ところが、福本次郎氏は、「理性を信じ、人は変われることに疑いを持たないマンデラの心の広さが代表チームの奮闘を促し、巨大なうねりとなってスタジアムを埋める大観衆だけでなく全南ア国民を飲み込んでいく様子は圧巻だ」として70点をつけています。
 この論評は、「マンデラの心の広さ」を評価したのか、「全南ア国民」の様子を描いたイーストウッド監督の力量を評価したのか、どちらなのでしょうか?


★★☆☆☆




象のロケット:インビクタス/負けざる者たち
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (102)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抱擁のかけら | トップ | すべて彼女のために »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB感謝 (kaoritaly)
2010-03-07 09:29:07
どうもこんにちは。

いつもTBいただき、ありがとうございます。

予告から期待して、ウルウルしていたのですが、そつなくまとまっていて、何か惹き付けられるような、強烈さはなかったですね。
事実ですから、それ以上のストーリーを描くことは難しいでしょうけど・・色々イーストウッド監督も感ガルところがあるんでしょうね~・・。

にしても、ラグビー試合のシーンは圧巻でした。
TBありがとうございます。 (KGR)
2010-03-07 10:13:08
評論の比較は面白く読ませていただきました。
「評論の評論」という観点でも面白いです。

私自身の感想は、
「一つ一つは実にいい場面がある。なのに、全体として面白いと思えない」
が最も近いです。

おっしゃるように
>国民の気分の高揚は一時のもので、
>人種対立は解消されておらず、治安は最悪
である現実が感動を絵空事に思わせているのかもしれません。
こんばんは^^ (KLY)
2010-03-07 21:59:42
私が思ったのは、これはイーストウッド監督の作品だけどイーストウッド監督の作品じゃないってことでした。
例えば『グラン・トリノ』などは監督自らの想いで制作にはいっていますが、本作はモーガン・フリーマンがずっと暖めていた企画でもあり、アカデミー賞コンビだったイーストウッドに監督をお願いしたという経緯があるという部分も影響してるのではないかと思ったりもするのです。

もちろん頼まれ仕事だからいい加減なんて筈があるわけもなく皆ベストを尽くしているのは明白です。ただ今まではイーストウッド監督の想いと俳優の想いが9:1ぐらいだったのが、この作品はモーガンフリーマンと監督が6:4ぐらいな感じがしたんです。

だからモーガン・フリーマンの演技には尋常ならざる、ある種神がかり的な熱意というか、マンデラ氏が乗り移ったかのようなものを感じました。イーストウッド監督が素晴らしい監督なのは今更言うまでもないですが、今回はそこにモーガンという強烈な光が加わったので、全体としてはイーストウッドらしさが薄まったのかもしれない、そんな風に考えたりもしてます。
監督と俳優 (クマネズミ)
2010-03-08 07:30:31
KLYさん、こちらにまでコメントをいただきありがとうございます。
KLYさんが、「今まではイーストウッド監督の想いと俳優の想いが9:1ぐらいだったのが、この作品はモーガン・フリーマンと監督が6:4ぐらいな感じがした」とおっしゃるのは、さすが映画見巧者だなと感服いたしました。
イーストウッド監督は今年で80歳になるものの、既に次の作品を手がけているとのこと。次回作を見るときは、是非そういう観点からも見てみることといたします。
TBありがとうございました (vic)
2010-03-08 08:01:32
確かに、私も「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」に比べると感動は薄かったと思いました。
それだけ、イーストウッド監督への期待が高いということだと思います。

アメリカへの批判を含んでいるという所までは感じませんでしたが、民族の融合は南アフリカだけの問題ではないと感じました。
南アフリカの成功に世界中は学ぶことが出来ると。

いろいろな批評家の言葉がとても興味深かったです。ありがとうございました。
俳優陣の力 (de-nory)
2010-03-18 20:15:32
クマネズミさん。こんにちは。

俳優陣の力の強さが光っていたと思います。
イーストウッド監督は、さすがですが今回は、モーガン・フリーマンを筆頭とした演技と存在感が勝っているかと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

102 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
インビクタス 負けざる者たち (LOVE Cinemas 調布)
『チェンジリング』、『グラン・トリノ』と素晴らしい名作を世に送り出し続けているクリント・イーストウッド監督の最新作。アパルトヘイト撤廃後のラグビー南アフリカワールドカップを巡りマンデラ大統領を中心とした実話を映画化したヒューマンドラマだ。主演はマンデ...
劇場鑑賞「インビクタス負けざる者たち」 (日々“是”精進!)
「インビクタス/負けざる者たち」オリジナル・サウンドトラック「インビクタス負けざる者たち」を鑑賞してきました「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策)後の南アフリカで開催されたラグビーワール....
試写会「インビクタス/負けざる者たち」 (流れ流れて八丈島)
“我が運命を決めるのは我なり、我が魂を征するのは我なり”素晴らしい映画でしたさすが、クリント・イーストウッド監督です今日の午後は3月1日からの新しい職場(西国分寺)へ出張してたんだけど、無理やり定刻で終わらせて、中央線で中野へダッシュして中野サンプラザ...
インビクタス/負けざる者たち (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。クリント・イーストウッド監督、 モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー・ヘナ。原題はWilliam Ernest Henleyの詩の一篇Invictusから採られたラテン語で“unconquered”、征服されざるもの。...
『インビクタス/負けざる者たち』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「インビクタス/負けざる者たち」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 アンソニー・ペッカム□原作 ジョン・カーリン □キャスト モーガン・フリーマン、マット・デイモン、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ、  ...
クリント・イーストウッド監督 「インビクタス/負けざる者たち」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
この間、TVのクイズ番組で「何故、映画館でレディースデーをやってる所は多いのに、メンズデーをやってる映画館は少ないのか?」と云う問題が出ました。 そうそう何故なんだ?と自分も思ったンですが… 正解を聞いて、あぁ~~なるほど!と 女性は女性同士で連れ合っ...
映画「インビクタス 負けざる者たち」 (Serendipity !)
 別の映画を観ようとして出かけ、急に気が変わって、クリント・イーストウッド監督の「インビクタス~負けざる者たち」を観た。  “インビクタス”とはラテン語で不屈という意味で、南アフリカ大統領・ネルソン・マンデラ氏が1995年のラグビー・ワールド・カップで...
「インビクタス/負けざる者たち」 俺たちのチーム (はらやんの映画徒然草)
タイトルにある「invictus」とは聞き慣れない英語だと思ったら、「不屈」を意
『インビクタス/負けざる者たち』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
1995年に南アフリカ共和国で開かれたラグビーのワールドカップでのこと。国の恥とまで呼ばれた南ア代表チームが、初出場ながら初優勝を成し遂げるという奇跡の物語で、監督クリント・イーストウッドとしての30本目の作品。試写会に当選したので、昨日ヤクルトホールで観て...
『インビクタス ~負けざる者たち~』 (2010) (よーじっくのここちいい空間)
ラクビーのワールドカップ自国開催を成功させようとするマンデラ大統領の努力。その、ほとんどはちょっとした心遣い、ちょっとした提案、そんな小さな行動が元になっていて、大統領なのにとてもいじらしくて、じわじわと胸に迫ってくる。
インビクタス/負けざる者たち (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ジョン・カーリング原作のノンフィクションを映画化した作品。原作は未読です。 アパルトヘイト廃止後の南アフリカで、黒人にも選挙権が認められる中で投票が行われ、ネルソン・マンデラが選出され、初めての黒人大統領となります。黒人たちの間には白人への反発や復讐...
インビクタス/負けざる者たち★★★☆+劇場28本目:ラグビー試... (kaoritalyたる所以)
ワインを通じて知り合ったMKさんと、映画に誘ってご一緒しました。その前に、食べ飲みしましょう♪ってことで、TOHO梅田の映画館があるビルで、どこにしようか・・と、お互いスパイシーな料理が好きってことが解り、「スパイス王国」へ。まずは生ビールを注文して乾...
胸が熱くなる・・・。『インビクタス/負けざる者たち』 (水曜日のシネマ日記)
南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラとラグビー代表チームの姿を通して国民の変化を描いた作品です。
インビクタス/負けざる者たち / INVICTUS (勝手に映画評)
実話を下にした映画。1994年、南アフリカの歴史上初めての全人種が参加した大統領選挙に置いて大統領に当選したネルソン・マンデラ。政治的実権も握った圧倒的多数の黒人に対し、実権を失った少数派の白人側は戦々恐々としていた。そんな状況を見ていたマンデラは、翌1995...
インビクタス 負けざる者たち(試写会) INVICTUS (まてぃの徒然映画+雑記)
南アフリカ共和国でアパルトヘイトが廃止された後の初代大統領にして素晴らしきリーダー、ネルソン・マンデラと、南アが誇るラグビーのナショナルチーム『スプリングボクス』の物語。実は私、ラグビーをやってまして、南アで開催された第3回ラグビーワールドカップもリア...
『インビクタス/負けざる者たち』が必要なときは? (映画のブログ)
 ネルソン・マンデラと長年の友人である俳優モーガン・フリーマンは、長いあいだマンデラの人生を映画化することに取り組んできたという。 ...
試写会「インビクタス 負けざる者たち」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/1/22、中野サンプラザ。 開場10分ほど前に着く。 思いのほか入場待ちの人は少ない。 もちろん一部はすでにこの時点で会場内に入り、階段に並んでいて、 外で待っている人ですべてではないことは百も承知だが、 それにしても列の折り返しは少ない。 1階...
インビクタス/負けざる者たち/モーガン・フリーマン、マット・デイモン (カノンな日々)
『ミリオンダラー・ベイビー』辺りからでしょうか、とても優れた作品を次々と世に送り出しているクリント・イーストウッド監督の最新作です。このところのクリント・イーストウッド監督の作品はまずハズレ無しと思ってもいいくらいの安定感を誇ってるのでこの映画にもかな...
『インビクタス 負けざる者たち』 (ラムの大通り)
(原題:Invictus) あけましておめでとうございます。 ----いやあ、元旦からブログなんて えいも暇だニャあ。 「まあ、たまにはそういう年があってもいいんじゃない」 ----だけど、まだお屠蘇が残っているじゃニャい。 なのに、クリント・イーストウッド監督作品だっ...
♯13 「インビクタス/負けざる者たち」 (cocowacoco)
映画 「インビクタス/負けざる者たち」 INVICTUS         クリント・イーストウッド監督 2009年 アメリカ 憎しみからは何も生まれない。 赦す。 イーストウッド監督の独特の苦味をも消して、ストレートな讃歌。 ネルソン・マンデラ氏の掲げる理想の「虹の...
インビクタス 負けざる者たち (あーうぃ だにぇっと)
ぴあの三連夜試写会@ヤクルトホールで鑑賞。 全米公開前ということで厳重な持ち物検査あり。 鞄の中を見せ、金属探知機でボディーチェック受けて入場。 ヤクルトホールのエントランスを全て使用した厳戒態勢。 私は先に入場して席を確保し、後からくる妻をむかえに出...
『インビクタス/負けざる者たち』 ★★★★ (時流を聴く)
土曜日の午前中に『インビクタス/負けざる者たち』を鑑賞。   監督:クリント・イーストウッド、出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン   イーストウッド作品ということで静かな感動が訪れるのかと思
インビクタス 負けざる者たち (yanajunのイラスト・まんが道)
『インビクタス/負けざる者たち』(原題:Invictus)は、ジョン・カーリン原作の小説をクリント・イーストウッド監督が映画化した作品です。主演であるモーガン・フリーマンさんは製作総指揮も務めました。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
インビクタス/負けざる者たち (Akira's VOICE)
期待の目にみごと応える爽やかな秀作。  
『インビクタス/負けざる者たち』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:INVICTUS監督・製作:クリント・イーストウッド原作:ジョン・カーリン出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>19...
*インビクタス/負けざる者たち* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラだが、新生国家の船出には多くの問題があった。ある日、ラグビー南ア代表の試合を観戦したマンデラの頭の中で何かが閃いた。南アではラグビーは白人が愛好するスポ...
インビクタス/負けざる者たち (心のままに映画の風景)
1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。 いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経...
『インビクタス/負けざる者たち』のまっすぐ (Days of Books, Films )
小生、40歳まで草ラグビーをやっていたから、一応はラグビー・ファンのつもり。ファ
映画 「インビクタス/負けざる者たち」 (ようこそMr.G)
映画 「インビクタス/負けざる者たち」
インビクタス/負けざる者たち (Memoirs_of_dai)
史実は史実 【Story】 1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトに...
インビクタス 負けざる者たち (シネマ大好き)
試写会で、クリント・イーストウッド監督の「インビクタス 負けざる者たち」を観た。 27年間の語彙中生活から解放され、南アフリカ共和国の大統領になったネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)。アパルトヘイトの傷跡が深く、格差や経済問題など、問題が山積す...
「インビクタス/負けざる者たち」が持つ危険な要素 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画が描いたことはひとつの国が変革期にある場合、その国の国民をいかに統一するかということへの成功事例である。スポーツを使った国民の統合はありがちなことであり、決して珍しいことではない。時、あたかも冬季オリンピック開催中である。選手の成績に対して、そ...
インビクタス/負けざる者たち■ハッピーエンド、しかし・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
南アフリカでマンデラが大統領に就任してアパルトヘイト体制が倒れた後の状況を示すのに大統領のSPに注目したことは見事である。つい先日までは自分たちを弾圧し、取り締まっていた白人を迎えての警備チームを編成するのであるから、そこには不信感、復讐心などが渦巻い...
インビクタス/負けざる者たち [監督:クリント・イーストウッド] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ちょっと物足りない。実際に起こった奇跡のような出来事に、マンデラその人の偉大さを重ね合わせるのは良い。アパルトヘイトという過去の記憶を鮮やかに覆す感動はあるが、それは映画で描かれていない部分の記憶から得られる感動であって、映画的高揚感とは言えない。
インビクタス 負けざる者たち (そーれりぽーと)
もう言い切っても良い、“必ず”大きく心を揺すぶってくれる映画を届けてくれるクリント・イーストウッド監。 今度はマンデラ+スポ根もの、『インビクタス 負けざる者たち』を観てきました。 ★★★★★ 凄いと思うのは、2時間を超える大作を結構なハイペースで作り上げ...
インビクタス/負けざる者たち (to Heart)
ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 原題 INVICTUS 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 134分 原作 ジョン・カーリン 脚本 アンソニー・ペッカム 監督 クリント・イーストウッド 音楽 カイル・イーストウッド/マイケル・スティーヴンス 出...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
監督:クリス・コロンバス出演:ローガン・ラーマン、ピアース・ブロスナン、ショーン・ビーンお父さん達で映画を作ってくれた方が数倍面白かったと思うぞ(笑)冒頭の、一歩間違えばホームレスみたいなゼウス(おいw)とポセイドンの、摩天楼での会話のシーンが良かった...
インビクタス/負けざる者たち (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告を観ただけで感動して涙腺が緩んだ映画で~すウルウル【story】1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図...
『インビクタス 負けざる者たち』 (めでぃあみっくす)
一つのチーム、一つの祖国。それがネルソン・マンデラ元大統領がただ一つ願う南アフリカの未来。 1995年のラグビーワールドカップでの感動的な史実を描いたこの作品は、「動」の物語を「静」の映画として見せるクリント・イーストウッド監督らしい、心と魂に響く映画でし...
「インビクタス 負けざる者たち」:浜離宮前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}恩賜庭園?恩賜って何だ? {/hiyo_en2/}天皇から賜ったって言う意味よ。 {/kaeru_en4/}サッカーの天皇杯みたいなもんか。 {/hiyo_en2/}ちょっと違うと思うけどね。 {/kaeru_en4/}サッカーとラグビーなら同じようなもんか。 {/hiyo_en2/}まあ、どちらもワー...
インビクタス/負けざる者たち (2009) (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによ...
INVICTUS(インビクタス負けざる者たち)(2009)(USA) (アメリカ 犬連れ 国際結婚)
INVICTUS(日本のタイトル:インビクタス 負けざる者たち)(2009)(USA) 監督:クリント・イーストウッド メイン・キャスト:モーガン...
「インビクタス/負けざる者たち」ちょっと辛口感想・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
27年間もの間自分を投獄させた南アの白人を許す心を持つマンデラ大統領は凄い!!と思ったのだけれど・・・映画自体は、特に驚くところや...
インビクタス 負けざる者たち / INVICTUS (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click クリント・イーストウッド監督、記念すべき30作目{/ee_3/} スポーツものってあまり好きじゃないし、(「少林サッカー」みたいのは別 {/warai/})。 タイトル...
インビクタス/負けざる者たち (映画道)
舞台は南アフリカ共和国。ネルソン・マンデラは27年間の牢獄生活より解放され、初の黒人大統領となった。中枢部で働く白人たちは、マンデラの復讐が始まるのでは、と戦々恐々で荷物を纏めようとするが、そんな彼らにマンデラは過去は過去とし、赦しこそがこの国の未来の礎...
インビクタス/負けざる者たち (小部屋日記)
Invictus(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン/マット・デイモン/スコット・イーストウッド/ラングレー・カークウッド/ボニー・ヘナ ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 クリント・イーストウッ...
インビクタス/負けざる者たち/INVICTUS (いい加減社長の映画日記)
ちょっと地味な感じもして、どうしようかと思ってたんだけど。 クリント・イーストウッド監督でモーガン・フリーマン、マット・デイモンなら、はずれはないだろう、ということで、「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーとし...
「インビクタス/負けざる者たち」 淡々と描いているが (ももたろうサブライ)
監督 クリント・イーストウッド少しあらすじ1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。南アフリカではラグビー...
インビクタス‐負けざる者たち‐・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
21世紀に入ってから、脅威のペースで傑作・名作を生み続けるスーパー映画爺さん、クリント・イーストウッドがゼロ年代の最後に放ったのは、199...
「インビクタス/負けざる者たち」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 今やハリウッド有数のヒットメイカーとなった名監督・クリント・イーストウッドの最新作は、南アフリカ初の黒人大統領となった”英雄”ネルソン・マンデラ氏と、「国の恥」とまで評された弱小ラグビーチーム・スプリングボクスによってもたらされた、1995年ラグビー...
インビクタス/負けざる者たち (だらだら無気力ブログ)
『チェンジリング』『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッド監督が アパルトヘイト撤廃後の南アフリカで開催されたラグビーW杯をめぐって 南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラとその周囲の 人々の感動の実話を描く。 原作は、ジョン・カー...
★★★★★ 『インビクタス/ 負けざる者たち』 (映画の感想文日記)
2009年。アメリカ。"INVICTUS".   クリント・イーストウッド監督。モーガン・フリーマン主演・製作総指揮。  ネルソン・...
インヴィクタス~負けざる者たち  Invictus (映画!That' s Entertainment)
●「インヴィクタス~負けざる者たち  Invictus」 2009 アメリカ Warner Bros.Pictures,Spyglass Entertainment,Malpaso,134min. 監督:クリント・イーストウッド 原作:ジョン・カーリン 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パト...
インビクタス 負けざる者たち (迷宮映画館)
ボカ!!やったああ。
インビクタス/負けざる者達 【印象度:80】 (蚊も無視する・・・そんなブログ)
2009年アメリカ映画。 監督:クリント・イーストウッド。 劇場で見てきました。 非常にシンプルで、テーマが絞られていて、無駄のない、良質な映画です。 実話に基づいた作品なので、嘘くさい大げさな演出にならないよう 丁寧に作られている印象を持ちました。 ...
インビクタス / 負けざる者たち (Diarydiary! )
《インビクタス / 負けざる者たち》 2009年 アメリカ映画 - 原題 -IN
映画『インビクタス/負けざる者たち』 (健康への長い道)
クリント・イーストウッド監督、モーガン・フリーマン&マット・デイモン主演、本日より公開の『インビクタス/負けざる者たち』をTOHOシネマズ梅田で。 99席の小さなシアター4は、ほぼ満員です。 Story 1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・...
映画「インビクタス/負けざる者たち」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『インビクタス/負けざる者たち』を初日1回目で観て来た。観客は10名程で予想通りの入りだった。 採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。2.5点かな? ざっくりとストーリー 30年近く白人政権に投獄されていた黒人政治家ネルソン・マンデラ氏が南アフリカ共和国の...
奇跡のゴール~『インビクタス/負けざる者たち』 (真紅のthinkingdays)
 INVICTUS  1990年、27年間に渡って投獄されていた南アフリカの指導者、ネルソン・マン デラが解放された。初めての全国民投票によって...
インビクタス/負けざる者たち (キノ2)
 近来稀に見るすがすがしい映画でした。  衒いもなく、ひねりもなく、まっすぐ、まっすぐ、ひたすらまっすぐ。  70歳をはるかに越えて、こんなピュアな映画が撮れるなんて、イーストウッド監督の懐の深さには恐れ入ります。  驚くほどにシンプルでストレートな映...
インビクタス/負けざる者たち (だめ男のだめ日記)
「インビクタス/負けざる者たち」監督クリント・イーストウッド出演*モーガン・フリーマン(ネルソン・マンデラ)*マット・デイモン(フランソワ・ピナール)*トニー・キゴロギ(-)*パトリック・モフォケン(-)*マット・スターン(-)*ジュリアン・ルイス・ジョーン....
インビクタス/負けざる者たち (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  30年近く牢獄に閉じ込めた白人たちを赦し、白人と黒人が共存出来る国を創った南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領。この作品は、彼が南アが唯一世界に誇れるラグビーを通して、人々の魂を揺るがすような人間愛を貫いた感動作品である。 監督は絶...
インビクタス 負けざる者たち (りらの感想日記♪)
【インビクタス 負けざる者たち】 ★★★★ 映画(8)ストーリー 1990年、アパルトヘイトに反対し27年間も投獄されていたネルソン・マンデ
インビクタス/負けざる者たち/モーガン・フリーマン、マット・デイモン (カノンな日々)
『ミリオンダラー・ベイビー』辺りからでしょうか、とても優れた作品を次々と世に送り出しているクリント・イーストウッド監督の最新作です。このところのクリント・イーストウッド監督の作品はまずハズレ無しと思ってもいいくらいの安定感を誇ってるのでこの映画にもかな...
『インビクタス/負けざる者たち』 ('10初鑑賞16・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:05の回を鑑賞。
インビクタス/負けざる者たち (こんな映画見ました~)
『インビクタス/負けざる者たち』 ---INVICTUS--- 2009年(アメリカ) 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン 「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策...
インビクタス/負けざる者たち One World~( '∇^*)^☆Love~♪ (労組書記長社労士のブログ)
☆ パラオの記事、島さんたちに貰った写真加えたり、内容を加筆修正したりしていますので、お暇なら再び見てみてくだせ~ ☆ 【 {/m_0167/}=4 -3-】 不思議なもんだ、パラオでは一切見なかった仕事の夢、帰ってきた日の夜は「組合役員との議論の夢」、昨夜は「労使交渉...
「インビクタス/負けざるものたち」に負けました (再出発日記)
見終わった直後は、「いい映画だった。合格点である。しかし、いくつかは不満なところもある」という程度の作品であった。それだけでもマアすごいのであるが、クリント・イーストウッド監督だから自然とハードルは高くなるのではある。だから見たあと一日たって感想メモに...
インビクタス/負けざる者たち (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
最後の方に近づくにつれて、感動の涙が出て止まらなかった。ラグビーの応援を普段しているわては、大男たちがスクラムやタックルでぶつかる音が迫力満点だった。マンデラ大統領の不屈の精神と、ピナール主将のリーダーシップが相乗効果となって決勝戦に昇華している。
インビクタス/負けざる者たち (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
偉人マンデラの理想と希望を、ラグビーとのつながりを通して描く実話だ。1994年、27年間の投獄生活から解放されたネルソン・マンデラは、南アフリカ共和国初の黒人大統領になる。アパルトヘイトにより黒人と白人の間にできた大きな溝、激しい経済格差、国際社会でのアピー...
★「インビクタス/負けざる者たち」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
最近、話題作ばかり作ってるクリント・イーストウッド監督作。 ラグビーというアメリカでは???系のスポーツを題材に、 でも実は人種差別問題を抱えた南アフリカ大統領ネルソン・マンデラもの。
インビクタス/負けざる者たち (ひばなのシネマの天地)
ジャンル : ドラマ 製作年 : 2009年 製作国 : アメリカ 配給 : ワーナー・ブラザース映画 監督・製作 : クリント・イーストウッド 原作 : ジョン・カーリン 出演 : モーガン・フリーマン マット・デイモン トニー・キゴロ
インビスタス-負けざる者たち- (犬・ときどき映画)
インビスタス-負けざる者たち- [Invictus] クリント・イーストウッド監督の最新作 TrueStory <Story> 投獄生活を送っていたネルソン・マンデラが釈放され、黒人でありながら大統領に当選する。 そして1年後に控えたラグビーのワールドカップ開催。しかしナショナルチ...
映画 ■■インビクタス/負けざる者たち■■ (Playing the Piano is ME.)
隣の男の人がものすごく泣いておられました。 終盤に入ると 何度もメガネ外して、涙を拭いている様子。 すすり泣きも聞こえてきました。
インビクタス/負けざる者たち☆独り言 (黒猫のうたた寝)
クリント・イーストウッドの作品は音楽が結構好きです。ということもあり、今回もはまり♪舞台は南アフリカ共和国。1994年マンデラが大統領になりアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をひとつにまとめるために、彼が注目したものは・・・1995年に開催されたフ...
【映画】インビクタス/負けざる者たち (新!やさぐれ日記)
▼動機 テレビ版CMの出来の悪さに反って興味を持った ▼感想 鑑賞後に色々と興味を持てる材料が残るところがよい ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領とな...
【インビクタス 負けざる者たち】 (日々のつぶやき)
監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 「1994年、ネルソン・マンデラは南アフリカ共和国初の黒人大統領に選ばれた。 しかし未だ強く残る人種差別を失くすため、ラグビー
インビクタス/負けざる者たち [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:INVICTUS公開:2010/02/05製作国:アメリカ上映時間:134分監督:クリント・イーストウッド出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターンひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。Story: 1994...
■映画『インビクタス/負けざる者たち』 (Viva La Vida!)
2010年度、最初に紹介する映画はクリント・イーストウッド監督がネルソン・マンデラ大統領を描いた映画『インビクタス/負けざる者たち』。 2010年1本目の紹介でありながら、Cheese的には既に2010年度ベスト10映画の中には必ず入れると決めた感動の一作。 それどころ...
インビクタス/負けざる者たち (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1990年、南アフリカ共和国。豪奢なラグビー練習場でプレイする白人たちと、道を隔てた原っぱでサッカーに興じる黒人少年たち。アパルトヘイトを象徴するかの光景が広がる。だが、歴史は変わりつつあった。 隔てる道を、30年近く政治犯として捕らえられていたネ...
インビクタス 負けざる者たち (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞インビクタス 負けざる者たち/INVICTUS 2009年/アメリカ/134分 監督: クリント・イーストウッド 出演: モーガン・フリー...
インビクタス-負けざる者たち- (しぇんて的風来坊ブログ)
この映画に関しては世代や人を問うかもしれない 若い人でかつ一般常識がなければ知識としてすら知らないかもしれないし、一般常識として知っていてもその頃の事はしれほどリアルに覚えていなかったりしていたり、或いは年輩の人でも他国のことに無関心だったら、まず背景...
[映画『インビクタス/負けざる者たち』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆うーん、面白かったですねえ。  『グラン・トリノ』に続いて、テーマは、民族の「融和」であった。  前作の町内レベルから、国家レベルへと、テーマがスケールアップしている。  アパルトヘイト下、27年間を「テロリスト」として獄中で過ごしたマンデラ氏が、南...
【インビクタス/負けざる者たち】私が我が運命の支配者、我が魂の指揮官 (映画@見取り八段)
インビクタス‐負けざる者たち‐~INVICTUS~ 監督: クリント・イーストウッド    出演: モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコ...
「インビクタス 負けざる者たち」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  クリント・イーストウッド監督作品。「チェンジリング」「グラントリノ」に引き続き、またもや感動の嵐…。今年で御歳80ですから、そのバイタリティに脱帽です。ここのところ一貫して“正義”や“勇気”というメッセージが伝わってくる作...
「インビクタス/負けざる者たち」 第4位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 319オープニング金土日動員: 12万8730人オープニング
『インビクタス 負けざる者たち』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1994年、マンデラはついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナ
「インビクタス/負けざる者たち」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
(2009年:ワーナー/監督:クリント・イーストウッド) まもなく80歳!になるクリント・イーストウッド監督による、南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と同国代表ラグビーチームの白人キャプテンが
インビクタス/負けざる者たち (C note)
『チェンジリング』『グラントリノ』のような胸に深く突き刺さる痛みはなく、爽やかな
インビクタス/負けざる者たち (まぁず、なにやってんだか)
1月27日、科学技術館の「インビクタス/負けざる者たち」の試写会に行ってきました。 以前WOWOWで「マンデラの名もなき看守」を観て、ネルソン・マンデラを尊敬し、興味を持っていたので、ぜひ観たいと思っていた映画です。 ネルソン・マンデラを演じるのがモー...
2010-06『インビクタス/負けざる者たち』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2010-06『インビクタス/負けざる者たち』(更新:2010/02/06) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) モーガン・フリーマンとマット・デーモン出演で、クリント・イーストウッド監督作品です。 ...
『インビクタス/負けざる者たち』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:INVICTUS監督・製作:クリント・イーストウッド原作:ジョン・カーリン出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>19...
映画「インビクタス/負けざる者たち」 (FREE TIME)
映画「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。
お薦め映画『インビクタス/負けざる者たち』 (♪心をこめて作曲します♪)
★★★★★娯楽作品と言う程にはくだけていないものの、社会派ドラマの割にはユーモアもあり、手に汗握るスポ根ものとしても見ごたえあり。 鑑賞後がさわやかなお薦め作品である。
インビクタス/負けざる者たち (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年10本目です。 【あらすじ】 1990年。 人種隔離政策のアパルトヘイトに反対し、27年間も投獄されていたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン...
インビクタス/負けざる者たち  (墨映画(BOKUEIGA))
「アパルトヘイトを乗り越えたマンデラは、黒人の国ではなく、人の国を築く。」 人種の違いを乗り越えること。 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説を、『グラン・トリノ』のクリント・イー...
インビクタス 負けざる者たち (活動写真放浪家人生)
 <小倉コロナシネマワールド>  「あれ?なに?」・・・映画も終盤近くなって、突然、関係ないんじゃな
インビクタス/負けざる者たち (愛猫レオンとシネマな毎日)
クリント・イーストウッド監督の最新作は、実話を映画化したものです。 1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラは 黒人と白人をひとつにするため、一年後に自国で開催されるラグビーの ワールドカップで南アフリカ代表チームの優勝を目指...
【映画】インビクタス/負けざる者たち…の記事&お盆はこうしてた! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
私のお盆休みの過ごし方。 13日(金曜日){/kaeru_fine/}{/kaeru_rain/}…夜勤明けなので(しかも帰宅後ビール{/beers/}を少し飲んだので)昼過ぎまでダウン{/face_hekomu/}。 午後(14時頃)から、(嫁さんの)実家に行っていた嫁さんと娘に合流。 夜には帰省している学...
インビクタス‐負けざる者たち‐ (ダイターンクラッシュ!!)
2010年2月13日(土) 18:30~ チネ9 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 『インビクタス‐負けざる者たち‐』公式サイト 巨匠イーストウッド先生の新作は、大統領役者モーガン・フリーマンをネルソン・マンデラに迎えた、素直でストレートな爽やかス...
映画『インビクタス 負けざる者たち』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-7.インビクタス 負けざる者たち■原題:Invictus■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:134分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月6日、シネパレス(渋谷)■予告編□監督...
『インビクタス/負けざる者たち』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 インビクタス/負けざる者たち 』 (2009)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、 ザック・フュナティ、グラント・L...