映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

食堂かたつむり

2010年03月13日 | 邦画(10年)
 『食堂かたつむり』を恵比寿ガーデンシネマで見てきました。

 予告編で見たときから面白そうだなと思い、見に行こうとしたところがなかなか時間がうまく合致せずに、映画館に行くのがこんなに遅れてしまいました。

 この映画に対し前田有一氏は、4点という極端に低い点数をつけています。
 その論評を読んでみますと、「「人物描写が浅い」「期待はずれ」「話が薄い」「突っ込みどころ満載」などといった生の読者の声を、きっと富永まい監督も読んだのだろう。この映画版を見た人も、原作を読んだ人たちと同じ感想を持つことができる、きわめて原作に忠実な実写化となっている」などと、ストーリー紹介から論評に移った途端に、強烈な反語的表現による酷評がこれでもかと続き、末尾の「邦画では貴重なカルトホラーとして、まれにみる傑作の誕生となった」に至ります。
 いくら気にくわないからと言って、これほどの厳しい批評をした人にこれまで遭遇したことがありません。

 確かに、「突っ込みどころ満載」の映画でしょう。
 1日に1件の客しか受け入れず、一つ一つの料理にあれほどの食材を投入して時間をかけていては経営などおぼつかないでしょうし、おばあちゃんから糠漬けは教わったにしても、各国料理の精髄をいつの間にどうやって習得したのか、ジュテームスープを飲んだら愛が芽生えるというのも如何にも幼稚な感じであり、満島ひかりは、サンドイッチに虫を入れた張本人にもかかわらず、いつのまにか結婚式で皆と一緒に楽しく食事をしていたり、それに……。

 ですが、映画の冒頭から、ファンタジー映画なのだと割り切ってしまえば〔だって、食堂を取り囲む風景に「おっぱい山」を見たら、この映画をファンタジー以外に受け取りようがないではないですか!〕、そんなことはすべてどうでもよく、前田氏が酷評するほど駄目な映画ではないのではないか、むしろ大変楽しい映画ではないか、と思えてきます。

 こんなすごい料理を食べることができ、同時に夢まで叶うことができたら、それは素晴らしいことだなあ、そんなことが実現したら世の中どんなにいいだろうな、さらには、トレイに入っているロース肉などとしてしか接していない豚とあのように通じあえたらどんなにいいだろうな、死ぬ間際に思い焦がれていた人と結婚できたらどんなに素敵だろうか、などというところを映画にしてみたのでは、と受け取ってみたらどうでしょう。

 そんなことは子供騙しで馬鹿馬鹿しいというのであれば、それはそれで仕方のないことです。ですが、だったら一人でそう思っていれば済むことで、あるいは見なければいいのであって、前田氏のように大上段に構えておおぴらに批評するのは、実に大人げないことだとしか思えないところです。
 子どもの絵本を見る感じでこの映画に接すれば、「原作者は、食というものを根本的に勘違いしている(もしくはそう装っている)」などといった高飛車な物言いは飛び出さなかったことと思います。

(2)この映画の原作本について、amazonのカスタマーレビューを見ると、ペットとして飼っていた豚の「エルメスの屠殺」のところが一番の問題のようです。 
 下記の小梶勝男氏も、「余貴美子が演じる母親が、自分がガンであることを知り、それまで可愛がっていたブタを突然、「食べる」と言い出すという、それだけなのだ。ブタを食べるという行為や意味は提示されるが、それが提示されるだけでドラマになっていかない」と批判的です。
 ただ、この点については、宗教学者・文化人類学者の中沢新一氏の『熊から王へ(カイエ・ソバージュ供法戞聞崔娘卅書メチエ、2002年)が、あるいは参考になるかも知れません。

 たとえば、中沢氏は、次のように述べています。
 「アメリカ・インディアンたちは鮭を捕り、肉や内臓をきれいに食べた後、残った骨や皮の部分をじつに丁寧に取り扱いました」。「なるべく骨を折らないようにして、丁重に川に流したのです」。「トナカイや熊などの動物を人間は長いこと獲ってきましたが、これらの動物の内臓にはとりわけデリケートな配慮が必要だとされてきました。内臓は丁寧に扱われ、その社会で最も高貴な人々だけが、口にすることができたと言われています」(P.15)。

 また、サハリン中部以北などに住むニヴフの人々の「熊送り」の儀礼が取り上げられています。
 中沢氏によれば、小熊のころから大層可愛がってきた熊が2,3歳になったころを見計らってこの儀式が行われます。「木に結わえつけれれた熊は儀礼用の矢で射られて死」にますが、「人々は亡くなった熊のからだを、細心の注意を払いながら解体します」。「そうやって解体と熊の霊の送りが完全におこなわれると、熊の霊はよろこんで、人間への友愛を回復してくれるというのです」(P.85)。

 映画において、結婚式のパーティーで、各国の料理が豚のエルメスのどの部位を使ったものかを示すボードが登場しますが、このことで、皆が如何にエルメスを丁重に取り扱ったかが示されているのではないでしょうか?
 また、窓にあたって死んでしまった鳩を丁重に扱って料理したことのお礼として、倫子の声が蘇るのではないでしょうか?

(3)評論家諸氏は、前田氏ほどではないにせよ、総じて辛めの評価です。
 小梶勝男氏は、「真っ向から「癒やし」を描かれると、見ていてどうにも居心地が悪い。映画の中で登場人物たちが癒やされるほどには、観客は癒やされない」、「何故か今ひとつ、すべてが心に響いてこない。いろんなものを一通り並べただけ、のような印象なのだ」として、同氏としてはかなり低めの66点を付けています。
 渡まち子氏は、「柴咲コウ自身が作っているという料理シーンにうそがないことや、余貴美子演じる母親のキャラが抜群に立っていることで、お互いに屈折しながら歩んできた母 と娘の和解の物語として味わうことができる。料理がもたらすとされる幸せが、劇的な変化ではなく、何かのきっかけになるささやかなサイズであることが好ま しい」として、かろうじて55点を付けています。
 福本次郎氏となると、「もともとスカスカな内容の原作は映画化でいっそう隙間風を吹かせてしまった」として30点です。
 福本氏は、「ヒロインの半生を手短に紹介するイントロ部分は、魔法の国の扉を開けるようなメロディに乗せた歌と簡潔な映像でテンポよく語られる。これからどんなおとぎ話が展開するのかと期待はふくらむが、ブタを飼う母親が出てくるあたりで急速にしぼんでしまう」と述べているところ、「ブタを飼う母親が出て」くれば、普通ならばおとぎ話としての「期待」が一層ふくらむのではないでしょうか?
 それに、「熊さん」や「お妾さん」が一人で食べている光景は「味気ない」と述べていますが、ここは観客と一緒になって食べていると想像力を働かせればいいのではと思います。


★★★☆☆

象のロケット:食堂かたつむり
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新しい人生のはじめかた | トップ | パレード »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
辛辣・毒舌 (de-nory)
2010-03-16 07:50:58
クマネズミさん。こんにちは。
TBありがとうございます。

お笑いなんかでもそうですが、辛辣に言ったり・毒舌吐いたり。
そうすることがいかにも斬新でウケル。
そんな風潮があるように感じますね。
私なんかは、それなりに楽しんでしまうので、毒を吐けないタイプですから、ある意味ですごいとも思います。

だけど、せっかく楽しみで観るのですから、楽しく観たいですよね。
いい話だったと思います。
しゃべらないコウちゃんも素適でしたし。
映画を観る視点の差異 (三半規管)
2010-03-20 17:11:53
  私も、前田有一氏の超映画批評での極端な点数に好奇心を起こされて「食堂かたつむり」をもあって観てきました。おっぱい山の麓の村の寓話ないしファンタジーという目で最初から見ていくと、とくにさほどの違和感もなく、それなりにまとまって、筋もまぁまぁ通っていましたから、前田氏の期待あるいは先入観に合わなかった映画ということにすぎなかったようです。母親ルリコの行動をどう受けとめのかという問題も含めて、物事の受け取り方に大きな幅があることを映画のなかでも示されます。
  ヒロイン倫子のあんなやり方だと食堂の商売になるはずがないのではないかということは、さておいて、「物を食べるということ」はどういうことなのか、を投げかけた映画だという受け取り方ができそうです。そうしたら、この映画に対してもっと肯定的になれると思われますし、愛情をもって食べることの大切さを説いたものと受けとめました。
  この映画でも、いま旬になりかけている余貴美子さんや 満島ひかりさんが出演しておりますが、後者の役割・行動はちょっと描写不足のように思われます。
女優 (クマネズミ)
2010-03-21 08:19:40
「三半規管」さん、コメントをありがとうございます。
そういえば、余貴美子さんは、2年連続で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受けましたし、満島ひかりさんも、キネ旬助演女優賞を受けましたから、この映画は主演の柴咲コウさんだけでなく、実に錚々たるメンバーが出演しているのですね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
食堂かたつむり〜市場原理主義への女性の抵抗 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。小川糸原作、富永まい監督、柴咲コウ、余貴美子、ブラザートム、佐藤二朗、田中哲司、志田未来、満島ひかり、江波杏子、三浦友和。地産地消、田舎暮らし、スローライフ、反グローバリズム、そんな言葉が思い浮かび、女性的なささやかなレジスタンスを感じさせ...
「食堂かたつむり」母親の真実を知った先にみた愛情の注がれた幸せの料理 (オールマイティにコメンテート)
「食堂かたつむり」は小川糸原作の「食堂かたつむり」を映画化した作品で母子家庭に育った少女がその環境から独立してお店を持とうと働くが、お金も家財道具も恋も声も失い故郷に戻って食堂をオープンして色々な人たちを幸せにする料理を作り続けて母親と自らの出生の秘密...
食堂かたつむり/柴咲コウ、余貴美子 (カノンな日々)
原作本を本屋で見かけたときはこのキャッチーなタイトルに惹かれて文庫化されたら買って読んでみようかなと思っていました。そしたらこうして映画化されちゃいましたので、それならばと公開されるのを楽しみにしてました。主演の柴咲コウさんはお料理が得意ということで劇...
「食堂かたつむり」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                「食堂かたつむり」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・富永まい 原作・小川糸 脚本・高井浩子 失ったもの:恋、家財道具一式、声。 残ったもの:ぬか床・・・。 というキャッチ・コピーのこの作...
食堂かたつむり (そーれりぽーと)
「すげぇよリンゴちゃんの料理は、食うとさ、変わるんだよ」 『かもめ食堂』を連想する台詞と、中島哲也監督を思わせるビジュアルの劇場予告編。 美味しそうな料理を期待して『食堂かたつむり』を観てきました。 ★★★★ アーティスティックな映像や音楽を使った奇抜な...
『食堂かたつむり』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「食堂かたつむり」□監督 富永まい □原作 小川 糸(「食堂かたつむり」ポプラ社) □脚本 高井浩子□キャスト 柴咲コウ、余 貴美子、田中哲司、ブラザー・トム、志田未来、江波杏子、満島ひかり、三浦友和■鑑賞日 2月7日...
映画・食堂かたつむり  (お花と読書と散歩、映画も好き)
原作を読んだのは一昨年の夏です その時にPCに残しておいた感想を一つ前の記事にしました ほとんど映画とイコールです でも原作では倫子の気持ちが文字として書かれていますのでより理解出来ますね さて 映画です 観終わって フフン♪ってなれる映画でした 私生児と...
「食堂かたつむり」テアトルダイヤにて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
久しぶりの休日なんで、2月末まで有効のテアトルグループ映画鑑賞券を使って、池袋のテアトルダイヤで「食堂かたつむり」を観てきました「嫌われ松子…」とか「パコと魔法の…」とかみたいな滑り出しで始まるんだけど、そこまでハジケテはいないし、母と娘のドラマとして...
『食堂かたつむり』 (ラムの大通り)
----お正月って、同じものばかり食べていて、 あきてこニャい? まあ、フォーンは、いつも同じものだけどね。 「うん。だからというわけじゃないけど、 きょう、選んだのが、この料理の映画」 ----『食堂かたつむり』? それって、エスカルゴを出すお店? 「ピンポン! な...
食堂かたつむり (cochi のArt-Mill)
柴咲コウさん、ふっくらした表情で、女性らしい繊細な表情を見せていました。 言葉の出ない女性のもどかしい感情を、ゆったりとした演技で表現。 メン玉の大きい魔法のような表情も、所々見ることができましたので、 柴咲コウファンとして、一安心。 《食堂かたつむ...
食堂かたつむり (to Heart)
           {/m_0243/} {/m_0243/}。。。。 あるところに、 願いが叶うごはんが ありました。 製作年度 2010年 上映時間 119分 原作 小川糸 『食堂かたつむり』(ポプラ社刊) 脚本 高井浩子 監督 富永まい 主題歌 Fairlife 『旅せよ若人』 出演 柴咲コウ...
『食堂かたつむり』小川糸に教えられる食うこと作ること (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
「食堂かたつむり」小川糸 ポプラ社 15でおかんの元を出て自活してきた倫子25歳。トルコ料理店でバイトしながら付き合っていたインド人にふられ金も持ち逃げされる。もうこうなったら実家に帰るしかない。実家ではじめた料理屋、食堂かたつむりをめぐるエピソード...
料理とは祈りそのもの〜『食堂かたつむり』 (真紅のthinkingdays)
 原作の感想はこちら⇒『食堂かたつむり』  恋人に裏切られ、全財産と声を失った倫子(柴咲コウ)は、10年ぶりに故郷の 村へ帰る。母の...
食堂かたつむり (悠雅的生活)
しあわせを呼ぶお料理を召し上がれ。
映画「食堂かたつむり」@東宝第二試写室 (masalaの辛口映画館)
当日はyahoo!映画ユーザーレビュアー試写会と言う事で、上映終了後に富永まい監督を招いて観客とのティーチインが行われた。客席は満席、座れないお客さんは補助椅子で鑑賞していました。 「食堂かたつむり」オリジナル・サウンドトラック/サントラ[CD]【返品種....
食堂かたつむり (シネマ大好き)
昨夜、試写会で「食堂かたつむり」を観た。監督と柴咲コウと余貴美子の舞台挨拶つきで、豪華でした。 母親(余貴美子)と折が合わずに祖母と暮らし、料理好きの祖母の影響で、食堂を開く夢をもつ倫子(柴咲コウ)。 インド人の恋人と同棲して夢に向かって働いていたの...
食堂かたつむり (いい加減社長の日記)
9時半だと思っていたら、9時上映開始で、おかげで朝めしを食えなかった^^; 作品としては、どうなのか、よくわからなかったんだけど、柴咲コウさんが大好きなので、「食堂かたつむり 」を鑑賞。
『食堂かたつむり』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:富永まい原作:小川糸脚本:高井浩子出演:柴咲コウ、余貴美子、ブラザートム、田中哲司、志田未来、満島ひかり、江波杏子、三浦友和試写会場 : 東宝試写室公式サイトはこちら。本「食堂かたつむり」の読後感想はこちら。<Story>失恋のショックで声を失っ...
食堂かたつむり レビュー(ネタバレあり) (無限回廊幻想記譚 別宅)
 【ストーリー】 おっぱい山のある田舎に生まれ育った倫子(柴咲コウ)は、ルリコ(
*食堂かたつむり* (Cartouche)
{{{   ***STORY***             2010年  日本 失恋のショックで声を失った倫子は、子供の頃から馴染めなかった自由奔放な母・ルリコが暮らす田舎へ戻り、小さな食堂を始めることにする。お客様は一日一組だけ。決まったメニューはなく、お...
食堂かたつむり (LOVE Cinemas 調布)
小川糸のベストセラー小説の映画化。主演は『容疑者Xの献身』の柴咲コウ。共演に『ディア・ドクター』の余貴美子、ブラザートム、志田未来、佐藤二朗、三浦友和など人気俳優が目白押しだ。監督は富永まい。失恋のショックで声を失った主人公が実家に戻り食堂を開く。そ...
映画 食堂かたつむり (単館系)
ストーリー: 倫子(柴咲コウ)がアルバイト先の料理店から戻ると同棲(どうせい)中のインド人の恋人の姿はどこにもなく、 部屋は空っぽだ...
食堂かたつむり (だらだら無気力ブログ)
小川糸原作の同名小説を『少林少女』の柴咲コウ主演で映画化したドラマ。 失恋で声が出なくなったヒロインが生まれ故郷に戻り、食堂を開き、そこで 出会う人々との触れ合いを通じていく様を描く。 共演に『ディア・ドクター』の余貴美子など。倫子は夢である自分の店を...
「食堂かたつむり」 倫子の「言葉」 (はらやんの映画徒然草)
人間には五感があります。 これはすなわち、視覚、聴覚、触覚、味覚、臭覚です。 こ
食堂かたつむり (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
食に関する映画が流行しているが、これはちょっと風変わりなグルメもの。子供の頃から料理が大好きだった倫子は、レストランを開くのが夢。だが、恋人から資金を持ち逃げされ、ショックと失恋の痛手から声が出なくなってしまう。昔から折り合いの悪い母親の暮らす田舎に戻...
食堂かたつむり (ルナのシネマ缶)
最近、料理がメインの 映画って多いような気が しますね〜。 予告編で、アニメ等の映像が 可愛いかったので 気になっていた作品です。 わめかない(しゃべらない) 柴咲コウは、悪くなかったです。 料理が大好きな倫子(柴咲コウ)は、レストランを開くのが夢。...
食堂かたつむり☆独り言 (黒猫のうたた寝)
『ウール100%』の監督の『食堂かたつむり』観てきました。予告から、実は内容よりも料理に魅了されてました(爆)あぁ、なんて美味しそうな♪ってことでお腹がすく映画かなって勝手に思ってましたけど。予測は覆されるから面白い、作風はなんとなく絵本ちっく。倫子のママ...
食堂かたつむり 【~⌒(・・)⌒~】を飼いたくなった(←食うためではない) (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=7 -4-】 これは試写会にて火曜に観た映画、原作(小川糸著)が妙な話題になっていたようだが自分は未読。  失恋のショックで声を失った倫子は、子供の頃から馴染めなかった自由奔放な母・ルリコが暮らす田舎へ戻り、小さな食堂を始めることにする。お客...
食堂かたつむり (シネマDVD・映画情報館)
小川糸原作の同名のベストセラー小説を『ウール100%』の富永まい監督が映画化した、じんわりと心にしみる人生賛歌。失恋の痛手から一時的に心因性失声症を患った主人公が実家に戻り、食堂を開いて人々を料理で癒やしていく様を描く。ヒロインは自身も大の料理好きだとい...
『食堂かたつむり』 (kuemama's_webryblog)
2009年/東宝/119分 【オフィシャルサイト】 監督:富永まい 出演:柴咲コウ、余 貴美子、ブラザートム、田中哲司、志田未来、満島ひかり、江波杏子、三浦友和
『食堂かたつむり』を観る (雑記帳+)
お休み取っての旅帰り。池袋に寄り道して観て来ました。 ファンタスティックでカラフ
食堂かたつむり (迷宮映画館)
おいしいものを食べるって言うことが、人間なのかも・・・・。
【食堂かたつむり】 (日々のつぶやき)
監督:富永まい 出演:柴咲コウ、余貴美子、志田未来、田中哲司、三浦友和、満島ひかり、江波杏子、ブラザートム   あるところに、願いが叶うごはんが ありました。 「恋人もお金も失ったショックから声が出なくなってしまった倫子は田舎の実家に戻ってきた
食堂かたつむり  (墨映画(BOKUEIGA))
「愛しい子。 あなたには料理がある。」 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 小川糸原作の同名のベストセラー小説を『ウール100%』の富永まい監督が映画化した、じんわりと心にしみる人生賛歌。失恋の痛手から一時的に心因性失声症...
『食堂かたつむり』 (・*・ etoile ・*・)
'10.02.02 『食堂かたつむり』(試写会)@ヤクルトホール yaplogで当選。ホントにいつもありがとうございます。これ別口でハズレてしまってガッカリしてた。試写会募集の記事を見て早速応募。見事当選したのでワクワクしながら行ってきた。 *ネタバレありです! 「一緒に...
「食堂かたつむり」 (みんなシネマいいのに!)
 失恋を機に話せなくなり、故郷に戻って小さな食堂をはじめたヒロインが、そこで出会
食堂かたつむり (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
あるところに、 願いが叶うごはんが ありました。 生きることは、食べること。おいしくてしょっぱい母と娘の物語。 TBSの「王様のブランチ」で紹介され女性...
mini review 10485「食堂かたつむり」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
小川糸原作の同名のベストセラー小説を『ウール100%』の富永まい監督が映画化した、じんわりと心にしみる人生賛歌。失恋の痛手から一時的に心因性失声症を患った主人公が実家に戻り、食堂を開いて人々を料理で癒やしていく様を描く。ヒロインは自身も大の料理好きだとい...
南極かたつむり (Akira's VOICE)
「食堂かたつむり」 「南極料理人」