映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ルーパー

2013年02月04日 | 洋画(13年)
 『LOOPER/ルーパー』を渋谷東急で見ました。

(1)評判のSF物ということで映画館に足を運びました。

 物語の主人公・ジョージョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、30年後の「未来」(2074年)からタイムマシンで送り込まれてくる人物を銃で殺す作業をする「ルーパー」の一人。



 2074年においては、殺人が不可能の世界となっているために、その時代の悪の組織を取り仕切っているレインメーカーは、消すべき敵を30年前の世界に送り込んでルーパーに殺してもらうというわけです。
 ある時、ジョーは、自分が処理すべき相手が「30年後の自分(オールド・ジョー)」(ブルース・ウィリス)であることが分かります。そのためヤング・ジョーはうまく銃を撃てず、オールド・ジョーは逃げ去ってしまいます。
 そうなると、掟によりヤング・ジョー自身が殺されてしまいます。
 そこで彼は、必死になってオールド・ジョーを探すのですが、オールド・ジョーが30年前の世界にやってきたのには理由がありました。



 さてどんなわけなのでしょうか(注1)?
 そして、はたしてヤング・ジョーはオールド・ジョーを消し去ることができるでしょうか?

 タイムトラベル物は、どんなに工夫しても原理的に問題を持ってしまうと考えられますが(未来の者が過去に現れて過去の者とコミュニケーションを持てば、その時点でそれは過去ではなくなってしまいます。そしてコミュニケーションを持たないのであれば、物語に仕立てる意味がなくなってしまいます)、そんなところに余りこだわらずに本作を見れば、なかなか楽しめる作品ではないかと思いました。

 主演のジョゼフ・ゴードン=レヴィットは、『ハーフ・デイズ』に出演していましたが、本作では、30年後の自分であるブルース・ウィリスに外観を合わせるべく随分とメーキャップ等をしています(注2)。
 また、同じルーパーでジョーの友人のセス役を、『ルビー・スパークス』のポール・ダノが演じています(注3)。
 さらに、物語の鍵を握る女・サラ(注4)に、『砂漠でサーモン・フッシング』に出演したエミリー・ブラントが扮しています。



 本作の出演者は皆、その持ち味をいかんなく発揮していると思いました。

(2)タイトルが「ルーパー(looper)」となっているため、「ループ(loop)」とどのような関係があるのかと気になります(注5)。
 おそらくは、こんなことではないでしょうか。「現在」の「ルーパー」は、30年後の「未来」から送られてくる“未来の自分”をたちどころに始末しなくてはなりませんが、そうする「ルーパー」は、その時点から30年間は必ず生きているわけです。そうして30年経過すると、またもやその“未来の自分”が30年前の過去に送られて、そこには“過去の自分”が必ず存在して、その自分に射殺されるものの、銃を放つ自分はまた30年生きて、云々ということになるのでしょう。
 この繰り返しを指して「ループ(loop)」といい、それに荷担するジョーたちを「ルーパー(looper)」というのでしょう。
 
 とすればこの物語は、ちょうど最近刊行された浅羽通明氏の『時間ループ物語論』(洋泉社、2012.11)の対象範囲に入ってくるのではないかと考えられます(注6)。
 同書は、早稲田大学教育学部国文科で同氏が行った講義の一部であり、「時間ループという特異な現象、これを扱った物語を題材として、日本の現代を生きる私たちが抱いている価値観、人生観の一断面へ迫ってみ」るという狙いのもとに、議論が進められています(P.6)。

 ここでは、クマネズミが興味を持った少々の事柄について、同書と本作との関連性を調べてみましょう(分厚い本でもあり、随分とおざなりなものになってしまいますが)。
 例えば、同書においては、時間ループ物語には「時間ループ現象の苦しみを主に描くタイプと、時間ループ現象の利点を描くタイプとがあるよう」だと述べられています(P.20)(注7)。
 ただ、本作におけるヤング・ジョーは、その作業に疑問を持つこともなく淡々とルーパーとしての仕事をこなしていて、むしろ、得られる報酬をため込んでフランスに移住する夢を実現しようと頑張っている感じです。
 こうなるのも、ループに巻き込まれている当事者たちの意識に差があるからではと思われます。
 本作のジョーは、「ルーパー」との自覚はあるものの、時間ループの中に巻き込まれているという意識は持っていないようです。
 他方、同書で取り上げられる作品において当事者たちは、自分たちが時間ループの中に巻き込まれているとの意識を次第に持つに至ります(注8)。それで、「多くの場合、主人公は時間ループを抜け出そうとじたばた奮闘」することになります(同書P.19)(注9)。

 とはいえ、以上の比較は、本作においてヤング・ジョーが独りでいる間のことであり、オールド・ジョーが登場しヤング・ジョーとコンタクトをとるようになってくると変更せざるをえないでしょうが、そしてそれは大層興味深いことと思われますが、長くなり過ぎてしまいますのでそれはまたのちの機会といたしましょう(注10)。

(3)渡まち子氏は、「今の自分と未来の自分が出会う前代未聞のSFタイムトラベルの秀作「LOOPER/ルーパー」。最大の見所は無気力な主人公の心の成長だった」として75点をつけています。
 また、前田有一氏も「そこそこ頭を使うものの、それほど難解でもない。正月明けにみるにはほどほどの、やや知的な大人SF」として80点をつけています。



(注1)オールド・ジョーが結婚した女(サマー・チン)は、彼が掟に従ってレインメーカーの手下に捕えられる際、流れ弾に当たって死んでしまいます。彼は彼女を深く愛していたために、タイムマシンで過去に遡り、レインメーカーを抹殺することで彼女の死を取り消そうとします。

(注2)いくらメイクをしても元々の顔形がかなり違うのですから、そんなことまでしなくてもという感じです(違和感だけが残ります)。
 なお、ブルース・ウィリスについては、最近では『RED/レッド』や『トラブル・イン・ハリウッド』で見たくらいです。

(注3)セスは、30年後の自分を殺す羽目になった時に酷く取り乱してしまい、エイブジェフ・ダニエルズ: 30年後の「未来」からレインメーカに送り込まれた者で、ルーパーを支配下に置いています)の追手から逃れるべくジョーに匿ってもらおうとしますが、『ルビー・スパークス』でルビーに手を焼くカルヴィンを思い出しました。

(注4)サラは、レインメーカーと同じ年月日に同じ産院にいた三人の新生児のうちの一人・シドを育てていたことから(シドは、サラの姉の方が本当の母親だと言い張りますが)、オールド・ジョーにつけ狙われることになります。

(注5)なお、looperはloopの派成語でしょうが、鳩山元総理に付けられたあだ名loopyも同じ派成語のようです!

(注6)本書全体については、このサイト記事が大変興味深く紹介しています。

(注7)同書では、前者の例として、北村薫『ターン』とかR・R・スミス『倦怠の檻』等々が挙げられ、後者の例として、アニメ『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』などが挙げられています。

(注8)たとえば、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(1984年)においては、まず主人公・諸星あたるの担任教師・「温泉マーク」が、「学園祭の前日」が毎日繰り返されているのではという大層おかしな感じに囚われます。

(注9)ただし、ここには問題があります。同書が指摘するように、「意識と記憶が連続しているとすると、人間だったら、何か意志的な行動を試みて次のループをこれまでとは違うものに変えようとするでしょう」、「でも、それができるとなると、もう厳密には時間ループとは言えないんじゃないか」、「逆に、意識と記憶の連続がなく、それも一日前とかに還元されてしまうとなると、当人たちはまったくループに気づく可能性がなくなる。そもそも時間ループという怪現象が意識されることもないでしょうし、苦しみもつらさもありえないことになりましょう」(P.34)。

(注10)本作においては、オールド・ジョーが登場し、それをヤング・ジョーが追いかけます。そして、ヤング・ジョーは、オールド・ジョーを見つけ出し、掟に従って射殺しようとしますが、そこで彼を射殺するとこのループ(シドが成長してレインメーカーとなって、そして……)がまた繰り返されると悟って、銃を自分自身に向けて放ちます。

 ここで注目されるのが、シドがレインメーカーとなるループを断ち切ろうとして、ヤング・ジョーがとる行動です。これは、彼のサラとシドに対する深い愛情によると考えられるのであれば、同書が、恋愛を「時間ループ」を終わらせる要因として捉えていることにあるいは通じているのかもしれません〔例えば、「『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』は、ラムの一方的な独善的恋愛ユートピア提示でできあがった時間ループ小世界が、あたるの応答(「いちばん好きなのはラムだ」)により相思相愛と確認することで終わる物語」だとされます:P.95〕。
 そして、以後のサラとシドにとって、同書でいう「直線的時間」(「毎日のくりかえし、毎週、毎月、季節のめぐり……」のような「円環的時間」ではなく、「人が生まれ育ち老いて死ぬプロセス」のような「不可逆」の時間:同書P.268〜)が進行することになるのでしょうか?





★★★☆☆



象のロケット:LOOPER/ルーパー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (68)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鈴木先生 | トップ | さよならドビュッシー »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
未来には戻れない (milou)
2013-02-05 00:29:04
特に面白いわけではないが、まあまあ楽しめました。
タイムトラベルものは好きですが、台詞にもあったようにパラドックスには“触れない”ことが華でしょう。

とはいえ、いくつか疑問点が…
まず2074年ではタイムマシンは完成しているが使用禁止で悪の組織だけが非合法に使っているようだが、誰がどのような理由で送られる人間を選ぶのか。つまり不都合な相手を“殺す”ことができないから過去に送って殺させる。この映画では30年前の決められた時空間に突然現れ瞬時に殺される。過去の殺し屋に、いつ誰を送るかを誰がどのような手段で連絡するのか。つまり誰かは自在に時間移動できないと指示できないはずだが30年前にタイムマシンはあったのか。タイムトラベルが危険だから使用禁止になったという説明があったからあったかもしれないが映画ではなさそうだし、あれば話がややこしくなるが…

次にオールド・ジョーは自分の意志で(送られる何かをして)過去に戻る。その目的は妻が“殺された”から30年前に戻って将来ボスになる子供を殺し、妻が死なないようにする。あれっ?当然2074年でも人間は不死身じゃないから“殺人”じゃなく自殺や事故死はある。つまり妻は“殺された”のではなく“流れ弾”による事故死(?)として処理されるのか(そうは見えなかったが)。そもそも殺人が不可能なら武器など存在しないはずだが。

それはそれとして、ボスが子供のうちに死ねば(一応)30年後の妻は死ななくて済むだろうが、違う時間軸を進むのだからヤング・ジョーは“絶対”中国ではなく“フランス”に行くはずで妻と出会う可能性は限りなくゼロに近い。そして30年前の現在にタイムマシンが存在しなければ妻が生きている未来に戻ることはできないからオールドジョーは、再び別の30年を生きて(何歳になってる?)中国に行ったとしても若い妻は相手にもしてくれないだろう。つまりオールド・ジョーの目論見が理解できない。

あと多くの場所で、例えば渡まち子氏は「“同じ時に同じ者が同時に存在してはならない”というタイムトラベルのセオリーをあっさりと破ってみせるのが刺激的”」と同一人物が同一時空間に存在することが暗黙のルールのように書いているが『バック・トゥー・ザ・フューチャー』を筆頭にいくらでもあったはずだが…
もしオールド・ジョーがジョン・マクレインのように強ければ(マーティ・マクフライがドクがテロリストに殺される10分前に行って助けようとしたように)タイムマシンを奪って妻が殺される少し前に戻れば助けられるはずだが。
書き間違い (milou)
2013-02-05 00:40:26
もちろん、同一人物が同一時空間に“存在しない”ルールです。
ちなみに書いた『BTTF』の場面でマーティは逃げる“自分”を眺めています。そして『BTTF2』以降では同時に存在しない、つまり顔を合わせないために隠れて同時に存在します。
この観点から見ての最高傑作は『ビルとテッドの地獄旅行』です。明日から来た自分と対面して驚く自分に“明日になれば分かる”と言うのです。
突っ込みどころ満載 (クマネズミ)
2013-02-05 06:30:44
Milouさん、コメントをありがとうございます。
タイムトラベル物で突っ込みを入れると本当に際限がなくなりますね!
30年後の世界では殺人が行われていないとされながらも、ご指摘のように、オールド・ジョーの妻は銃で殺されますし、オールド・セスもレインメーカーの部下に殺されたりします。
また、シドを殺して未来を変えようとするオールド・ジョーは、おっしゃるように、タイムマシンがないとしたらいったいこの先どうするのでしょうか(ヤング・ジョーと一緒の生活?)?
なお、「過去の殺し屋に、いつ誰を送るかを誰がどのような手段で連絡するのか」とありますが、「未来」にいるレインメーカーが、「過去」に派遣したエイブと何らかの方法で連絡を取るのではないかと思われます。
その頃(2074年?2044年?)には、完璧な自動翻訳機はまだ出来ていないにせよ(ジョーは一生懸命フランス語を勉強しています)、時空を越えた通信手段くらいはおそらく開発されているのでしょう!
『ビルとテッドの地獄旅行』は未見ですので、早速TSUTAYAに行って探してみます。

こんにちは。 (みぃみ)
2013-02-05 10:12:35
未来の自分だと見分けるのはどうするんだろう?と
思いながら観に行きましたので、銀と金&余生の設定、上手いな〜と思いました。

過去を変えようと未来からやってきたオールドジョンには、
大切な人との記憶の消滅や遂には自分自身のあったはずの人生も失うペナルティが。。。
そう考えると過去と未来がクロスするのは禁じ手なのかも?と思いました。

なにはともあれ、面白かったので、良かったです♪。
オールドジョー (KGR)
2013-02-05 15:06:25
子どものレインメーカーを殺せば、自分はレインメーカーによって"30年前"に送られることがないので、30年前に来なかったことになる(=未来の生活に戻れる)みたいなこと言ってませんでしたっけ。

シドを殺しても現代から消える保証はありませんけど、ヤング・ジョーがサラを殺さなかったからと言ってシドが良い子になる保証はないのと一緒かも。

ところで、クマネズミさんの記事を読んでいて「火の鳥」の「八百比丘尼」を思い出しました。
あれはまさしく時間ループの中に閉じ込められる話でした。
死体遺棄 (milou)
2013-02-05 22:46:17
見たのは1ヶ月も前なのでTKのことも忘れていて、そういえば見ているときは子供のシドはどう見ても『ブリキの太鼓』のオスカルだなあ、なんて思っていたのにラストの見せ場(?)であるシドの力さえ忘れていた。

粉川哲夫氏の文章を見ると殺人が“不可能”なのは瞬時に死体を関知される(つまり犯人が分かる?)から。だからタイムマシンを使って異次元に送る(完全に消滅)ことで抹殺する。つまりその世界では“殺人”は存在しなかった。
であれば、やはり殺人道具としての銃器は存在しないはずだが、まったく殺意がなくても間違いやはずみでで結果的に殺してしまうこともありうるし人間が不死でない限り“殺人の存在しない世界”などあり得ないだろう。

亡霊なども含め同一人物が同一空間に複数登場すること自体は珍しくないが、その2人が協力したり敵対したりして活躍する映画はあまり記憶にないから、そのアイディアは面白いと言える。

ちなみに生物が“不老不死”ではなく“死すべき存在”になったのは多細胞になり分裂して増えることから“子孫を作って死ぬ”存在になったそうです。

さらに関係ないがニュースなどを見ると変死体が発見され容疑者が逮捕されるとき普通は殺人容疑ではなく死体遺棄容疑になっている。犯人が別人であれ殺人が行われたことが確かなら“容疑”なのだから殺人でいいと思うのだが、あるいは単純に再逮捕によって拘留期間を延ばすためなのかもしれないが。
Unknown (クマネズミ)
2013-02-06 07:10:20
「みぃみ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
タイムトラベル物ですからいろいろの問題点が出てきて
しまいますが、クマネズミもお話自体はなかなか面白い
なと思いました。
レインメーカー (クマネズミ)
2013-02-06 07:11:06
「KGR」さん、TB&コメントをありがとうございます。
確かに、シドを殺せばレインメーカーは存在しなくなるのですから、オールド・ジョーも「30年前の過去」に来なかったことになり、現代から消えてしまうのでしょうが、レインメーカーが存在しないということは何を意味するのかを考えると頭が混乱してきます。というのも、オールド・ジョーが最愛の妻を見出すのも、ルーパーとしての蓄えによって中国に行ったからでしょうし、そのルーパーの仕事はレインメーカーによって作り出されているのですから!

なお、『火の鳥』の「八百比丘尼」についての貴重な情報をありがとうございます。昔読んだだけで忘れてしまったのでWikipediaで調べてみると、八百比丘尼は、「無限に繰り返す時間の中に閉じ込められ、永遠に若い頃の自分に殺され続けるという宿命を負わされる」ようですね。
さらにいえば、「「未来編」は物語の始まりである「黎明編」に続くため作品自体が無限に繰り返すような作りになっている」とのことですから、『火の鳥』全体が時間ループ物語といえるのかもしれません!
死とは (クマネズミ)
2013-02-06 07:12:51
Milouさん、再度のコメントありがとうございます。
確かに、本作の同一人物の「2人が協力したり敵対
したりして活躍する」というアイディアはすごく面白い
と思いました。
なお、2074年において「殺人が“不可能”なのは瞬
時に死体を関知されるから」というのであれば、殺し
た死体を直ちに「30年前の過去」に送り込んで処理
してもらえばいいのではないかとも考えられますが?
まあそれはともかく、逆に、生物であっても単細胞で
あれば「寿命(老化)による死という概念が無い」そう
ですね。

ごめん 一応訂正 (milou)
2013-02-06 09:06:50
ビルとテッドの第一作『ビルとテッドの大冒険(89)』のほうです。『地獄旅行(91)』は第二作であまり面白くなかったような記憶が。いわゆる“おバカ”な映画ですがキアヌー・リーブスの馬鹿さ加減がピッタリ。
いずれにしろ同じ時間が繰り返されるという意味ではループといえるかも。
.ルーパーとレインメーカー (KGR)
2013-02-07 00:20:21
クマネズミさん、コメントありがとうございます。

私の理解ではレインメーカーとルーパーの仕組みを作った人物は別人です。

ループが急にそれまでより頻繁に閉じられるようになり、セスがオールド・セスを殺し損ねたときに、レインメーカーが全部のループを閉じようとしていると言ってたと記憶します。
つまり、レインメーカーは元々はルーパーのトップではなく、母の復讐のために、組織を乗っ取り、ルーパーを皆殺しにしようとしていると思いました。

ルーパーを皆殺しにするのは単なる復讐なのか、母を殺したルーパーを殺せば母が死ななかったことになると思ったのかはわかりません。
いずれにせよ、レインメーカーにとって幼いシドの記憶からオールドジョーを特定することは困難だったと思えます。
お礼 (クマネズミ)
2013-02-07 05:28:47
Milouさん、情報の訂正までしたいただき、
誠にありがとうございます。
『大冒険』の方をTSUTAYAで探してみ
ることといたします。
ループは閉じられるか? (クマネズミ)
2013-02-07 06:10:08
「KGR」さん、再度のコメントありがとうございます。
おっしゃるように、「レインメーカーとルーパーの仕組みを作った人物は別人」なのかもしれません(クマネズミは、そのようなことは思いつきませんでしたが)。
ただ、そうだとしても、レインメーカーが「母の復讐のために、組織を乗っ取り、ルーパーを皆殺しにしよう」とすると、結局、その作業のために「30年前の過去」にルーパーが必要になってしまい、いつまでたっても「皆殺し」は達成できないのでは、とも思えてくるのですが?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

68 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ルーパー/LOOPER』 2012年11月24日 シネマート六本木 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ルーパー/LOOPER』 を最速試写会で観てきました。 ちょいと宣伝は大げさだけどね 【ストーリー】  未来からタイムマシンで送られてきた標的を消す、“ルーパー”と呼ばれる殺し屋のジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。ある日、ジョーのもとへ送られてきた...
LOOPER/ルーパー/ジョセフ・ゴードン=レヴィット (カノンな日々)
ジョセフ・ゴードン=レヴィットが年をとって老けるとブルース・ウィリスになってしまうというのはどうにも納得し難いんですけど、それもネタにしてしまうようなこの映画の宣伝は ...
「LOOPER/ルーパー」 なんとかバランスをとったかな (はらやんの映画徒然草)
タイムトラベルものというのは、今までも幾多の作品が作られて、いくつものアイデアが
LOOPER/ルーパー〜裏ターミネーター? (佐藤秀の徒然幻視録)
シュレーディンガーの猫と観測問題 公式サイト。原題:LOOPER。ライアン・ジョンソン監督、ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、エミリー・ブラント、パイパー・ペ ...
映画『LOOPER/ルーパー』★30年後には見た目も境遇もどうなるかは…^^; (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160709/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD22639/story.html ↑ あらすじはこちらも参照ください。   ...
LOOPER/ルーパー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 若きカメレオン俳優といえばジョセフ・ゴードン=レヴィット。
LOOPER/ルーパー (ぷち てん てん)
今年二本目は、なかなか面白そうなSFアクション映画 こういうタイムスリップものは好きなのだ
映画:「LOOPER/ルーパー」〜劇場で (David the smart ass)
タイムトラベルものというだけで見に行きました。 感想は、悪くないです。公式サイトや劇場で見た予告などに、マトリックス以来の衝撃作のようなフレーズを見かけますが、それはどうでしょうか? そんな大...
「LOOPER/ルーパー」☆眉毛に見とれるな! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ブルース・ウィリスの演技を繰り返し見て観察したに違いない。 彼の仕草をまんまコピーしたジョセフ・ゴードン=レヴィットの仕事は賞賛に値する。 無理やり黒く描いてしまった眉毛以外は・・・・・
LOOPER/ルーパー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Looper -Ltd-今の自分と未来の自分が出会う前代未聞のSFタイムトラベルの秀作「LOOPER/ルーパー」。最大の見所は無気力な主人公の心の成長だった。近未来。開発されたタイムマシンの ...
LOOPER/ルーパー/LOOPER (いい加減社長の映画日記)
ブルース・ウィリスって、ここんとこ作品が続くなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 タイトラベルが可能となった未来、犯罪組織は法によって禁じられたタイムマシンで消したい人間を30年前の2044年に送り込み、“ルーパー”と呼ばれる処刑人のもとに送っ...
LOOPER/ルーパー (to Heart)
任務:未来から来る犯罪者を消せ 標的:30年後の自分 原題 LOOPER 製作年度 2012年 上映時間 118分 監督 ライアン・ジョンソン 出演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ブルース・ウィリス/エミリー・ブラント/ポール・ダノ 未来からタイムマシンで送られてきた標的を消す....
「LOOPER/ルーパー」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・アメリカ/配給:ギャガ、ポニーキャニオン 原題:Looper 監督:ライアン・ジョンソン脚本:ライアン・ジョンソン製作:ラム・バーグマン、ジェームズ・D・スターン製作総指揮:ダグラス・E・
『LOOPER/ルーパー』 (ラムの大通り)
(原題:Looper) ---- 2013年最初の映画は『LOOPER/ルーパー』。 これってスゴい話題作。 ずいぶん前に観たのに、 なぜいまごろ? 「うん。 正直言うと、 途中でどうなっているのか 頭が混乱するシーンが出てくるんだ。 そこを深く考えずにすませば、 かつてないほど画期...
『LOOPER』 (時間の無駄と言わないで)
地味SF。 超大作じゃない時間SFと聞くと、どれだけ捻った脚本の映画なのかと事前にハードルがガンガン上がっちゃう気がする。 で、越えられないコトが多い気がする。 ジョセフ・ ...
映画:ルーパー LOOPER 未来を書き換えるのにも、方法論はいろいろある。なんたって未来なんだから(笑) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
って、観た人には完全ネタバレ!? なんだけど、そうでない人には全く、なので平然とこのまんま突き進む当ブログ(笑) 主人公は、 ジョセフ・ゴードン・レヴィット = ブルース・ウィリス この設定に違和感を感じるのでは?という疑念は意外にもF,O. そうしてタイ....
LOOPER ルーパー / LOOPER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今年のトロント映画祭でオープニング上映! ジョセフ・ゴードン=レヴィットとブルース・ウィリスが同一人物ということでも話題 未来からタイムマシンで送られて来るターゲットとなる未来の犯罪者を抹殺....
LOOPER (映画の話でコーヒーブレイク)
公開して間がないというのに、ブルース・ウィリス主演の「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の方に 世の注目は集まっているようですが、巷の評判が良いようなので見てきました。 映画館の予告編で、どうも近未来のタイムトラベルものってことだけしか知らなかったので 「ポー....
LOOPER/ルーパー (本と映画、ときどき日常)
監督 ライアン・ジョンソン 出演 ブルース・ウィルス     ジョセフ・ゴートン=レヴィット     エミリー・ブランド タイムマシンで未来から送られてきた”マフィアからの標的”を現代で殺す”ルーパー”という殺し屋のお仕事。 毎日バンバンと標的を撃ち殺し...
LOOPER/ルーパー  (映画感想メモ)
これが……未来の自分!(゚0゚) いい加減あらすじ 近未来。主人公のジョーは未来
劇場鑑賞「LOOPER/ルーパー」 (日々“是”精進! ver.F)
負の連鎖を断ち切るために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301140001/ Looper -Ltd-Original Soundtrack La La Land 2012-10-03売り上げランキング :...
「LOOPER ルーパー」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:LOOPER)気の利いたSFタイムトラベルものである。こういうネタを扱う際に問題になるのは言うまでもなくタイム・パラドックスであるが、時間旅行そのものが多分に“非・論理的な”素材であり、パラドックスを完全に回避することはほぼ不可能だ。だから、いか...
LOOPER ルーパー (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://looper.gaga.ne.jp/ ブルース・ウィリスとジョセフ・ゴードン=レビット、主役2人を観たくての鑑賞。 未来からタイムマシンで送られてきた標的を消す、“ルーパー”と呼ばれる殺し屋のジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。 ある日、ジ...
LOOPER / ルーパー (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 未来から転送されてくる悪人を殺して
映画「LOOPER ルーパー」 (SEA side)
 2044年の現在に30年後2074年の自分がやって来て、さて、どうなる?のお話。  タイムトラベル要素の、良く出来たSF映画。劇場予告もテレビスポットも見ているので、本筋に関しては理解の上で鑑賞に望んだが隠し味が効いている。  かつてブライアン・デ・パルマ監督....
「LOOPER/ルーパー」 (prisoner's BLOG)
「映画というのは本来クライマックスから作っていかなくてはならないのです」とは伊丹十三の言だが、これくらいよく伏線が効いている、しかもタイムパラドックスものである以上前から後にばかりではなく、後から前にも伏線が張られているシナリオも珍しい。 黒幕の人物の....
映画:「LOOPER/ルーパー」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成25年1月16日(水)。 映画:「LOOPER/ルーパー」。 監督・脚本:ライアン・ジョンソン キ ャス ト:ブルース・ウィリス (Old Joe)       ジョセフ・ゴードン=レヴィット (Joe)       エミリー・ブラント (Sara) ストーリー: 未...
LOOPER/ルーパー (Akira's VOICE)
未来は明るくあるべき!  
LOOPER/ルーパー (シネマ日記)
予告編を見て気になっていたので見に行きました。30年後の未来から送られている標的を殺すルーパーと呼ばれる仕事をしているジョージョセフゴードン=レヴィット。ルーパーたちはいつか未来の自分が送られてきて自分自身を殺し、大金を受け取って残りの30年の寿命を暮らす...
LOOPER/ルーパー (新・映画鑑賞★日記・・・)
←海外版のほうがカッコいい 【LOOPER】 2013/01/12公開 アメリカ PG12 118分監督:ライアン・ジョンソン出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ブルース・ウィリス、エミリー・ブラント、ポール・ダノ、ノア・セガン、パイパー・ペラーボ、ジェフ・ダニエルズ ...
「ルーパー」 (ゆっくり歩こ。)
観に行く前に悩みました 評価がそんなに高くないので・・・ 詳しく知る前はジョセフ・ゴードン=レヴィッドってわかりませんでした ナンか違うー ? と 特殊メイクでブルース・ウィリスに似せてるんですね! 喋り方も似せてたとか(私は英語が堪能でないので細かい...
映画「ルーパー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2013/1/16、109シネマズ木場。 エクゼクティブシートは満杯だった。 (サイズ倍、値段2500円、ポイントカード会員は通常料金) *    ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン・レビット、 エミリー・ブラント、ポール・ダノ * 2044年、30年後...
LOOPER/ルーパー (迷宮映画館)
いろんもののエッセンスが混ざり合って、どっか新しくて、どっか懐かしい感じの作品に
LOOPER/ルーパー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
タイムマシンものの映画で脚本の出来がすばらしいものだった。2044年という時代設定で文明は一度危機に陥り、すさんだ環境のようだ。貨幣の価値は亡くなっていて、秩序も保たれていない。マトリックスのような衝撃を受ける映画で、必見だと思う。
LOOPER/ルーパー  (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2012年米国 上映時間:118分 監督:ライアン・ジョンソン    30年後の未来では、システムの発展により死体を隠すことが出来なくなるという。そこで未来の悪党たちは、殺害したい人物をタイムマシンで過去に送り、そこで待っている殺し屋によっ
LOOPER/ルーパー (キノ2)
★ネタバレ注意★  衝撃の事実!  30年後の自分と対面したら、見事なまでに禿げていた!  これに尽きるかなぁ……。(おい)。  ライアン・ジョンソン監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ブルース・ウィリス、エミリー・ブラント共演。タイムトラベル...
予想外の展開!『LOOPER/ルーパー』 (水曜日のシネマ日記)
タイムマシンで送られてきた人物を消すことを生業とする殺し屋が殺しのターゲットとして転送された未来の自分との追跡劇を繰り広げる物語です。
LOOPER ルーパー (映画と本の『たんぽぽ館』)
予測不能のストーリー             * * * * * * * * * タイムマシンが絡む、近未来SF。 今作での現在は2044年となっています。 更にそこから30年後、 タイムマシンが開発されていますが、しかし、法律ではその使用は禁止されてい...
LOOPER ルーパー (映画三昧、活字中毒)
■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞LOOPER ルーパー/LOOPER 2012年/アメリカ/118分 監督: ライアン・ジョンソン 出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ブルース・ウィリス/エミリー・ブラント/ポール...
『LOOPER/ルーパー』('13初鑑賞9・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 1月12日(土) 神戸三宮ミント神戸 スクリーン1にて 18:50の回を鑑賞。
未来からの刺客〜『LOOPER/ルーパー』 (真紅のthinkingdays)
 LOOPER  2044年、アメリカ。そこから30年後の未来ではタイムマシンが開発され、消 したい人物を過去へ 「転送」 する犯罪に悪用されていた。殺人を請け負うの は、「ルーパー」 と呼...
「LOOPER/ルーパー」 (或る日の出来事)
まあまあでしたかね。
『LOOPER/ルーパー』 カントリーSF (Days of Books, Films )
Looper(film review) 『LOOPER/ルーパー(原題:LOOP
LOOPER/ルーパー / LOOPER (勝手に映画評)
30年後の未来から送り込まれる標的を抹殺する殺し屋ルーパー。ある時、30年後の自分自身が送り込まれたが取り逃がしてしまい、組織から命を狙われることに・・・。 予告編では、30年後の自分が送り込まれてくる理由が明らかにされていませんでしたが、本編では明らかにさ...
LOOPER/ルーパー (Memoirs_of_dai)
髪の毛が徐々に減っていく 【Story】 未来からタイムマシンで送られてきた標的を消す、“ルーパー”と呼ばれる殺し屋のジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。ある日、ジョーのもとへ送られてきた...
LOOPER/ルーパー・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
哀しみの無限ループ。 タイムトラベルが実用化された未来。 犯罪組織によって転送されてくるターゲットを始末する殺し屋・ジョーの元に、30年後の自分が送られてくる。 未来からやって来たオールド・ジョ...
LOOPER/ルーパー (そーれりぽーと)
『マトリックス』がどうのこうのよりも、『インセプション』を引き合いに出せよと思いながら『LOOPER/ルーパー』を観てきました。 ★★★ 見方で大きく分かれそうな感想。 気に入った点 ・見せ方は上手い、特に体のパーツが欠損していく場面だけでも見る価値有り。 ・ジ...
『LOOPER』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'12.12.17 『LOOPER』(試写会)@なかのZEROホール これは見たかった! ジョゼフ・ゴードン=レヴィット好きとしては、当然でしょと思うけど、いくら好きな俳優が出てても、見たいと思う作品じゃないとDVDでいいやと思っちゃったり・・・ でも、これは見たくて試写会応募し...
LOOPER/ルーパー (だらだら無気力ブログ!)
面白かったものの、ちょっとイマイチ。
LOOPER ルーパー (映画にする?)
ジョセフ・ゴードン=レヴィットが『BRICK ブリック』のライアン・ジョンソン監督と再タッグを組んだ新作は、30年後の未来からやってきた自分と対峙する姿を描く、タイムトラベルものS ...
『LOOPER/ルーパー』ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ブルース・ウィリス (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、重要なプロット、結末に触れています。物語・2044年。未来(2074年)から転送されてくるターゲットを始末する殺し屋のジョーの前に、30年後の自分自身が送られてきたことから始まるスリリングな
「LOOPER/ルーパー」みた。 (たいむのひとりごと)
ジョセフ君の30年後がブルース?ということで、めっちゃ楽しみにしていた作品。そう言えばあまりまじまじ見たことが無いけれど、この2人の目の色って同じだったっけ?とにかく似てるとは言い難い2人が、メイクの
LOOPER/ルーパー (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ライアン・ジョンソン 【出演】ブルース・ウィリス/ジョセフ・ゴードン=レビット/エミリー・ブラント/ポール・ダノ/ノア・セガン/ジェフ・ダニエルズ 【公開日】2013年 1月12日 【製作...
LOOPER/ルーパー (ダイターンクラッシュ!!)
2013年1月14日(月) 18:40〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(TOHOシネマズデー) パンフレット:未確認 切ないバッドエンド終わる。 『LOOPER/ルーパー』公式サイト 30年後、死体を身元不明にすることが出来なくなっており、マフィアなどは消したい人間を、30...
LOOPER/ルーパー (こんな映画見ました〜)
『LOOPER/ルーパー』---LOOPER---2012年(アメリカ)監督:ライアン・ジョンソン出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット 、ブルース・ウィリス 、エミリー・ブラント 、ポール・ダノ 、パイパー・ペラーボ 、ジェフ・ダニエルズ 、ピアース・ガニォン 殺すべ...
LOOPER/ルーパー(2012) (銅版画制作の日々)
 任務:未来から来る犯罪者を消せ 標的:30年後の自分 好き度:+5点=65点 MOVIX京都にて鑑賞。実はもう観て随分時間経ったのですが、なかなか書けず(汗)う〜ん個人的には好みな作品ではありませんでした。 ジョゼフ君、特殊メイクでえらい変わってしまい、何だ...
ルーパー (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Lppperkanntoku監督:ライアン・ジョンソン出演:ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レビット、エミリー・プラント、ポ−ル・ダノ、ノア・セガン近未来SFアクションとおもいきや・・・
映画を観た〜LOOPER/ルーパー〜 (垂直落下式どうでもいい話)
劇場4本目、本文はこちら→
現在 VS 未来 (笑う社会人の生活)
12日のことですが、 映画「LOOPER/ルーパー」を鑑賞しました。 未来からタイムマシンで送られてきた標的を消す“ルーパー”と呼ばれる殺し屋のジョー ある日、ジョーのもとへ送られてきたのは 何と30年後の自分で・・・ ルーパーの設定の面白さ! このアイデアは新しく ...
LOOPER/ルーパー (とりあえず、コメントです)
タイムマシンが開発された近未来を舞台にひとりの殺し屋の運命を描いたサスペンスです。 ジョセフ・ゴードン=レヴィット&ブルース・ウィリスでどんな物語になるのだろうと気になっていました。 主人公たちの運命が刻々と変化していく状況にちょっと混乱しながらもドキド...
LOOPER/ルーパー(試写会) LOOPER (まてぃの徒然映画+雑記)
タイムマシンが実用化されたものの、その使用が禁じられていた近未来、犯罪組織は違法にタイムマシンを使用してターゲットを30年前の過去に送り、ルーパーと呼ばれる者たちがその処理をしていた。 主人公ジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)もルーパーの仕事で銀....
LOOPER / ルーパー (Diarydiary! )
《LOOPER / ルーパー》 2012年 アメリカ映画 − 原題 − LOOP
LOOPER/ルーパー (零細投資家映画記録)
鑑賞映画館:MOVIXココエあまがさき シアター4 鑑賞日時:1月24日 評価:B- 原題:Looper 製作:2012年 アメリカ 監督:ライアン・ジョンソン 出演: ブルース・ウィリス ジョゼフ・ゴードン=レヴィット エミリー・ブラント ポール・ダノ シュイ・チン ノア・セガ...
映画『LOOPER/ルーパー』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-6.LOOPER/ルーパー■原題:Looper■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:118分■観賞日:1月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円 □監督・脚本:ライアン・ジョンソン◆ジョセフ・ゴードン=レヴィット(ヤング・ジョー)...
ルーパー ◆ LOOPER (■■たんたんたぬきの映画箱)
毎年のことながら、年末年始は仕事に追われて劇場から遠ざかってしまう。本意ではないのだが、生きるためには仕方ない。悔しいので、この間はなるべく新作の告知などは見ないようにしているが、一月も終わりに近づき、やっと物色出来た頃に食指が動いたのがこれだった。 ...
LOOPER/ルーパー (いやいやえん)
ブルース・ウィリスとジョセフ・ゴードン=レヴィットが年代の違う同じ男性を演じる。 ハゲてく過程をみせていくのが斬新www ヤングとオールドのジョーが二人して巨悪に立ち向かう話かと思ってたのですが、違っ
LOOPER/ルーパー (銀幕大帝α)
LOOPER 2012年 アメリカ 118分 アクション/SF PG12 劇場公開(2013/01/12) 監督:ライアン・ジョンソン 製作総指揮:ジョセフ・ゴードン=レヴィット 脚本:ライアン・ジョンソン 出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット『ダークナイト ライジング』:ヤン....
LOOPER/ルーパー (映画大好きだった^^まとめ)
1 : 名無シネマ@上映中 : 2012/11/08(木) 16:17:51.64 ID:1338oHHx2013年1月12日(土)公開監督・脚本 ライアン・ジョンソン出演 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット ブルース・ウィリス エミリー ...