Pontiac Firebird

今日もアメ車を紹介します。
それは、Pontiac Firebird(ポンティアック ファイヤーバード)です。

ポンティアックは、アメリカにあるGMのブランドの1つです。




ファイヤーバードは、1967年に初代が登場したポニーカーと呼ばれる
手ごろな価格でコンパクトかつスポーツ走行が可能なスタイリッシュな車の代表格であった
フォード マスタングや姉妹車のシボレー カマロなどに対抗するために作られた車でした。
そして、今日紹介するファイヤーバードは3代目にあたるポニーカーです。
この3代目ファイヤーバードは、初代や2代目に比べて大幅に軽量化がされていたそうです。
そして、この3代目ファイヤーバードは、ナイトライダーのナイト2000のベースになった
ファイヤーバード・トランザムというのが、ラインナップされたファイヤーバードでした。
(PGR4に入っている車は、トランザムではないので、ナイト2000のベースでありません。)




スペックは排気量4998ccのV8エンジンから、最大馬力190bhpを発生します。
PGR4では、Gクラスに分類されています。



運転席からです。
ハンドルに隠れてしまって、上の方しか見えていませんが、
恐らく左側がスピードメーターで、その右隣のがタコメーターだと思います。



今日はこれで終わります。
それでは!
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« Plymouth Hemi... Radical SR3 T... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (にゃご)
2008-06-01 17:41:09
アメ車ですね。私がファイヤーバードと言われたら
TDUに入っている車を思う浮かべますね。こっちも
なかなかカッコイイと思います。
 
 
 
Unknown (JB)
2008-06-01 18:24:38
そうですよね。
TDUのは確か、初代ファイヤーバードでしたね。
そうですよねぇ。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。