Delorean DMC-12

今日PGR4で紹介する車は、非常に短命で生産が終了したのにもかかわらず、
かなり有名なDelorean DMC-12(デロリアン DMC-12)です。

DMC(デロリアン・モーター・カーズ)は、イギリスの北アイルランド地方に工場が作られた会社でした。




DMC-12は、DMCが生産した唯一の車です。
通称デロリアンと呼ばれますが、」正式名称はDMC-12だけで良いそうです。
構造設計はロータスが担当し、デザインはイタルデザインのジュージアロさんが担当したそうです。
1981年モデルから販売が開始したそうで、当時販売価格は25000ドルだったそうです。
そして、1983年モデルまでの総生産台数は約8500台が作られたきり、生産されることはなかったそうです。
そして、それから2年後の1985年にこのデロリアンを有名にした映画の
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が公開されたという感じらしいです。



スペックは、排気量2849ccのV6エンジンから、最大馬力130bhpを発生します。
PGR4では、Gクラスに分類されています。



運転席からです。
この時代の車に多いタイプのメーターの配置になっているかと思います。
ハンドルから見える、大きな2つの円のような左側がスピードメーターで、
右側がタコメーターになっています。


続いて、FM2の更新をします。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« RUF Rturbo 2003 Subaru #... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (にゃご)
2008-03-16 15:18:11
そうですね、作られた数は少ないのですが非常に有名で
人気が絶えない車ですよね!V6エンジンだったとはしりませんでした。
 
 
 
Unknown (JB)
2008-03-16 15:20:36
そうですね。
そうなんですよ、V6エンジンなんですよ。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。