Norton 500 Manx

今日もバイクを紹介しますが、MVアグスタのバイクではありません。
それは、Norton 500 Manx(ノートン 500 マンクス)です。

ノートンは、1898年にイギリスの地に設立され、現在はよくわかりませんが、
アメリカ人が「ノートン」という商標を買って、
復活させようとしていたみたいですが、よくわかりません。
でも、2008年モデルのバイクはあるみたいです。




500マンクスは、ノートン・フェザーベッド(ノートンの羽毛ベッドという意味)と
呼ばれたフレームを採用した伝説のバイクで、かなり有名なバイクだそうです。
ちなみに、マンクスとは、バイク・レースで有名なマン島TTレースが行われる
イギリスにあるマン島からつけられた名前で、「マン島仕様」といういみになるそうです。



スペックは排気量499ccの単気筒エンジンから、最大馬力50bhpを発生したそうです。
最高速度は、当時としてはかなり速いであろう240km/h程度になったそうです。
PGR4でのクラスは、Eクラスになっています。



ドライバー視点からです。かなり小さい風防が特徴的です。
真ん中の大きな円はタコメーターで、スピードメーターは見あたりませんでした。
この時のエンジン回転数は6000回転程度です。



昨日、60000(6万)アクセスを突破しました。
見てくれた人ありがとうございます。

そんなわけで、今日はこれで終わります。
それでは!
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« MV Agusta F4 ... Pagani Zonda F »
 
コメント
 
 
 
Unknown (にゃご)
2008-05-26 17:11:48
マフラーが直管なのがレース仕様のバイクだなぁと思わせます。
また、スピードメーターがないというのもレーシーですね。
しかし、カウルがないので乗っている人はたまらんでしょうね。
 
 
 
Unknown (JB)
2008-05-26 17:13:50
1963年当時のバイクなので、
レース仕様でも仕様じゃなくてもそうなっていそうですけどね。
でも、おそらくレース仕様だと思いますよ。
そうですね。
乗る人を選びそうですね。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。