Ultima GTR

今日はアメリカで生産された車に感じない車を紹介します。
それは、Ultima GTR(ウルティマ GTR)です。

ウルティマの本拠地はイギリスにあるのですが、生産はアメリカで行っているそうです。
エンジン自体もシボレーのものが使われています。




GTRは、0-100-0マイルのワールドレコード保持車だそうです。
0-100-0マイルとは、0~160km/h(100mph)まで加速してから、
ブレーキをかけて0km/hになるまでどれだけの時間がかかるか調べるテストです。
そして、その記録はなんと9.4秒だそうです。
どれほど凄いかというとマクラーレンF1やポルシェ・カレラGTよりも2秒ぐらい早く、
PGR3PGR4でも紹介しているアリエル・アトムの記録よりも早いそうです。
この車のエンジンは会社説明のところにも書きましたが、シボレーのエンジンです。



スペックは排気量6280ccのV8エンジンから、最大馬力500bhpを発生します。
最高速度は実に321km/hにもなります。
PGR4では、Bクラスに分類されています。



運転席からです。
基本早く走るために作られたようなレーシングカーのため必要最低限の設備になっています。
ハンドルの左上の写真中央辺りにある2つの白い大きい円の左側がタコメーターで、
右側がスピードメーターになっています。
この時のエンジン回転数は5500回転程度です。

ちなみに、PGR3のウルティマ GTR紹介ページはこちらからいけます。



今日はこれで終わります。
それでは!
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 創設2周年記念... Vanwall GPR V12 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (にゃご)
2008-07-03 19:05:42
すんごい加速性能がいい車ですよね!これほどまでに
いいということはたぶん、車重が軽いということが
絡んでいるんではないでしょうかね。
 
 
 
Unknown (JB)
2008-07-03 19:13:53
そうですよね。
そうですね、
おそらくかなり軽くなっていると思いますよ。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。