Harley Davidson VR-1000

今日はPGR4の方から紹介します。
今日はHarley Davidson VR-1000(ハーレー ダビッドソン VR-1000)です。

ハーレーダビッドソンは、1903年にアメリカに設立した歴史ある有名なバイクメーカーです。
日本では、ダビッドソンと発音することが多いのですが、実際の発音は「デイヴィッドソン」らしいです。
ハーレーと呼ばれることも多いです。




このVR-1000は、ハーレーが作った初のレース用スーパーバイクだそうです。
そして、このバイクで、バイクの最高峰レースである「スーパーバイク世界選手権」に参戦したそうです。
ちなみに、基本的にハーレーは「アメリカのフリーウェイで長距離を走る」ために設計されているバイクが多いので、
このバイクのようにサーキットなどを走るのには適していないバイクが多いそうです。
それで、このVR-1000が公道を走れるのは世界でもポーランドのみだそうです。



スペックは排気量1000ccのV型2気筒(Vツイン)エンジンから、最大馬力135bhpを発生します。
最高速度は実に170mph(マイル)[約272km/h]になるそうです。
PGR4では、Bクラスに分類されています。



運転席からです。
目の前に見えるメーターはタコメーターです。
スピードは、恐らくタコメーターの下にある緑色の液晶に表示されるんだと思います。
この時のエンジン回転数は10000(1万)回転です。
撮影した場所はニューヨーク(つまり、アメリカ)ですが、
このバイクは実際にはナンバーを取得して走ることは出来ないので、
ゲームならではということになりますよ。



続けて、FM2の方を更新します。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« Gumpert Apollo 2007 Peugeot ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (にゃご)
2008-04-20 02:12:56
ポーランド人だけは公道を走ることができるわけですね。
それにしてもさすがハーレーだけあって性能はすごいですね。
今となっては300km越えは当たり前になりましたが
当時としてはすごい性能だったと思います。
 
 
 
Unknown (JB)
2008-04-20 02:15:04
ま、ポーランドに行って国際免許で走ることは出来ますが。
そうですね。
そうだと思いますよ。
 
 
 
Unknown (diablo nera)
2008-05-16 19:38:44
スーパーバイク選手権のホモロゲ取得の為に保安部品付きが数台あるんだけど、それがたまたまポーランドだったのかもしれませんね。性能は当時も他メーカーより劣り、結局早々と撤退しちゃいました。
このエンジンベースにVロッドってモデルが生まれたわけですが。
 
 
 
Unknown (JB)
2008-05-16 20:29:59
そうなんですか。
ハーレーとしては、頑張ったんではないでしょうか。
そうなんですか。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。