Plymouth Hemi Cuda

今日紹介する車は、旧アメ車です。
それは、Plymouth Hemi Cuda(プリムス ヘミ クーダ)です。

プリムスはアメリカにある大きな会社のクライスラーが立ち上げた自動車ブランドの1つでした。
ですが、2001年になくなってしまったそうです。
日本では「プリマス」と表記されることが多いそうです。




ヘミクーダは、ボディを根本から見直して設計されたおかげで、
高性能なエンジンを積むことが出来た実用的にも使える5人乗りスポーツカーになったそうです。
ちなみに、「ヘミ」とは半球型燃焼室を持つエンジンで、現在はクライスラーの300Cや
クライスラーの1部門であるダッジのチャージャーやチャレンジャーなどで使用されています。



スペックは排気量6981ccのV8エンジンから、最大馬力425bhpを発生します。
最高速度は190km/h程度です。
(↑1970年代当時のアメ車の高性能車としては標準ぐらいではないでしょうか。)
PGR4では、Fクラスに分類されています。



運転席です。
以下にも古き良き時代のアメ車という感じの内装になっています。
写真にある大きな4つの円の一番左端のがスピードメーターで、その右隣のがタコメーターです。
この時の速度はこの車の最高速度である190km/h程度で、エンジン回転数は6200回転程度になっています。



今日は遅くなりましたが、これで終わります。
それでは!
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« Peugeot Flux Pontiac Firebird »
 
コメント
 
 
 
Unknown (にゃご)
2008-05-31 23:29:55
かっこいいですねぇ~この時代のアメ車が最高です!
この車も4速ではなくて6速ぐらい積んだら250km/hは出ると
思うのですが、まぁロングバンドの4速でもいいですね。
内装もいい感じです。殺風景なのもアメ車の特徴の
ひとつと言えると思います。
 
 
 
Unknown (JB)
2008-05-31 23:31:17
そうですよねぇ。
4速なんですよねぇ、でもまたこれがアメ車という感じがしていいですよね。
そうですね。
そうだと思いますよ。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2009-09-30 20:46:44
ヘミとは半球型燃焼室のこと
 
 
 
Unknown (JB)
2009-09-30 20:55:59
上のコメントを書いた方へ。

ほんの少し訂正しておきます。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。