41歳。赤ちゃんを抱くまでの日々。

41歳で治療開始。低AMH高FSH。採卵3回移植2回。2016年12月9日卒業。2017年7月、42歳で高齢初産予定。

治療の流れ(「幸せ配達便ナビ」と「初診受診前説明会」まで)

2016-08-15 14:57:03 | 治療の流れ(全体像的な)
私が不妊治療を始めるに当たって、

一番困ったのは、スケジュールがわからないこと。

色々な病院 のHPや、個人のブログを読んでも

見つけられなかった。
(いま思うと単に読解力が無かったということだとわかるけれど)


勿論、早い方は1年掛からないし、掛かる方は掛かる。


そんなことは分かっているのだが、
そういうことではなくて、

採卵するまでに何日掛かるのか
採卵後の移植には何日掛かるのか
その上で妊娠判定日は何日目なのか
etc.

等のおおよその日にちのイメージを持った上で治療したかった。


治療を始めると、言葉の意味や色々わかってきて、ブログやらを読んでもそれらが分かるようにはなる。


でも、私が知りたかったのは始める前だ!!!

ということで……


🎀取り敢えず、私の場合🎀
(「浅田レディースクリニック」の場合)

2016年3月14日に浅田のHPで仮診察番号を発行してもらう。

その仮診察番号で、「幸せ配達便ナビ」を視聴する。

(診察に必要な前提知識や心構え浅田クリニックの治療方針等が内容)

結構たくさんある。
(全部見終わらないといけない。
飛ばすことはシステム上無理です)


それらを頑張って翌日までに見終わり、
浅田レディースクリニックの

「名古屋駅前クリニック」

「勝川クリニック」
どちらかを選択して、

「初診受診前説明会」の列に並ぶ。


(……この順番がエライえげつない。

私のスタートは1000番台だったか800番台だったか
とにかくアリエナイ番号だった)


初診受診前説明会の待ち番号が自分のページでわかるので、

毎日毎日今日は、何番になったかな??
とドキドキで見る日が続く。

↓✴奇跡がおこる✴

なんと!

4月15日の初診受診前説明会にキャンセルが出たために出席できますがどうしますか?のメールが届く。

行く行く行く。
行きます行きます。
行かせてください。
<(_ _*)><(_ _*)><(_ _*)>

と返信。


晴れて2016年4月15日に初診受診前説明会に参加すること出来た。

⚠登録して、幸せ配達便ナビを見終わって、並んで、約1か月後に初診受診前説明会に参加できました。✨



そして、当日一人一人配布された資料のなかに、個別のパスワードが書かれた紙があって

それを使って

浅田クリニックのHPから、次の本当の初診日を予約できるのです!!

パチパチパチ👏
良くやった!やっとたどり着きました!!(/_;)/~~アリガトウ


3ヶ月は、初診日を取ることを猶予してもらえたように思う。

私は直近で、浅田院長がいらっしゃりそうな曜日を目指して予約。




……そして晴れて

✴2016年4月19日✴
ここに高齢妊活超初心者の第一歩が始まったのであります。✨✨



ランキングに参加しています。
押して下さると嬉しいです😊❤

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち初心者)へ


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 思いやりのない女性の心ない... | トップ | 治療の流れ(初診日と1週間後... »
最近の画像もっと見る

治療の流れ(全体像的な)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事