41歳。赤ちゃんを抱くまでの日々。

41歳で治療開始。低AMH高FSH。採卵3回移植2回。2016年12月9日卒業。2017年7月、42歳で高齢初産予定。

誰とも代えたくない

2017-05-15 21:51:02 | 妊娠中の日記


姉の子供を日に何度も見て、
見れば見るほど
日を追う毎に
可愛いと感じる甥を見て、

(意外にも?)私の胸に去来した思いは


(甥もめちゃめちゃ可愛いのに)
【私の子供は(お腹の)この子だけだ、

とにかく一番可愛い

誰ともなにものとも代えたくない】


というもの。


急激に襲ってきたから少し戸惑ったけどニヤリ(ニコニコ)と我ながらした。




どうやら、自分以外の人の子供
(含む姉の子供)
を可愛いと思えば思う(感じる)ほど

自分のお腹の

この子を

どんな欠点があろうとも無かろうとも

なにものにも替えがたいものだと、

大切に感じる、様だ。




子供はずっと好きで生きてきたけれど

欠点も美点も含めて愛しくて、

我が子より優れた子と代えようと言われても(笑 言われないけど)

絶対に代えたくない。


生まれて初めての感情でした。








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« おへそが…… | トップ | お腹の丸み(31W4D) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL