Cafe & Magazine 「旅遊亭」 of エセ男爵
志すは21世紀的ドンキホーテ?
はたまた車寅次郎先生を師に地球を迷走?
気儘な旅人の「三文オペラ」創作ノート
 




 これら全ては『モウソウ竹』、圧巻なり!いずれも背丈高くて太いのだ!聞けば、彼の管理する竹林の広さ(面積)は、約1000坪程度の規模。YT氏のご先祖より現在まで、守り維持された『竹林』の真っ只中でシャッターを切った。画像前方やや右手が「三篠川」の位置となる。画像中には比較対照物がないので解りにくい。が、この種の竹の直径は(若干の大小あり)、約20センチ。高さは?そう、どう見ても20メーター以上ある。 いたるところ(それなりのポイント)に、直径5~60センチ、深さ2~30センチの穴がある。
「・・・?」
昼間の管理(もとい、只の周遊か?)をするUT氏になり代わり、夜になれば「プロの夜警」が徘徊し、その夜警が野生の「いのしし」なり。UT氏に代わって夜警をしつつ、竹の子(筍)を求めて穴を掘るらしい。イノシシの鼻先は頑丈で、鍬で以っても断ち切るのに厄介な「竹の地下茎」も何のその、、。地下茎もろとも掘り返して、こんな大穴を空ける。との事。
 竹と竹の林立する合い間(およそ1メーター乃至6~70センチ)には、網の目の如く竹の根、いや竹の地下茎が網羅されており、うっかりすると足を執られてしまいそうだが、かって知ったるUT氏。すたすたと難なく前進闊歩する。が、我輩はそうは行かない。平素はコンクリート舗装された(普通の)道路か歩道か、はたまた古きヨーロッパの石畳程度ならば、歩き慣れている。そんな訳で、竹林を闊歩するには、足元から目が話せないので、歩きながら周囲を見ていない。2~3分も歩けばすでに、自分の位置がわからなくなるくらいの懐深き竹林なのである。川の位置がわからなくなれば、もうおしまい。竹林の中で、完全な迷い子(いや、迷いオジサン)になってしまうが、そこはUT氏、そんな我輩の弱点を知り尽くし、ヴェテラン添乗員の如く、巧く我輩を目的の場所まで誘導する。

そんな不案内な環境の中、足元のぶっそうな場所を歩行すること約10数分。

ようやく目的地に着いた。

彼の「竹炭」製造現場である。

「・・・・?!」

この竹林を歩きつつ、思い出した。有名な昔話を・・・
「かぐや姫」の話しである。
そして、「かぐや姫」の存在を、信じた。
子供の頃、以前は、信じなかった。馬鹿にしていた、ただのおとぎ話であった。
なぜか?
信じない訳には、子供心にも、それなりの理由があった。
まず、竹から生まれた。とする、かぐや姫の大きさは、(子供心に)おおよそテニスボールからソフトボールの大きさであると想像していた。まさか、ピンポン球か?それ以下の「ラムネ玉?」程度の大きさとは、思っていなかった。と、なると、テニスボールやソフトボールの大きさの「かぐや姫の赤子」が入る、入れる直径を持った竹など、我が幼少の折、そんな大きさの竹など見た経験がなかったのである。
しかし、この竹林で、見た竹は、どの竹にも「かぐや姫」の存在可能な直径を持つ竹ばかりなのである。
参った、参った、、、。

 <・・続く・・>


(さらに、UT氏の竹炭製作現場を見てみたい・・・)


かぐや姫の存在にご納得頂いた読者、是非下記のバーをクリック願いたい。

*人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ


PS:
 竹林の中、足元には網の目のような竹の地下茎が網羅されている様子を見て、思った。大田川本流の川沿いには、それなりに大きな規模の竹林が散乱する風景を、子供時代によく目にしていたこと、思い出す。
そして今、理屈がわかった。この川沿いに林立する竹林のなかの土壌には、網の目のような地下茎が蔓延り、それが自然の土嚢となって水害から川沿いの畑や人家を守っていたに違いない、と思い出した。思い始めた。いや、何かの書物にて、そう紹介されていること、思い出した。無駄な護岸工事による、川土手の竹林を伐採するは、自然破壊であり、いざというときには、水害の被害を拡大することになる。これ、さらなる自然破壊なり・・・
日本の自然と、気候風土に適応し適度に繁茂する竹。しかし、いざ、住宅宅地造成となると、頑固な地下茎を持つ竹林は、宅地条件としては最悪。以って、邪魔者扱いにされているらしく、安易に伐採せず、邪魔者扱いせず、守らねばならないのではないか?

* ウイキペディア百科事典による詳細説明:『タケ(竹)』は、こちらから参照できます。是非ご一読下さい!


コメント ( 4 ) | Trackback ( 2 )


« 上深川紀行 (1... 上深川紀行 (3... »
 
コメント
 
 
 
自然の力は (刀舟)
2006-03-13 16:43:44
偉大です。

時には仰るとおり、人間を守ってくれ、

しかし時には猛威をふるい、

人間はその前にあまりにも無力です。

去年、カトリーナがそれを思い知らせてくれました。

やっぱり、自然は大事にすべきですね。

 
 
 
友人、かぐや姫に! (kachan)
2006-03-13 17:56:02
すごい竹林、行ってみたいです。

きっと爽快でしょうね。



ところで”かぐや姫”で思い出しました。

私の友人もかぐや姫になりましたよ。

びっくりしないで下さいね。

その友人は家具屋さんに嫁いだもので…。
 
 
 
刀舟さん・・ (エセ男爵)
2006-03-13 19:52:42
コメントありがとうございます。

自然の猛威!

こわい・・・・・

猛威の事の「人による」自然破壊!

この破壊が合体すると「カテリーナ状態」になるのですよね。

できる限り、自然と共存し、自然に逆らわない生活をする。

「ロマン」です。

こんな基本的なロマン、大切にしなければならないもの(自然)との融合と理解、、、。そんなこんな、私の不得意分野について、何故か?友人から特訓を受けた3日間でした。

 
 
 
kachanさん・・ (エセ男爵)
2006-03-13 20:00:00
コメントありがとうございます・・・

詩心に乏しき不肖エセ男爵にて、無理やり「こじつけた挿話」=かぐや姫!

ウウ・・・

kacahnさんから頂いたコメント、拝読し、、

うれしくてうれしくて(いつも乾燥し乾き切っている我が心より)ほんとうに涙が出ます。

優雅にして和やか、粋(すい)な「ジョーク」、あくまでも情緒豊か経験豊かな知性ある女性からのコメントです。

・・・そこはかとなく、頂いたコメントは(私にとって)いつもより違った充実感!

・・・・幸せです。

ありがとうございます。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
新・孟宗でたよ~! (鶴岡・酒田・ばばちゃんの知恵袋@山形通信)
今年初めて孟宗をご馳走になりました!
 
 
 
破壊された山 (湘南のJOHN LENNONの独り言)
謹賀新年 破壊された山 9月の日記で「山を崩して緑を消してできた街その2」という 内容の日記を書いたが、google earth という衛星写真を見られる ソフトをインストールし、その現場を上空から確認してみた。 想像以上に山が切り崩され、緑が失われて ...