Bark Yellows(バークイエロース)

学生時代に結成、もうすぐ50年の4人組。American Folk SongのCoverをやってます。

Scarborough Fair

2017年09月08日 | SONGS

The Brothers Four

The Brothers Fourは1968年に曲を日本で録音アルバム"Today and Yesterday"に収録しています。Scarborough(スカボロウ)とは、英国、北東部ヨークシャー州にある海沿いの観光地です。Scarborough Fairはそこで定期的に開かれる市・マーケットを指します。

Scarborough  Fairは、16世紀頃の英国のブロードサイド・バラッドを源流とするトラディショナル・フォークソングです。Ewan MacCollイワン・マッコール)とPeggy Seeger(ペギー・シーガー)は1960年リリースのアルバム”The Singing Island” に収録しました。Simon And Garfunkelサイモン&ガーファンクル)はそのメロディーをもとにアレンジをし、伝統的な歌詞の間に、反戦のメッセージが輪唱のように付け加えました。そして、1966年、リリースのアルバム ”Parsley, Sage, Rosemary and Thyme”に収録されました。さらに、1967年のDustin Hoffman(ダスティン・ホフマン)主演の映画『卒業』の挿入歌としても用いられ、世界的に有名な曲となりました。

Olivia Newton-Johnの動画は1973年の英テレビ特別番組”New Fangled Wandering Minstrel Show”に出演したときのものです。そして、The King's Singers1993年、アルバム”Annie Laurie: Folksongs Of The British Isles ”に曲を収録しました。

なお、歌詞の中のcambric (カンブリック)とは薄手で軽い綿織物、 heather(ヒース)はギリュウモドキ 《ヨーロッパから南西アジアにかけて分布する》のことでツツジ科の常緑小低木、花は桃紫色の植物です。

Ewan MacColl

 

Simon And Garfunkel

Scarborough Fair

Are you going to Scarborough Fair
Parsley, sage, rosemary and thyme
Remember me to one who lives there
She once was a true love of mine

Tell her to make me a cambric shirt
Parsley, sage, rosemary and thyme
Without no seams nor needle work
Then she'll be a true love of mine
(On the side of a hill in the deep forest green)
(Tracing of sparrow on snow crested ground)
(Blankets and bedclothes the child of the mountain)
(Sleeps unaware of the clarion call)

Tell her to find me an acre of land
Parsley, sage, rosemary and thyme
Between the salt water and the sea strands
Then she'll be a true love of mine
(On the side of a hill a sprinkling of leaves)
(Washes the grave with silvery tears)
(A soldier cleans and polishes a gun)

Tell her to reap it with a sickle of leather
Parsley, sage, rosemary and thyme
And gather it all in a bunch of heather
Then she'll be a true love of mine
(War bellows blazing in scarlet battalions)
(Generals order their soldiers to kill)
(And to fight for a cause they've long ago forgotten)

Are you going to Scarborough Fair
Parsley, sage, rosemary and thyme
Remember me to one who lives there
She once was a true love of mine

スカーボロウ・フェアに行くのかい
パセリ、セージ、ローズマリー、そしてタイム
そこに住んでいる人によろしく伝えてくれ
彼女はかつて僕の恋人だった

カンブリックのシャツを作るように言ってくれ
パセリ、セージ、ローズマリー、そしてタイム
継ぎ目も針目もないシャツを
そうすれば彼女は僕の真の恋人になるだろう
(緑深い丘の斜面に)
(雪に残ったすずめの跡をたどって山頂へ)
(山の子供は毛布と寝具に包まって)
(鳴り響くラッパの音にも気づかず眠り続ける)

彼女に伝えてくれ 海と浜辺の間に
パセリ、セージ、ローズマリー、そしてタイム
1エーカーの土地を探してくれと
そうすれば 彼女は僕の本当の恋人になるだろう
(丘の斜面に木の葉が散って)
(銀色に輝く涙が墓を洗う)
(兵士が銃をきれいに磨いている)

彼女に伝えてくれ 革の鎌で刈りとるようにと
パセリ、セージ、ローズマリー、そしてタイム
そうして全てをヒースの束にまとめたら
彼女は僕の本当の恋人になるだろう
(戦いの大砲が鳴り響き 緋色の服をまとった大群は炎に包まれる)
(将軍は兵士達に「殺せ」と命令する)
(とっくに忘れてしまった戦う理由 それでも「戦え」と命ずる)

スカーボロウ・フェアに行くのかい
パセリ、セージ、ローズマリー、そしてタイム
そこに住んでいる人によろしく伝えてくれ
彼女はかつて僕の恋人だった

Olivia Newton-John - 1973

The King's Singers

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Bob Dylan - Concert -1988 | トップ | Two Ten Six Eighteen (Does... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

SONGS」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL