Bark Yellows(バークイエロース)

学生時代に結成、もうすぐ50年の4人組。American Folk SongのCoverをやってます。

San Francisco Bay Blues

2012年04月20日 | SONGS

ご案内
2012.4.28(土)Bark Yellows 久しぶりに、LIVE|
名古屋・今池”"りとるびれっじhttp://littlevillage.nomaki.jpに出演することとなりました。
お暇でしたら,お出かけ下さい。


あまりにも有名な曲、San Francisco Bay Bluesもちろん,Bark Yellowsのレパートリーですが、学生時代は、演奏はできせんでした。 あの間奏部分ができなくて、やっと社会人になってものにした曲です。
さて、サンフランシスコ湾(San Francisco Bay)は、アメリカ西海岸に位置する湾でアメリカ合衆国カリフォルニア州にあります。
太平洋とゴールデンゲート海峡で接続し、湾内には寒流が流れ込み、サンフランシスコ湾の湾岸地域はサンフランシスコ・ベイエリアと呼ばれています。南北に長く、長さは約60キロメートル。最大幅は約15キロメートルで、南北の中間点より北側にある。サンフランシスコ湾の北側にはサンパブロ湾が広がるが、その接合地点よりやや南の西岸に、サンフランシスコ湾と太平洋を繋げるゴールデンゲート海峡があります。
この湾を歌ったのがアメリカのフォークソングの代表曲San Francisco Bay Blues ”サンフランシスコ湾ブルース ”です。


Jesse Fuller( ジェシー・ フラー)の作品。1896年頃、ジョージア州ジョーンズボロに生まれ、1976年にカリフォルニア州オークランドで死去しました。旅回りのサーカス一座の一員として全国を巡業し、その後、ハリウッドに住み着き、ユナイト映画の撮影所の前で靴磨きをやっていました。そこで大スターのダグラス・フェアバンクスに可愛がられて映画にも出演します。1955年にこの曲をリリース1950年代は クラブ出演もす。ワンマン·バンドとして、一人で12弦ギター、ハーモニカ、カズー、フォトデラ、ハイハット・シンバル、ウォッシュボードを操りながら軽快な曲を演奏をしました。Peter, Paul, and Mary 有名な、カズーの演奏は1962年コンサートでフラー自身が、行ったものです。
1960年代初頭にRamblin' Jack Elliott(ランブリン·ジャック·エリオット) , Bob Dylan(ボブ·ディラン)によってCLUBで 広い人気に得ました。その後Eric Clapton 、(エリック·クラプトン)、 Paul McCartney (ポール·マッカートニー) John Lennon(ジョン・レノン等、数多くのミュージシャンによってレコーディングされました。特にThe Weavers (ウィーバーズ)、The Brothers Four (ブラザース·フォー)、 ,Peter, Paul, and Mary The Travelers 3(トラベラーズ3)、The Rooftop Singers(ルーフ・トップシンガーズ)等、フォークグループの演奏はそれぞれのグループの特色を出したアレンジで非常に興味深いものです。聴き比べると面白いですよ。
San Francisco Bay Blues - The Weavers - (Lyrics)


San Francisco Bay Blues Jesse Fuller

I got the blues from my baby
彼女のせいで ブルー(憂鬱)な気分になっちまう
Left me by the San Francisco Bay
俺(一人を)を サンフランシスコ湾に残したまま
The ocean liner (and you) gone so far away
遠洋定期船が はるかに遠ざかって行く
Didn't mean to treat her so bad
そんなにひどく 彼女を扱うつもりはなかった
(She was) the best girl
彼女は 最高の女だった
I ever have had
俺が 今まで付き合った中で
(She) said goodbye
彼女が 「さよなら」と言った時は
I can make a cry
俺は 泣きたくて
I wannna lay down and die
(その場に)倒れて死にたくなったぜ ※

I ain't got a nickel
俺には 1枚のニッケル(5セント)硬貨も
And I ain't got a lousy dime
シラミみたいなダイム(10セント玉)も無い
If she don't come back
彼女が 戻って来ないなら
Think I'm gonna lose my mind
俺は 気が変になっちまいそうだ ※
If she ever comes back to stay
もし彼女が戻ってきて 留まってくれるなら
(It's) gonna be another brand new day
今とは違う 新しい一日になるだろう
Walkin' with my baby
彼女と一緒に歩くのさ
Down by the San Francisco Bay
サンフランシスコ湾に沿って

(間奏)

Sittin' down lookin' from my back door
腰掛けたまま 裏のドアを見ている
Wonderin' which way to go
どっちへ行こうと 考えながら
Woman I'm so crazy 'bout
俺が それほど夢中になった女が
She don't love me no more
もう俺のことを 愛してないなんて
Think I'll take me a freight train
貨物列車に乗り込もうかと 思っている
'Cause I'm feeling blue
なぜって俺は ブルー(憂鬱)な気分だから
Ride all the way
そして ずっと乗り続けて
(To the) end of the line
線路の終りまで
Thinking only of you
お前のことだけ 考えていよう

Stay while in another city
またいつもの街に 留まりながら
Just 'bout to go insane
気が変になりかけているみたいだ
Sounds like I heard my baby
俺は 彼女の声が聞こえた気がした
The way she used to call my name
彼女がいつも 俺を呼んでいた時のような
If she ever comes back to stay
もし彼女が戻ってきて 留まってくれるなら
(It's) gonna be another brand new day
今とは違う 新しい一日になるだろう
Walkin' with my baby
彼女と一緒に歩くのさ
Down by the San Francisco Bay
サンフランシスコ湾に沿って"
Jesse Fuller - San Francisco Bay Blues (1968)

『バンド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Little Green Apples | トップ | Surfer Girl »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL