Bark Yellows(バークイエロース)

学生時代に結成、もうすぐ50年の4人組。American Folk SongのCoverをやってます。

Glad She’s A Woman  

2017年08月18日 | SONGS

The Brothers Four

The Brothers Fourが1969年リリースのアルバム "Let’s Get Together”に収録のしっとりとしたLove Songです。曲はBobby Goldsboro(ボビー・ゴールズボロ)の作品です。彼はポップ・カントリー系のシンガーソングライターで1960年代から1970年代にかけて一連のヒットを飛ばしました。その中には以前に紹介したAnd I Love You Soも入っています。また、1962年から1964年にかけては、ロイ・オービソンのバックで、ギターを演奏していました。1968年シングル、翌年、アルバム”Today”をリリース、曲を収録しています。彼自身の個人的な経験からこれを書いたと言われています。なお、Johnny Maestro & the Brooklyn(ジョニー・マストロとブルックリン )は1968年リリースのアルバム”Brooklyn Bridge”に、Al Martino(アル・マルティーノ)は1969年リリースのアルバム”Sausalito”に曲を収録しています。

Bobby Goldsboro (1969)

Glad She’s A Woman  

As she sit by the window
She's busy with work
But her mind isn't on
What she's doing

She thinks back to morning
The feeling she had
And she's glad she's a woman

And you can see the glow
On her face and in her eyes
You can see she's changing everyday
From the little girl I married
From a girl into a woman
And she's glad she's a woman

Late at night
When I'm sleeping
She'll tug at my side
Wake me up just to
Tell me she's happy

I put my hand on the life
She carries inside
Then she smiles
And says, hello, daddy

And my heart could almost burst
From the love she brings to me
I can see she's changing everyday
From the little girl I married
From a girl into a woman
And I'm glad she's a woman

彼女が窓際に座ると
彼女は仕事で忙しい
しかし、彼女の心はありません
彼女がしていることには、

彼女は朝に戻って考える
彼女が持っていた気持ちを
そして、彼女は自身が一人の女性であるのがとうれしい

そしてあなたは輝きを見ることができる
彼女の顔と彼女の目の中に、
彼女が日々、変わっていくのを見ることができる
私が結婚した頃の幼い少女から
一人の女の子から一人の女性へと
そして、彼女は自身が一人の女性であるのがうれしい

夜、遅く
私が寝ていると
彼女は私の側で引っ張る
私が目覚めると同時に
彼女は幸せだと私に告げる

私は人生に手を差し伸べた
彼女は気持ちを運ぶ
それから、彼女は微笑み、
こんにちは、お父さんと言う

そして、私の心は、ほとんどはち切れそうだった
彼女が私にもたらす愛によって
彼女が日々、変わっていくのを見ることができる
私が結婚した頃の幼い少女から
一人の女の子から一人の女性へと
そして、私は彼女が一人の女性であるのがうれしい

Johnny Maestro & the Brooklyn

Al Martino

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« We've Only Just Begun (愛の... | トップ | I Love How You Love Me (忘... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

SONGS」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL