bar andrews

モルトウイスキーとフレッシュカクテルの店

テイスティング会を終えて ~第21回~

2012年01月30日 15時55分45秒 | テイスティング会




お疲れさまでした
恒例のテイスティング会
冬のこの時期は、「アイラモルト&生牡蠣」


スコットランド アイラ島のオイスターバーでは
生牡蠣にアイラモルトをかけて食べるやり方があるようでして
andrewsでもこの時期、このイベントのみやっています
(通常営業でも、やりたいほどです^^・・・週末なら・・・未定^^;)


今年は昨年の大震災の影響により、牡蠣のお値段が高騰していました
しかし、楽しみにされているお客さまのため
今回もご用意させていただきました


さてさて、今回のお題のモルトたちです
スコッチモルトウイスキー・ソサエティ SMWSより
3種のアイラモルトです





                        


ラフロイグ1999 12y
度数:59.6%
カスク:リフィルシェリーバット
香りは 軽く、夏の海岸の風、バーベキューの炭
味は 甘く、オイリー
余韻は ドロっとオイリー、甘苦く、スモークさがゆっくりと広がる



                        


アードベッグ2000 11y
度数:57.5%
カスク:1stフィル バーボンホグスヘッド
香りは チョコ・・・ミントの爽快さも感じる
味は 甘くクリーミー バランス良くまとまっている感じがする
余韻は うん!! 紅茶!! 紅茶のような余韻が支配する
      ピリっとドライな面も



                        


ボウモア1987 23y
度数:48.4%
カスク:リフィルシェリーバット
香りは うーん 華やか!!
     こんな華やかな香りのするボウモアは記憶にありません
     とても女性的
味は クリーミー、塩っぽい、オイル
余韻は 香水のような香りが漂う 軽くスモーク、ミント
      長く支配します





私は3種類のモルトたちにこんな印象を感じました
正直申しあげまして、ラフロイグやアードベッグの感想は
よく口にする味
ボウモアはなかなか珍しいものに仕上がっているように思いました
一般的なアイラモルトを求めるならラフロイグや味にまとまりあるアードベッグ
珍しいアイラモルトを飲んでみたい方は、ボウモア
シェリー樽長期熟成の華やかさ、女性的なボウモアが垣間見れます



残りの分のこのモルトがあるうちに
是非、ショットでお召し上がりください



参加された皆さん 今回の恒例の牡蠣&アイラモルトの会
いかがでしたでしょうが
ボトルの減り具合を見ますと
一番人気は、ボウモアだったようですね


牡蠣は三重県産4箱!!でしたが
時間内に剥き終わることができず
次回は3箱でいいでしょうね
後ほど、私もいただきましたが
とても新鮮で美味しくいただきました


今回で21回目のこのイベントになりました
これからも「よかモルトば、見つけたときは」やっていきます
今後ともどうぞ宜しくお願いします
ありがとうございました





『熊本県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Andrews野球部 ~2012 ... | トップ | ん!?どうしよう・・・ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
遅くなりました (キャビア2号)
2012-02-01 19:12:47
土曜日お疲れさまでした。
今回も楽しませてもらいました。
モルト3本とも美味しかったですが
やはりボウモアが一番でした。
ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
ありがとうございました (andrews)
2012-02-02 02:26:28
キャビア2号さん
コメントありがとうございます
やはり、人気は長熟のボウモアですよね
牡蠣と合うかは別として
女性的なやわらかい味わいが印象的でした
いつになるか分かりませんが
次回もどうぞ宜しくお願いします
お疲れ様でした。 (亮)
2012-02-04 12:56:25
いやー毎年の事ながら、うまかったですね。
後輩2人も初めての食べ方で、面白がっていました。
モルトは3つとも美味しかったです。
僕はピートがきいたラフロイグでした。
来年は、料金をちょっと上げて、牡蠣剥きの人をいれるってのはどうでしょう。
ありがとうございました (andrews)
2012-02-04 16:13:02
亮さん
やはりハードめなタイプがお好きなんですね
生ガキ&アイラモルトは
鉄板のコラボですから
美味しかったと言っていただけて
良かったです
牡蠣剥き職人ですかぁ(笑)
確かに1人で全部剥くのは大変でした

コメントを投稿

テイスティング会」カテゴリの最新記事