bar andrews

モルトウイスキーとフレッシュカクテルの店

秩父蒸留所を見学

2010年04月13日 11時29分56秒 | 蒸留所巡り


池袋ー西武池袋線 秩父
秩父ー秩父蒸留所

2日目の見学は埼玉県秩父市にある秩父蒸留所
「イチローズ・モルト」をリリースされているベンチャー・ウイスキー

「秩父蒸留所??」
そう聞かれる方も多いかもしれない
それもそのはず、立ち上がってから日はまだ浅く
2008年2月に蒸留開始されたばかりの大手メーカーさんと比べると
とても小さな蒸留所なんです

  

タクシーで乗り付け、所内に
ゲストルーム(事務所??)に案内され、コーヒーをいただきました^^
するとオーナー様直々に御挨拶
 
 

光栄です
恐縮です
そして、オーナー御自ら 蒸留所内の説明してくださいました
それも詳しく、ある程度の知識がないと
なんのことやら?
という状態になるのではないでしょうか

大手メーカーさんは万人に分かりやすく説明
ベンチャーウイスキーさんは学びたい者への説明
ステキです^^

  

モルトウイスキーの原料は大麦
それも二条大麦
二条大麦といっても「お米」同様、品種改良され続け
様々な品種、そして産地がある
それによっても性格が異なる自然の産物
「ウィスキーは生き物ですから・・・」という言葉が印象的でした

現在はオプティック種や確か…ブレイマー種だとおっしゃってたような^^;
そして、地元愛の強い肥土さんは
埼玉県産の大麦も使用しているとのこと
ピートだって行く行くは埼玉県産ピートを・・・なんでしょうね^^

農作物ですから当然 小さい石なども混ざっている
手作業で仕分けしながら、麦芽の粉砕するためにローラーミルへ
粉砕された麦芽は、
ハスク、グリッツ、フラワーと2:7:1の割合の大きさに粉砕される
これが次の工程の麦汁を採取するために必要な作業になる

 

麦汁を採取する方法は「インフュージョン法」(浸す)
ざっくり言うとお湯に浸して、絞り、麦汁を取る作業
粉砕された麦芽グリストと約65度の温水で1番麦汁が採取され、
2番麦汁、3番麦汁を採取していく
そして残った絞りカスは、近くの牧場の家畜用飼料に回される
これが重宝されるということでした
ウィスキーは無駄な物は出さない

 

イースト菌を加えてモロミを抽出します
秩父の発酵槽(ウォッシュバック)です
大手の発酵槽だと高さ5mほど、直径も大きいのですが
とてもコンパクトな大きさです
5基ありました
しかも、材質がミズナラ

メンテナンスが簡単なステンレス製でも
伝統的な松、ダグラスファーでもなく
ミズナラのウォッシュバック
大きさがコンパクトなだけに、ミズナラで可能になったそうです
(ここで乳酸菌のお話もしてくださいました・・・ラクトバジルスだったなぁ^^;)

某蒸留所は木製のウォッシュバックからステンレス製に替えたら
飲み手の反応がいまいちになり
最近また木製のウォッシュバックに戻したらしいです

秩父のミズナラが今後どういうウィスキーを生み出してくれるか分かりませんが
いろんな要素の一つが重なり合い、自然風土による長い年月の影響を受け
ようやく誕生していくので、この工程だけでも
とても将来を期待してしまいます

中をちょっと拝見させてもらいました
スウィッチャーがちょうどグルグル回ってまして
臭いは以外にもフルーティーな香りでした

  

蒸留器 ポットスチル
初留器1 再留器1
もっとも小さいサイズの蒸留器
ラインアームについてのお話をしてくださいました
蒸留液の出来の違いなど・・・

 

スピリットセイフ
単に蒸留するといっても蒸留し始めと蒸留の終わりでは
アルコール度数や蒸留液の性質が異なる
そのタイミングは「人の感覚」
というのは、もともと麦芽から仕込んだといっても
麦芽自体が全く同じ物ではない
微妙なタイミングは職人さんの経験による感覚で操作される
一番良いとされるタイミングの間隔「ミドルカット」し
良質な蒸留液を採取していく
(実際はもっと複雑なんですが、簡単に書きました^^;)

 

所内に設けられた熟成庫
静かに眠ってます
様々な大きさ、材質の樽で
バレル、ホグスヘッド、バット・・・
そして、ミズナラ、ホワイトオーク、スパニッシュオーク

さらにバレル樽の両端を切り小さい樽を考案された
「チビ樽」とても可愛いネーミングです
秩父ならではの樽で、比較的早い時期に熟成のピークが来るでしょう
この樽のリリースも楽しみです

  

そして、ゲストルームに戻りテイスティング^^
樽詰め時のアルコールは63.5%
この透明な液体はまさにそれ
カドがあり飲みにくいかと思われるでしょうが
これがうまい

もちろんニューポットですから、熟成されてないので
美味しいといってもイメージが沸かないでしょうが
将来性をとても感じるフルーティーなニューポットでした

そして色の着いている2種類
フルーティー、ウッディーなタイプと51ppmのピーティーなタイプ
スモーキー派な方には51ppmがオススメ

いずれにせよ
まだ熟成期間が短い中でこれだけの味わい
5年先、10年先にはどんなスケールのデカいモルトに成長していくのか
とても楽しみになりました

今回は突然の見学に、肥土さん自ら、時間を割き、
御説明してくださいまして、本当にありがとうございました
肥土さんとの会話の中で、
地元で作り上げるモルトウィスキーという熱意がとても伝わりました
また列車に揺られて、秩父蒸留所へ伺いたいと思います
その際は「ウィスキーの世界」を少しだけ教えてください

『熊本県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白州蒸留所を見学 | トップ | イチローズモルト・ダブルデ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (酒屋の営業)
2010-04-13 20:52:35
今日は大変勉強になりました!

是非出来上がったら飲んでみたいです(^^)

自分も頑張ってみます・・・色々と・・・(^^)
お疲れ様です (andrews)
2010-04-13 21:01:26
酒屋の営業さん
楽しみが膨らみますね
その「楽しみ」のために日々頑張れます
今日は例のブツありがとうございました(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む