薔薇とカナリア

綺麗な薔薇を咲かせるための奮闘日記&ぶらぶら街歩きの記録

ラカンカラ@五百羅漢寺と大円寺

2016-10-16 21:26:32 | 神社とお寺と狛犬と
ら~かんさんがそ~ろったらまわそじゃないか
ソイヤサ~ノソイヤサ



目黒のらかんさんを見てきた
開基の 松雲元慶が たったひとりで掘り上げたという木製羅漢像が
305体(うち、羅漢像は287体)
ひとつひとつ違ったお顔が並んでいて それぞれが色々な事を問いかけてくる
その ありがたいお姿をここに紹介したいところだけど
木製ゆえなのか写真撮影絶対禁止



お写真は入口にある手水桶だけ
おしまい
・・・
では ちょっとさびしいので



ブラブラ歩いて目黒川を渡る
こんなに太陽が出るのは一か月半ぶりなので気分爽快



てくてく歩いてやってきたのは 行人坂大円寺
目黒はサンマだけじゃないのよ らかんさんの街でもあるのよ



お釈迦様を中心に 左右に 文殊、普賢の両菩薩
その周りに 十大弟子像 十六羅漢像
そして



うしろには 五百羅漢像がずらり勢ぞろい (現存は491体だそうです)



明和9年(1772)の大火事の犠牲者を供養するために長い時間をかけて造られていき
中には 宝暦の年号が刻まれた石仏さまもあるとの事



これは 火事の時にとろけてしまったお地蔵さま
いかに大火だったのかがわかる



みんな いいお顔
眺めていると心が安らいでいく
お地蔵さんの癒しパワーはすごいですね


 

にほんブログ村

にほんブログ村




『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それでもバラは咲く | トップ | 名前は大事 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい (tappe)
2016-10-16 23:23:35
数のお地蔵さんたち、壮観で荘厳です。
仏様たちのお顔はほんとになんとも言えない穏やかな顔で心が癒やされます。
最後の羅漢さんたち、とても自然な配置で一層趣がありますね。
高山のお寺にもお堂の中に納められている木製の五百羅漢さんがあります。昔は外から格子越しに自由に覗け撮影できましたが今はどうでしょう・・。
お地蔵さん (はく)
2016-10-17 09:50:04
達の ふくよかで穏やかなお顔を見ていると悩みなんか どこかへ飛んでいってしまいます

最後の羅漢さん達 十数センチの小さな体で あちこちに佇む姿に思わず笑みがこぼれました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。