薔薇貫入釉 本間友幸の陶記

陶芸家 本間友幸が生み出す陶器=薔薇貫入釉の世界
  

酒器容量

2017-07-13 15:13:51 | 陶歴
ぐいのみ・杯・盃など日本酒を呑む為の器を日々制作してますが、その大きさは統一されてきました。
これは酒豪の方が弱くなったり、日本酒ブームがあったり。
個人的にも全国で個展をした結果、最も皆さんに好まれるサイズが分かったり。
現在制作している酒器の容量を測ってみました。
ぐいのみ 80CC
盃 60CC
です。
これは縁ギリギリの容量です。
個人的には盃が小さいのが気になりますが、皆様には好まれます。
今秋は大きな盃を制作予定。
100CCです。
盃の方は小鉢としても使われる方が多いので料理好きな方にはオススメです。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北アルプス国際芸術祭 | トップ | 手びねり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

陶歴」カテゴリの最新記事