薔薇貫入釉 本間友幸の陶記

陶芸家 本間友幸が生み出す陶器=薔薇貫入釉の世界
  

ないもの

2017-06-17 16:43:08 | 陶歴
25年作業してますが、工房直売作品というものがないのです。
通常、本店のみ・直売のみなどと言われる商品が世の中にはありますが、我が事務室にはないのです。
これは工房開きを一切やっていないので当然なのですが、そろそろ欲しいなと検討中です。
工房開きはしませんがギャラリーは欲しいな〜なんて思います。作業場以外でね。
原則販売は業者様にお任せスタイルですが、近年のお客様は作り手から直接購入したいという志向が高まってますね。
自分としては材料難の薔薇貫入釉を直接販売のみにしたいのですが、これはムリ。
美術商さんやギャラリーさんなど薔薇貫入釉を求めますので。
釉薬のみで選ぶのは難しいかな。
秋までには結論を出したいと思います。
そして満25年の展示会(伊那市)にて発表してもよいかな。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薔薇貫入釉新作 | トップ | 北アルプス国際芸術祭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

陶歴」カテゴリの最新記事