薔薇貫入釉 本間友幸の陶記

陶芸家 本間友幸が生み出す陶器=薔薇貫入釉の世界
  

組み作品

2017-04-23 23:59:29 | 陶歴
今月末の展示会でも組み作品をバラ売り致します。
組み作品そのものが昔は殆どなかったので、お揃い作品が欲しい方には良いかも。

お揃いというと、公募展入選作で組作品は過去に数点あります。
殆ど薔薇貫入釉ですが、今月受賞した作品は自然釉。
共通点は全く同じ作品を数点セットにしている事です。
これは同じものを作る技術を評価して頂いてます。
しかし表現としては同じモノをセットにする必要はない訳で、これはクラフト系の考え方です。
組み作品での表現力は、これからの課題です。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薔薇の器展8 | トップ | サクラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

陶歴」カテゴリの最新記事