一本榎のカラス

2017-06-16 10:27:24 | ひとりごと







大きな榎の木があります。熊本市指定保存樹木です。
毎年木のてっぺんにカラスが巣作りし子育てをします。
今年も子育てが終わり巣立っていったようです。

巣作りの時は葉っぱが全然ないので居間に座っていると良く見えます。
結構大きな巣です。二羽で交互に餌を運んできます。
ある日巣立ちの頃でしょう、お隣の庭にヒナが落ちていました。
親鳥は凄い大きな声で叫んでいました(数日の間)
その後どうなったか定かではないですけど、無事巣立ったと思います。
今は葉が茂ってカラスの巣もまったく見えません。

十年ほど前、我が家の庭にヒヨドリのヒナが落ちていました。
親鳥は塀の上で鳴いていましたけど夜でもあるし、その晩は
鳥かごにいれて家で預かりました。親鳥は忘れていなかったんです!
朝、塀の上でちゃんと待っていました。ちょっと感動ものでしたね。

その後ちゃんと巣立っていったようです。
ヒナはまだちゃんと飛べないので巣立ちの時は良くあるようです。
今でもはっきりと思い出す出来事です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やすらぎの郷を見る | トップ | 父の日 思い出 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。