櫓ネギ 

2017-05-17 11:37:54 | お花
不思議なネギ 櫓ネギ




名前の由来
ネギ坊主の代わりに珠芽(しゅが)と呼ばれる場所から小ネギが
増えていくという不思議なネギです。
その珠芽の様子が櫓(やぐら)に似ていることから櫓ネギと呼ばれる
ようになったようです。
庭のプランターに数年前、友達から貰った珠芽を植えました。それが毎年
育っていて、普通の小ネギとして使っています。
あまり手もかけず、ほったらかしですがいつも青いネギができます。

私は熊本市内ですけどこのネギは東北地方などの積雪地域の葉ネギとして
栽培されているようです。

ちょっと変わったネギとは思っていましたが
それほど珍しいネギだったとは・・・
今ちょうど珠芽が出ています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の日 | トップ | 叔母さん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

お花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。