The Long Goodbye

Bar-Chan Blog.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

偏向報道

2016-11-03 | Weblog

ここ数年で目立って酷くなったのが民放各局の偏向報道だ。
反論しない左翼タレントばかり集めたサンデー〇ーニング
みたいな番組ならまだ許せる。
しかし、ある程度のニュース要素を含んだ情報番組でさえ
そうなのだ。
これはまぁ、テレビ各局の上層部に在日の方が多いからに
他ならないが、そんな理由で正しい報道が歪曲されるようでは
この国も終わりだ。

韓流ドラマ推しはずいぶんと前からだが、今は売国奴と言わざる
を得ない報道をなにげにやる。
ネットニュースなどと比較をして変だなと気づく人は別として
テレビが与えてくれるもののみを吸収して生活している方たちに
とってはまさに有害だ。

例えば韓国大統領の不正について、専門家まで招いて特集まで組んで
延々と1時間もやる。
それ、どこの国の人に向けての報道なの? と耳を疑いたくなる。
日本人にとってはサラッとやればいいだけのニュースですから。

それだけではない。私が文頭で民放と述べたが、大問題なのは
公共放送と呼ばれるNHKなのだ。

一例を上げると、12月23日の19時のニュースで天皇陛下の祝賀の儀や
一般参賀についてまったく触れなかった年がある。
クレームを入れた人には「20時のニュースでは報道した」と悪びれず
答えたようだが、NHKにとってこの国の象徴とはどんな立ち位置なのか。

そして国歌だ。斉唱を拒否する日教組は、これが思想信条の自由であり
その侵害は違憲であるという主張。
日本で生活して日本人であるのに国歌を歌いたくないなんて
どんな思想信条なのでしょう。
それに正当性を含む報道をするNHK。いったいどこの国の放送局なのか。

いつだったかは、ほどんどの人が知らない韓国の俳優が海兵隊に入隊
したことをニュースで報道。ワイドショーかい。

安倍政権が発足したときは、海外の反応として「世界が警戒してる」と報道。
世界? 実際は中韓が言ってるだけ。

「日本人の62%が韓国が好き!」などと報道したこともある。
それどこで調査したのだろうか。少なくとも私の数多い知人に、そんな
アンケートを受けた人などいない。

ここのところ多いのはヘイトスピーチに対する批判だが、それも『ヘイト
スピーチをする団体は右翼で暴力的=悪』を印象付けてる報道がすべてだ。
基地建設反対派に島民でもないのに沖縄へ乗り込んで汚い言葉を飛ばす連中や
憲法改正反対や原発反対をうたって暴力団まがいの恫喝をする人たちの悪行は
ほとんど報道しない。

しかし、これが公共放送?
まったくふざけた話である。 
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご当地ナンバー | トップ | 新語・流行語大賞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL