ハシビロコウが大好きな遠隔専門ヒーラー ハスノのあれこれ

日記とか、育児とか、胡散臭い話も書きますよ!

完璧な子供が欲しいから、完璧な親になろうとする。その不毛さを知れ。

2016年10月18日 | 白蓮日記(育児日記)

 親が完璧である必要はない、というキーワードでうちのブログに来て下さった方がいたようです。
 多くの人は完璧な親になろうとしますが、それはどうしてなのでしょうか。

 私の個人的な見解ですが、それは子供から批判されることが恐いからじゃないのでしょうか。子供の成長が、直接自分の成した結果となって反映されるからではないのでしょうか。

 ダメな子供イコールダメな親イコールダメな自分。そういう図式が無意識に頭の中にあって、ダメな自分になりたくないという欲求が、我が子を完璧な子供にしようという行動へと駆り立ててしまうのではないでしょうか。

 自分が完璧な親であろうとすることは、同時に我が子を完璧な子供にしたいということを意味しています。完璧な子供を育てたいから、完璧な親でありたいわけです。

 この完璧とは一体どういうことかというと、他人から見て賞賛に値するいうことではなく、他人から批判されないということなのです。
 自分を悪く言われたくないという理由から、完璧を目指しているわけです。

 私はこういう育児を間違っているとは思いませんが、こういう育児が子供を完璧からどんどん遠ざけていくのだという現実は理解しています。

 子供は自由でのびのびとしていて、成長の限界点が無い状態です。それを完璧という球体の中に押し込めようとすれば、やがて必ず無理が出てきます。
 なぜなら完璧とはこの世界のどこにも存在しないものであり、個人個人の心の中にそれぞれの価値観で設定された檻だからです。
 檻に閉じ込められた人間の精神が健全でいられると思う方がおかしいのです。
 完璧とはもう成長しない姿であることを知って下さい。もう決してどこも成長できない、それが完璧の意味の一つなのです。

 子供はどこまでも自由に成長すればいいのです。その成長の手伝いをするのが親なのですから、親もまた無限に、親として成長していけばいいのです。
 完璧なんてくだらない。
 完璧なんて詰まらない。
 完璧とは虚しいだけの苦い理想だと知ることが、親子共々楽しく成長するための近道だと私は思います。

 

2016年10月23日開催★かさこ塾フェスタ京都のご案内

 

自分自身への贈り物に、お誕生日リーディングはいかがですか?
http://hasunokaze.thebase.in/items/3282051


オリジナルヒーリング蓮の風
http://happytown.orahoo.com/alchemist2005/

 

ランキングが上がると、遠隔ヒーリングの便利さを多くの方へ知ってもらえるので、ポチっとよろしく!!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月18日に生まれた方へ | トップ | 10月19日に生まれた方へ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む