晩酌事始

バンシャクコトハジメのお気楽レシピ。
いざ呑むなら作るべし。

鱈と芋の塩煮

2017-01-30 | 魚介の味で


おつゆと酒の相性が堪らない。
シンプルなものほど、旨さが分かるってもんだ。

【材料】2人前相当

・生タラ切り身 2~3切れ
 重量の5%相当の塩を全体にまぶし1日置いておき塩ダラを作っておく
 ※そんな暇はないという方は「甘塩」タイプを購入しそのまま使ってください
・ジャガイモ 小~中サイズ2~3個
・ネギ 1本

昆布出汁(今回は700ccほど使いました)

 昆布で出汁を取りおつゆを作る(買った昆布それぞれの説明書きを参照してください)
 酒70cc、塩を小さじ1弱加え(ちょっと薄いかな?程度の塩味にする)一旦煮たてる


【作り方】
1.タラを食べやすい大きさに切る、イモは皮を剥き10~15mmの輪切りにする、ネギはざく切りにする


2.イモを茹でておく ※出汁でなく普通の水で


3.出汁をとったおつゆでネギ、イモを煮る。ネギがしんなりしそうな頃、タラを加える


(ポイント)最初、おつゆを薄味にするのは煮たタラの塩分が加わるから(味が足りなければ塩を加え調整する)。イモの別に茹でておくのは三種の具材の煮え具合が整えやすくなるから(イモだけが固いとか煮え過ぎちゃった、なんてことを防ぐ。あとは見栄え?)

出来上がったら、器に取り分ける、あるいは小鍋に移して楽しむというのも一興。


旨口な純米酒あるいは純米原酒をお試しあれ。出汁の旨みが鮮明になる、同時に酒の旨みが上がること請け合い。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生鮭オイル煮 | トップ | オイル漬けキノコで冷奴 »
最近の画像もっと見る

魚介の味で」カテゴリの最新記事