坂野民枝・インテリアコーディネーターの目線:             心地よい空間作りのヒント探し:四方山話

  

    日本のインテリアをUP。インテリアの教室も開催。詳細HP『インテリアの教室』

映画:レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮

2017-02-19 | 映画


先日の上映終了に間に合いました。

『絵画、彫刻、建築、数学、物理などあらゆる分野で功績を残した、希代の天才レオナルド・ダ・ビンチの偉業と謎の多い人物像に迫るドキュメンタリー。』です。

謎が多いと言われていますが、過去をすべて把握し記録に残している人がどのくらいいるのか?
たくさん残した分、リアルに理由を追求すると意味不明になることもあると思うのですが・・・

3つの構成になっています。

・生まれ故郷のトスカーナ ヴィンチ村
・才能を開花させたフィレンツェ
・円熟期を過ごしたミラノ

武器、武具の設計ができ、城の建築計画ができる。
[平和な時には 絵を描ける]
スポンサーである城主に求められ、愛人の絵を描く。
美しく書いてもらえれば 喜ばれる。
それが評判になる。
他からも依頼が来る。
弟子たちに囲まれ、工房経営。
教会からも仕事が来る。
物事を追及し続けたからこれだけの作品を残せたとは思います。
街に埋没した作品も多かったと想像します。

ダ・ビンチの描く人物はリアルすぎるところがあり、『もしこれが私の手元にあったらどこに飾る?』と考えて、これまでのお客様のお宅を想像しても なじみにくいところがあります。

女性を描いた絵、特に眉毛のない女性、ルーブルで毎日大勢に見つめられている絵を どこかに飾ろうとすると、迫力のある空間でないと負けます。
そう考えると やっぱりすごい才能ですね。


ダ・ビンチが考えた構図が最初って・・・
現代も自撮りで[斜めに構えるときれい]に見えることです。
たぶん 私も・・・
  

10年前にミラノで私が写したダ・ヴィンチ像。
映像では後ろの建物が写らないように斜め下から写されていました。写し方で威厳が増します!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初釜のプリント写真2017/1/13・記憶

2017-02-13 | Weblog
最近は 『写真を戴く』というより『送ってもらう』。
データで受け取ることを意味することほとんど。
仕事では、当然のようになっています。
記念写真もデータは、『記録』という意味合いが強いように思います。

プリントした写真を後日、手にすると その時の出来事全体を思い出します。
記憶』です。


入った日付のすぐ上に自分が座っているのも過ぎた日を意識します。
慌ただしく過ごしていると、1か月、懐かしくなります。
これもプリント写真の良さでしょうか。
茶室にいて、ましてや和服を着ていると、他事はできません。
茶室の中の 出来事に気を配り 集中します。
精神的にも他の事は必然的に排除されます。

中学生のころ、朝、制服を着ると 時計を見ながら『学校へ行かなきゃ』という気持ちになったのと同じかもしれません。
出かける目的によって服は着替えますが、集中力を高めるために服を替えるのも良いかも と思ったりします。

同じ写真を手に あれこれ違うことを話せるのはプリントならではです。

プリント写真をスマホで写して『記録』へ追加します。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幕末明治&″今″を一望する:聖徳記念絵画館

2017-02-09 | 美術館
先日は、東京へ行きたかったのですが、時間が間に合わず断念。
リニアがあれば 行けたのに!
昨年の秋です。この建物は数か月ぐらいの変化は気にせず存在しています。


時々雑誌などで見ます。一度は行きたいと思いながら、わざわざという気も。青山通りから歩く10分ぐらいが、遠い・・
デザインウィークの時、入場の列を見て、時間をずらすことを考えました。
会場の奥に 威厳をもって 建っているのがここです。
インテリアのショールーム巡りとは違い、空を見ながら向かう感じです。


この建物、大正期に計画され、関東大震災をはさんで完成されたとあります。
エントランスホールの壁面は現在の建築では使われることのない赤い石です。この大理石が岐阜県赤坂産となっています。
床のデザイン貼りや天井を見上げている 私は他の人からは 不思議かもしれません。

幕末、明治を描いた大正期の画家の方々も 後世に『日本を伝える』気概があったことと思います。絵の迫力から感じます。




記念館から見た デザインウィークの会場です。

この数時間後に、事故はおきました。屋外展示物から発火。
この写真の景色のどこかにいたかもしれない、その子。
小学生の男の子の命を思うと、すぐにはUPできず、記事を書いたままになっていました。
建築、デザイン、インテリア 人が造るものは 『すべて人を守るものである』原点を忘れてはいけない あらためて思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小説『本日はお日柄も良く』もう一つの読み方

2017-02-08 | Weblog

ストーリーは、普通のOLが、ある結婚式をきっかけにスピーチライターになり ハッピーエンド。
小説として、どうする、どうなる と友人のことのように読めます。

この本で学んだことは[言葉の力、表現力で いかに伝え、人の心に残す]です。
ドラマにもなっていますが、本だから、文字だからこそ 読み取れるもがあります。

この本を勧められたのは1月にセミナーに参加した時です。
SNSで、人とつながるには、写真と共に文字の力、言葉の力は外せません。

インテリアの仕事も お客様の好みをを聞きすることで、望まれる提案ができます。

私自身 これまでも言葉を選び、誤解の無いようにと思っています。
これからは『相手に残る』を心がけたいと思います。

それにしても、建築の場合も、予定が合えば 地鎮祭、棟上げ、お引渡しに『大安吉日』を選ばれます。
日本人の心のよりどころでしょうか。
日頃は気にしない人も、せっかくなら・・お日柄も良く と、なります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初代のホームぺージを閉じます

2017-01-06 | Weblog
ウェブ上に残っている初代のホームページを閉じます。
10年以上前に作成し、『インテリア コーディネーターは、どんな仕事をする人?』にお応えする内容で活用していました。
ホームページビルダーで作成していましたが、パソコンも変わり、旧バージョンのソフトも入れていないので触ることができないホームページとなったままでした。そこに載っているgooのメールアドレスも終了します。
(dionのメールアドレスはこれまで通りです。)


KDDI au one netから『2017年10月31日をもって、ホームページ公開代理」サービス提供を終了します』のお知らせ,10月を待たずに、閉じる事にしました。
当時書いた内容で 今も変わらぬ思いのものを『インテリアの教室』のHPへUPします。

現在 Facebookに載せているのは下記の2つからです。

・http://iclesson.com
ホームページ&インテリア情報のブログは『インテリアの教室』
セミナーのご案内、インテリアメーカーの新商品、インテリアのヒントなどを載せています。

・http://blog.goo.ne.jp/bannotamie
インテリア目線の四方山話のブログは、2007年から続けています。
出かけた先、美術館、映画、インテリア コーディネーターの目を通した、インテリアや建築のことを書いています。 
今見ていただいているのはこちらになります。

これまで通り、よろしくお願い致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初釜:如庵/成田山/犬山温泉

2017-01-06 | Weblog

時々聞かれますが、如庵は国宝の茶室で火は使えません。
書院席で、いただきます。
風が出てきた茶室の路地は寒さに、気が引き締まります。

400年の歳月を見ている如庵、織田有楽斎に庭先から見ていられるようです。

室内に入り、風邪から身を防ぎ、ホッとします。
障子1枚がどれだけ人を守るのか あらためて日本家屋を体感します。
より完全、安全を求めて 現在のサッシに到達ですね。

本席では、お正月にふさわしいお道具揃えを見せていただきました。
私が戴いた時は、お茶碗が軽く、絵付けもきれいなのでお聞きしました。
山中塗とのこと、塗り物の抹茶茶碗もまた、素敵です。

ここの初釜に伺うのは恒例ですが、一度ここのホテルの温泉に行って見たいと思い、今回、露天風呂に入りました。初釜のチケット提示で、日帰り扱いの930円で入れます。
朝9時半の大浴場はほとんど人も無く、無人の露天風呂。3メートルの高さから落ちる、打たせ湯を肩に当てて、肩こりも解消。旅行気分になれます。

帰りの電車までの時間があったので、犬山の成田さんへ。犬山遊園の駅に成田山への矢印があります。
小学生のころ母と書き初めに着た記憶がありますが、細い階段道、イメージが違う・・・

本堂まで上がり、正面の広い参道を見渡してわかりました。
子供のころは犬山の駅から来た!一駅違う!
記憶は合ってました。母がいたら・・・何て言うのか・・・

90度横を見ると、犬山城が小さく見えます。

100年単位の風を感じます。
優雅な半日を過ごさせていただきました。

さて、今年!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年 伊勢神宮初詣

2017-01-03 | Weblog
伊勢神宮は久しぶりの初詣。

ご近所との朝、『伊勢神宮へ初詣』と、漢字風には言わず、
『お伊勢さんへ行きます』ひらがな風に挨拶。

まず下宮から、階段の下から拝殿まで15分。
正面からの撮影禁止はラッシュ緩和のためもあるのでしょう。

本殿はその奥 横から金の屋根が見えます。

内宮へ移動

初めの鳥居から ラッシュが始まります。



列が動かない!
警備の方が両サイドに誘導しています。
サイドストリートの流れが速いので、拝殿の右寄りで参拝・・・のつもりが、右側全体から押され中央寄りに。
左隣のグループの方が、『中央から上がってきて1時間待ったのに』と右端に向かって・・・
押したり不平を言ったりが、神様と私の間を通過してから、二礼二拍手一礼です。



社殿の横から。
手前が16年後の遷宮用の土地。
わかりやすく言うと”本殿の建設予定地に仮設”があります。
奥が現在の社殿。
社殿の真裏

右側が現在の社殿の敷地 左が次の遷宮の敷地
現在と未来の結界。
神聖なものを感じます。
ここを写しているのは私だけですが・こういう場所・好きです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年 おめでとうございます

2017-01-01 | インテリア
今年もよろしくお願い致します。

こちらのブログは、インテリア コーディネーターの目線の四方山話です。
 これまで以上に楽しい コト・モノ を見つけていきます。

インテリアの情報は ホームぺージ『インテリアの教室』
http://iclessonn.com で、出しています。
 昨年以上に インテリア周辺の話題を出します。

よろしくお願い致します。



マンションの大規模修繕も手直しを残すだけで、ほぼ終わり、スッキリとしています。
自宅が綺麗になるのは、私も嬉しいです。

お正月用の花材が多かったので エントランスに勝手に サービス。
花を見て怒る人はいないと信じて・・・です。

今年も空間に 新たな提案をしていきます(*^-^*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンタさん一式:レゴブロック

2016-12-25 | アート
名古屋の金山で、乗り換えた時 かわるがわる写真を撮っている人達。
サンタさんね。と思いながら近づいたら レゴ。

トナカイもサンタさんも綱もソリもプレゼントも全部レゴ しかも 屋外!

トナカイの表情が可愛すぎて、撫でたくなります。
近くで見ると ブロックのゴツゴツ感があります。


2017年4月に名古屋にレゴランドがオープン。

サンタさんは12/25以降どこに行くのでしょうか?

設計図は 3Dで作れると想像しますが、組み立て作業は?
全部、手で組み合わせたのでしょうか。その説明は見当たりません。

こちらはアスナルの室内 

色が目立たないと 人の目に触れにくい実証のようです。
ドアを入ってすぐの左側、台の高さも低いので 死角になっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画:『グレート・ミュージアム』2. オラファ・エリアソン

2016-12-23 | 映画
ウィーン美術史美術館はハプスブルク家が展示を目的として造っているので、建築の細部も美しいです。
美術品を見るのと同様に見入ってしまいます。


予告編は数秒のシャンデリアです。


上映中、『オラファ・エリアソン』の名前が出ました。
どこかで聞いたことがある・・・
とっさには、現代美術と結びつかず、 暗闇の中、名前をメモしました。

帰ってきて調べたら・・・金沢21世紀美術館、直島 に作品があります。

他の美術館にあるのは『作品』ですが、ウィーン美術史美術館にあるのは、照明器具として実用品でもあります。
発注してから、届くまでどんな形のシャンデリアなのか、半信半疑だったのでは?
取り付けた人の感想が聞いてみたいです。

過去を現代につなぐというのは意味が深いです。

金沢にも行って見たくなります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画:『グレート・ミュージアム』1. ウィーン美術史美術館

2016-12-23 | 映画

サブタイトルは『ハプスブルク家からの招待状』

気分転換に美しいものを見たくて、で映画館に少し寄り道です。

645年間君臨したハプスブルク家の歴代皇帝たちが蒐集した膨大な数の美術品を所蔵する、ウィーン美術史美術館。


120年前に展示を目的としてつくられたので、建物の細部も見ごたえあります。

美術館を改修し 維持していく人達のそれぞれの立場の言葉が印象的です。

『美術館のブランド戦略は最重要課題』総館長の言葉

予算を考え、ロゴを考え、接客を考え、オープンのプログラムを調整し・・・
どの仕事も規模の差はあっても同じ努力はあります。










年間70万の人が訪れ、その内の1割が日本から。
日本でこの映画が上映されるのもわかります。

私自身ここを訪れたことは有りませんが、見覚えのある絵画が・・・

工事中(休館中)は収蔵品が、世界の美術展に貸し出されているのでしょう。
貴重なものを送り出すことは勇気がいりますが、休館中も働いてくれる。
他の国の人の目に触れるのは次につながることなので 貸し出す意味は大きいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カンディハウス『LIVING FAIR+アートのある暮らし』

2016-12-12 | インテリア
カンディハウス名古屋で、『アートのある暮らし』が開催されています。(2016.11/17-12/27)
家具メーカーのショールームに飾り付けされたアートは、そのままその作品がある生活をイメージできるので、購入するのに迷いが少なくなります。



ペンダント照明、テレビ横、窓側にあるパネルも作品です。キャビネットの中、上もすべてその場で購入できるアート作品です。

家具は塗装の色、サイズ違いがお選びいただきます。

ガラス作品の『お鏡餅』 わが家の玄関用に選びました。2点のうち、葉が濃く、ゴールドの水引に決定。

作家さんの高山浩子さんが丁度いらっしゃったので、作品を手にしていただきました。

アートライフスタイリストの1期生で ご一緒したコーディネーター4名のセミナー。応援しています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キッチンスペシャリスト 資格更新

2016-12-05 | Weblog
インテリア産業協会の資格制度、キッチンスペシャリスト(KS)
キッチンのプランニング、設備機器、キッチンの生活に関わることを提案していくものです。
・・・お料理関係と勘違いされることも?
インテリア コーディネーター(IC)の資格制度の後にインテリア産業協会が造った制度です。当時、仕事をしていた会社の方針で第1回は見送りました。
第2回の受験から、何回更新したかも数えないとわからないくらい時が経っています。
時と共に、考えることがどんどん増え、世の中複雑に。

5年ごとの更新時に資料が届きます。

内容は 法律・制度に関することが9割。

安全、資源 に重心が移っているのは、当然の流れです。
ここが、プロとしての認識させられるところでもあります。
日々、精進(^^♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南天:難を転じる

2016-12-01 | Weblog
南天は、12月に実が付きお正月の縁起物であり、防火・厄除けとして庭先や鬼門にも植えられます。
空き家になっている実家の庭の雑草処理に行きました。
何年も前に、花材だった南天を、土に入れたら根が付き、その後は自生、現在1.5m。
今年はもう、しっかり実が付き、重みで放物線を描いています。
成長し過ぎで、木に近い。
それにしても、実の多さ。
『私って、こんなに難題を抱えている?不可抗力の問題は周りにありますが・・・』少し焦ります。
12月からは難が転じるように少し持って帰ってきました。


仕事柄、お客様とインテリア以外のお話に及び、家を触ることに対して、年回りとか厄除け、風水を気にされてご相談を戴くことがあります。
私からは、宗教、信条等のお話をすることは一切控えていますが、【南天:難を転じる】を植える方法をお話し、不安材料が無くなればと聞いていただいています。住む人が安心することと、対外的に見えるということの利点があります。

南天を植えることで、難があるとすれば、たくさん植えると和風に見える事・・・
洋風のお庭にはさりげなく植えてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文化庁伝統文化親子教室 草月活け花教室

2016-11-29 | Weblog
バケツの中より、人の手に触れて一生懸命さを込めた方がより美しい!


お花を入れる位置は 最初に先生から説明があります。


いざ、自分で入れるとなると 迷いますね。
そこを 応援するサポートをしています。
少しのアドバイスで きれいに仕上がると私も嬉しくなります。
花器の色もそれぞれ違い、同じ形を学んでも個性が出ます。








子供たちも鋏の扱い方、慣れてきました。
手が小さくて、両手を使う子も器用にこなしています。
お母さまも 数回のうちに慣れてきました。

15組30人 熱気で熱い!

あらためて、慣れることの大切さを 感じています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加