坂野民枝・インテリアコーディネーターの目線:             心地よい空間作りのヒント探し:四方山話

  

    日本のインテリアをUP。インテリアの教室も開催。詳細HP『インテリアの教室』

タイル工場見学:日東製陶所

2017-06-11 | インテリア
インテリアの建材の中でも そのお宅のONLY ONEをデザインできるのがタイル貼り。
お客様との打ち合わせでも、タイルパターンを決めている時は特に楽しいです。

岐阜県多治見市の日東製陶所で、タイルの生産工程を見せていただきました。

OZON(新宿)の企画です。関東からの参加の方もあります。
個人的にはこれまで 色々な研修の機会で、常滑のINAX 滋賀のTOTOなど、
近場の陶器建材の工場を見せていただいています。
中部圏が陶器の産地というのをあらためて感じます。

体験コーナーもあります。

三角タイルのパターン、この1枚づつはイメージが広がります。



ランチを戴いたのはタイル倉庫の改装です。

本来、壁タイルを床に使うのは御法度!
 割れても即、補修 OKなのはここならでは!


天井には釉薬の30L樽がランプシェードになっています。

こちらは現役の釉薬の樽

樽のラベルを見ると都内の地名があります。
マンションの外壁用でしょう、建築ラッシュの縮図です。

工場の中も撮影OKでした!
簡単には真似のできない技術と設備投資です!!

土を成型し

釉薬を掛けて


炉に入れる順番待ちも 乾燥を兼ねています。


温度を下げてから 出てきます。


24時間稼働の炉の出口


焼き上がりは 生暖かいです。


最終の傷、大きさのチェックです。
製造工程はすべて機械ですが、検査は人の目と手です。

紙貼も機械。


工事現場で目にする形になりました。


*焼く前は タイルの中央が窪んでいます。
 焼きあがると真ん中が上がるのはハンバーグを焼くのと同じかも!


*焼き上がりは10%ほど縮みます


釉薬の調合も自社なので、特注依頼の試作もあります。


INAX・TOTO・名古屋モザイク・ダントー のサンプル帳があります。


自分の提案し、施工されたタイルも『ここで造られた』と、思うと感慨深いものがあります。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画【ファブリックの女王 :マリメッコ】

2017-05-16 | 映画
アルミラティア『1951年、マリメッコを設立。60年代には世界的なブランドへ。フィンランドで最もよく知られた女性起業家』と解説があります。



生存中の彼女を知る方が監督です。その人を演じることのむつかしさも描いています。

戦後、日本にも物が無かったことは親の代から聞いています。
日本だけじゃなかった。北欧も。
生まれた土地はロシア領に。
フィンランドでも染色工場が使う生地も配給制。
さらに、アメリカから安い生地が輸入される。
どうする・・・から、プリントデザインをして売ることを考え、マリメッコを造る。

従うべきは『美』のみ。
実在するのは『夢』のみ。
力の源は『愛』。


新しいことを始めるエネルギーに、この言葉はささります。

私たちが作っているのは、『ライフスタイル』

フィンランドからアメリカ進出、広めたいという強い信念はやはりすごい です💝


 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

挟土秀平さん講演会

2017-05-05 | アート
左官職人のはさどさん、一度はお話が聞きたいと思い、4月に叶いました。


何をしている人?と、思われる方も


テレビで見るとサイズ感がありませんが、土壁を造りコテで字を製作。
お話されていても これらして、物を作るエネルギーが、半端ない。


本来壁を作る仕事。アートとも、芸術ともいえる領域です。


5年前、高山の家具メーカー、飛騨産業を訪ねたとき、左官の壁とはお聞きしましたが、挟土さんの製作と知らず、今回知りました。
記憶がはっきりあります。その時写したものです。


5

それだけ印象的な壁ですね。

円空から造ることの力強さを学ばれたとのお話、真田丸の題字を頭に浮かべながらなるほどと思っています。

銀座和光のディスプレイの壁面、ペニンシュラ東京、他、見たいものがふえていきます。

左官仕上げの壁からエネルギーを吸い込みたい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本:【佐藤オオキのボツ本】

2017-04-26 | Weblog
通常は 誰かにデザインされた物は、大小問わず 完成形を見ています。



佐藤オオキ氏はプロダクトデザインだけでなく、プロジエクト全体の作成もされています。
思考の過程、提案の可否の発展を図解で説明しています。

以前テレビで、『早稲田のラグビー部のユニフォームの変更』を、見ました。
監督が満足そうでした。確かに強そうに見える!
これも佐藤氏の関わることとこの本で知りました。
海外チームの素材を研究し、他から学ぶ。
試合中の動き、どの部分が良く見えるか既成概念を壊す。
ユニフォームであっても伝統ある物を変えるにはそれを納得させる結果を作る。
あらゆる検討がされています。
造る過程で『こだわり』が、より良いものにします。
そのうえで、ボツ案はボツの理由があり、そこから得るものもある。

私の手元にも、たとえばステンドグラスのボツ案。
お客様との打ち合わせで、デザイナーに作成して戴いたデザイン画。
最低2案は貰うので、完成形の倍以上のボツ案があります。
ボツ案の中にも 美しいものはたくさんあります。
私も提案する仕事の一端にいます。

『ボツ』の言葉にも愛おしさを感じています。
ボツも大事にしようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィンランド・デザイン展

2017-04-24 | 美術館
愛知県美術館で開催中、5月28日までです。
これから、福井、府中、宮城の美術館で開催されていきます。

フィンランド独立100周年を記念してとあります。
北欧と括ってしまいますが、それぞれの国の事情。
フィンランドは、ロシアとスウェーデンの間の地続き、双方からのもめごとに巻き込まれるのは地図を見てもわかります。
島国の日本でも近隣からの あれやこれやがありますが・・・独立100年って、最近?



「森と湖の国」と言われるフィンランド
サウナもムーミンも 木や森がある景色を想像します。

独立し、平和になったから 生まれるデザイン。
アルヴァ・アアルトの家具デザインは 今も現役です。
アルト以前の20C初めの椅子の展示があります。
シンプルですが、アールデコの影響を感じます。
(ここだけの話)掃除機を掛けたら、今でも座れそう!

マリメッコの展示は撮影 OKです。

日本で馴染みの少ない配色やデザインは、大胆に感じます。
柄の大きさと、カラフル、 思い切りの良さが、世界で受け入れられるのでしょう。
世界の国によって 売れ筋は? 
これは日本じゃない・・などと独り言です。

このパターンは国を問わず、一定の人気があると思います。


通路の小さな展示で見ました。
無印良品の洋食器のデザイナーがフィンランドの方で、納得しました。


モダン と言われたボールチェアも50年前の発表です。
オープンスペースで座れます。
大人は座り心地が良いとは言えませんが、(私が座っての感想です)
お子さん二人がすっぽり入っていました。仲良しになれますね!

デザインは生活に身近なものほどこだわりたい。
日本もそうであってほしいと思います。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

2017-04-05 | 映画
実話としての悲劇、ニュースでは見ることのない事情。
つい先日まで その長女キャロラインさんが、駐日大使として 日本にいらした。
暗殺犯とされるオズワルドのニュースは白黒でリアルです。
実在と演技とが交錯します。

人々の記憶にもあり、写真も無数にあるジャクリーヌケネディ。
ジャクリーヌケネディの持つ、優雅さ・強さを演じたナタリーポートマンの気概に女優を感じます。

大統領暗殺から国葬までの4日間の決断。
過去の人となるか、大統領として名を残せるか。
突然の出来事に対処する心の変化が見事に描かれています。

見る前に気になっていたのは、現存するリアルなケネディ家の人たちが、この映画をどうしてOKしたのかです。

ミセス ケネディが大統領夫人として、葛藤しながらも、深い愛で“ケネディ大統領”の名を残したのは紛れもないこととして表現され、昇華しています。



度々ホワイトハウスの内部は 映画やドラマになり
つい最近もトランプ大統領の執務室での様子もニュースになりました。

大統領夫人としてインテリアのこだわりに『ホワイトハウスは最高でなければいけない』のセリフ この気構えが印象です。


当時、テレビというメディアの重要性を意識し、費用に対する批判をかわすため、ビジュアルで見せて説明した才覚。

今の時代にも常に先を意識し、情報発信の機会を活かしていくことをあらためて認識します。

★FBに載せた記事

 【飾り方のヒント:ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命】
ナタリーポートマンにジャクリーヌが降りてきたかのよう!
心を落ち着かせて4日間の葛藤とインテリアを見ました。
大統領夫人のセリフ『ホワイトハウスは最高でなければいけない!』
額の配置がランダムのようで、下端を揃えて奥行を出す。
どこかの点・ラインを揃えるインテリアの基本です。

・・・ホワイトハウスの主が変わるとインテリアが変わる、セツナイ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特別公開:大徳寺―聚光院・黄梅院・興臨院・総見院

2017-03-27 | Weblog
聚光院の創建450年記念特別公開が3/26まで。
興臨院は18日から、黄梅院と総見院が25日から。
ということで、25日に行きました。

聚光院は昨年 友人と行く予定が崩れ、やはり、見ておきたいと思い予約を取りました。。


内部は撮影禁止、パンフレットより。


国宝の襖絵はいつもは博物館に平置きされています。
元は金色の上に黒で描かれ きっと 生き物も樹木も水ももっと活き活きとして見えたのでしょう。
襖として直立3面で繋がって見るのが姿で、描かれた内容の関連がわかります。
春夏秋冬の移り方、鳥同士のアイコンタクトは、この場に座してわかります。

想像で書かれたトラとヒョウも人間的な顔面表情です。


書院の障壁画 千住博画伯『滝』

二間続きで連続しています。
天然顔料を使い、100年はこの色を保つそうです。
茶会で、宗匠が座り黒い十徳が映えるように続きの間は女性の着物が映えるように配慮されている解説でした。
私のソファの提案も座った時の見え方はポイントの一つです。
今日の見学では廊下からですが、茶会で座敷に座って見たくなります。


茶道や茶室の本を見ると、たいていは出てくる聚光院 枡床の席。
茶室の写真はほとんど実際より広く見えますので、やはりその場で空間の間隔を得たいと思っていました。

4畳半です。他の方が思わず『狭い』と言われました。
私は、高桐院で2畳台目の松向軒を見た後でしたので、広く感じます。
『目で見る』というのは カメラのレンズとは違うことを実感します。 


室町時代、明治の廃仏毀釈 歴史があって今に至る・・解説していただく内容に重みがあります。
信長像は秀吉がOKしているので、リアルに近いのでしょう。
造る人は プレッシャーがすごかったと想像します。

数年前の秋に来た時は、幹事さんの予定時間で動いたので、高桐院では庭に出ていません。
今回は細川ガラシャのお墓もお参りしました。

木々は未だ春色ではありませんが、特別公開の4つの塔頭と高桐院を廻り 穏やかな1日です。
・・・満員のバスと混雑の京都駅で、徐々に現実です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画:『チア・ダン』

2017-03-21 | 映画
気付くと両隣は女子高生で、見ていました。


ビジネスセミナ―で、勧められて、『目標に向かう』視点で見ました。
ここでは、インテリアコーディネーターの視点です。
やはり、登場人物のすまいが気になります。

日本の住宅事情の縮図のようで生活背景が見えます。

・バレリーナを目指す子の家
  和風の屋敷 玄関ホールの間口がとにかく広い。
  同級生に背を向け去っていく廊下は回転して踊れる幅、間口1間(一般の家の倍の広さ)以上あります。たぶん床材は欅・・・スクリーンでは檜よりは色があるように見えます。

・お父さんが裁判官で横浜から福井へ来た子(唯一のチアダンスの受賞経験者)の家
  同級生が訪ねてきたシーンで、通されたのは昭和の応接間のようです。少し前の洋館のイメージ。

・主人公ひかりの家 
  地方都市の一般的な住宅
  畳敷きの部屋で食事は座って食べる。 そばに仏壇がある。
  その部屋とキッチンはオープンでつながっている。
  訪ねてきた友人は縁側のある部屋でソファに座る。
  笑顔の原点は、このすまいで 親との関係から・・・と想像します。

・バイトしながら高校生活を送る子
  騒音がするアパートで、混沌とした生活を感じます。

・天海祐希さん演じる先生の住まい
  リビングにはソファがあり、続きにダイニングテーブル。
  カーテンは上飾りがついていてエレガント系。
  このカーテンスタイル?なぜ?

  ・ベンツに乗っている。
  ・アメリカを目指す
という人物設定から エレガントなものの選択なのでしょうか? 
このカーテンスタイルにした理由を映画の美術担当の方に聞いてみたいです。
見ごたえのある作品ですが、唯一 違和感がありました。
他の方の意見もありましたら・・・

ともあれ、大人も高校生も 感動し、心に何かが残る作品です!

*今の時代 天海祐希さん演じるセリフを生徒に言うと、パワハラになるのでご注意を!

(記載は記憶で書いています。DVDになったら、検証します。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ゴッホとゴーギャン展:愛知県美術館』

2017-03-10 | 美術館
パンフレットが4枚 裏側の解説は同じです。
ゴッホが描いたゴーギャンの椅子と自画像



ゴーギャンが描いたタヒチの人とゴッホをオマージュした椅子



ゴッホにとって、ゴーギャンは尊敬し、友人と思っていたのでしょう。
壁にガス灯があるのに椅子にはキャンドルに火が灯っている。
ゴーギャンの暖かさを感じているのでしょうか。

ゴーギャンが描いたゴッホの椅子はゴッホの死後、11年経って描かれたもの。
ゴッホを象徴するヒマワリが載っています。
窓から見える景色はタヒチの海でしょうか。
遠い地にいても、忘れていない証のようです。

会場の出口近く、2つの椅子が置かれています。

座って撮影OKでしたが、椅子だけを写す方が二人の画家へのオマージュになる様な気がしました。

椅子はその空間に置いたら、その人になります。
インテリアの仕事で、ダイニングチェアをお選びいただく時、座って椅子の存在が無くなる位、座り心地を感じて、決定していただいています。

あらためて『椅子=人』存在を強く感じます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画:レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮

2017-02-19 | 映画


先日の上映終了に間に合いました。

『絵画、彫刻、建築、数学、物理などあらゆる分野で功績を残した、希代の天才レオナルド・ダ・ビンチの偉業と謎の多い人物像に迫るドキュメンタリー。』です。

謎が多いと言われていますが、過去をすべて把握し記録に残している人がどのくらいいるのか?
たくさん残した分、リアルに理由を追求すると意味不明になることもあると思うのですが・・・

3つの構成になっています。

・生まれ故郷のトスカーナ ヴィンチ村
・才能を開花させたフィレンツェ
・円熟期を過ごしたミラノ

武器、武具の設計ができ、城の建築計画ができる。
[平和な時には 絵を描ける]
スポンサーである城主に求められ、愛人の絵を描く。
美しく書いてもらえれば 喜ばれる。
それが評判になる。
他からも依頼が来る。
弟子たちに囲まれ、工房経営。
教会からも仕事が来る。
物事を追及し続けたからこれだけの作品を残せたとは思います。
街に埋没した作品も多かったと想像します。

ダ・ビンチの描く人物はリアルすぎるところがあり、『もしこれが私の手元にあったらどこに飾る?』と考えて、これまでのお客様のお宅を想像しても なじみにくいところがあります。

女性を描いた絵、特に眉毛のない女性、ルーブルで毎日大勢に見つめられている絵を どこかに飾ろうとすると、迫力のある空間でないと負けます。
そう考えると やっぱりすごい才能ですね。


ダ・ビンチが考えた構図が最初って・・・
現代も自撮りで[斜めに構えるときれい]に見えることです。
たぶん 私も・・・
  

10年前にミラノで私が写したダ・ヴィンチ像。
映像では後ろの建物が写らないように斜め下から写されていました。写し方で威厳が増します!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初釜のプリント写真2017/1/13・記憶

2017-02-13 | Weblog
最近は 『写真を戴く』というより『送ってもらう』。
データで受け取ることを意味することほとんど。
仕事では、当然のようになっています。
記念写真もデータは、『記録』という意味合いが強いように思います。

プリントした写真を後日、手にすると その時の出来事全体を思い出します。
記憶』です。


入った日付のすぐ上に自分が座っているのも過ぎた日を意識します。
慌ただしく過ごしていると、1か月、懐かしくなります。
これもプリント写真の良さでしょうか。
茶室にいて、ましてや和服を着ていると、他事はできません。
茶室の中の 出来事に気を配り 集中します。
精神的にも他の事は必然的に排除されます。

中学生のころ、朝、制服を着ると 時計を見ながら『学校へ行かなきゃ』という気持ちになったのと同じかもしれません。
出かける目的によって服は着替えますが、集中力を高めるために服を替えるのも良いかも と思ったりします。

同じ写真を手に あれこれ違うことを話せるのはプリントならではです。

プリント写真をスマホで写して『記録』へ追加します。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幕末明治&″今″を一望する:聖徳記念絵画館

2017-02-09 | 美術館
先日は、東京へ行きたかったのですが、時間が間に合わず断念。
リニアがあれば 行けたのに!
昨年の秋です。この建物は数か月ぐらいの変化は気にせず存在しています。


時々雑誌などで見ます。一度は行きたいと思いながら、わざわざという気も。青山通りから歩く10分ぐらいが、遠い・・
デザインウィークの時、入場の列を見て、時間をずらすことを考えました。
会場の奥に 威厳をもって 建っているのがここです。
インテリアのショールーム巡りとは違い、空を見ながら向かう感じです。


この建物、大正期に計画され、関東大震災をはさんで完成されたとあります。
エントランスホールの壁面は現在の建築では使われることのない赤い石です。この大理石が岐阜県赤坂産となっています。
床のデザイン貼りや天井を見上げている 私は他の人からは 不思議かもしれません。

幕末、明治を描いた大正期の画家の方々も 後世に『日本を伝える』気概があったことと思います。絵の迫力から感じます。




記念館から見た デザインウィークの会場です。

この数時間後に、事故はおきました。屋外展示物から発火。
この写真の景色のどこかにいたかもしれない、その子。
小学生の男の子の命を思うと、すぐにはUPできず、記事を書いたままになっていました。
建築、デザイン、インテリア 人が造るものは 『すべて人を守るものである』原点を忘れてはいけない あらためて思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小説『本日はお日柄も良く』もう一つの読み方

2017-02-08 | Weblog

ストーリーは、普通のOLが、ある結婚式をきっかけにスピーチライターになり ハッピーエンド。
小説として、どうする、どうなる と友人のことのように読めます。

この本で学んだことは[言葉の力、表現力で いかに伝え、人の心に残す]です。
ドラマにもなっていますが、本だから、文字だからこそ 読み取れるもがあります。

この本を勧められたのは1月にセミナーに参加した時です。
SNSで、人とつながるには、写真と共に文字の力、言葉の力は外せません。

インテリアの仕事も お客様の好みをを聞きすることで、望まれる提案ができます。

私自身 これまでも言葉を選び、誤解の無いようにと思っています。
これからは『相手に残る』を心がけたいと思います。

それにしても、建築の場合も、予定が合えば 地鎮祭、棟上げ、お引渡しに『大安吉日』を選ばれます。
日本人の心のよりどころでしょうか。
日頃は気にしない人も、せっかくなら・・お日柄も良く と、なります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初代のホームぺージを閉じます

2017-01-06 | Weblog
ウェブ上に残っている初代のホームページを閉じます。
10年以上前に作成し、『インテリア コーディネーターは、どんな仕事をする人?』にお応えする内容で活用していました。
ホームページビルダーで作成していましたが、パソコンも変わり、旧バージョンのソフトも入れていないので触ることができないホームページとなったままでした。そこに載っているgooのメールアドレスも終了します。
(dionのメールアドレスはこれまで通りです。)


KDDI au one netから『2017年10月31日をもって、ホームページ公開代理」サービス提供を終了します』のお知らせ,10月を待たずに、閉じる事にしました。
当時書いた内容で 今も変わらぬ思いのものを『インテリアの教室』のHPへUPします。

現在 Facebookに載せているのは下記の2つからです。

・http://iclesson.com
ホームページ&インテリア情報のブログは『インテリアの教室』
セミナーのご案内、インテリアメーカーの新商品、インテリアのヒントなどを載せています。

・http://blog.goo.ne.jp/bannotamie
インテリア目線の四方山話のブログは、2007年から続けています。
出かけた先、美術館、映画、インテリア コーディネーターの目を通した、インテリアや建築のことを書いています。 
今見ていただいているのはこちらになります。

これまで通り、よろしくお願い致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初釜:如庵/成田山/犬山温泉

2017-01-06 | Weblog

時々聞かれますが、如庵は国宝の茶室で火は使えません。
書院席で、いただきます。
風が出てきた茶室の路地は寒さに、気が引き締まります。

400年の歳月を見ている如庵、織田有楽斎に庭先から見ていられるようです。

室内に入り、風邪から身を防ぎ、ホッとします。
障子1枚がどれだけ人を守るのか あらためて日本家屋を体感します。
より完全、安全を求めて 現在のサッシに到達ですね。

本席では、お正月にふさわしいお道具揃えを見せていただきました。
私が戴いた時は、お茶碗が軽く、絵付けもきれいなのでお聞きしました。
山中塗とのこと、塗り物の抹茶茶碗もまた、素敵です。

ここの初釜に伺うのは恒例ですが、一度ここのホテルの温泉に行って見たいと思い、今回、露天風呂に入りました。初釜のチケット提示で、日帰り扱いの930円で入れます。
朝9時半の大浴場はほとんど人も無く、無人の露天風呂。3メートルの高さから落ちる、打たせ湯を肩に当てて、肩こりも解消。旅行気分になれます。

帰りの電車までの時間があったので、犬山の成田さんへ。犬山遊園の駅に成田山への矢印があります。
小学生のころ母と書き初めに着た記憶がありますが、細い階段道、イメージが違う・・・

本堂まで上がり、正面の広い参道を見渡してわかりました。
子供のころは犬山の駅から来た!一駅違う!
記憶は合ってました。母がいたら・・・何て言うのか・・・

90度横を見ると、犬山城が小さく見えます。

100年単位の風を感じます。
優雅な半日を過ごさせていただきました。

さて、今年!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加