河童のジオログ  生きていることに感謝しつつ

当ブログは余暇を利用して
京都市内を駆け巡っております河童の日々雑感でございます。
河童敬白

2週間かかったゴール

2016年12月20日 13時46分30秒 | ジョギング・トレランの部屋

 土曜日は練習会のお仲間と京都駅から南の方にマラニック。リーダーが1月のマラニックの試走をするというので数人が付き合った。今まで行ったことのなかった西寺(現在はないが東寺に対する寺)跡地(京都検定の試験にはよく取り上げられるところである。)、おたべの店舗(試供品をたくさん食べた。おいしかった)、鳥羽伏見の戦いの勃発地点などみて回った。最後は桂川を下り、京都競馬場で昼食、解散。河童はそこから、宇治川沿い遡上して帰宅。この間、秘密兵器のGPS機能やスピード計測を試してみた。結構、楽しかった。

(布陣図)

(自分でダートを走ってみたくなった。リーダーによるとかなり沈み走れるものでないらしい)

(淀において 幕府軍の野戦病院之碑 榎本武揚書)

 翌日の日曜は、2週間前の二都マラニックでの宿題(残り15Kを残してリタイアしたこと)をすべく尼崎まで出かけた。大阪からJRでリタイア場所に出かけたが、電車の路線図を見るとセンタープールがない。「えぇっ?、尼崎の一つむこうだったのに!」と不思議に思った。阪神間にはJR、阪急、阪神の3線があり、利用すべき路線はJRではなかったようだ。仕方がないのでJR立花駅で降りてそこからセンタープール(阪神線)まで走り、そこからのスタートとなった。普段利用しない路線だからこんなことになるんだなあ。それにしても河童ってほんとにいい加減すぎるなぁと思う。

(甲子園口から引き換えし、JR立花駅下車。そこから3K。なんと無駄な時間を費やしたこと。)

 尼崎からは国道43線を大阪に向けて走った。エレベータ付きの横断歩道橋が多いのに驚いた。それだけ交通量が多いということだ。なので何回もエレベータを利用した。その後、大阪市内に入り安治川沿いに中央市場と通り抜け、更に中之島、バラ園を抜け、天満宮のゴールまで走り、2週間かけて二都マラニックを完走した。

(中之島公会堂)

(ゴール天満宮:2週間前の午後8時にはゴールつもりだったのに!)

 天神橋筋商店街でお昼を食べた。これでやめるには時間が早いので三都マラニックのコースを途中まで走ることにした。京都までは単調な道のりで、時間的にも自宅にはたどり着けなので気乗りはしなかったが、三都マラニックの先食いのつもりでのんびり進んだ。蒲生を過ぎ、鶴見緑地を通過する。はじめての土地、単調さが少しは和らいだ。地図を持ってきたが、第二京阪沿いに走るので使うこともなかった。午後4時になり日が陰って寒くなってきた。もういいやと思い、最寄りの駅を探すと「萱島」だった。次回は、電車で萱島まで来て、宮前町からスタートする。今度の休みは旧東海道一人走り旅(藤沢スタート)の予定。乞うご期待!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポトスって? | トップ | 旧東海道一人走り旅藤沢小田原 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。