バンコクから愛を込めないで (ボクシング情熱編)

ボクシングの「マジ観戦歴」約3年の半素人がタイのボクシングをメインに書いてます♪「ボクがやらなきゃ誰がやる!」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

(タイのボクシング) ゴーキェットチュンポーン興行!PABAはドゥアンペッが防衛…でも相手が…

2009年09月17日 23時36分56秒 | タイのボクシング
(写真は防衛成功したドゥアンペッ・ゴーキェットジム)



毎度対戦相手が変わるとはいえ、とはいえ今回ほど対戦相手が何回も入れ替わったのは珍しいんじゃないだろうか?というくらいわやくちゃな対戦選手になった今回の興行…頭が痛いですね。とりあえず結果としてはドゥアンペッが順当に防衛、ウィサヌ、ペッのゴーキェット勢も勝ったんですが…


結局イチャル・トビダルだの、マナカネーだのという上位選手は一人も来なかったわけですね…(汗)その分、というかライトフライのウィサヌ、スーパーフライのドゥアンペッにインドネシアのバンタム級の選手を当ててお茶を濁したって感じですね。


  ちょっと失望したマッチメイクでした…期待してたのに…


では興行結果です。

[[ 9月17日(木) ]]
場所:タイ南部チュンポーン県
チャンネル7でタイ時間15:00〜17:00(日本時間17:00〜19:00)放映

▼第1試合:契約重量110ポンド
ウィサヌ・ゴーキェットジム(Wisanu Gokietgym)(タイ) VS レンデ・オーリン(Lende Olin)(インドネシア)

  判定でウィサヌの勝ち

主戦場がバンタム級らしいレンデ(当初ペット試合予定)でしたが体格的にはウィサヌと大して変りません。しかしウィサヌのボクシングは荒れる一方な気がしますね。今回は初回から積極的に打ってくるレンデに対してサウスポーのウィサヌは大振りのフックをメインに応戦。相手の打ち終わりに乗じて打ち込む感じは最初はよかったんですが、だんだん大振りが目立ち始めて一部のラウンドは弱めだけど正確にパンチを入れたレンデに点を振りました。途中、3Rにはウィサヌが体当たり的にレンデをロープに追いやってるし…それと途中から完全に右腕を下げて右肩を前に出して相手に密着していくガードしてましたが、あれは力の強い相手と当たったら通用しないでしょうね。しかも案の定6Rにはガードの腕が全然上に上がらなくなったので足を使って外を回って逃げてました。
到底上を狙えるボクシングじゃないですね。前回よりひどくなってる気がします。


▼第2試合:PABAスーパーフライ級タイトルマッチ
チャンピオン:ドゥアンペッ・ゴーキェットジム(Duangpetch Kokietgym)(タイ) VS ラファエル・パンガリブアン(Rafael Pangaribuan)(インドネシア)


<防衛に成功したドゥアンペッ>

  109−101、108−101、109−100でドゥアンペッの勝ち

当初予定からこれまた対戦相手が変ったんですが、相手は背がかなり高いバンタム級の選手。しかし、1Rから覇気が全然ない〜〜〜〜〜。体格の優位もなんにもならず飛び込んでくるドゥアンペッにいいようにやられます。しかも見てても「強そう」な場面は感じられず…「脱インドネシア」発言はどうした!>ゴーキェット氏
ラファエルは2度ほどよろめきながらもなんとか最後まで持ちこたえ、ドゥアンペッは最終11Rに右まぶたの上を切って流血しましたが最後まで問題なく戦いきりました。でも、今日の試合じゃ全然ドゥアンペッの限界もよさも計りようが無い、というのが正直なところでした。




▼第3試合:契約体重117ポンド
ペッ・M−150・ゴーキェットジム(Petch M-150 Kokietgym)(タイ) VS ロミー・ワッサー(Rommy Wassar)(インドネシア)


  ペッが判定で勝利

ペッの相手も再変更。ロミーは以前ゴーキェットのフアヒン興行でドゥアンペッに判定で敗れた選手。しかしTVはこの試合をほとんど映さずどんな内容だったかは不明。見たかったのになあ…


▼第4試合:女子ボクシング ミニマム級
アマラー・ゴーキェットジム(Amara Kokietgym)(タイ) VS ブアゲオ・ギエッソンバッ(Buageaw Kietsombat)(タイ)

  判定でアマラーの勝ち


▼第5試合:女子ボクシング アトム級
ガラヤー・ポースワンジム(タイ) VS ブアンガン・ギエッソンバッ(タイ)

  判定でブアンガンの勝ち


いろんな意味で(当初は対戦相手も強い相手ばかりだったし)期待していた今回の興行は完全に期待はずれに終わりました。これではドゥアンペッが「名城に来年挑戦!」といっても実力未知数、としかいいようがないですね。もうちょっと強い相手と戦ってもらわないと。今回はホント力任せなフックに頼るボクシングでしたので。

それとウィサヌのボクシングの荒れようも考え物ですね。あれでは王者セグラに挑戦、なんてどの口がいうの?という感じです。ゴーキェット氏にはウィサヌに厳しく接して欲しいですねえ、もし世界を取らせたいなら。


ではまた



皆さん、クリックお願いね♪♪

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


下のスポンサーサイトもクリッククリック♪♪
ジャンル:
スポーツ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« (タイのボクシング) 本日はゴ... | トップ | (タイのボクシング) 今日はテ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown ((・∀・)ノ= = ●)
2009-09-18 19:31:31
レンデ・オーリン↓
http://www.boxrec.com/list_bouts.php?human_id=461088&cat=boxer
インドネシア国内バンタム級5位(ATI)

そいえば、インドネシアのソフィアン・エフェンディは
PABAミニマム級暫定王者だったりしますが、
クワンタイと統一戦とか、無いですよねー
ありえないですよねー
絶対無理っすよねー
こんにちわ (ボクオタ)
2009-09-18 20:44:06
sofyan effendiはクワンタイと対戦経験があって、5回にダウンを奪っています。動画も見ましたが彼は強いと思います。クワンタイはエフェンディとの対戦は、避けたいでしょうね。元王者ラクマンを倒したフィリピンのミラン・メリンドも苦戦したくらいですからね。
(・∀・)ノ= = ●様 (バンコク愚連隊)
2009-09-18 20:48:42
あ、ありがとうございます。ちょっとケアレスミスで抜けてました。(汗)

PABAミニマム級についてはタイ側プロモーターの口から「世界戦」はでても「統一戦」って出てきませんね…(汗)
向こうもそれなりのWBAに顔のきくプロモーターがついてるんでしょうねえ…
ボクヲタ様 (バンコク愚連隊)
2009-09-18 20:51:03
おっとレスが入れ違いになりましたね。

ほ〜〜、ソフィヤン(ソフヤン?)ってそんな強いんですか…やっぱインドネシアもまだまだ捨てたものではないですね。
やはりきちんとマネージメントできるプロモーターが欲しいですねえ…
ソフヤンとも読みます (ボクオタ)
2009-09-18 21:22:29
ミニマムの中では、身長が高くてパンチにキレがあります。勿体無いことにディフェンスが弱点。ユース王者のワンヘン戦ではパンチを貰いまくっていました(汗)KO狙いのスラッガーという印象です。かなり若いみたいで実はエフェンディには期待していたりします☆

プロモーターについては同感ですね〜。ヤヌス選手も勿体無いです↓

http://www.pabaonline.com/champions/boxer.php?cmt=cp&champion=Sofyan%20Effendi&cid=191
ボクヲタ様 (バンコク愚連隊)
2009-09-18 22:41:27
インドネシア語はアルファべットのつづりそのままに読みますから「ソフヤン」が正しいかも知れませんね。
なんか大阪在住で柔らかそうでいいですね(まて)

ちなみにクワンタイは前々戦を見ると向上はしてたんで(前戦は手を傷めてしまいましたが)今再戦するとちょっと違うかも。でもプロモーターは危ない橋は渡らないでしょうね。
今度クワンタイに会ったときにソフヤン戦の感想を聞いてみようっと♪

ホントインドネシアの選手を豪州やアメリカに逃がしちゃうならタイのプロモーターがサポートするのもありだと思うんですけどねえ…
アフリカ人のプロモートはしてるんですから。
タイトル返上に残念↓ (マグバウ)
2009-10-14 13:33:13
エフェンディは8月にPABA暫定を返上していました(汗)しかももう去年の11月から1年近く試合を確認されていない状況です。
マグバウ様 (バンコク愚連隊)
2009-10-14 18:48:56
今確認しました。PABAミニマム級1位に下がってますね。
残念ですがプロモーターとの関係ですかねえ???

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。