まるさんかくしかく〇△☐Ⅱ

雑感・雑記・日記

1229 Phytochemicals

2015-12-29 22:59:59 | TV爺ぃ

ここに日記を書いていたら、カミさんが部屋の戸をトントン。(解決ナイナイアンサーで)虻ちゃんが飲んでたの、アボカドの種のお茶だったって~。
そんな、TV爺ぃならぬTV婆ぁの報告。
?マーク付き映像を流した番組予告で、産後太りの虻川が9kg痩せたんだか9センチ痩せた~、だかの食べ物・飲み物、なんだろう?の解答報告だった。

カミさん伝・・・

アボカドの種茶。
(血糖値上昇を抑制するんだかどうだか、見ていないのでハッキリしないが、市販されているらしい)。胃の中などでゼリー状になる水溶性食物繊維が豊富なんだと。あんなデカくて硬い種で作るんだから、高価なんだろうね。
昔、姉がアボカドの種に竹串を刺して(水平3方向)水栽培に成功したのを覚えていて近年トライしたこともあったが、うまくいかなかった・・。(関係ね~か)

トマトジュースにオリーブオイルを加えて加熱したもの。500Wか600Wかで1~2分ってとこらしいが、・・・。忘れた。
(リコピンは子供が欲しい夫婦のうち、事前に男性が摂りたい栄養とも。女性では葉酸が必須みたいなことを、別の番組で見たことがある)

ブロッコリーのスプラウト(だと思う、カイワレのような新芽)を食べる。ブロッコリーは抗酸化食品として知られるが、その7倍(品種により10倍)にもなる。
含まれている微量フィトケミカル「スルフォラファン」が酵素に作用して肝臓機能を高めてくれる。

私は「ファイトケミカル」という呼び名を昔聞いたことがある。フィトとファイト、読み方の違いか?ちょっと調べてみた。というのも、私が思い込んでいた fight-chemical なんて~のも、どうも怪しい。
グーグル・サーチではPhytochemicalsと記載があり、「読み方」の音声データもあったのでクリックしてみたら、ちゃんと「ファイト ケミカルスと発音されていた。(ただこれも米式と英式では違うんだろう。Phytoは「植物」を意味する接頭語らしい。)

1回20gくらいで良いという。しかも3日に1回程度のもので効果は続くようだから、すごいね!微量で良い。
これはチビチビいくのがいい。肉も(70gだったっけ?忘れたけど)毎回は少量で良いというのとちょっとかぶる。

自宅で居酒屋風?食事する時も、冷凍の枝豆と共に冷凍ブロッコリーや、生でサラダでスプラウト、摂りたいと思った。

あと、カミさんによればヨガの「戦士のポーズ」みたいなのをやっていたとか・・・。番組での詳細は分からないが、形はやってみせてくれた。
腕上げて、片足前に踏み出して(太腿水平まで腰下げる?)骨盤など半身になりがちだが、しっかりと両方の腸骨を前に向けないとダメだよ、だって。
気になったので、あとで調べたら「はじめてのアンチエージング」というのに詳述されていた → http://anti-ageingcook.seesaa.net/

なお、スルフォラファンはイソチオシアネート(アブラナ科野菜の辛み成分、例えば大根)の一種で、体内に存在する酵素への活性作用により、さまざまな効果が認められているようだ。
解毒 抗癌 肝機能 抗酸化 新陳代謝 ピロリ菌殺菌 花粉症抑制 その他・・・皮膚や眼への紫外線(UV)ダメージ防御などもあるという。

これはもう、時々Wikiして、にんまりしながら思いを馳せるのもいいかもしれない。
たとえば、抗酸化機能がビタミンCが摂取後数時間でその機能を失うのに対し、3日も効果を維持できるのは、抗酸化酵素の生成や活性に働きかけるところにあり、消費ではなくむしろ製造に関与しているようなイメージか。これはちょっとしたドラマ。ストーリーまで感じられたりしちゃって、ワクワク・・・。

ガツガツ食えば「爆食い」で、どこかの国に差も似たり。「食べ物は量を食うより良く噛んで!」

【健康/ピンピンコロリ/要素食/少食/】
村上農園のHPも参照したが、悪酔い防止にも良いらしい。→ http://www.murakamifarm.com/about/functional/sulforaphane/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1229 1年も押し迫ってきた

2015-12-29 21:08:06 | 季節的な

TVはSPばっかりで、これも暮れらしいと言えば言えるのかもしれないが、ぼ~っと付き合ってしまうことになりかねない。あとで損した気分になることもある。
ま~、「あ~、面白かった」で満足することもある。

外食なんかでも、「あ~、美味しかった」で満足することもあれば、家でまったりとして鍋の湯気、なんて寛ぎ感(くつろぎかん)も遜色はない。

今年のカミさんはどちらかというと外食を敬遠していると見える。
私のお小遣いでどう?と提案すれば、「そういうことなら」と応じてきたカミさんなのだが、今年はちょっと違う。

カミさん、通院関係で出かけることも今年は多かった。
限られたお金は可愛い孫にこそ使いたい?
やりたいこともあるけれど思ったように体が動かない、または事がサクサク進められない。体力気力の衰えを実感してきている?
なんでも美味しく食べられることは今でも幸せだが、若いときほどには未体験の美食がさほどのものでもなくなってきた。

これって、若くなくなったことへの実感を持ってしまった?
でもまた、若くなくなったことを素直に認められるなら、一歩前に足を進めたということでもありそう。
それを手がかり足がかりに、来年は生きていけたらとも思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1228 おさらぎの宿(喜多方)

2015-12-28 16:05:13 | 小さな旅の思い出

猪苗代で家族スキーのあとのこと。
ここから遠くないね、とカミさんと顔を見合わせた。そして、車で喜多方へと向かった。平成7年。もう21年前のことだ。

雪の喜多方は初めてで、たしか只見の民宿で会った男性から得た喜多方ラーメンの美味しいお店を目指したのが最初だった。
個人的には「まことや」さんが好きだとその男性は言っていた

今回喜多方は3回目のような記憶。
代が変わっていたようだが相変わらず美味しい。(わりと最近もTVで女性が跡を継いだような映像を見たように思う)
満喫したところでふと気がついてまたカミさんと顔を見合わせた。「今夜、どこに泊まる?」

アナログの地図を見ると、喜多方の北方に「おさらぎの宿」というのが記されている。そんな遠くないし、予約できないかと、まことやの方に電話番号など分かりませんかと尋ねてみた。
ところが、同じ喜多方なのにこれがどうもわからないらしい。それでも東北の人ならではの「あったかい親切」でとうとう探し当てて空き状況まで確認してくれた。
まことやのご家族とか全員「おさらぎの宿」の存在を知らなかったので、まだ新しいのかもしれない。
しかし電話で宿の人と話している様子で、だんだん素性が見えてきたような・・・。
電話を終えて場所とかいろいろな情報を伝えてもらっている時に、身内の方が「誰がやってる宿?」と聴くのに「あの馬車屋よ!」と答えた。

地図上で近いとはいえ、夕暮れ時に店を出るとじきにあたりは暗くなっていった。白っぽく見える道路を地元の車が次々と追い越していく。
私たちの車のすぐ後に着いた車は帰路を急ぐのだろう、随分迫ってくる感じ。なるべくアクセルを踏み加減にするが、けつを振りたがる車。
その危うい様子からか後続の車が追い越し車線で追い抜いて行った。チラッと見るとやはり軽乗用車で運転は中年のおばさん風。

もう路肩いっぱいに寄せてノロノロと走った。チェーンを装着していたが全然だめ。車を下りて道路を確認してみると、道路表面は氷でコーティングされた状態。スケート、出来るんじゃない?!
(「私をスキーに連れてって!」風に言えば『凍ってるネ!』といった感じ)で、こっちとしては全く以てヨロコベナイ。
4WDだが普通にラジアルタイヤ。地元車はチェーンも無しで突っ走って行く・・・。あ~、スタッドレスか。

ぶりんぶりんケツ振りそうになりながら、ようやく宿の前に車が到着。夕飯はすでに用意できないような時刻だったが、一安心。

(書きかけ)

 

 

 

 

+++++++++++++++++おさらぎ+

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1225 エアコンのリモコン電池

2015-12-25 15:50:25 | 掃除

娘が使っていた部屋のエアコン。すでに待機電力をカットするため電源プラグは抜いてあるが、リモコンの電池を外すのを忘れていた。
すでに電池は放電(2本のうち片方はゼロ)していて、接点がわずかだが腐蝕気味。これに無水アルコールを綿棒に沁み込ませて拭ってみたら接点復活に成功した。あまり酷いものは無理かも。
暖房としては電力を食いすぎるエアコン。なるべく冬場は使わないようにしている。(扇風機の乾電池も空気循環などに使わぬ限り、外す)

あと、全然関係ないが・・・。
綿棒にスプレーして滲み込ませるときに大きめのレシートを敷き紙としたのだが、感熱文字がきれいさっぱりと白く消えたのが面白かった。大きめとは言っても、レシートは細長いので至近距離で霧吹きした。
液状に広がって乗った部分は真っ白に抜け、霧が飛んだところは黒い斑点になり、二つ折りで裏側から無水アルコールが滲みた場所では、染み色が、まるで油が付いた紙のように(透明さは無いが)グレーっぽくなった。
感熱紙は擦ったり加熱すると真っ黒になるが、その真逆で白く抜けてしまうのが、なんとも興味深かった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1224 一人、車で歌うたう

2015-12-24 09:59:59 | 老後生活

息子を送った後、早朝開店のスーパーへ向かう車の中で、独り大声で歌を歌う。
なんてったって家に一人でいると喋ることもない。大声で歌ってもいいが、夏などは近所迷惑。

で、車の中では思い切り大きな声で発声に及ぶ。のどの声帯も筋肉だから、使ってやらないと衰える。
家に帰ってヨーグルトを冷蔵庫に収めながら、小さ目に声を出してみる。

なんと、低温の魅力。
そこで早速抑えめの声でこう呟いた(つぶやいた)。
「そうだな。(俺は今嘘をついた)」という独白まで含めて、ちょっと竹野内豊のCM気取り。

音だけの世界は、なんと自由で独りよがりな!・・・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1223 冷えからの解放

2015-12-23 21:59:59 | TV爺ぃ

これもためしてガッテン。
冷えの一番の元凶はストレス。筋肉も少なく、気にするタイプのキャラでは、常に交感神経優位。それに(栄養素としての)蛋白質をモリモリ食べるような人ほど、タンパクの性質上、熱量の発生が断然多くなるという。カロリー気にする炭水化物や脂肪よりも、たんぱく食であったかくというわけだ。

あと、緊張しがち不安がち。そういう人である私にピッタリの手足温っため法。「太ももに両手を置く」。
掌に伝わってくる己の温もりを感じてゆるやかに呼吸していると(できれば10分、5分などなど)、体全体がポカポカしてくるサーモグラフィー映像まで。

手が温かい~、重たい~、と感じる~、を組み合わせるとというまとめのコーナーは「自律訓練法」そのものだが、通常「リラックスできる姿勢で椅子に座り」くらいの説明が多い中、太腿の温かさを手のひらに伝えるという明確で、誰がやっても「再現性の高い」ポイントを示してくれたのが、改めてスゴイ。

マサイ族のコーナーでは、ジャンプ運動や、朝食はミルクだけなんていうのも、何か示唆深い。このところ便が硬めの私だが、朝食は特にマサイ風の悪くないのかな~。(ただ、あそこは何てったって、1年中暑い国なんだから、冬寒の今の日本で、どうなの?もあるが、「不食・少食」の本を読んだのも今年の1月2日(0102)だった。牛の生乳だけでなく、生乳に生血を混ぜてビタミン・ミネラルを高める食事はちょっと真似できないが、なにか示唆深い。

高野豆腐や、枝豆や、鶏のササミもよさそうなので、冬の日本じゃ、鍋も活用。野菜とともに、たんぱく蛋白!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1223 夜空の下で出発

2015-12-23 08:59:59 | 今頃の我が家と周辺

息子、4時半出発。カミさんが駅まで送っていく時の声と物音で目が覚めた。
夜空の下の出発で、「懐かしいね。スキーとかよく行ったね。」と、息子はカミさんに言ったそうだ。

今ではスキーに行くことも無ければ、山登りもしなくなったので、私は夜行列車にもとんと縁が無くなった。
子どもができてからも、家族で安達太良山に登ったりキッツメドウズスキー場(今ではサンメドウズ清里と名称も変わったらしい)などへ車で出かけた。

蓼科の方へ家族でスキーに行った時も、4WDアトレーでチェーンは携行したが履かずに北側の道路から登っていった。
駐車場に着いたら、どこかの人たちが「スゲ~、軽なのにラジアルだけで来てる~」と驚いていた。雪も少なかったし、それほど雪道に慣れていた。
(のちに、喜多方ではチェーン履いてもどうにもならず、怖い思いをした)

出発は大抵冬の星空の下だった。キンと冷たい乾燥した空気の中、荷物を車に積み込むときの高揚感
まだ小さかった子供たちは軽のワンボックスの後部座席で小突き合いをしていた。
荷物や遊び道具やお菓子で手狭な空間で縄張りを主張するというやつだ。

それでも、荷物を積み終えて、トリップメーターをゼロにして走り出すと、そこはもう旅時間になっている
日ごろ通り慣れている国道も、見慣れているはずなのに異空間のようだ。
カミさんなんかは、出発して間もなく、好きなチョコとか淹れたてのコーヒーかなんかを出して「食べる?飲む?」と聞いてくる。子どもとも色々分け合ってはしゃいでいる。
少し長距離になる夜空の出発はいつもそんな感じ。それが深夜であれ早朝であれ、一緒にどこかへ向かう楽しさがあった

今は、ほんとうに縁が無くなった。
子どもたちは大人に成長して、その時の思い出を語ることもなかったし、あまり印象に無いのかと思っていた。
でも、たとえそれが曇り空でも・・・冬の夜空を見上げながら家を発つときに、ふっと、想い出すことがあるのかね・・・。

ま~、星空にエラク思い入れのある私とは異なり、楽しかったのはやはり、カミさんの出してくれていた空気、「遠足気分」の楽しさ故なのかもしれない。
なにせ、夜の出発から間もない車中は、お菓子や飲み物のいい匂いが充満していたのだから・・・。

 

 

 

+++++++++++++++++夜空の下+

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1222 浴槽ジャバ

2015-12-22 21:36:11 | 掃除

大晦日まで、もう10日も無いんだよね~。
というわけで、今日はジャバを使って追い炊き機能によるあの部分の掃除。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1220 下町ロケット

2015-12-20 20:17:08 | TV爺ぃ

今日はやたらと6チャンネル。下町ロケットが昼も夜も大々的に展開されている。

大企業vs中小零細。
というよりは、部品やマシンを作ることを、気持ちの真芯で行おうとしているか、技術と粘りで目的を実現させようとしているか。
そんな対決のようにも見える。
大きいところがインチキばかりとは言わないが、意思決定に間接的にならざるを得ないことも、巨大プロジェクトを動かすうえでは大切なモノを見失いがちなことが描かれる。どうしても、そんな風になってしまいがちなのだろう。

「大きいことはいいことだ」一点張りでやってきた昭和の時代、昭和の価値観から、次々と脱皮し、次々と独立(セルフブランディング化?)してゆく町工場と、それを市場に結び付けてゆく新たな事業の展開で、世の中が面白いことになっていることの、象徴的なドラマなのかね~。

今、録画中なのもあるから、最終回、見るぞ~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1220 十二周忌という自由

2015-12-20 20:02:29 | ふと思ったこと

我が家は、無宗教である。というよりも、個としての私は無宗教である。たまたま、カミさんも無宗教と言っている。

私の葬式は、だから仏式でも神式でも何でもないはずだ。戒名も付かないし読経も無い。私は無宗教(free from religion)なのだから・・・。

私が学生のころ、フリーセックスという言葉が随分と流行していた。仏教儒教キリスト教、すべてはダメ~!な筈なのに、なんでまたスエーデンではオッケーなの?みたいな。
フリーセックスを謳ったポルノ映画も興行されていたし、週刊誌などでも持て囃された感があった。けれど違っていた。

Sex free from religion だったりなんだりの話だったのだ。
例えばあのオリビア・ハッセーの「ロミオとジュリエット」なんかも、憎しみ合っている家と家(国と国)間での恋愛に命を貫く話。
カースト制度なども、同じような働きをしているのだろう。

愛し合う男女が、社会的な区分や宗教的差異によって阻害分断されることからの解放。
それが「セックス フリー」であって、セックス中毒と言われたりする国の人の言う「フリーセックス」とは違うのだということが分かった。

もっというと、そういうものが、宗教と相まって、あるいは、あとづけされた教義の解釈によって、頭で考えた制約や決まり、仕来たり、そして拷問を伴う審判を行っていくことも知った。

魔女裁判にかけられたジャンヌダルクなども、おぞましい宗教の歴史と言ってよいものだと思う。
ISがイスラム教を恣意的に拡大解釈し、部分的に選択強調して強制力を行使するといった恐怖政治のようなことになるのも、宗教そのものというよりは、宗教に盲目的に従おうとする姿勢や、宗教や教義を勝手で都合のよい解釈で利用することから始まると考えられる。

おそらく、信仰は何人にも自由であるはずだと思うのだが、宗教は得てして他を排斥しようとする。

長ったらしくなるのでこの辺にするが、私が無宗教を選ぶと思っていることをここに記し残すとしたら、そうした「もっともらしい制約」をかけてくるものからの解放であり自由を求めたいからで、それだけのことだ。

母の祥月命日、12年。
十三回忌という風に見れば、これは仏教式なのだろう。遠い親族の中にも、坊さんも呼ばず位牌もないのでは意味がないという人もいる。
だが、母のことに関していうなら、母自身が僧侶による読経とか回向とかを母自身が望まなかったということを、思いとして尊重しているに過ぎない。
故人の希望よりも「形式大事」と声高に否定するのは簡単であろうが、それはあまりにも無思慮な「記号主義」だと思う。

人間の悩み苦しみから、心を寛放するのが宗教だとすれば、その宗教の始祖に阿ねながら長老の座に就いたニンゲンの解釈と権力維持のため頸木(くびき)を制定していって出来たであろう多くの制約が、宗教の名のもとに課せられていると感じている。

宗教に携わっている方や信仰を持っている方々を私は一切否定しないし尊重するが、心も魂もこもっていない宗教儀式を以て信心深いと自任している人からの「押し付け」に対しては、フリーでありたいし、またフリーであり続けたいと思っている。

母は、そう言いながらも仏教を信じていた。なので十三回忌的な発想をもってみたが、無宗教の私が「形式に合わない」と言われるなら、「十二周年忌」とでも言っておこう。
ちなみに、母と姻族との仏教宗派は皆バラバラ。型式は、そもそも合わないのだ。

お坊さんの存在や生き様もさまざまであり、素敵な方も居られる。
けれども、故人を個人として思うことは個人個人で担当できることであり、先祖を想うこともまた、導師に頼ることも良いが、先ずは自分に、と思うのだ。

【昭和の価値観/TV爺ぃ/母の思い出/老後生活/】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1220 おふくろの命日

2015-12-20 00:00:00 | スペシャルな日

2003年12月20日 88歳

 

 

 

【///高齢者に抗がん剤//】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1219 窓開けて網戸も開けて冬の朝

2015-12-19 09:59:59 | 季節的な

朝9時半、網戸までも開け放っての窓全開。
快晴で室内に差し込む太陽のありがたさ・・・。
斜めに部屋の奥までも照らしてくれる。おかげで身も心も、そうして床から壁から、あたたかいオーラが共振を始める。

布団を干すには絶好の日和(ひより)。掛け布団や毛布を持ち上げると、布埃が舞う。
いつもなら嫌なホコリだが、冬の日差しの中に浮いて遊ぶ、この白い物体は何故か好きである。

そいつが窓の外へ空気の流れに乗って出ていくときに、キラキラと光る。かと思うと風に乗って室内に吹き込まれたりする。それを見ていると、まるで息をしているように見えたりする。

これから真冬になっても、あるいは雪の降った翌朝も含めて、私はこのホコリの乱舞を愛でることになる。
時には夏に使う団扇や、もっと大きなモノを使って、掃き出し窓の上の方へとホコリを扇ぎ出す。窓の下の方から新鮮なキンとした空気が流れ込む。

1月生まれの私には、この凛とした冷気が好ましい。
たとえパンツ一丁であっても陽光を浴びながらのひとときは、太陽の温もりがあればこその話かもしれないが、ちょっとした幸せ空間。プライスレス。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1218 リフォームのちらし

2015-12-18 10:34:34 | ふと思ったこと

12月になると、道路工事が増えるし、交通安全運動週間みたいのがあって、道路が混みがち。

家に居るのが一番良い?

でも、暮れのこの頃は、ポストや新聞の折り込みで入るチラシも増えてくる。

クリスマスとかお正月、自動車販売、それに進学塾のチラシに混じって、リフォームのチラシも矢継ぎ早に入る。
築9年、我が家のあちこちも、少しずつは衰えが出てきてはいる。
この時期のリフォームちらし、なんだか高め(高価)な感じがしないでもない。安かろう悪かろうも困るが、こんなもんと胡坐をかかれるのも困る。

「ちょうどいい」は、なかなか見つからない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1217 ねばり

2015-12-17 16:49:19 | ふと思ったこと

頑張り時に「ねばれ~」と声援する時がある。
山を一人で歩いている時も、粘るか引き返すか、しょっちゅう自問した。若かったし、やはり粘ってみるのが自然だったと思う。

「ねばる」とは、「粘る」のことだけれど、年取ってくると、そもそもパサつてカサついて、粘りとは縁遠い感じ。
粘りが足りない、なんてことにもなるのかな。すぐ諦めたりね。ま、しょうがね~か、なんてね。
今じゃ、自分に対して「最後まで粘れ~」なんてあんまり思わなくなってきている。

けれども一方で、何故だか気長に取り組めるようになってきているところも増えた思う。
若い時よりは余命は当然短くなるわけなのにね。むしろ焦らない感じ?

生長することが自己目的であったような青春時代は、根を延ばし芽を出し茎を太らせ、花を咲かせることを夢見た?
もう、今では孫が可愛い!ことが、けっこう喜びのトップ順位。

考えてみりゃ、今ここで粘りということよりも、すでに根を張ってきた。
太い細いなど、過不足はあるにせよ、「根張り」はすでにやってきて、心身に成果として既に有る。

なんだ、そんでこの程度?
そう言われたとしても・・・言わば言え、である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1216 風呂場で蓋の塩素漂白

2015-12-16 12:15:15 | 掃除

あまりに暖かい日だったので、風呂場の掃除。床や排水口、浴槽や風呂場換気扇のホコリとりなど。

床と風呂蓋は塩素系漂白剤を吹きかけて、かび取りを目指す。
風呂蓋は、裏も表も古ハブラシで丁寧に擦った。

塩素臭で、窓は開けていたものの、ちょっと気分悪くなった。

【2016.6.23 柔らかい素材に歯ブラシゴシゴシは厳禁50℃シャワーでカビ退治/】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加