まるさんかくしかく〇△☐Ⅱ

雑感・雑記・日記

1123 雨のち晴

2014-11-23 21:38:58 | 孫を持つ

昨夜、友達の結婚式2次会に参加した娘は22時半ころ帰宅したが、帰宅までの小1時間は激しく泣いて泣き止まぬ孫。

寝付かせようと抱っこし続けるカミさん、もう腕が限界に来て私にバトンタッチを頼みに来た。
だが、私が抱くと伊東温泉ハトヤCMの魚状態。体をバタつかせて一際(ひときわ)激しく泣いた。
仕方なくカミさんが再び抱っこしてゆりかごのように揺らしながら頑張ったが、更に鳴き通し泣き疲れてからの半眠り。
それでも嗚咽(おえつ)は止まなかった。

ようやく娘が帰って来て、娘も我が家へ泊ることになった。

朝、風呂に入る前、娘の部屋を覗くと孫娘は起きていて、昨日の夜泣きが嘘のように御機嫌だ。
娘は「お母さんに悪いことしちゃったね・・・。」とポツリ。

湯から上がるともう7時半に近い。カミさんはというと、風呂から上がるとすぐに寝込んでしまったようだ。
カミさんは食欲どころか、まるでグロッキー。私も適当なものを口に詰め込んで朝食はお終い。
今日は業者のウッドデッキ工事立ち合い。

昼になったのでカミさんに昼食は?と尋ねると、「食べなきゃね」といいつつ、食べたくなさそう。
適当に口の中に放り込む2回目の私は、ウッドデッキ工事あとの片づけや掃除など。

14時ころ、カミさんに聴くと、「中華まん」というので買ってきて食べさせた。
夕方、テークアウトの弁当を娘が差し入れにきた。カミさん、頑張って食べる。
・・・
今しがた、カミさんが私のところに来て、娘が持ってきてくれたドリンク剤を1本私に渡した。
さっき食器洗いの時咳き込んでいた私を気遣ったのと、なんだかアイスが食べたくなったので、一緒にコンビニへ、という。
少し元気になったのか。夜道を歩いて近くのコンビニでいくつか選んだ。帰り道、きっと、少しつらいのだろう、歩幅が狭いカミさんだった。

でも、家に戻ってアイスを食べながら、昨夜録画しておいたリーガル・ハイを見てみようかな、それで元気になるかも・・、という。
疲れたら、また後日ってぇのでもいいか。録画だし・・・。

娘も、気がつくようになったね、ますます。
娘の気遣いも、カミさんを元気にした要素の一つだろうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1119 延命治療

2014-11-19 22:15:00 | ふと思ったこと

今日のクローズアップ現代、独居老人が緊急搬送されて意識が無い場合のことをやっていた。
延命治療を続けるかどうか、医師の苦労や悩みは想像に難くない。

身寄りもなく意識のない患者の延命措置(人工呼吸など)をやめるかやめないか、誰も判断できない・決められない状況が生まれているという。

延命治療について、病院では入院時に「重症時・急変時の治療方針確認書」で次の5項目に対して本人の意思を確認・保管する例が紹介された。

1.昇圧剤を使用(ドパミン等) する・しない
2.人工呼吸を           する・しない
3、心蘇生薬を使用(アドレナリン等) する・しない
4.カウンターショックを含む心臓マッサージを する・しない
5.転院を含め救命センター等での治療を希望 する・しない

延命治療は望まないが、自分がそうした状態になる前にあらかじめ「意思表示」を記しておくべきなどとする人が70%いる。
一方、その中で実際にやっている人 は、わずか3%。
たった一度の人生だからと、とにかく延命治療を行ってほしいとする患者が11%
わからないとする人は数%。

私は、かねがね延命治療や延命措置は要らないから、と家族(とりわけカミさん)には言っているし、メモなどに自筆で書き残している。

それに「ガンになったとしたら是非告知してほしい」と思っている。
痛み止めは必要に応じて施してもらえたらと思う一方、放射線治療や抗がん剤服用も要らないと伝えている。

今日はカミさんについても「(子供たちに向けて)やっとく必要があるんじゃないのかな」と向けたところ、そうだね~、と言っていた。

「老衰」は、(丸山浩路さんの言い方を借りれば)誰にも例外なく訪れる障害(ハンディキャップ)であり、不可避なもの。
それと同様に、老死という「死」は、誰にも当然のこととして受け入れるべきものであり、忌むべきものなんかではない。

意識のない患者の延命治療の継続・停止を身内が判断(決断)するのではなく
今から自分で
最期に受ける医療行為への希望を書き記しておくのがよいと思った。

その後、気持ちが変わったら、その都度更新すればよいことだ。

親父の命日/】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1116 ゆるきらりキャラの着ぐるみ対決?

2014-11-16 23:59:59 | ふと思ったこと

息子とのピザパーテイーは、息子がTVのスイッチをオンにしたので、おめでとう~、カンパ~イのあとは、ポツリポツリの会話で、まあ普通の夕食って感じかな・・・。こういうところ、私のオヤジ(父)とそっくりだ。久々のお客さんが来てテーブルに着いても、すぐにTVをつける。まあ、昔は(ようやく庶民がちょっと裕福になり)TVが娯楽だったり自慢だったりする時代もあったのだが、今どき、生会話の方を楽しめたらそれに越したことはない、と思ったら、アルコールが入った息子はソファでしばらくゴロンと横になり、上がった風呂に「もう一回入る」と言って下りて行った。やつは本当に風呂好きだ。

娘は家事があるので、孫を抱っこして帰っていった。

テーブルに残った私ら夫婦は、それこそTVを見ていたが面白いのがやってない。今日のウッドデッキ工事のお茶出しや内装関係の買い物でカミさんもよく動き回っていたので、そうだ、録画しておいたのをみようということになった。カミさんは、「ふなっしー」や「くまもん」、それと孫を見ると笑顔がこぼれ出す。

スイッチ・インタビューを再生したら、相変わらず六角さんのモゴモゴと語尾の消えるナレーションも健在?だったが、なんといってもカミさんを笑顔にしたのは「ふなっしー」だった。対談相手は阿川佐和子。

それにしても「ふなっしー」の頭の回転の良さはいつもながら感心する。私もふなっしーは大好きになった。イッテQで(石鹸箱レースだっけ?)道路を手作りの車を運転して走り下りながら「怖ぇ~!」と叫ぶ姿や、別番組でマナティーと同じフレームで写真におさまるなど水中にも挑戦する姿は一生懸命で可笑しい。

喋りも抜群だと思う。聞く方も、結構上手だ。

一方の阿川佐和子さん。もう池上彰さんと絡むことはないのだろうが、今回は(も?)、「私なんかに興味無いでしょ?」とか、ふなっしーに対してネガティブ台詞を何度も繰り出して いた。ふなっしーに質問しても、直球過ぎて遊びがなく、ほんの僅かずつだが、ふなっしーの返事に間があく。

あれ?こんな人だったん?口を出る言葉は、TVタックルなどでもそうだが、気取らないし、ハマコーとか大竹まこととか、結構灰汁の強い人物にも「ダメよ~」とダメ出ししたり制止したりという面白さがあるが、マイナスな面もあるんだな・・。オヤジから受けたトラウマみたいのもあるのかもしれないが、それでも、爽やかで愛くるしくて拘らずに生きていくような強さも感じる。あれは、阿川佐和子の顔立ちをはじめとした印象からくるものかもしれない。

そう思って見ると、ふなっしーの様々な表情や、静止した時の梨の妖精さんのキラリンとした眼差しは、ご当地キャラを超えた得も言われぬ普遍性がある。

そうだ、阿川佐和子もきっと「ゆるキラリン・キャラ」の着ぐるみを着けているのに違いない。そんな2人?の相互インタビューだった気がする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1115 アンダンテ

2014-11-15 20:59:59 | 健康

「飯は余りもので食べよう」というカミさんの顔を見ると、顔面筋肉が溶けたように表情がうすい。

何か食べに行こうかと誘うと「幸楽苑」と答えが返ってきた。スープが飲みたいという。
疲れた時のカミさんは、割と塩分の強いスープを欲しがるようだ。そういえば餃子無料券付きのチラシがあったっけ・・・。

たしかに、温かい汁物としても楽しめるラーメン系は、充足感が染み渡ってくる時がある。今日はそれだった。
私は大盛をたのんで、餃子2枚はラッキーということで、ホコホコと暖まる。以前ほど食べなくなったが、ラーメンは時々無性に恋しくなる。

帰宅して19時過ぎる頃、カミさんが熱を測ると36.8℃だった。平熱が低めだから、これでも彼女としては熱高め。

毎日の寝不足もあって、カミさんは頭もまわらなくなっていて、ガスコンロの火の消し忘れが今日あった。
紅茶を飲もうと湯を沸かし、サーバーに湯を入れはしたが火を消し忘れたのだ。火を消すことが「飛んでしまった」状態だ。

気持ちが急いていたり、締切が迫ったり、気持ちが浮いてしまうと「飛ばし」や「判断ミス」や「(思いもよらぬ)行動ミス」が出てくる。
急いでも到着時間はさほど早くならないのは車の運転と同じ。「自分の気持ち、浮いているな」と気がついたら、動き方をギアチェンジしよう。

高齢化しつつある私ら夫婦も、おっちょこちょいなボケ具合が増えてくる
動きはゆっくりでも殊更丁寧に確実に、歩くように行動することを心掛ける。心の中で「アンダンテ、アンダンテ」と自分に語りかけながら・・・。

熱を測り終えたカミさんは布団を敷いて「寝ちゃおうかな」と言った。
その方が良い。不足しているものは、可能な時に補った方が得策だ。

そういえば、私の母も言っていた。「寝不足は脳みそを削る鉋(かんな)」と。

【老後生活/たとえば若くても、睡眠不足は重大問題/】

【マインドフルネス/睡眠負債/】

 

 

 

++++++++++++++++アンダンテ+

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1109 一番苦労とセットの楽しみ

2014-11-09 19:51:39 | 孫を持つ

雨降りで寒く、室内は15度。
10時45分ころ、歩数計は172歩を示す。昨日の10096歩とは大違い。
それというのも、孫娘を傍らでぼんやり見ているだけだからだろう。
10096・・・1万九六・・・読み方によっては「いちばんくろう」に似る。
孫も子供も可愛いし、楽しいけれど一番苦労?

我が家で泊まった娘と孫。38度5分まで上がった熱もあり、カミさんが孫と寝たらしい。
おろすと泣き出すという夜通しの抱っこで、カミさんはまだ眠っている。
娘もずっと眠り、9時ころだったか「お腹空いた」と起きてきた。食欲が出るのはよいことだが、37,2度くらい。薬が効いているのかもしれない。ほどなくカミさんも起きてきた。

今日はのんびりするっきゃない。カミさんは片付けや掃除もしたいようだったが、明日への英気を養うことを優先か。

今日の雨は、静かで、潤いがあり、休むにはもってこいだ。娘の旦那も、きっと休めたことだろう。
若いといえど乳幼児を抱えて夫婦共倒れでは大変だ。

夕飯は「ほっともっと」にした。電話予約してカミさんと取りに行く。ここの米飯(金芽米?)はいつも美味しいのがいい。

結局、娘たちは今日もお泊り。カミさんが授乳中でも飲める風邪薬をドラッグストアに今日も買いに行ったので、おっぱいを飲めば孫もよく眠れるだろうし、今夜は母子一緒に寝るという。カミさんも今日はゆっくり眠れるはずだ。

私も今日は眠い眠い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1109 癇が強いし勘もいい、おまけにちょっと感じ悪い

2014-11-09 17:12:50 | 孫を持つ

娘は薬のせいかよく眠る。孫は我慢してジジババと一緒に過ごす。

カミさんは眠いのに孫のお守りで眠れない。ジジ(俺だよ俺)に抱っこしてもらって少しは眠りたいところ。

たまにジジに振ろうとするが、ババが視界から消えると泣き出してそっくり返る。ようやく慣れてババが眠り、あれこれ玩具(特に好きなのが布団叩きと、リモコン)で遊んでいても、思い通りにならないと、癇癪を起こして激しく泣き出す。

なだめたり別の玩具を与えて気を逸らせて平穏に。この繰り返しだ、やれやれ。

そこへママもババ(カミさんも)起きてやってくると大喜び。これはいいとして・・・、

抱っこをせがみ抱っこされる。するとこっち(俺だよ俺)をシラーッとした目で眺めたり・・・。ちょっと感じ悪い。

少しすると安心して床で遊びまわる。つかまり立ちは普通になりつつあるので、今まで以上に色々と手で探り出しては引っ張り出し放り出す。

娘は体調ゆえかまた眠ろうと自分の部屋にそ~っと戻ろうとするが、ちゃんと察知して、離れそうになるだけで癇癪を起す。ホントに勘のいい奴だ。

癇も強いし勘もいい、時々ちょっと感じ悪い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1105 峠を越えた感

2014-11-05 16:50:12 | ふと思ったこと

食事の店に向かって歩きながら、カミさん(53歳)がこう言った。「体力・気力とか、もう若くはないんだとつくずく感じる」と。

私に言わせれば、物忘れ、それも鍋とかヤカンをガスコンロからおろして火を消し忘れるなど、アブナイ抜けもお互い増えてきているし、聞こえていない・明瞭に喋れてないなんて感覚が、より日常味を増してきている。

峠を越えた感、か。

のんびりとした下りを楽しめれば一番いいんだけどな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加