まるさんかくしかく〇△☐Ⅱ

雑感・雑記・日記

1130 星空

2013-11-30 06:39:00 | 季節的な

星空が頭上にある朝5時半。随分暗い。
手にはマグカップに注いできたコーヒーの温もりを楽しみながら、新聞の朝刊を取りに出て、少しだけ星空を見上げた。
星座を見るのには街路灯が邪魔をするが南東の方向には「トルコ」の国旗のような月と星がある(2つはちょっと離れすぎているが)。

若いころ、山の重たいザックやスキー板を背負って始発の電車に乗り遅れぬよう駅まで息をきらせて歩くことが何度もあった。
一汗かく間にも、星空はきれいだったが、ゆっくり見上げたりしなかった。星座の名前もよく知らないし。

それでも、オリオン座は分かりやすいし、大好きな星座だ。
久保田早紀の「星空の少年」という歌の歌詞の中の「オリオンが手を広げ~♪」というフレーズが好きだ。
どこまでも透き通り、通り抜けるような清澄(せいちょう)さに、青春後期の思い出が滲み出す。

私にとって久保田早紀は、まさに「夢がたり」の人だ。

【】
月と星のマークの国旗は、パキスタンなどイスラムを表していることが多いそうだ。
私にとっての三日月は、小さいときに読んだ源為朝の電伝記みたいな「椿説弓張月」を思い出す。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1129 ハッピー向き?ペーソス向き?

2013-11-29 17:52:01 | TV爺ぃ

YOUは何しに日本へ?という番組で、モデルをしているフランス人の男の子が、モデルの仕事を日本でも広げる準備として日本を訪れたのを密着取材していた。阿呆な外国人も結構いるが、しっかりとした目的意識を持って態々日本にやってくる人もいる。なかなか面白い。

その男の子は来年だか来た時に住む予定の「学生ハウス」を下見したり、自分の印鑑を作ったりしていた。その中で一番印象に残ったのは、「ハッピーだ」という彼の言葉と反応。学生ハウスの部屋に入ってみて「きれいじゃないけど、気に入った。ハッピーだ。」みたいなことをいい、判子が出来上がったときにも、第一人称的に、本当に喜んでいた。

写メまでとって「ここに住むのが、ますます楽しみになってきた」とも言っていたようだ。目的意識がハッキリ明確なのは外国人に共通だと思うが、ある意味清々しい。家の契約や電話の申し込みにも印鑑は必要だし、ハンコは素晴らしい文化のようなことを言う。(まあ、8000円もかけて、やっと出来上がった水牛の印鑑、試し押し1回目は薄くかすれたが、2回目はクッキリ。小躍りしての喜びようだ。が・・・。

ロマ・トニオロさん(23才)は、感じで炉真鳥という文字で彫ってもらうつもりのようだったが、栗田印房?のおやっさんは下書きのとき上段に「真炉」下に「鳥」と書いていた。ん?と思いながら見ていたが、クッキリ押された印影も「真炉鳥」だった。縦1行の下書きでは炉真鳥と書いていたのに、TVクルーが入ってきてアガッチャッタのかもしれないが、TV Tokyoのスタッフも噛んでるんだから、ちっとは気に掛けてやればいいのにさ~。縦に2列なら右からってのもあるだろうが、いかんせん横書きだからな~。ま~、あの子なら「ダイジョウブ、OK。少しショックだけど、これも思い出」くらいのポジティブさでくくれるのかもしれない。でも、日本側?」にもオモテナシ精神が随分と欠けてたと思うな~。

メインのこと(本筋)だけを真っ直ぐに見つめて「僕はハッピーだ」と言い切っていく23才のフランスの男の子。見ていて、ハッピーな気持ちになれた。

自分はと言うと、小さなことにこだわりまくり、すぐにネガティブな方向に行ってしまうことも度々だ。ちょっと肖りたい(あやかりたい)気分だ。

そうそう、年金は減額だし消費税は上がるし、とかとかに気持ちが覆われる。そうだ、それもこれも「ハッピー」と思えばいいんだ。もっと工夫をこらし知恵を絞って「お金を使わなきゃいいんだ、それに気づかせて貰って、なんてハッピーなんだ!15万円で年金生活じゃなくって、10万円で生活だ。(やはり消費は落ち込むけど、ご免なさい。アンベェ悪い総理?)

それはともかく、何事につけても「あ、結構ハッピーかもしれない」と一度は思おうと念頭におくことにした。

でもな~。日本文化的には、ハッピーというより「おしん」かな?
泣いてたまるか!というTVドラマが昔あった。渥美清がテーマソングも歌っていた。
♪空が泣いたら雨になる、山が泣いたら水が出る、俺が泣いても何にも出ない~♪
その2番が、
う~えをむ~いたらキ~リがな~い~  し~たをむいたらアトがな~い~  と続いたが・・・。
(意地が涙を、泣いて、泣いてたまるかよ~、通せんぼ~。)

【TV爺ぃ】

その後、何度も日本を訪れて、活躍し始めたロマ・トニオロ。樹から飛び降りたりしなければ、背筋はいつも一本通っている気持ち良さがある。
2016.2.22
兎弐桜路おめでとう、兎弐桜路(トニオロ)人参キュウリ食ヘニー"    is part of me "】 

*******

その後、この男の子が日本に来たということを聴かない。来たのかもしれないが、私は知らない。

日本人は、約束したら気がのらなくてもその場に体を運ぶか、行けないまでも連絡を入れるかするが、外国の人はちょくちょく、黙~ってすっぽかす。

それについての是非よりも、ここでは日本人の美徳とでも押さえておきたい。

相手の立場に立ってみる、相手の気持ちになってみる。そういうところがおもてなしにつながっていくのだろうが、時々、独りよがりな「察し」を展開して、相手との気持ちが微妙にすれ違うのことも、日本人には「あるある」な話かもしれない。(2014.11)

 

 

 

+++++++++++++++++トニオロ+

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1127 黄昏れるな輝く秋色

2013-11-27 17:45:37 | ふと思ったこと

1Fのウッドデッキ、今日で下塗りというか「一応」塗りが終わった。水性で塗るという制約は、年がら年中塗ることを意味するかもしれないが、それでもいい。

午前中は役所のところにあるATMで入金や記帳を行って、市役所の展望台まで駆け上がって心臓をバクバクいわせながら多少鍛えた(刺激を与えた)つもり。

帰り道、我が家を施工した建築会社にも足を運んだ。そろそろながら外壁塗装も考えるから。

ところが、その会社が無くなっていた!え”~!!!だいぶ前になるらしいが、知らなかった。そこの夫婦で「一騒ぎ」あって、旦那の方が何処ぞへおん出てしまったというのだ。

あのご夫婦はもう、けっこういい齢のはずだ。何が夫婦をそう駆り立てたかは知る由もないが、男と女はお互いに「意味が分からない!」と反駁し合うものなのかもしれない。

娘も結婚して出産も控え、随分「おやじ」っぽくなってきた。そして人の弱点を突いてくるようになった気がする。これから10年から20年は、自信たっぷりに断定的にものを言うようになってくると思われる。そういう女性同士の関係もあるから、ますます強くなっていくことだろう。男を「歯牙にもかけない」態度だって醸成されるかもしれない・・・。

それはそうと、あの10年保証はどうなっちゃうんだろうか。そんなことを思いながら、ひとり夕方、「一応」塗り終えたウッドデッキを眺めつつ金麦を飲っていた。思えば今はリタイアして毎日を同じように繰り返し繰り返し・・、楽しみは夕方の金麦くらいなものか。ちょっと黄昏気分?

ブルーベリーの紅葉が綺麗だ。赤もあればオレンジもある。1枚の葉にだってグラデーションがある。いろいろなTV番組で「世界各国の紅葉が単一な色で構成されるのと異なり、日本では色とりどりに錦織り成す鮮やかな紅葉を見せてくれる」ように言っているが、ブルーベリーは日本の樹ではあるまい。

だけれども、日本の気候によって日本式の紅葉になるというのもあるのかもしれない。だとしたら、やはり日本の風土は特別なのかもしれない。

日本の文化だって、もともとは諸外国から入ってきたものだらけだと思う。漢字からしてそうだし、工業技術だって農業技術だって、入ってきたものだろう。ただ、どの分野でも「日本独自」の進化と熟成を重ねて磨き上げる様な土壌があるのかもしれない。

ブルーベリーの紅葉の向こうに、春楽しませてくれたクチナシが、その実を色づかせていた。

ピンポ~ンとドアホンが鳴った。出てみると富山の知人から宅配で「やさい」が送られてきた。開けば、サトイモや白菜のほか、一番上に色鮮やかな柿の実がギッシリ並んでいた。

私も、その艶やかな輝きを見て元気づけられたような気がした。私も黄昏て(たそがれて)ばかりはいられない。

黄昏色じゃなくて、とりあえず「金麦」色で、どうだ!夕陽を通して光るグラスの金麦。うふ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1126 なんだか詰め将棋みたいな

2013-11-26 17:44:36 | TV爺ぃ

熱い男、松岡修造の夫婦喧嘩にマネージャーが叱責。(ソロモン流)

夫、松岡修造「飲み放題、食べ放題」。
妻、「飲み放題と単品の肴?」
松岡修造「俺のは一口も食べさせないからな!」で、30分に及ぶ夫婦喧嘩。

マネージャー、昨夜の?その松岡修造の態度に強いダメ出し。
松岡「ルールよりも?」
マネージャー「ルール、って・・・!」と更に強固に「アンタが悪い」的追求。
松岡修造、「俺が悪かったってメール出すよ」、まで。

先手~、後手~。なんだかアレみたいだ。
男が「ルール」って言い出すのに対し、女は「それくらい、良いに決まってんでしょ!」的な、いかにも男女の諍い。

なんだか笑えた。だって他人事(ひとごと)だもの。

 

【男女の違い/ふと思ったこと】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1126 暑いくらいの陽気

2013-11-26 17:17:58 | 今頃の我が家と周辺

昨夜は強い雨風だった。23時にはこの辺りは雨が止んだが一時は強風で電車にも影響が出たようだ。息子は既に小止みになったころに帰宅したが、外は南国の夜のような高温多湿だった。

明けて今日は夕方まで、かなり暖かかった。いや、むしろ暑いくらいだった。空気も乾燥していた。

ペンキ塗りをしていて図らずも蚊を一匹取った。今朝9時半頃、今日もツマグロヒョウモンがビオラに飛来していた。そろそろ店をたたもうにも、この陽気じゃあ踏ん切りがつかないのだろうか、ツマグロヒョウモン。

最新のサイエンスZEROによれば、地球温暖化により(ず~っと先の話だが)、地球が壊滅的な状況になるかもしれないようだ。すでに昔から比べて平均1℃上昇してしまったというが、あと3℃も上がれば、もう取り返しのつかない事態が起こってくるらしい。

その中で風速80mレベルのスーパー台風なども(たまにではなく?)襲来するようになると予測していた・・・。

地球をいじめ放題いじめて、取れる資源は無闇やたらと採って、地球だって店を畳みたくもなろうってもんだよな~。

いいニュースが無いな~。巷では、学級閉鎖が始まっているようだ。

暑過ぎるの寒すぎるの、飛んでけ~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1125 たこ焼きあっちっちからの使い捨てカイロ

2013-11-25 17:04:39 | 日記

今日は朝から曇りの上、やけに寒い。ペンキが不足したのでホームセンターに買い出しに行った。使い捨てカイロでも欲しいほどに感じたが、持っては出なかった。
HCでいろいろ見ているうちに昼近くなったし喉も渇いた。ふと見ると小さな小屋で「たこ焼き」を売っている。一人で出かけて「たこ焼き」なんぞ滅多に口にしないが、ドリップコーヒーも100円とある・・・・・。なんとなく引き寄せられて「ゆずポン酢味」を注文した。

ちょっと離れたところから「年末ジャンボ・・・」とテープ音声が流れている。
宝くじというのは、まあとにかく当たらない。あの当選数の少なさと、発行数の巨大さとでは買う気も起こらない。「年末ジャンボミニ」とも言っている。

たこ焼き受け取れる段になって、「当たりゃ買うんだけどね」と呟くと、お姐さん、「買わないと当たらないし」とにっこり笑いながら嫌味無く応じてきた。
車に戻って、あっちっちと言いながら食べて、ちょっと幸せ気分になった。
寒いときはあったかいものを頂くだけで、ほっこりする。少し残ったが胃もあったまった。喉も湿して人心地。
なんだか分からないが、宝くじ売り場に行って「年末ジャンボとミニ」と口走っていた。「何枚さしあげます?」と聴かれたので、こう答えた。
「1枚ずつ!」
大晦日、発表までのちょっとした「気持ちの上の使い捨てカイロ」。懐炉終われば寒さ一入(ひとしお)・・・。

 

【しあわせ気分】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1124 ツマグロヒョウモン

2013-11-24 11:53:21 | 今頃の我が家と周辺

今日はポカポカと暖かい。家の中よりも日向が幸せ感たっぷりだ。

過日鉢植えして玄関先に置いた淡い色のビオラが日陰で寒々しかったので、日当たりの良い南側に移しておいたら、5月の蝶々だと思うが「ツマグロヒョウモン」が蜜を吸いにきていたようだ。とはいえ、なんとはなしにヨタヨタした感がある。この蝶はオレンジ色も入っているし黒のほかに白もあるので、先日庭で見かけたジョウビタキと装いが被る。

そういえば昨日ペンキを塗っているときに、蚊が近寄ってくるのをハッキリ見た。けれども刺してはこなかった。暖かいと浮かれて出てくるのかな?

温かいのはみんな大好きなんだなと思った。

風呂場の換気扇フィルターの埃を取っていて、庭先でポカポカ温かい。ちょっと幸せ気分。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1124 砂かけババァならぬ・・・

2013-11-24 10:35:14 | ふと思ったこと

何かのCMで「ねぇ、生まれ変わったらまた私と結婚したい?」と若い妻が問い、若い夫が「うん、勿論だよ」と答える。すると、「へ~」だか「そう(なんだ)」とか言った後の「わたしは嫌だな~」の台詞に(北の国からの)吉岡秀隆がシュンと項垂れる(うなだれる)というのがあった。

どこの夫婦もこれと似たり寄ったりの部分があるというのが私の持論ではあるが、この女優さんはあんまり好きになれないでいる。変なとばっちりだと思うが、その後も「醤油」か何かのCMで、姑とちゃっかりやりあう嫁を演じていた。そういうのが似合う女優さんかもしれない。

うちのカミさんが、放送大学の勉強をしている。

リビングのテーブルに何冊もテキストを置いて、一生懸命勉強している。興味のある学科なので面白がっているが、ずっとやっていると眠くなったりもするようで「眠い眠い」言っている。

邪魔にならないように向こうに行ってるね、と言えば「ダイジョブよ、いつも邪魔だから。」おちゃらけながらサラっと言いのける。

年齢に関係なく、女の人には、そういうところがある。

私も塩をかけられたナメクジのように一旦は萎れながら、心の中で呟き(つぶやき)ながらその場を後にした。フンだ、塩かけ婆ぁ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1121 何気ない1日

2013-11-21 21:27:35 | 今頃の我が家と周辺

朝食を作りながら、うちのカミさんが笑う。「とても他人と思えない。あの動き、目の間隔!」と。

NHKニュースの中の映像ファイル紹介か何かで「カモノハシ」が泳ぐ様子を流していた。日曜「ダーウィンが来た」の予告なのだが、それを見て私も思った。ヨガをやっている時のカミさん、「オケラのポーズ」ではなくて「カモノハシのポーズ」に、より近い。でもこれは口に出来ないな~。

息子はといえば、今日も寝不足の朝を迎えてしんどそうだ。カミさんが「おとうさんに駅まで送ってもらえば?」と問い、「じゃあお願いしちゃおうかな」ということになった。「今日は何曜日だ?木曜か~、ようやくだ~」と息子が言う。

家を出る前、息子がぽつり。「いつまで続くんだろう、果てしない道のり・・・」。マジなのか、劇中によくありそうな台詞回しを気取ったのか、よくわからない。黙って聴いていた。

みんな出かけた後、出来る家事をやっていたら今日も太陽の光が室内に深く差し込んで気持ちいい。

乾燥が激しくなってきたので食器も乾きやすいが、テーブル上の日溜りにステンレス製の小鍋やザルなどを置いて温もりで乾かしてみた。太陽はありがたい。

昼は小春、夜は師走の寒さかな。これは太陽が出ていればこその話だ。

ここのところ、屋外のウッドデッキに木部保護塗料を塗っている。臭うから油性は使わないでとカミさんが言い、昨年も水性を使ったが、浸透性が劣るのか昨年の塗りが「ちょっと残念」なことになっている。多少塗膜を荒らしても、塗料をはじいてしまい、どうにも始末が悪い。

もともとペンキ塗りが得意ではないので美しい仕上がりは望めない。雨と太陽による劣化から護るのが目的だから、これに関してはカミさんも色から何から拘りが無い。まあ幸いだ。

職業ではないので工期何日で仕上げるつもりもあまりない。下手すりゃ1年365日ペンキ塗りしてもよいわけで?、そうなればいきおい、1日あたりの塗り時間は短くなる。30分でも1時間でも無心に作業する中で、ポッ、ポッと浮かんでくる「気づき」がある。塗り方や塗るための手作り道具のアイデアだったり、全然関係の無い事柄が閃くこともある。

キリのよいときに切り上げて、それを思い出しながらお茶を飲む。なかなか面白い時間だ。

ウッドデッキも少々痛んできた・・・。そういえば今日はペンキ塗りの途中、ウッドデッキから庭に下りたとき、ジョウビタキが3mくらいの距離にいて、尻尾をピョコピョコっと動かして、飛び去った。プランターのシュンギクはまだ草丈が低い。

お茶を飲んでいると、気温が下がってくるのが分かった。窓を閉めて「一人夕飯」モードへと切り替える。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1120 天璋院篤姫没日

2013-11-20 10:30:32 | ふと思ったこと

小春日和から一転、寒さが戻るという天気予報だが日中は太陽の光があたたかい。その中に確かな寒冷がある。

130年前の今日11月20日、天璋院篤子が49歳の生涯を閉じた。

あの大河ドラマを、ふっと思い出した。宮崎あおい演じる天璋院が穏やかな表情で迎える最期のシーンを・・・。

その日もこんな陽気だったのだろうか?

********
夕方の気象情報では、今日も明日も「12月並の冷え」だというから、油断がならない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1119 ヨガ「オケラのポーズ」

2013-11-19 21:19:08 | ふと思ったこと

眠い眠いと、うちのカミさんが言う。それもそうだ、5時間くらいしか寝てないことが毎日続いているらしい。

放送大学の勉強やら何やらで時間が惜しいのも分かるが、朝3時台に起床しているわりに昨日は留守録が入っていた「ともだち」に夜、電話していた。女同士の電話は、なぜかいつでも「長電話」。それで、DVD見ぃ見ぃ続けていたヨガも、昨日は休んでいた。

軽い夕食後、今日はヨガをやっていた。少しは元気を取り戻したか・・・。

腕立て伏せみたいなポーズから腹這いになり、両手を床から離して背中を反らし気味にして顔を斜め上方に向けるらしいのだが、うちのカミさんは身体が堅め。上目遣いで目だけが一生懸命上向こうとする。口を強く結んで、ありゃきっと息止めてるよな~。

ちょっとした「モグラまたはオケラのポーズ」のようだが、表情が一生懸命でかわいい。      (コブラのポーズ?)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1118 小春日和も今日まで

2013-11-18 13:33:10 | 季節的な

あまりの暖かさに、昨日は肌着1枚でペンキ塗り。お尻が痒かったのは、暖かくて迷い出た蚊かもしれない。あの特有の痒さ・・・。

今日もこれからウッドデッキを塗ろうか思案中。たとえば明日、多少寒くても動いていればさほど気にならない。寒い日に部屋でPCでもやっていようものなら、足元が冷えてくるから、今日は別のことをしよう。午前中は買い物ついでにパンジーを何株か買ってきた。

やることはいろいろと控えているが、時間帯によって温度も随分変わる。明日からは寒いようだし、老人にも体の冷えが大敵だ。油断禁物。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1117 ピッツァでバースデー

2013-11-17 22:53:23 | ふと思ったこと

2013 (日)

外食でもしようかということになっていた。遅く起きた息子は、昼前、友達と会うため出掛ける間際に「宅配ピザがいい」と言い出した。

ま、それでもいいか。安上がりだし・・・。

カミさんと娘が2人して「サラダの材料なんか買ってくる」と出かけている最中に息子は帰ってきて、ほどなくPIZZA-LAお届け。同時に娘の旦那も家に 来てくれて男3人で一杯始めながら、ピザの毒見でもするか?という話に及んだ丁度そのときに「ただいま~」とカミさんたち帰宅。

息子は店で食べる石釜焼きピザよりも宅配ピザの方が好きだと言っていた。娘の旦那は娘と同い年だから、息子にしてみたら弟ができたようなものだし、私にはよく分からない話題で楽しそうに盛り上がっていた。

ピザを一緒に食べる以外、特別に誕生会らしいことは何もないが、息子は楽しそうな「ほろ酔い」状態になって顔が赤い。酒は飲めないという「娘の旦那」も、 あっという間に首まで真っ赤だ。そこへ娘が加わり、カミさんもサラダなどを作って加わって、楽しくひと時をすごした。息子も27歳か。

27歳といえば、私も「そろそろ結婚、考えるかな?」と思い始めた年齢だが、私に似て息子も結婚遅めなのかな~。

私なんか遅かったから、子供たちとも話題がうまく噛み合わない。だから・・早く結婚すればいいのに・・・。

きっと、きっと私の両親も、間違いなく気を揉んでたんだろうよな~。その立場になってみて、初めて分かることばかり。

【親子家族】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1116 小春日和、おちばばやしを想う

2013-11-16 16:36:39 | 季節的な

今日は、今年の数少ない小春日和だった気がする。落葉も始まっているが、桜並木が色づいて綺麗だし、鉢植えのブルーベリーも紅葉している。

家の中にいたほうが、脚が冷えるように思う。外に出て気持ちが晴れ晴れした。そういえばここのところ、林の中を歩いていない。

枯葉が降り積もるころになったら、独特の冬の匂いを胸いっぱいに吸いながら、歩きたい。落ち葉林の冬の日に・・・・。

【遠い昔、国語の需要で"おちばばやしのふゆのひに さいかしひとき さなりさいかし" みたいのがあった。これ誰の?名を覚えてもいない。】

 

 

 

 

 

 

++++++++++++++++++おちば林+

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1112 サトイモが青かった

2013-11-12 16:28:32 | 季節的な

土寄せしていないサトイモの身が緑色っぽくなっている。見かけも硬そうだ。1個だけ茹でてみた。そうしたら、とてもやわらかいのだが、緑は益々緑。少しかじってみたら苦かった。

待てよ、ソラニンか?慌てて口から出した。

調べたら、ソラニンはジャガイモだけらしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加