まるさんかくしかく〇△☐Ⅱ

雑感・雑記・日記

0208 冷え性改善、血管若返りストレッチ

2017-02-09 03:33:33 | TV爺ぃ

今回もガッテンは役に立つ。冬の夜にはぴったんこ
冷え性の改善に「血管のばし」という概念をストレッチに持ってきた。

ストレッチはこれまで私もやってきた。ガッテンでも扱ったテーマで何も新しさは無いのかな?と思いきや体がポカポカして熟睡できた。
(そのあとにエアロバイクも13分ほど漕いでみたのだが、その組み合わせもよかったのかもしれない)

番組では脚部のストレッチを5つ、左右30秒ずつを朝夕2回、計10分行って3週間。見事なまでの冷え性改善&血管年齢若返りを見せる。
呼吸を止めない、痛い手前までという注意点は通常通り。

ストレッチは体の中で一番筋肉の多い太腿を主なターゲットにしているが、映像の中では血管の図も示しており、上体・肩回り・腰回りなども工夫できそうだ。
通常はストレッチも筋トレも、ターゲット筋肉を意識して行うが、ここでは血管を意識してストレッチしてみる。
ひょっとすると、リンパを意識したり神経そのものに意識を向けたりするのも面白いかもしれない。(でもま~自律神経は血管に巻き付いている)

HPには図解付きでやり方が掲載されている ⇒http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170208/index.html

太腿の血管
→正座で両手を床につき片足を後方へ伸ばして太ももの付け根(股関節前側?)をストレッチ。

膝の血管
→真直ぐ一歩前に踏み出して伸ばした片足の膝を両手で押さえ反対の足をゆっくり曲げながら腰を引き、ヒザ裏ストレッチ。

脹脛(ふくらはぎ)の血管
→正座から片足を立てた膝に両手を置き(もう一方の脚を軽く開き)、胸を太ももに付けるように体を前傾していく。

ふともも&スネの血管
→正座から両手を後ろについて、片足を前に伸ばし、曲がっている脚の太腿前面と脛(すね)を伸ばす。(伸ばした方の片足首を立てても気持いい)

ふともも(裏側)の血管
→仰向けに寝て片方の足を両手で抱えて太ももをお腹に近づける。
<抱えるのも、すね、ひざ下、膝頭直下あたりと、抱える位置によっても感じが違い、私は膝のお皿すぐ下を引き寄せるのが好きだ>

ガッテンでは、太腿に手のひらを置くだけという血流アップ冷え性改善方法も以前紹介。一種の自律訓練法?
また、首にある血流アップスイッチを入れるには首周りをマフラーなどで暖めるて末梢まで巡らせるという方法も。

最近の「まる得マガジン(マインドフルネス)でもやっていた(その番組では耳の穴にちぎったコットンをフワッと軽く入れて温かさを巡らせる方法も紹介)。

ひろのば体操/私の場合は膝裏(ひかがみ)の膝窩動脈のばしが温かい、ここは筋肉短縮や拘縮も起こりやすいといわれているような・・・/】

 

 

 

 

++++++++++++++++++++冷え性改善+

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0208 | トップ | 0209 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。