まるさんかくしかく〇△☐Ⅱ

雑感・雑記・日記

0504 阿川佐和子vs池上彰

2013-05-04 23:43:22 | ふと思ったこと
池上君、ときたもんだ。例によってキーワードごとの解説を池上彰の質問形式で進め、持ち時間ぴったりに終わらせる。これはやはり凄いし心憎いばかりだ。やっぱり池上さんに惚れてしまう。

ただ、阿川佐和子というインタビューア(司会、エッセイスト)と、池上彰という毛色の違う2人を「闘わせる」風に仕立てようとした企画そのものが「下手い」。聞く力vs伝える力、発行部数などで対比させたかったのかもしれないが、無益かな?異種格闘技にもなっていない。

色々な解釈は成り立つし、やり合いが面白いと思った人がいるかもしれないが、お2人の魅力があんなもので引き出されるはずもなく、抉る(えぐる)内容はもとより、ポロっと出る本音が期待できるものでもなく、売り言葉に買い言葉、厭味や当て擦りに近い、まさに不毛の時間だった。

この部分だけは企画の「薄さ」が感じられ、そこだけ別の意味で際立っていた。お2人とも本来素敵な方たちだけに、とても残念。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 0505 キンカン食ってま... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (通りすがり)
2013-05-05 12:57:23
私も全く同じ事を感じました。見ながらむずがゆくなるような企画でした。お二人とも素敵な方だけに残念でした。
Unknown (まか)
2013-05-07 12:40:00
個人的にお知り合いならば、お話はわかるんでしょうが、著作物しか読んでない人が見たら、企画の薄さというより「何で言い争ってるの?」って感じで、次々と相手を負かそうと売り言葉買い言葉が羅列された感じがします。もっと別の形で長時間談話できる企画だと、お互いいい仕事できるんでしょうけどね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ふと思ったこと」カテゴリの最新記事