ババ活

ビバ中年

モチベーション

2017-07-13 08:04:24 | 日記
自分がどうすればいいか結論は出ている。
そんなの、ずっと前からわかっていたのに、
なんでこうも腰が重いかなー。

軽く自分に嫌気がさしていたが、
今朝ふと気づいた。楽しそうじゃないからだと。
その気づくきっかけが、朝のニュース番組で、
パラグライダーでアクロバティックな飛行をする人を見たとき。
そんな楽しみ方があるなんて知らなかった。

そう、ただ運動しなくちゃ、ジョギングしなくちゃ、
だけでは楽しみがない。というか楽しさがわからん。
若い頃は10キロぐらいまでなら走っていたので、
走り終えたときの爽快感とか達成感は知っているつもりだが、
好きになるほどじゃなかったので、
それ以上の喜びを知らない。

山ガール(ガール?)目指してみたら楽しいかなと、
旦那を誘ったけど断られ、一人で山の世界に行く勇気もなく。
美しい肉体を手に入れようと近所のジムに通うも、
単調で飽きてしまい、当初の目的がどんどん遠ざかる。

ストイックに頑張れるのは楽しいからなんだよ。
楽しさを見つけきらずに飽きて目標を見失ってばかりさ。

空を飛んでみたくはないか?


うーん、いいねぇ。

飽き性のばんじが、また戯れ言かよと笑わないでー。


空といえば、本屋に「空飛ぶ広報室」の文庫本があった。
出たばかりの時に単行本で読んでいたが、
懐かしさもあって軽く立ち読み。
あれはね、
最後の部分、「あの日の松島」だけでも読んでほしい。
本体は恋愛小説だったんだが、上梓直前に東日本大震災が起きて、
発売を一年くらい延ばして「あの日の松島」を加えて出版されたんだと。
私ゃ、この部分を読むと必ず泣くのだ。
立ち読みで泣いたよ。店員さん、ごめんなさい。

人は、喜びがあるから頑張れるんだよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一粒300メートル | トップ | ビール飲みたきゃ走れ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
bangさんのげモチベーションを上げるには・・何だろうね。 (武人)
2017-07-14 08:55:29
bangさん、おはようございます。
今日もまた根全国的に真夏日の暑さのようだが、お勤め頑張ってくださいね。
この数日間の貴方のブログの記事を拝見していて・・・

ホンマに、お仕事の事も「悩む贅沢」の記事ではないが、
多分、今、案外、何不自由なく、お過ごしなんだろうなあ・・・と、まず思います。

多分、貴女は何でも、やれば出来る、人に負けない能力もある・・・と、頭の中では思っておられて、それをどうやって生かしていくか・・・、
どうやって、自分の生き方に変化を付けて、変えて行こうか・・・、公私ともに、選択をしてケリを付けたいと望んでおられるようだね・・・
まだ、お若いようだし、これから幾らでも、ご自分人生を、運命を切り開いて行ける、自信もおありのようだね・・・我々、リタイア寸前の人間には、羨ましい限りですよ。
私のブロ友さんに、完全に、ご自分の現在の人生を山ガールとして、楽しんおられる女性が、おられるが、参考にして覗いて見て下さい。
(私のブログの読者登録一覧の「さくちゃんの・・・」のブログです。)
Re:bangさんのげモチベーションを上げるには・・何だろうね。 (bang15)
2017-07-14 17:43:14
武人さん、コメントいただきありがとうございます。

リタイア寸前とおっしゃいますが、すごく充実していらして、逆に羨ましいですよ。
私の場合、専業主婦とか子育てママとか、介護する嫁とか、あまり評価されることなく過ごした時間が長すぎたのと、
その度に中断してきた働くことへの未練が大きく、今回もまた、これが最後と情熱を注いだ職場から去ってしまった反省で焦っています。

確かに、働く場面で自分を試したい気持ちはあります。とはいえ、学歴も職歴もなく、あるのはやる気と元気だけとなると、身の丈に合わない希望を持ち続けるより、足元をしっかり固めて素敵なシルバーを目指したほうが…そう、楽しいかなと。

現役山ガールさんのブログはまだ拝見していませんが、すごく楽しみです。
長い長い折り返しの人生にヒントをいただけると良いなと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。